屋久島 低レベル釣り日記 

屋久島に移住して悠々自適に生活しているおじさんです。釣りのレベルが低いのですが、恥をさらして日記をつけたいと思います。


テーマ:
台風10号が島の南東の海上に停滞しています。
フェリーは日曜から連日欠航。
波は4メートルという報告です。

こうなると、南の磯釣りはいたしません。うねりが怖いのです。

よって今朝は、いつもの近場の防波堤。

4時半に着いて、いつものメンバー4人がいます。台風は関係ないみたいです。
もう一人後できて、全部で6人でした。

あれっ、拍子抜けするぐらい波が全然たいしたことない。風もありません。

余談ですが、本当に台風がくると、防波堤では危険で、湾内で釣りをします。
台風のときは、意外な大物が湾内に逃げ込んでくるときがあり、おもしろい釣りができる可能性があるので、釣りをする人が多々います。


でもいつものようにメアジが回ってきません。

誰も釣れない時間が続きます。
5時過ぎて、かなり明るくなってから、ポツポツとかかり始めました。

いつものメアジ、サイズは大きめで34センチ。


出足が調子悪かったからか、半分の方はボウズだったようです。


5時半からいつものように泳がせ釣りを2人始めますが、こっちも反応がありませんでした。


もともと今週は、南に磯釣りに行きたかったわけです。昨年はオボソが釣れてました。
実際は、波が3メートルのようなので磯に行けたもしれません。うねりがどのくらいあるのかは、わかりませんし、オボソがいるかもわかりません。

南の釣りについて、日々書いてくれるブロガーが少なくなり、休止されている方もあり、海の情報が少ないので困っています。

誰か尾之間や平内の釣り情報ブログをはじめてくれないものですかねぇ~。


PS.屋久島以外の方が読むと、何を書いてるのかわからないと思います。
屋久島は中心に2000メートル級の山々があり、東西南北の集落地域で、小さい島なのに天気が全く違います。天気以外にも風向き、風力、波の高さ、潮の流れと全部違うので、釣りのポイントごとに天候条件が変わります。天気予報は、島には北東ポイントの1つしかないので、参考になりません。
 自宅を出るときは異常なしでも、磯に着くと、釣りにならない天候のことが多々あるのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「釣り」 の記事

テーマ:
ゴミ出しついでにいつもの防波堤に行きました。
ずっと私を含めて5人だったのに、昨日は6人。

今朝は私が着いた4時半で9人。私が最後でした。

メアジが釣れているという情報で、どんどん釣り人が増えます。

最大12人だったことがありますが、防波堤に約2メートル間隔で並ぶと、あちこちでお祭りが起こります。

今日の9人でも起こってました。

私は一番埠頭より。テトラに根がかりしないように投げるポイントです。

しかも潮が左に流れるので、隣のおじさんのウキが、常に私の正面に流れてきます。

やりづらい条件ですが、なんとか1匹。

いつものメアジ。32センチ。


昨日と同じサイズです。こいつがハリを奥に飲み込んでいて、はずすのに手間取り、釣れるタイミングを逸しました。

その後は、2回ウキが沈みましたが、バレました。

5時半には、終了です。

メアジは、昨夜も刺身で食べたけど、味は絶品です。湯泊防波堤で釣ったフエダイは臭くて、刺身では無理でした。カレーパウダーつけて焼いて食べたのです。その個体によって運不運があるけど、安房のメアジは一年中食べて、臭かったことが一度もありません。

今日の朝は干物で食べました。ちょっとメアジばかりで、あきてます。

釣り人も増えたし、まだメアジのストックもあるし、来週から磯に出てみようと思います。


去年は下旬からオボソが釣れてましたから。そろそろのはずです。


潮の流れ、風向き、波の高さなどで、どのポイントに行くか考えます。

車の車高が低いから、悪路は通れませんので、行けるポイントは限られてるんですけどね。

台風がくるから、少し間空くかもね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
近場の防波堤です。
いつものように常連さんたちが4時には全員集合。いつもの4名。
私は4時半に遅れてくる。でも今日はその場所に若い誰かさんがいました。

したがって空いているところに行きます。今日は全部で6名でした。

5時ぐらいまで、誰の竿も反応なし。シーーンと、黙っています。

隣のおっちゃんが「魚がおらんのぅ」とつぶやきます。

その直後、私のウキか沈みました。

それからあちこちで、一気に入れ食い状態となりました。

メアジ 20分ぐらいで、3匹でした。32センチ。


多い人は5匹以上釣ってると思います。

刺身や干物にします。


5時半すぎてから、防波堤の両端で、二人の常連さんが、泳がせ釣りを始めます。

サイズが小さくて、ハリを飲み込まなかったメアジは、泳がせ釣りをするおっちゃんたちに差し上げるという習慣になってます。


泳がせ釣りが始まったので、他のみんなは、竿をしまいます。

やがて埠頭に近い方のおっちゃん(じいさん)の竿がいきなりしなりました。

じいさんが格闘しています。海に落ちないか心配します。

特大玉網で、他のおっちゃんに手伝ってもらって、見事にあげたのはコイツ。

63センチのクエ(屋久島ではアラ)。


いるんです。超高級魚♪

ここでは、他にもアオチビキ(屋久島ではオキノコイ)や、カッポレがかかります。

泳がせ釣りは、何がかかるか楽しみですけど、相応のタックルで臨まないと、危険すぎます。

みなさん両軸リールです。50キロGTを釣る方もそうです。

もしも2メートル級の魚がかかったら、防波堤でどんなに踏ん張っても、負けます。

ハリスが切れてくれないと、タックルごと海に消えるでしょう。

5~60センチクラスが一番理想的なサイズなので、じいさんはラッキーでした。

1メートル近くだと、みんなで交代しながら、徐々に巻いていくと、なんとか釣れますね。

ただし、あげるときに一人では持ち上がりません。

私はかつてゾッとする怖い経験をしたので、泳がせ釣りはしないと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。