歯科医も仁術

たかが歯医者と言わないで!
広く深く熱い仕事のウラには色々あるんです。
巷に広まるおかしな日本語に敏感に反応しつつ
喜怒哀楽とりまぜて、じっくり考えて書いてます( ..)φ

歯科一般に関する知識・情報等は
➡ 日本歯科医師会HP へ


テーマ:

夕方、横断歩道で信号待ちしていた時

すぐそばに同じく信号の前で母子連れが立っていて

(小学生の女の子とお母さん)

会話が何気なく耳に入ってきたんですが、、、

 

赤信号 母親が ↓

 

「赤信号で渡っちゃダメだよ。

車に轢かれたとき、自分の方が悪くなっちゃうんだよ!

 

、、、、って言ってたんです目あせる

 

自分の子供になんと言って教えようと

別に家庭の自由だから、構うな!といわれればそれまでだけど、

普通、いや多くの親(保護者)は

 

赤信号「車に轢かれたら大変だから

赤信号で渡っちゃダメよ。」

 

っていうんじゃないかしら(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

このお母さんは「車に轢かれでもしたら大変!」という

子供の心身&健康(それに生命)に対することよりも

法律的なことの方に関心があってそっちを優先してるわけで

もしかして弁護士さんか損保か何かの仕事に従事してる人で

職業病がつい出ちゃったのかしらΣ(゚д゚;)

 

━─━─━─━─━─

 

もう一つは今朝見つけた

新聞の小さな記事で

「給食無理やり食べさせ小4男児嘔吐」

 

記事によれば 

 ↓   ↓

(北陸地方の公立小学校での出来事)

「嫌いな給食のおかずを残した当時4年生の男児に無理やり食べさせ

嘔吐(おうと)させたとして、50代の女性教諭が担任を外されていたことが分かった。教諭は「自分で汚したのだから自分で掃除しなさい」と床掃除もさせたという。

 

この先生、立派な教育をしてらっしゃると私は思うんですが、

そこの校長先生や教育委員会は

そうじゃなかったんですね。

 

嘔吐して吐物がのどに詰まって窒息死したとか

食物アレルギーで食べてはならない食材だった

のでなければ、私はこの先生の判断と指導を支持したいと思います。

 

━─━─━─━─━─

(実は昨日、このブログ書くとき

私は自分の家での出来事を書こうと思ってました。

そしたら偶然新聞で記事を見つけたので

物書きの習性(なんでも題材にしてしまおうという貪欲さ)で

急遽上に取り入れました。)

 

それは、息子がまだ4~5歳のころ、

割と親しい親戚のおじさんが来訪していて

その日義母は留守で、私(30代)が休みで家にいて、

昼食としてお蕎麦を茹でて出し

居間で義父とお客さんと私と息子・娘(ともに幼児)と一緒に

食べていました。

途中、息子が食べていた蕎麦を1~2本食べこぼし

それは床(カーペット)の上に落ちました。

 

それに対し

親戚のおじさんは

「あなたが落としたんだから、自分で拾って食べなさい。」

義父(息子にとってはおじいちゃん)が

「落としたものは汚いから食べずに捨てなさい。

 

そのあとどうなったのか全く覚えてないんですが

こんな考え方もあるのね、(@_@)

自分たち夫婦と義父母夫婦とも違う部分があるけど

他所の家って、また違うものなのね、、、。

と、改めて感じた出来事でした。

 

━─━─━─━─━─

 

!?これが家の中でなく公共の場所であったらどうするのがよいか

 

新聞記事にあった(嫌いなもの、嘔吐、掃除)事件について

「学級会」で先生と子供たちみんなで話し合いをしなかったんでしょうか?

 

もし、親御さんの抗議によって

校長が担任交代の処分を下したのだとしたら

きわめて残念で、

児童に考えさせ、我慢も必要であることや責任をとることを学ばせる

貴重な教育の機会を放棄したことになると思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Kirijinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。