今日はトマトの雨避けハウス内を片付けました。

 

今年もトマトたちはほとんどが収穫を迎えることなく、

 

早い時期から青枯病がでてあっと言う間に全滅・・・・

 

 

山畑での度重なる獣害などもあったため片付けに手が回らず、

 

そのまま放っておいたので今はこんな状態あせる

スペースがもったいないし、いい加減片付けないとだもんね(・Θ・;)

 

 

支柱を撤去してから全ての草を手で引き抜き、

 

廃菌床を150リットルほどまいてクワで耕しました。

 

畝の形も整えてかなりスッキリ!

ここはヒノキ林の真横で極端に日当たりが悪い場所なので、

 

まだ日の長い8月でも午前中の2~3時間ほどしか日光があたりません。

 

これからさらに日照時間が短くなるけど、

 

今年はここで、直播きするアブラナ科作物を作ろうと思っています。

 

山畑で直播きの葉物を作ると、

 

ダイコンサルハムシにあっという間に全滅させられますからね汗

 

日当たりが悪くてもここの方がマシかな。

 

 

 

そうそう、このハウスは一応横幕の寒冷紗のスソに

 

鉄パイプをパッカー留めしておさえてあるんですが、

 

パイプの切れ目付近にアナグマがもぐりこんだ穴があったので

 

短い板杭を作って、何ヶ所かにバリケードを築いておきました。

 

 

あとはすぐ横のトマトのミニ雨避け・・・・

天幕には100均の透明マルチを使ってあったので破けてる笑い泣き

 

ここもほったらかしになっちゃってるので、

 

近いうち片付けなければ。

 

 

 

 

あとは昨日、一昨日の種蒔き作業などの様子を少し。

 

 

まずは一昨日の作業から。

 

これは箱蒔きしてあったブロッコリー。

7月22日に蒔いた分が徒長したので

 

8月1日に蒔きなおしたんですが結局それも徒長。

 

 

うーーん・・・・

合わせて120余り蒔いてあったんですが、

 

比較的ましなものをより分けて、

 

結局48本だけポットに移しました。

長い茎は土に埋め込んでおきました。

 

 

あとはキャベツの富士早生を少しだけ蒔きました。

もみ殻が多すぎてパッと見た感じ箱蒔きっぽいですが、

 

実はこれ36穴のハーフサイズセルトレイです。

 

基本いつも無肥料栽培なので、

 

キャベツはまともに育ったためしがないんですが、

 

今年はヌカのぼかしを少し使ってみようかなぁ。

 

 

 

で、昨日も少し種蒔きしました。

ハクサイ、レタスミックス、山東菜。

 

これらもとりあえず少しずつ、36穴のセルトレイへ。

 

ついでにミツバ。

 

これは箱蒔きしておきました。

 

まだしばらく酷暑が続きそうなので

 

どれも様子見で少しずつにしておきましたが、

 

徒長せずうまく育ちますように(;^_^A

 

 

応援してくださる方、

押していただけると励みになります^^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ

よろしければこちらもお願いしますね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

AD