おしごとを続けながら、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法

●おしごとを続けながら、購入時の“約半額”で、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法をご紹介します。
 
●また、世界で唯一、“放射能を消した農法”(大自然農法)に挑む過程も、
   いっしょに たのしんでいきましょう。



テーマ:

 

下界では、温泉とか、人肌のぬくもりですとか、

なにやら“温度のあるもの”が

無性に 恋しくなる季節をむかえておりますが ^^

 

おなかだけは、「妙(たえ)なるおこめ」で満たしておくと、

なんとか、その「ゆめ」だって

あたためていくことはできるもんです。

 

ども。【四万十・自給農の里】農園主、の タカハシです。

 

 

たま~にですけど、

じつは、地味に配信している「メルマガ」というものがあったりしまして。^^
 

どのくらいジミかというと・・・

昨日、「そこ」でお配りした内容は、

 

なんと、ほぼ10年ぶりに更新したほど!!

 

わが家の「いのちのひかり」(おこめ)の「新規会員」を

募集したわけです。

 

 

 

 

 

お送りした 『おこめのご案内』 ですが、
多くのお問い合わせがありまして。

そのなかで、もっとも多かったのは、

「年間契約じゃないと いけないんですか?」

という質問でした。

いえ、月ごとのお支払いを希望される場合は、
下記の「割引価格」が適用されなくなる、というだけです。

 

 

 

いきなり、営業かよ

 

と思われてもフシギじゃないほど、

「営業色まるだし」

と、かんじる方もいらっしゃるかとはおもいますが、笑

 

【なぜ、10年にいちどしか 

 たべられないコメ、なのか】

 

<健康>や<安全>などに関してだけじゃない

それ以上の 「何か」 に、

人一倍 関心がおありの「意識が高いカタガタ」であれば

 

こんな<幻のコメ>

よくぞ公開してくれたもんだ

 

と、狂気じみた歓声をあげるやもしれませんねぇ。笑



まぁ、ひとさまのジンセイを左右する

 

「健康」

「食の安全」

「そこらへんにはないコメ粒」

 

この“3種の御旗”をあわせもった<おもしろい米>ですんで、

 

少々「長文」にはなりますが、

あなたの健康、すなわち「運力」すら左右する「くいもん」の

底力を、

しみじみと かんじていただけましたら幸いでございます。

 

 

 

あ、そうそう、

昨日は、2点、書き漏れがございました。^^;

まず、ココからいきますね。

 

 ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ 



●お送りするおコメは、【玄米・七分づき米・白米】の中から
 お選びいただけます。
 (ご希望の方は、この中からひとつだけ選択してご連絡ください)

 *“七分づき”というのは、米ぬかと胚芽を「約七割」ほど取り除いた
  どちらかというと白米にちかいおコメです。
 

●“割引価格”で購入できる【年間契約】をご希望の場合は、
  来年度の新米発送月が「10月」のため、
  今月(2017年11月)~ 2018年9月までの
 <11ヵ月分>の金額に訂正させていただきます。

(以下、【年間契約】=「11か月分」の金額に訂正した内容になります)

 

 

  
●「名水百選」 「水源の森百選」 に選ばれた
 “日本最後の清流” 四万十川へ注ぐ
 
 岩清水と伏流水だけを“産湯”に育ったおこめ

 

 → 「伊勢神宮御料米品種」 (いのちのひかり)

  
を、<先着7名様のみ>に お届けします。

 

 (ちいさな農園ですので、少人数の募集になりますこと、ご勘弁ください)

    
“水の聖地” 四万十へ農園を移転し、18年になります。

この間、毎年、毎年、
イノシシによる田んぼの崩壊(あぜや車道を破壊していきます)、
大雨による田んぼの流出(一部の田んぼが濁流に呑み込まれていきました)
など、気象の異変もさることながら、

まさに
限界集落の凄まじさを全身で受け止め、
人力にたよる突貫工事と対応を、
ひとつひとつの局面でおこなってもきました。

「たべるひと」には、あまりイメージできないようなことかもしれませんが、
 

コメをつくる側にとって、
里山や、山間の田んぼの維持管理だけでも、
気の遠くなるようなコストがかかります。

時間、お金、体力のことごとくが、
「イノシカ対策」や、一面の「草刈り」をはじめとする
中山間地の広大な面積を守る作業に
吸い込まれていくわけですね。


ただ、
ひとさまが見捨てた隔絶されたそんな地域(元休耕田)だからこそ、

<名水百選>に選ばれるほどの、
奥四万十の岩清水と伏流水だけで育った「きれいなこめ」が、
とれることも事実です。



小声で問題になっている
よどんだため池の水(集落営農では一般化している地方もあります)や、
近年汚染が深刻化している井戸水(地下水)などではありません。


水が冷たすぎて、収穫量は“平場”の田んぼの半分ほどではありますが、
渓谷のような岩場の間から湧き出るお水と、
四国山系の山々の岩盤をくぐりぬけた清流だけを“産湯”に、

たくましく育ったおコメです。


わが家のニワトリもそうですけど、
この“おコメたち”も、園内をながれる渓流の音色を聞きながら、
ここで暮らしてきました。

くりかえしますが、
国道からどかーんと見渡せるような広々とした「平場」に育ったコメとは、
こめつぶのなかにそなわっている「ちから」が、
まったく異なるような氣がしてなりません。


ということで、

農園HPでチラリ顔を見せていた(http://www.jikyuno.com/
この“いのちのひかり” (くどいですがおコメの名前です)

の新期会員を募集する時期が、
とうとう めぐってまいりました。^^

(こじんまりした農園ですので、会員さんの募集など一生ないと思ってました)


ことしは、意表を突かれたような「収量」でして、
といっても
たった「プラス7名」ぶんしか ご用意できませんけど、

『神宮』(伊勢神宮)のご新田で、毎年栽培されている


“伊勢神宮御料米”品種である 
とても希少なるお米=【イセヒカリ】
 

 

と、

“皇室御献上米”として、皇室へこの地より献上されていた
たぐい稀なる品種 【黄金錦】 
(少々”香ります”)

 

の2品種を、下記の条件で、お届けいたします。

*【黄金錦】は、四万十地方の“香り米”(十和錦)の
 「おかあさん」にあたります


どうぶつたちの侵入に毎夜おびえ、
フライパンをガチガチ鳴らしながら夜回りを日々くりかえしてきた

「そこ」に魂を込める作り手と、
四万十の大自然との合作は、
ちょっとした会心作に(ことしも)仕上がってくれました。


みなさまのおこころざしは、
荒廃が進む里山(奥四万十の限界集落)を守るための一石にもなります。


そんなの、かんけーないよ、
とおっしゃる向きもいらして かまいません。
ムリにたべてくださいとは申しません。

ご縁をつむいで、ここまで たどりつきました。


この2種のコメを育てた 「水」 は、
研修生たちのアトピーすべてを、わずか半年足らずで


つるっつるの “玉の肌”に変えてもきました。


わたしが確信をもって、ヒャクショーとして言えることは、
“いのちのひかり”(くどいですね、おコメの名前です^^) は、

「きれいなコメ」

 

というばかりではなく、
たまご同様、(わたしにはそれをかんじる能力はありませんが)

なにかのちからが宿っている・・・

そんな氣がしてならないのです。

そのことを「わかる」センサーをお持ちのお客様も、
会員さんの中には 何人かいらっしゃるようですが、
みなさん、口々に そうおっしゃいます。
 

どうぞ、ご興味のある方は、ご自身のからだに聞いてみられてください。^^


で、いっつも おもうことですが、
コメを育てた研修生たち、当人は、ムスメを送り出す
おやじみたいなきぶんになってくるようです。(笑)


そろそろ、“価格”のご案内にはいりますね。

お手数で申し訳ございませんが、

★下記のメールアドレス宛に、希望される方の
  
●お名前
●ご住所(郵便番号)
●電話番号(FAX)
●メールアドレス
●<ご希望のコース>
●「玄米・七分づき米・白米」の別

を記載し、下記のメールアドレスへ
返信していただけましたら幸いです。

→ mattari100@gmail.com



<“いのちのひかり” (2品種) 「年間契約」他、ご購入手続きのご案内>
 
*申し訳ございませんが、
 2種のおコメの味わいをたのしんでいただきたいので、
 品種の指定はご遠慮ねがいます。

(お届けする品種は、お米袋の「ウラ側」に記載しています。)


◆品種:
<イセヒカリ>(伊勢神宮御料米品種) 
<黄金錦>  (皇室御献上米品種)

◆【完全無農薬・無化学肥料・無除草剤】
 有機栽培より‟安全”な 「無肥料・自然栽培」、および  
 各作物の波動を高めるイヤシロチ農法にて栽培しました。


【先着「7名様」だけの特典】


当園の「贈答用 卵セット」 (以下2セットのうち、どちらか1セット) を
お買い求めいだだき、おコメと<同梱>でお送りする場合は

 

<送料無料>とさせていただきます。

◎水の精霊20個+マヨネーズ1本 詰め合わせ
 → https://goo.gl/4oXPwA



◎水の精霊10個+森の宝石10個+マヨネーズ1本 詰め合わせ
 → 
https://goo.gl/faYtvR


          【通常価格】

(1回毎にご注文される場合の価格になります)

  5kg : 4.160円 (税込・送料別) 
 10kg : 8.260円  (  〃   )
  2kg : 1.790円  (  〃   ) 



*一括払い(前納)ご希望の方には、例年どおり、
 以下の<割引価格>でお届けしてまいります。



*また、来年度からは、発送のスタートを「10月」から
 一斉におこないたいと思いますので、

 今月(11月末)から「毎月発送」をご希望の方は、
 来年9月までの <11か月分“>の金額になります。




A. 毎月10キロご購入の方:8.260円(税込)×11ヶ月=90860円(税込)+送料
        → 83,270円(税込) + 11回分の送料

B. 毎月 5キロご購入の方:4.160円(税込)×11ヶ月=45.760円( 税込)+送料
        → 41.930円(税込)+ 11回分の送料

C. 毎月 8キロ 〃 :6.620円(税込)×11ヶ月=72.820円(税込) +送料
        → 66.730円(税込)+11回分の送料

D.隔月10キロご購入の方:8.260円(税込)×6ヶ月=49.560円(税込)+送料
        → 46.800円(税込)+ 6回分の送料

E.隔月 5キロご購入の方:4.160円(税込)×6ヶ月=24.960円 (税込)+送料
        → 23.580円(税込)+6回分の送料




*”龍馬の赤米“(古代聖氣米) https://goo.gl/m3JANc
 は、「300g=1058円」 (税込)のところを、
  会員特別価格(=850円・税込)で お届けいたします。

 




”龍馬の赤米“をご希望の方は、
 <上記のコース + ご希望の「赤米」の個数ぶん>
 を記入し、ご返信ください。

 



 ●たとえば、「毎月5k + 赤米(300g) 1個希望」 の場合:

  「B」コース:4.160円(税込)×11ヶ月=45.760円( 税込)+送料
        → 41.930円(税込)+11回分の送料 …A

   龍馬の赤米:850円×11カ月=9350円(税込)…B

  ★上記の「A+B」の金額になります。




           【お支払いに関して】  

★「年間契約」(11ヵ月分)ご希望の方は、メールでの返信後、
  11月25日 頃までに、
  下記の口座までお振り込みをお願い致します。



◆銀行振込
 四国銀行 窪川支店   普通
 口座番号:0361058
 名義: 「四万十・自給農の里」代表 高橋敏仁

◆郵便振替
 口座番号 : 01650-8-92861
 加入者名 : 四万十・自給農の里  高橋敏仁

【「ゆうちょ銀行」以外の銀行からお振込みされる場合】
 口座番号: 0092861
 支店名 : 一六九(169)
 預金種目: 当座
 加入者名: 四万十・自給農の里 高橋敏仁



  【 “いのちのひかり” 発送について 】

 ● 「11月下旬」 からの発送になります。

*毎月、月末頃の発送です。

*送料は以下のとおりです。

 北海道  1,520円  東北   1,100円   関東・信越 864円
 北陸・中部 756円  中国・関西 648円   四国・九州 648円
 沖縄   1,100円

    
*離島からご注文される際は、あらかじめご連絡ください。


長くなってしまいましたが、

ジンセイの「選択の自由」をつかんだ
億万長者のみなさんが
もっとも「価値」をおくもの。

そうです、【健康】です。

わたしたちがこの世でもっとも多く
このからだに入れるたべもの。

そう、【おコメ】ですね。

おコメの「安全性」と「生命力」、
さらには
四万十界隈の<温泉米>のあじわい・・・

しかも、

「伊勢神宮御料米品種」と
「皇室ご献上米品種」 の

いちどに<5つのよろこび>を堪能できる
たくましいおコメって、

そうそうないと思いますよ。^^



それでは、あらためまして
「先着7名」 に入れますよう、祈っております。^^

いつも、奥四万十の棚田米をご支援くださいまして、
まっことありがとうございます!



 ●連絡先: 「四万十・自給農の里」

  高知県高岡郡四万十町中神ノ川大本山696-5

   TEL/fax:0880-29-6058
   e-mail: mattari100@gmail.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。