市川パチスロ徒然@じく

千葉県在住。とあるゲームメーカーに勤めながら、土日を中心にパチスロを打つ日々でございます。
スロ話大好きなので、お気軽にコメントもどうぞ! 必ずご返事しますよ~♪

ようこそ、「じく」が書き連ねるパチスロブログ『市川パチスロ徒然』へ!
市川って言ってますが、いろんな所での実戦を写真といっしょにチラ裏歓迎。

Twitterも@K_Jikuharaで随時更新中!
実戦のリアルタイム系は主にTwitterでしていきます。

テーマ:

 

今月からじょじょにSNS更新も復帰予定、

ということで軽く振り返りつつ、思ったところを。

 

 

 

 

 

-----

 

 

9/10・大宮のどんじゃらさん、

並ばせ屋・山本さんの独立初のプロデュース来店。

 

8d42582c.jpg

 

来店と言っても、

それ専門ではなくコンサルタント業務など

こういった表に顔を出されるケースだけとは限らないそうです。

 

自分がどうこう言うよりも、

ご本人のブログ&ツイッターを是非。

最近は、憶測や悪意で

平気で誤報を流す輩もいるのでお気をつけてください。

 

ブログ

http://blog.livedoor.jp/narabaseya/

 

twitter

https://twitter.com/narabaseya

 

 

この日は並び順で徹夜もいた模様。

 

自分は過去の山本さんのお店で

スパイキー系を推すことがよくあったので、

普段のどんじゃらさんではまず設定が入らない

バラエティーのスパイキー狙い。

 

結果はそれにとらわれすぎていて失敗。

 

普段のどんじゃらでは死に列と言っても過言ではない、

でも山本さんの好みが多く並んでいる列が当たりに。

 

機種でなく列、そして普段のどんじゃらには無い何か、

と考えれば読めただけに悔やまれます。

気づいたのは昼過ぎくらいでした。

 

 

6台のバラ列まるごと1つ、

メイン系各機種に1台、

バラに数台、

Aタイプ島で機種全1島、単品いくつか、

のような感じでした。

 

スーパー等価でこれは、

予算越えて赤字もあるんじゃ? と思いつつ。

 

打ち手としては、

自分はブラクラ2うってましたが、

他のブラクラ1、HOTDが沈没してたので

ない旨を悟って勝ち逃げしました。

 

 

どんじゃらさんと山本さん、

という組み合わせは興味深いものでした。

 

どんじゃらさんの印象は、

メリハリというより4や5も使い

萌えロードなど趣味性の高い機種を

遊ばせてくれるお店、という印象。

 

山本さんの印象は、

1or 6、ただし奇偶推測が分かりやすい機種は2 or 6。

そして機種(または列)の全6を必ず使い

「やってる」ということを力ずくで分からせる。

分からせることで、

 

・期待させる→朝からの台稼働を増やす

・探させる→単品や2フェイクが生きる

・促す→自分の好みなど、一線を守りつつ知らせる

 

という感じに。

 

 

この2つが合わさりつつ

いくら山本さんだとは言え、予算はどんじゃらさんのもの。

どうヤリクリするのかな?

と思っていて、きっと多少予算オーバーしつつ

風景としてはある程度満足できたのではと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

-----

 

ここからは、

お店の立場になってや、

いろいろ思いを広げての

よた話です。

 

 

お店自体をマネージメントしていれば、

ある一日だけを大赤字にしても

一か月の中で少しずつ回収するプランも組めるだろうと。

 

でも1日限りなら、

予算があって、その中で完結しなければいけない。

 

あ、予算という言い方ですが

「出費」という意味での予算ではなく、

予定収支という意味くらいのつもりです。

トントン、とか赤字100万(とんでもねえw)とか

そういう感じに。

 

 

設定1で98%の台が60台で3000G回る、

設定6で116%の台が10台で8000G回る、

その時のIN/OUTを計算して全体の収支を

予定して計算する、まさに「予算」ね。

 

実際は、1が跳ねるし6が沈むこともあるけど、

商売である以上予算は立てるのが当然であって。

 

 

で、ここまでならきっと

シミュレーションソフトがあれば誰だってできる。

 

その上で機種特性を知っているか、

例えば、

 

「この1はすぐ見切られて捨てられる」

「あの機種の2ならかなり粘られる」

「6は丸わかりでフル稼働覚悟」

「この台の6は捨てられやすい」

「確定が出やすいアレは2ベースで1個だけ6」

 

など、店としての上ブレを増やし、下ブレを減らすか。

 

 

表のテーマが

「6が入ってる」「出玉が見える」

「勝ちを楽しませる」「高設定を楽しませる」

なら、

 

裏テーマが

「低設定も回してもらう」「当たりがあったことを納得させる」

だと思います。

 

ただお店や設定師の方々も人の子だから、

時に「漢気」もあったりしてねw

 

 

 

 

これらが、

打ち手を増やし、

薄利多売で店の利益も確保する、

という並ばせ屋のやり方だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

僕はこのやり方を支持します。

でも、全面支持ではありません。

 

打ち手としての選択に制限はないわけで。

 

 

 

パチスロが好き、

ただどのホールへ行けばいいか分からない、

という情報所有レベル初~中級の打ち手には

最適だと思います。

僕もおそらく、ここら辺に属しているかと。

 

上級者は、

もちろん選択肢には入ってるけど、

並び、配分、リカバリーなどを考えて

他の店のほうが勝ちやすいと避けるのではと。

 

ちなみにTOPクラスは、

こういったこと関係なしで

自分だけがツモれる店をいくつも確保しているから

温かく見守るくらいかな、きっとw

 

 

 

 

打ち手として勝ちを考えるなら、

並ぶことだけが一択ではない。

 

でも、こうやって集客を増やすことで

裾野を広げるのは絶対に間違っていないわけで。

 

 

 

 

 

 

打ち手が勝ち負けを越えた部分で

パチスロを語ることができるか。

 

お店が目先の利益を越えて

ユーザー拡大を目指すことができるか。

 

 

この手の話は、

上っ面というか

偉そうというか

業界系の提灯コラムというか

どこか胡散臭くて

ただの休日スロッターが書くのも何だかなー的な感じではあります。

 

 

その上で、もう一度。

 

 

「打ち手が勝ち負けを越えた部分で

 パチスロを語ることができるか」

 

「お店が目先の利益を越えて

 ユーザー拡大を目指すことができるか」

 

 

この境目は、

 

パチスロが好きか?

 

ただそれだけかと。

 

 

 

 

 

 

好き、嫌い、勝ち、負け。

 

これらが混在する中で

自分が何を選び何を為すか。

 

パチスロって18歳以上でお金用意すれば誰でも敷居を跨げる、

とんでもなくハードル低いのに

恐ろしいほど広くて深い世界だからね。

 

お金やビジネスに限れば、

僕なんかが想像つかないような闇も広がっているだろうし、

でもそんなの知らずにパチスロ楽しんで勝つこともできるし。

 

 

-----

 

 

僕が負けが込んでた時は、

本当に落ち込みました。

 

好きなパチスロで何をやっても勝てない、

お金も無くなるし楽しいどころか苦しい一方。

何一ついいことがない。

 

これって続ける意味あるのか?

もう潮時か? とも。

 

 

 

ただ、やっぱ好きだったんですね。

止まぬ雨などなかったようです。

かなりの長雨でどしゃぶりでしたがw

 

 

 

どうやら僕は、

パチスロのことを考えたり書くのが好きなようです。

もちろん、打って勝った負けた騒ぐのも好きだけどねw

 

願わくば、他の打ち手の方も

このようなブログを見てるくらいの認識の方なら

勝ち負けを越えた何かを感じたり、仲間と語ってくれると嬉しいかな。

 

時々でいいから。機嫌がいい時だけでもいいからw

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

晴れるんですね、こういう日は。







新婦のご友人が涙ぐんでいたり、

新郎の引きつった笑顔が面白かったり。









心からおめでとうございます。



昨日、朝の5時半から並び
500円もプラスだった翌日だけに
感無量ですw
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



これくらいのスペースと
身内感イイですね!

おじさん的に座って
落ち着けるのはありがたいです。

とりあえずお腹減ったなw
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。