サーモンと明太子とクリープ現象

テーマ:

オフラインも友達でブログ もやってる

親友tinyとご飯を食べに行きました!


彼とはほんまなんでこんなにも楽なんでしょう。

県外で就職が決まっているので…

はやく定年になって欲しいですw笑


今回はお互い帰省してて夜ご飯に行ってきましたw

「どこ行く~~~?」

っていうたら

「ここは?」

みたいな感じで軽く決めてきてくれてる感じ…

彼女にも見習わせたいです。笑ガクリ


車で15分?20分?くらいのカフェへ♪DASH!

倉庫を改造したようなカフェで素敵でした!


俺らの会話は95パーセント無駄。笑

その場のノリと勢いでしゃべるから!笑

でも、あとの5パーセントはまじめにしゃべります。笑


俺が食ったのはコレ↓

070104_1923~01.jpg

サーモンと明太子のなんとか。

…なんとかは忘れました。

なんだろう。一つ言えることは…











うまかった。笑アップ




食い終わってマックで休憩。笑

んでから引くくらいドライブ車DASH!DASH!DASH!

ノリと勢いで走ります。


真っ暗な道。

つばを飲み込みたくなるような道。

なにかでそうな道。

にぎやかな道。

夜景が広がる道。


なんか、俺のこと。俺と彼女のこと。

いろいろ考えてくれててうれしかったです。

ほんまに。。。

ありがとぅーーー!笑



…で、ドライブにも飽きたころ何をしようか模索していた。

すると、「クリープ現象で帰ろうw」


◆◇クリープ現象とは…◆◆

オートマチック車で、ドライブ-レンジやリバース-レンジに入っているとき、アクセルペダルを踏まないのにエンジンのアイドリング回転がトルク-コンバーターに働いてゆっくり走り始める現象。

免許を持ってる人なら聞き覚えがあるはずwww


えーいい感じに距離があります。笑

でも、その時の時刻22時。







俺:やっちゃう??笑

tiny:やっちゃお!!笑





スタートしてからアクセル踏まず。。。笑

結果的に結構いけました!笑


国道を横切る時、さすがに周りからみたら

あやしいくらい遅くて自分の車が一台渡りきろうとするのに

一回の青信号の時間を消費してしまったので…

仕方なくアクセルを踏みました。


あと、後ろから追い抜いてもらうのに退避するために一回。

あと踏み切りを渡るのに一回。



バカでしょ?笑


しかも、途中から一緒に挑戦してるはずなのに

「3回までならアクセル踏むの許す」

「えー!対向車とか来たらしゃーないやん!」

とかって教官(tiny)と生徒(俺)みたいになってたし!笑


やってることはしょうもないけど、楽しかった。




そろそろ京都にかえろうかな?笑雪

AD

コメント(8)