大急ぎで帰宅

テーマ:

今日も神戸でセミナー受講。

 

昨日相方からイノシシによる激しい獣害のことを聞いていたので、

 

今朝も様子だけでも見に行って状況を教えて欲しいとお願いしてありました。

 

で、受講中にメールが入っており、休憩中にそれを読んでみたら

 

今日も侵入され、とんでもないことになっていた・・・・・ってゲッソリゲッソリゲッソリ

 

相当多くの作物がやられたようですが、

 

この圃場のセレベスは全て食い尽くされ

 

伏見甘長は全面ひっくり返されて株ごとなくなっておりほぼ壊滅

 

2畝あるナスも、1畝はもうダメっぽいとか・・・

 

他の多くの作物も地面の上に株ごと放り出されていたり、

 

畝をつぶされてグチャグチャにされていたりと相当悲惨な状況のようですチーン

 

相方は野菜の育て方などはわからないので

 

基本的に収穫と販売担当で

 

普段は作付け・管理作業などは一切ノータッチなんですが、

 

昨日に続き、まだ生きていそうな株などは

 

一応ザックリとだけですが植えなおしたりしてくれたそうです。

 

 

今日和歌山まで帰ったらかなり遅くなりそうなので、

 

もう一泊して明日の早朝に実家を出ようかともかんがえていたんですが、

 

どうやらそんなこと言ってられなくなりました汗

 

 

幸いなことに、今日は講義開始少し前に全員揃っていたので

 

1単元目の開始時間が早まったり、

 

講義、実技ともわりと順調にすすんで予定時間より短くすんだり、

 

昼休みも短めにしようという提案があったりと、

 

当初の予定時間より早く、最終単元が16時20分くらいに終了。

 

そこから大急ぎで実家に荷物を取りに帰りました。

 

準備してくれていた夕食も食べることなくすぐ帰路につき、

 

普段は節約のため滅多に使わない実家のすぐそばの堺I.Cから高速道路に乗り、

(いつもは和歌山方面に向かって地道をしばらく走ってから高速にのる)

 

なんとか19時50分には自宅に到着。

 

玄関まで走って、下だけ作業ズボンに履き替えたら

 

長靴をはいてそのまま山畑へGo!

 

堺からヌカを積んできていてちょうど荷台に載っていたので

 

まずは圃場横の大型の箱罠を仕掛けました。

ヤブの中だし危ないので、

 

こんな時間には来たくない場所なんですけどね(・・;)

 

 

この後一応圃場内に入ってみました。

 

 

これはシカクマメのわこさまの畝ですが

地面が20cm以上掘り下げられ、

 

ツルが支柱に絡みついたまま

 

放り出された根っこが空中にぶら下がっていました汗

 

うーーむ・・・・圃場全体がこんな感じなのか・・・?

 

圃場内とは言えど、段差が多く日中でもよくつまずくような地形なので、

 

本格的な作物の点検は明日にします。

 

 

でも侵入路が気になるので防獣柵を見て回ることにしました。

 

ただこの圃場、格段の高低差がかなりある上に、

 

周囲は本当にガタガタな地形で、

 

柵の設置場所は野菜を植えてある位置よりも

 

数十cm~2m以上の高い位置だったりします。

 

しかもその足場の幅が20~30cmほどしかないし、

 

一部石垣がどれていたりして昼間でも危険なので、

 

とても全体を見て回ることはできませんでした。

 

 

今日見て回ったところでは突破された場所は見つけられず・・・・

せめて明日の朝まではイノシシも警戒してくれないかと、

 

点検中にトタン柵を蹴り飛ばしながら、

 

相当でかい音を立てて歩きました。

 

この音が聞こえるところに潜んでいたら、

 

警戒心の強いイノシシにはわずかに効果があるとは思うんですが・・・・

 

ただ、この5年間の経験では、

 

人間の気配を前面にだしてここはハイリスクだぞ!と演出しても

 

リターンが大きいのがわかっていると普通に侵入してきてましたからね汗

 

とにかく明日は朝イチで山畑へ行って、

 

相方がやりきれなかった作物の手直し、

 

畝の補修に防獣柵の補強、

 

新たな被害が広がっていないかなども確認しようと思います。

 

 

明日は予定していたサツマイモの追加定植はできないかもなぁえーん

 

 

応援してくださる方、

押していただけると励みになります^^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ

よろしければこちらもお願いしますね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

AD