jinjingのブログ

FC(ファシリテッド・コミュニケーション)によって脳障がい児達が語ってくれる
素晴らしいメッセージを、心を込めて伝えていきます

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

 

内容紹介

支援者がいない! 頼りになる人がいない! でも、大丈夫。 発達凸凹の子どもたちは、 立派に育ち 親をラクにしてくれます。 凸凹キッズ育てクイズ Q1 「様子を見ましょう」と言われてみるべきところは? ○○・○○・○○ Q2 自助努力はどんな時に、なんのために必要? 判断基準は○○ Q3 支援者よりあてになるのは? 親の中にある○○!

出版社からのコメント

著者の「こよりさん」はかつての「賢ママさん」。佐々木正美先生の講演にもたびたび登場した子育て上手のお母さまですが、このたび凸凹特性のご子息二人が就職し、ママ業を引退され「こよりさん」になりました。 「自閉っ子のための道徳入門」で「他人に迷惑をかけない子に育てる。その他人には親も含まれます」というこよりさんの実践を読んで感銘を受けた方も多いと思います。 実はこよりさん、決して療育資源に恵まれてきたわけではありません。第一お身内に四人介護すべきご高齢者がいらして、嫁いで28年間、介護しっぱなしでした。ご自身も二ケタに上る持病を抱え、ご主人が失業した時期もあり、アスペルガーの当事者でもあり、色々な意味で療育に通う余裕はありませんでした。 けれどもだからこそ、お子さんがうまく育ったのだとこよりさんはおっしゃいます。 支援より大事な○○を大事にできたからよかった。 その○○は皆さんが持っているものです。 今一度、ご自分の中にある力に気づくきっかけになる本です。

 

 

 

 

療育に頼ることなく、ご自身の手で息子さん達を改善・自立させ、社会へ送り出した

 

著者の言葉の数々。

 

専門家ではなく、母親である自分だからこそできたこと。

 

障害の程度が違っても、置かれている環境が違っても、きっと子育てや療育での

 

ヒントがいくつもあると思います(*´ω`)

 

 

 

 

 

そして、この本の著者であるこよりさんの講演会が、3月に鹿児島で開催されます。

 

主催者は、同じTLPプロバイダーとして仲良くさせてもらっているannonの

 

 ‟ まゆたん”です( ̄▽ ̄)

 

遠くは、東京から参加される方もいらっしゃるとのこと!!

 

少しですが、まだ残席ありだそうです~。

 

 

http://blog.goo.ne.jp/annon-okiraku

 

お問い合わせ、お申し込みはコチラへ↑↑

 

鹿児島、九州にお住まいの方は、特にオススメです~☆彡

 

みんなで良くなって、みんなで喜び合っていきたいですね ヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。