おはようございます☀
活動2日目も快晴です!
コンビニで朝食を調達し
ボランティアセンターへ向かいます。

田植えの終わった田んぼ、綺麗です

ボランティアセンターに着きました。
朝礼の開始まで時間があるので

お借りする道具の準備。
昨日ご一緒したグループの
「時間を無駄にしないスピード感」
実践してます!


昨日と同じお宅で竹の伐採です。


昨日とは別のグループと一緒に活動です。
昨日は教わる事が多かったですが
今日は一転、流れをつくり
アドバイスをしたりします。

こうして人から人へ経験が受け継がれていきます。

ウッドチッパーはご機嫌ななめ
後で聞いたら、エンジンバッテリーが切れてしまったそうです。


限られたスペースで作業をしていたら
持ち上げた竹の後ろにいた人の頭にぶつかりヒヤッとする場面が。

大事には至らなかったですが
改めて周囲の安全確認と
ヘルメットの大切さを感じました。


午前中の活動を終えて
現場を後にします。


ボランティアセンターへ活動報告をした後
帰路へ。

今年の4月までは通行許可証が無いと一般の方は立ち入りが出来なかった請戸地区を視察。

請戸小学校に来ました


海岸から約300メートル、
東京電力福島第一原子力発電所から
約6キロの場所にある校舎は
5年以上雨と潮風にさらされ
劣化が進んでいます。

あの日、学校にいた生徒80名は高台に避難し全員無事だったそうです。




富岡町に来ました。

住民の避難誘導中に
激流に飲み込まれ殉職した2名の双葉署員が乗っていたパトカー。

町の「震災遺構」として保存する作業を進めているそうです。

富岡駅のあった場所

駅前の建物がなくなって
更地になっていました。


帰りのサービスエリアで休憩中
7月の帰還に向けた住民説明会の模様がテレビのニュースで報じられていました。

5年以上待ち続けた住民の皆さんは
これからが正念場。

JILCAはこれからも
住民の皆さんに寄り添った活動を
続けていきます。


暑さにも負けず
強く優しいメンバーが集まった
今回のツアーでした。

皆さん、ありがとうございました❗

(作成 R)

*JILCA東北ボランティア情報はこちら
http://www.jilca.org/vola.html
AD
こんにちは晴れ
JILCA南相馬号、活動報告です!

今回はゴールデンウィークの翌週
お出かけした人、
どこにも行かなかった人、
お仕事だった人、
様々な過ごし方をした
21名のメンバーの皆さんに
お集まり頂きました\(^o^)/


メンバーを乗せたバスは
夜の内に東京駅を出発し、
早朝に道の駅南相馬へ到着。
鯉のぼりが泳いでいますうお座ふぅ

起床時間まで仮眠したら
朝食、身支度を整え、
今日からの活動に向けオリエンテーション

時間に余裕があったので
少し遠回りして
街の様子を見ながら
ボランティアセンターへ向かいます。

嵩上げが始まっている場所
がありました。

汚染物質を袋に詰めた物の仮置き場
重機の数が増えたような気がします

ボランティアセンターに着きました





朝礼で松本センター長のお話しの後、
各現場ごとに本日の作業内容について
説明を受けます。

現場に到着したら
先ず作業する場所の確認をした後、
みんなで危険予知トレーニング
(略してKYT)

本日の作業は裏山の竹の伐採です。
高台の竹を切ったら
斜面を伝って下に下ろします。

母屋と納屋の間を通り抜け

家の前の広場に持っていきます

枝を落とし
竹を頭と筒に分けます

筒の部分は
高速カッターで同じ長さにカット

トン袋に入れます

笹の葉の部分は
ウッドチッパーで粉砕後
トン袋へ

この日はJILCAともう1グループ合同での活動

実はこの流れは現場リーダーである
別グループの方が決めてくださいました。

こちらのグループは
作業内容の把握、
機材の持ち出し、
現場に到着してから
各ポジションに配置するまでの
スピード感たるや
目を見張るものがあります。

竹の向きや太さ、
全て効率化に徹底されており
無駄のないその動きから
教わることがたくさんありました。

まだ5月だというのに
気温はぐんぐん上昇します。
一時間おきにしっかり休憩。

GWに熊本へ災害ボランティアへ行った
Kさんが熊本土産の飴ちゃんを差し入れ
してくれました。

今回は活動中、ご依頼主さんが立ち会って下さいました。

休憩時間に色んなお話しを聴かせて下さいました。

JILCAの活動は
与えられた作業を終わらせる事だけが
目的ではありません。

住民の方とコミュニケーションをとることも忘れません。

その日1日終わって
布団に入ったとき、
「良い1日だった」
と思いながら、眠りにつけるのが理想です。


1日目の活動を終えて
お風呂で汗を流して晩ごはん。



今日1日を振り返りながら
考えるのは明日の事。

イメージトレーニングばっちりで
1日が終わります。

②へ続く
(作成 R)

*JILCA東北ボランティア情報はこちら
http://www.jilca.org/vola.html
AD
山田町での活動は、マッサージ部隊、カフェ部隊、ランチ部隊が主な活動になりますが、
少しイメージをしやすくしていただくために、
その他・番外編をお届けしたいと思います。

山田町は、もともと観光の町としても栄えていただけあって、とてもキレイな町です。

海


JILCAではできるだけ参加したメンバーにその町のよさも知ってもらいたいと、
お天気と時間が許せば、町の観光スポットにも立ち寄るようにしています。

海を見る


今回は桜の季節でした。
今年は開花が早かったそうで、残念ながらピークは逃してしまいましたが、
ソメイヨシノと、若葉と、八重桜がコラボする、
不思議な光景を見ることができました。

桜


お花も、キレイ。

花


メンバーの中には空き時間を利用して、
ちょこっと山遊びした人もいました。

山で遊ぶ


JILCAは「活動はしっかり、あとは楽しく」をモットーにしているので、
しっかり活動をしていただいたら、
空き時間は楽しくその土地を堪能していただけたら、と思っています。

ちなみにこの二人は、30代と40代。
自然の中では誰もが童心に戻れますニコニコ

山田町ではある研修施設に泊まらせていただくのですが、
そのためご飯もまるで林間学校のよう。

夜ごはん待ち


なつかしい環境に、なんだか心もわくわくします。

よそう


この日の夜ごはんはこんな感じ。

夜ごはん


現地のお母さま方の手料理が嬉しいですね。

夕食・入浴を済ませた後は、楽しい宴会です。

宴会


「大人のたしなみ」程度であれば、お酒もOKです。
想い想いにおつまみ・お菓子を持ち寄って、あんなことやこんなことを話します。

ちなみにJILCAでは過去5年の活動期間に、3組のカップルが結婚しています。

JILCAとして婚活の機会を設けているわけではないのですが、やはり、志を同じくする者が楽しい時間を一緒に過ごすことで、愛も生まれるのでしょうねラブラブ
次に続くのは誰かな~?と楽しみにしています。ニコニコ

宴会の合間には、メール担当スタッフへの寄せ書きも。

寄せ書き


メール担当スタッフとは、JILCAツアーの申し込み受付担当をしてくれるメンバーです。
それぞれの事情により、なかなかツアーには参加できないものの、でも現地に何らかの貢献をしたい、というメンバーが、参加メンバーからの申し込みメールへの対応を担当してくれています。

そんなありがたいメンバーに、お礼の気持ちを込めて、活動の内容や現地の様子をお伝えします。

JILCAではこのほかにも、現地調整スタッフや、チラシ作成スタッフ、告知スタッフ、WEBアルバム担当スタッフなど、さまざまな裏方スタッフさんのご協力により活動が成り立っています。

こちらは、JILCAドキドキLOVE!すぎて、JILCA人間になってしまったお二人。にひひ

I LOVE JILCA


ちなみにこのお二人、親子でも姉妹でもありません。
赤の他人です。にひひ

そんなこんなで、活動は住民の気持ちに寄り添いしっかり行い、活動以外では楽しく過ごすJILCAツアー。

山田町は特に災害復興住宅の建設が遅れており仮設の全廃が他地域より遅れそうですが、
JILCAは仮設全廃まで住民の心に寄り添った活動を続けてまいります。

まだまだJILCAツアー参加者募集中!
興味のある方は、ぜひ覗いてみてくださいね。
http://www.jilca.org/

JILCAポーズ


(文責:ドン)







AD
山田号でのJILCAの活動のもう一つは、マッサージ&カフェ部隊。
こちらはJILCAのお家芸。
岩手県・山田町号のほか、宮城県・気仙沼号、宮城県・牡鹿号でも、行っています。

こちらの部隊は、もう、いつものことなので、手慣れたものです。

マッサージ1


今回、マッサージ部隊に初参加の方が4名も来てくださったのですが、
それでもベテラン勢も4名いるので、
ベテラン勢が初参加者をリードして、スムーズに進んでいきます。

もちろん、カフェ部隊もベテラン勢がいるので、安心。

準備の仕方や段取りなど、テキパキと手分けして進みます。

マッサージ2


JILCAマッサージ部隊には、プロからアマまで、
プロの中でも鍼灸あんま師や柔道整復師から、タイ古式マッサージ師、アロママッサージ師、カイロプラクティショナー、整体師など、さまざまなジャンルの手技が集まってきます。

それぞれ違いを尊重しあいながら、お互いのよいところを吸収しあって活動できるのが、JILCAマッサージ部隊のよいところです。

マッサージUP


JILCAは2011年から山田町を訪問し続けているので、9か月ぶりとはいえ、すでにおなじみさんです。
みなさん、楽しみに待っていてくださり、活動場所を調整してくださっている社会福祉協議会の方に
「そんなにたくさんの方が出てこられましたか!」
と驚かれるほどの人数が集まってくださりました。

みんな集まる


数十世帯の小規模仮設にもかかわらず、みなさんが楽しみに出てきてくださる、というのは、本当にうれしいことですね。

お出かけの予定がなかったGWに楽しい思い出をお届けできればなによりです。


写真があまりないのですが、カフェ部隊が、実はJILCAの中で、もっとも重要な活動です。

一緒にお茶やお菓子を食べながら、胸にたまった想いを吐き出していただきます。

限られた人間関係で毎日を過ごす仮設団地では、
「遠くから来た他人」
だからこそ話せる話があります。

が、急に「さぁ、話してください!」と言われて話せるものではありません。

話しやすい雰囲気づくりが大切です。

そのために、メンバーには必ず、傾聴の勉強をしてきていただいています。

それだけではありません。
それぞれのメンバーが、それぞれにできることを行い、、、

楽しい、話しやすい雰囲気づくりをします。

今回、10歳~70代まで27名のメンバーが参加していたのですが、
10歳の参加メンバーは、得意のアートバルーンで盛り上げました。

バルーンアート


年下の子に作り方を教えてあげたり、
風船をぷぅっと吹き飛ばして、
「もぅ、今日は5年分ぐらい笑ったわ。」
と涙を流して笑う方がおられたり。

ハンドマッサージが得意なメンバーはオイルをもってきて、
お話ししながら香りとハンドマッサージで住民の心を和らげたり。

ハンド


このほか70代のメンバーは、手品を練習してきて披露したり、
ほかにも住民と一緒に歌を歌ったり、踊ったり。

そんな時間を提供することが、とても大切だとJILCAでは考えています。

もちろん、一緒にお茶を飲んで、一緒に笑っているだけでもOK。

一緒に楽しい時を過ごす人がいることが、
狭い仮設での毎日に、気持ちの良い新風を注ぎ込むのではないでしょうか。

活動が終わった後にはメンバーもすがすがしく、深呼吸。

すがすがしい


この写真、メンバー同士出会ってまだ15時間ほど(うち6時間は睡眠時間)の写真です。

まだ1日も一緒にいないのに、こんなにすがすがしい時間を一緒に過ごせるなんて、
なんだか不思議ですねキラキラ

(文責:ドン)
こんばんは。
JILCA代表のドンです。

GW前半となる4/28~5/1、久しぶりに引率してきました!
その時の様子をご報告させていただきますね!

今回山田町はなんと、9か月ぶりの訪問。
街の様子が大幅に変わり、道がわからなくなっているのでは、、、と心配しましたが、
なんとか大丈夫でした。 ほっ。

というわけで、まずは山田号オリジナル部隊・ランチ部隊のご報告から!

ポスター


山田号といえば、ランチ部隊です。
JILCAランチ部隊は「与える」炊き出し方式ではなく、住民と一緒に作る「共同作業」方式です。
JILCAが発案・材料を持ち寄って、住民のみなさんと一緒にランチをつくります。

今回はGW前だったので、初の「こいのぼり寿司」に挑戦!
JILCAチラシスタッフさんに、こんな素敵なポスターをつくっていただきました。

住民のみなさん、喜んでくださるかな~?ドキドキ


こいのぼり寿司は、まずは枠作りから始まります。
もちろん、道具も住民の皆さんと一緒につくります。

牛乳パックを切り貼りして、お好みの枠をつくります。。。

枠


今回、住民のみなさんがとても楽しみにしてくださっていて、
予定の時間より早くにみなさん、集まってくださりました。
そのため、ご飯が炊けるまで、ちょっと時間が空いてしまう。。。

と困っていたら、メンバーの一人が「トランスパレント」という、折り紙でできる飾りつくりを提案してくれました。

折り紙


これが、ものすごく、好評で!!!

同じ形を8枚作り組み合わせるだけの単純作業なのですが、
とてもキレイなモチーフが出来上がるので、みなさん、大喜び!!

折り紙できた!


メンバーが持ってきたトランスパレント用の折り紙を使い切ってしまい、
普通の折り紙を加工して使うほどの大人気!!
あっという間に待ち時間が過ぎていきます。。。


そうこうしているうちに、ご飯が炊けました!
さぁ、こいのぼり寿司づくりの開始です!!

つくる


枠をお好みの形に整え、中に酢飯を入れて、、、
その上に、お好みで具材を並べます。

最初は「私は食べるだけでいいわ。。。」なんておっしゃっていた方も
みるみるうちに熱中。。。!!

みなさん、それぞれに、個性あふれる作品を作られます。

・・・形がこいのぼりじゃない、向きがちがって「それは、トトロですか?」なんてのが生まれるのも、ご愛敬。
自由に、楽しく、おいしく食べられればそれでいい!というのが、JILCAランチ部隊のルールです♪

今回、2日目の仮設では、ドライバー部隊もこいのぼり寿司つくりに挑戦!

ドライバー部隊も


前夜、夜通し安全運転で走り続けるドライバー部隊は山田号ではできあがったランチをいただくだけのことが多いのですが、
2日目の仮設では、せっかくなので、自分のこいのぼりは自分でつくってもらいました。

仮設活動、とくにランチ部隊は男性が少ないので、男性が入ってくれるとそれだけでとても盛り上がります。


そうしてできあがった、みなさんの作品はこちら!キラキラ

作品


とても個性的で、楽しそうですよね!!

みんなで食べるランチは楽しくおいしいですが、
色とりどりのランチは、ますます楽しくおいしいです。

こうして気分を盛り上げていただけたら嬉しいなー!ニコニコ


今回、みなさんそれぞれ、作品と一緒に写真を撮って差し上げました。

写真



仮設に住んでおられる皆さんは、家を失った方が多いので、
過去の写真も失ってしまっている方が多いです。

そのため、JILCAの活動では従来、その場でプリントできる「チェキ」を持参し、
みなさんの写真を撮ってはお渡しするようにしてきました。

しかし、最近はみなさん、携帯電話を持っておられる。
だったら、その携帯電話で撮って、永久保存していただいた方がよいのでは!??

実際、みなさんの携帯電話はほとんどの方がカメラ撮影可能だったのですが、
ご自分の携帯電話で写真が撮れることを知らない方も。

・・・70代・80代の方がほとんどなので、ムリもないですよね。
「ひこ孫が○人いる」という方も何人もおられるぐらいなので!

撮り方のレクチャーもして差し上げました。
今後はひこ孫さんの写真もご自分で撮れるようになるといいですねー。

噂のドライバー部隊の作品も、こちら!

ドライバー部隊、できた!


・・・こいのぼりじゃない、、、ガーンという点は、置いておいて。
ドライバー部隊は、運転が上手にできればいいんです。
こいのぼり寿司が上手に作れなくても。。。 うん。うん。あせる

そうしてみんなでおいしくランチ。

おいしく食べましょ!


メンバーが特別に持参してくれた「煮干しからだしをとるにゅーめん」効果もあり、
あっという間にみなさんぺろりと平らげました。

楽しく、おいしく、しっかりご飯を食べていただけて、うれしいです♪(#^_^#)

(文責:ドン)