1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-05-12 23:09:50

納得できない・・・でも仕方ない・・

テーマ:ブログ

先日、無事解決に至った方と「人身傷害」という保険についての話。


「人身傷害」とは、被害者にも過失が生じた場合に、


加入している保険会社が過失分を支払うというもので、


当初は画期的な保険商品 と賞賛されていました。


しかし、徐々にその盲点が露呈してくることになるのですが・・・

それは後日に~



相手の弁護士と示談解決したが、結果的に差し引きされた


過失分を自分の 保険会社に請求したら、かなり割引いて


金額提示してきた・・・と言うのです。


たとえば、500万円の1割(50万円)相手が差し引いてきたので、


その分を人身傷害に請求したら、29万円しか払えない・・・と。


それも、相手、その方が加入しているのは同じ保険会社です。


同じ保険会社で賠償を行っておきながら、


人身傷害を支払うときには割り引く 姿勢に納得が出来ない!


と憤慨していたのですが、


これは


「損害賠償(相手に対する賠償)」と「保険請求(契約に基づいて支払う)」


の違いによっておきた問題です。


矛盾するかもしれませんが、致し方ない問題でもあります。


弁護士が交渉したので、内容に関してはトータル金額に


後で理由付けをするという 「後付け」です。


しかし、保険金支払いとなると、

その項目一つ一つに理由付けが必要となります。


なので、評価が違うのです。


「もう少しあげてよ・・・」と言っても、まかり通る可能性は低い。


ただ、本来の賠償(被害者が実質的に損失した額)を求めて


協議していたところに 折衷案を出され、やむなく妥協した経緯もあり、


そこで加入していた保険会社にも 割り引かれるのは納得できない。


これもわかります。


でも、それが保険なんですよね。 .

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-05-12 00:37:01

メンタルケアの充実

テーマ:ブログ
テレビ出演の影響で、連休までにお越しになった方は150人を超えました。

そこでもっとも感じたのは、カウンセリングの重要性です。

テクニカルな問題は知識を収集することで解決しますが、それに至るまでの

精神的なダメージを軽減させないと前向きな気持ちになりません。

まず、十分に置かれている現状をヒアリングし、整理する。そして、打開策は

その人の視点を考慮しながら少しずつ行う。

簡単なようで難しいということを実感しました。

身体はリハビリできても、精神がついてこないことには復帰はあり得ません。

メンタルケアの充実、そして、ジコ福にしかできないコンサルを追求していきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-06 11:22:34

時間とプランニング

テーマ:ブログ

倒れている人を起こすための最良の方法は、


十分に聞く時間と解決までのプランニングが必要。




実は、先日交通事故に詳しい弁護士と飲み会をしているときに


「弁護士に足りないものは何か?」と聞かれたときに返した言葉です。


弁護士は代理人であるが故に、今までは損害額を請求する、


賠償権利を行使することに特化してきました。


問題は、本当にこの人の損害は適正なのか?です。


この部分に着目している弁護士はかなり少ないのが現状です。


聞く時間を十分に持つことで、隠れた本当の損害が見えて来ます。


さらに、損害が確定するのは後遺障害が認定されてからですが、


実はその前段階から残存した障害等級に向けた検査、医学的所見などを


具体的に証明する行動が必要なのです。


それがプランニングです。


弁護士さん一番不得手とする方法なのかと感じます。


ただ、これからのことを考えると、これなくして交通事故弁護士とは言えない


時代が来るように思います。







AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。