総合診療医 細田俊樹 公式ブログ

内科医として活動しながら健康に役立つ各種セミナーを企画しています。癌、うつ病を予防と治療、腰痛を改善するセミナーなどです。2014年11月には川嶋朗医師、水上治医師と一緒に「日本一わかりやすい。自分の力で病気を治すセミナー」を開催しました。


テーマ:
●坂上忍さんから質問されて感じたこと、気づいたこと

こんばんは。細田です。

12月18日(金)、バイキング生放送、無事におわりました^^

{96FB7BFB-2D98-410A-839D-913F1FA76E88:01}


生放送はもちろん初めてでしたので、緊張しましたが、とっても良い経験になりました。

今回は、要注目の健康食品「ユーグレナ(学術名)」について解説しました。

和名は「ミドリムシ」ということで、出演者の皆さんから質問の嵐でしたが、今回のやりとりから感じたことを書きました。

生放送中、坂上忍さんから質問がありました。

坂上忍さん「先生、ユーグレナだけ食べていれば生きていけるってことですか?」

私「いえいえ、基本は、毎日の食事ですね。野菜、魚、お肉などをバランスよく食べることが基本ですから、そこをしっかり食べている前提で1日0.5~1.0gとって頂ければと思います。なんでも食べ過ぎはよくないですね。」

そんな感じのやり取りをさせて頂いたかと思います。

万能な単一食品があればというのは私達人間がもつ自然な願い、思いですが残念ながらそういった食品はありません。

これさえ食べれば、健康と長寿が保証されるとしてもてはやされた食品はおびただしい数にのぼります。

「カスピ海ヨーグルト」「ココア」「ニガリ」「酢大豆」挙げるときりがないないですね。

かつて、人参などの緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンの血中濃度が高いグループで肺がんの発生頻度が低いという報告されたことがあり、βカロテンのサプリメントを人に与える試験がありました。

ところが、試験がまだ途中の段階で、サプリメントを与えたグループに肺がんが多発し、研究は中止されました。

この研究の反省として、肺がんを予防していた栄養素は、βカロテンは見せかけで、βカロテンの豊富な人に多いビタミンCだったのでは?とか、βカロテンは食品としては有用でも、サプリメントとして摂取した場合は逆の作用をするのでは?などという意見も出されました。

しかしもっとも考えられる原因は、過剰摂取の問題にあると考えられます。

いかなる栄養素も過剰にとれば、問題が起きる可能性が高くなります。

ですので、なんでもほどほどにして、カラダの声を聞いてあげる。

おかしいな?と思ったら一旦中止してそれでもおかしいと思ったら医師に相談することが大切ですね。

生放送は初めてでしたが、芸能人の皆さんに質問したり、質問されたりと大興奮の40分はあっという間に過ぎました。

また機会をいただければ視聴者の皆さんのお役に立てるようにしっかりと準備して臨みます^^

MCの坂上さんはじめ、出演者の皆さん、番組関係者の皆さん、本当にありがとうございました^^


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

内科医 細田俊樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります