おしごとを続けながら、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法

●おしごとを続けながら、購入時の“約半額”で、家族4人分の完全無農薬米(1年分!)をつくる方法をご紹介します。
 
●また、世界で唯一、“放射能を消した農法”(大自然農法)に挑む過程も、
   いっしょに たのしんでいきましょう。



テーマ:

松の内もあけまして、おめでとうございます。

(初夢が刺激的すぎて、寝坊しました ^^)

 

新年にあたり、ってこともないですけんど、

とつぜんですが、

 

【研修生募集します】

 

* 対象者は、このページ最終行の「農園HP」に記載しています。 

 

 

年頭のことばらしく? さりげない以下の一文字一文字に、

24年間の「農園の思い」が すっぽりはいってますんで

<じんるいの新しい暮らしのカタチ>

興味がある方は、おつきあいください。

 

(まだ、「ピンクのつぼみちゃん」ですが)

 

 

ことしは、わが家が「はだか」になるトシです

 

しょっぱなから、

背筋が伸びきったような「覚悟」をかんじる出だしになってますが、w

ワタシ(59歳の農園主)が、だれにも信じてもらえなくても、

 

真っ赤なキムチのように“熱く”、

この24年間、じっと 胸のあたりに しみこませてきたビジョンの「一滴」を、

【研修生募集~】の波にのせて しゃべってみたいとおもいます。

 

 

●「2017」 この数字を二度とわすれない・・だろう

   

         ↓↓    ↓↓

 

将来の進路や、ちょい未来のじぶんのミッションに

けっこう悩んでいるあなた、“朗報”です!

 

“日本最後の清流”と謳われる四万十川が

たまに豪快に流れる 高知県四万十町で、

 

「無肥料・自然栽培」や「有機栽培」のコメづくりと、野菜(自給用のみ)、

および

<養鶏業>(オーガニック卵・有機マヨネーズなどを生産・販売)を営んでいる

【四万十・自給農の里】のタカハシ、と申します。

 

(プリン、シフォンケーキ、手作りマヨネーズ 試作・準備中)

 

 

季節にはホタルが舞い踊る “水の聖地”ともいえる

この奥四万十の自然とのふれあいを通じて、

 

「自給農」(自給自足的な生活)のよろこびや、

観光農業的な風景を子犬のようにたのしむ時間を、

あじわっていきませんか。

 

 

国内ではかなりめずらしい “渓流”に囲まれたステキな農園ロケーション

をいかした いろとりどりの体験を、ホンキで楽しんでいき、

【日本一オモシロイ農園】

をいっしょにつくっていく「仲間」(研修生)を募集しています。

 

(いずれ園内で馬を走らせ、“ホタル×ホースセラピー”の企画も考えています)

 

2年目からは、「正社員登用」(月収20万~30万以上)

 へ応募できるチャンスあり!

 

<2017年度>より、

 みなさん、1年間の研修期間で、【独立】(起業)するプロセスはもちろん、

 意欲ある方は、その準備資金まで“研修期間内”に「貯蓄可能」なノウハウ、

 および、

 将来的に、自給自足的な生活を維持しながら、

 ゆとりをもって生計を立てていく手法などを、

 確実にマスターできる「新たなコース」を設けました。(後述)

 

 

研修期間は「原則一年間」ですが、

 

ほかの場では得られない 

“二度見するような”貴重な体験や、ふしぎな情報を吸収できると思います。

 

(研修内容は、自然からの贈り物満載の年もありますが、年々進化を遂げています)

 

 

ところで、

周囲に連なる四国山系の伏流水<名水百選>のみを使用したわが家の農産物は、

これまで“どっちの料理ショー”(特選素材)や、報道番組“スーパーJチャンネル”他

10局以上のメディアで取り上げられました。

 

●農園HP➡ http://www.jikyuno.com/

 

 

今年度より、

無一文からかみさんと二人でここまで運営してきたこの農園の目的

 

➡ <次の時代の“主役”となる自給自足的な農生活>

    【 自給農 + X 】

 

の“サイコーの果実”(時間)を、“体感”していくことになるでしょう。

 

富も、名声も、恋さえ、じゅうぶんすぎるほど手にした欧州貴族たちが

もっともたいせつにする時間って、知ってますか?

 

「土とふれあうひととき」 だそうです。

 

これまで日本人が置き去りにしてきた

「自然とまじわり、とけあう」 あたらしいじんせいの遊び方。

じんるいが あこがれる暮らしのかたち・・・

 

こいつを、根掘り葉掘り、つまみあげて、

じっくりと、そして真剣に、

みんなで、かみしめてやろうとおもいます。

 

 

ココは「限界集落」といいいましてね、

もともと、にんげんたちが見捨てた農地でした。

 

発見したときは、田んぼの外形もわからないほど

「天然の楽園」

と化していました。^^

 

シカや、イノシシ、野ウサギに、タヌキたちの台所が

この農園だったです。

彼らをつかまえては逃がしてやり、つかんではまた放す・・・

どうぶつたちの「食べのこし」をいただきながら、

農園の屋台骨を、何年も、何年もかけて丈夫にしてきました。

 

ここでは多くは書きませんが、限界集落の風圧をもろに受けて

研修指導もできない年もありました。

 

 

これまでの農園と研修生たちの

まさに 血のにじむような時間の積みかさねがあって、

ことし、

【四万十・自給農の里】がほんとうにしたかったことの

“初舞台”を踏むことになったんです。

 

 

 

もうご存知かもしれませんが、

いま、「日本」はおおきな曲がり角に立っています。

 

海外移住者やITの波にもさらされ、
国内の失業者もさらにふえていくことが予想される厳しい時代背景の中で、

<このカイシャに入れば、一生安心・・・>

などといった 

これまでの「大企業安定神話」は、かんぜんに過去のものとなりました。

 

とまらない少子高齢化の流れの先にあるのは「年金破綻」。

いまや、

お国にも、どのカイシャにも“頼れない”時代に、すっぽり入ってしまったのです。

 

 

「一人で、立つ!」

 

 

もう、“じぶんの生活はじぶんで守る”しかないのです。
(24年前から言ってます 笑)

 

年々、あっちこっちでうまれるこのような<不安>が増していくなかで、

【四万十・自給農の里】は、

これから到来する時代の変化に寄り添っていきながら、

 

まずは、

 

<将来的にもゆうゆうと暮らしていける経済基盤をしっかり確立したうえで>

 個人でできる 「農」のよろこびを、どこまでふやしていけるか

 

そのあるべき姿を、徹底的に、考えました。

 

その流れのなかで、とくに2017年度以降、

 

★将来の盤石な【自給農生活】を実現するための生活設計を支援する目的で、

 (農園主が5年の歳月を経てカタチにした)

 

【毎月の安定収入源を、生涯にわたり確保するステップ】も

研修メニューのなかに用意し、

研修生たちの『希望収入額』を、まんま獲得できるコースも、一部スタンバイしました。

 

<もう、お金のことで「夢」を断念することはありません!>

 

 

また、くりかえしますが、

 

★2年目からは、「正社員登用」(月収20万~30万以上)へ応募できるチャンスあり!

 

というあなたのキャリアUPを図れる機会も用意しました。

農園としては、うまれてはじめての試みです。

 

 

とまぁ、直感のスルドイ方は、

これからの【四万十・自給農の里】には ナンカある・・・

もう気づいていることでしょうね。^^

 

 

<<研修希望の場合、の今後の流れについて>>

 

下記のメールアドレスへ【研修希望】と明記して返信後、

 

●「履歴書」 と

 

●「伝えたいじぶん」=あなたのことができるだけわかる「自己紹介文」

 

を、下記の住所まで お送りください。

 

折り返し、ご連絡します。

 

 

尚、何か不明な点や質問なども気軽にメールや電話で聞いてくださいね。

 

ではでは、可能性を秘めた「あなた」をお待ちしてます。

 

 

【四万十・自給農の里】 タカハシ

 

●〒786-0072 高知県高岡郡四万十町中神ノ川大本山 696-5

 

●email:  mattari100@gmail.com

●TEL/fax: 0880-29-6058

 

●農園HP :    http://www.jikyuno.com/

●研修生募集ページ: http://www.jikyuno.com/p/free-page/page/p/kensyu/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。