我が家で『サッカー少年』と言えば

3チビ(小3男子)のことだ!!

 

保育園の卒園式のときの彼の夢は、

「サッカー選手になること。」

だった。


だから、小学校入学のころから

少年サッカーチームに入り練習している。


そのチームは、近くの幼稚園にあるチームで

年中さんのころから、活動している。

各学年が、チームを組み練習するのだ。

小学校からは、その幼稚園の卒園でなくても参加できる。



だが、始まりの差は、非常に大きかったようだ。

特に、3チビの学年は

親が見てても分かる明らかに上手い子が数人いるのだ。


2年になり、地域のリーグ戦に

学年を2つに分け、参加した。

上手い子たちに引っ張られるようにして

リーグ戦は、3位と4位でそれなりの結果が残せた。


3年になり、今度はチームの編成が変わった。

上手い子たちが、ごっそりもう一学年上のリーグ戦に参加することになった。


残ったチームの中に3ちびはいた。

その体制で4試合が、行われた。

結果は、0勝3敗1引き分け・・・・・まだ、勝ちがないのだ。


去年のリーグ戦で、軽く勝ってたチームにも負けてしまった。


今まで、サブみたいな感じで過ごしてきた子たちの集まりのチームだから

ヒーローになれるいい機会が与えて貰ったのに

何をしたらいいのか分からなくなってる感じがする。


一勝すれば、気持ちが切り替えられそうなのだが

なかなか、シュートまで持っていけないのだ。


このままでは、あまりにも淋しすぎるから

サッカーが好きで始めたはずだから

サッカーが嫌な思い出にならないように

何しろ、一勝!


祈るような気持ちでの応援が続く・・・♪

AD

うちのダンナは、何しろ探すのが下手!!

その上、根気がないので

探す前から、人に

「携帯知らん?」とか「鞄知らん?」とか

聞いて来る。


チビどもも

慣れてるから

すぐに、パパの置きそうなとこを探し出す。


けど、大抵

見つからず、私が探すことになる。


服を一つ、片付ける。

本を1冊、どかす。


そのぐらいのことで、大抵見つかる。

見つからないと

「まだ、見つからんか?!」

と怒鳴ってくる。


失くす奴が悪いのに・・・


私は、相変わらず片付けを続ける。


「そんなことしとらんと、早く探せ!!」

と、また


そのうち、ひょこんと見つかる。


これが、いつものパターンだ♪


家が片付いてなくて見つからないのもあるが

いつもの場所にちゃんとおけば

なくならないのにって、いつも思う。



「ママ、カード知らん?」

今度は、3チビ(小3男子)だ。

まさに、親子!!

探しに行ってきます♪



AD
うちでは、ダンナのことを普段、名前で

“ひろしさん(仮名)”

と、呼ぶ。


この前、一緒に行ったソフトバレーの練習のとき

いつものように

“ひろしさん(仮名)”

と、呼んだら

すごいからかわれた。


うちの実家の母も父のことを名前で呼んでいたので

名前で呼ぶことに違和感はなかったのだが

違うようだ。


たまに、ダンナのことを

“パパ”

と呼ぶと、決まって

“お前のパパじゃない。”

と言ってくる。


だから、我が家では、

今でも

ダンナのことを

“ひろしさん(仮名)”

と呼ぶ。
AD
今日、2チビと3チビの通う小学校で、避難訓練がありました。

阪神淡路大震災から10年。

あの日

テレビは、一日中ニュースでしたよね。

1チビ(当時年少)は、「保育園でテレビニュースを見たのは、あのときだけだった。」と、今でも覚えているようです。

見る度に増える死者数と行方不明者数。

上空から見る神戸の街。

なんで燃えてるのに消防車がいないの・・・?!

なんで何も出来ないの・・・?!


祈るしかない思いで見ていたことを覚えています。


昨日の夜、突然

一緒に寝ている3チビ(小2男子)に

「うちも地震対策した方がいいと思うよ!!」 と言われてしまいました。

言われてみれば確かに

我が家は、予測されてる東海地震の被害地域だし、

今、寝てるふとんは大きなタンスで囲まれてるし・・・

タンスの上には、いろいろ乗ってるし・・・

テレビは、固定されてないし・・・

まず、家自体が震度7なんて揺れに持ちこたえそうもない。

30年以上前の鉄筋コンクリートの2階に

私たち夫婦と1・3二人のチビが寝ている。

つながった築60年以上の瓦屋根の2階建ての

1階で義父母、2階で2チビが寝ている。

どちらも、耐震なんて考えがなかった時代の建物だ。

なんか、怖くなってきた。

でも、立て替える予定もないし・・・

リホームするのも大変そうだ。

家族で一度、避難場所なども含め

地震について考えてみる必要がありそうだ。


みなさんのお宅は、地震対策を何かしてますか?!
今、CMで
“これがお正月恒例、お年玉をお母さんが預かっておくね。ですね!!”
ってご存知ですか?!

我が家もまさにこれなので、チビどもにうけてました。

すべて預かって、そのまま貯金しています。

今年、このCMを見て3チビ(小2男子)が、初めて聞きにきました。

“ママ、去年のお年玉どうしたの?!”

“僕の通帳だよ!!”

“見せてよ?!”

というので
3チビの定期の通帳を見せたら納得したようです。


私も、子どもの頃
お年玉は全額、郵便局に預けていました。
その頃、すごーく欲しいものもなかったので

小学校の頃、お年玉でもらった15,000円が
10年で、30,000円に
20年で、60,000円に
なったのを覚えています。

だから
毎年のお年玉といろいろでもらったお祝いのお金が
10年で、2倍に
20年で、その2倍に

最初のmyカーは、それで買いました。

今は、
10年たっても
20年たっても
ほとんど増えませんが、何かの足しにはなるかな?!


私のお年玉の一番の思い出は、
一つ上の兄と金額に大差をつけられたことです。
それまで、なんでも半分っこしてたのに・・・
すごい悔しかったこと覚えてます。

今、我が家でも
1チビ(中2女子)> 2チビ(小6男子)> 3チビ(小2男子)
の図式です。

3チビが、かわいそうになります。
我が家の田作りデス(^o^)

嫁に来て10数年
今では、普通に作って食べてますが
我が家の田作りには、砂糖がまぶしてあります!!

お店屋さんでも、スーパーでも、
他のお宅でも
見たことも食べたこともないのですが・・・



★我が家の田作りの作り方★

①田作りを少しずつ、乾煎りする。
(こがさないようパリパリになるまで)
②醤油と酒で①をからめ煮にする。
③紙袋に砂糖を入れ、②を熱いうちに入れまぶす。
④ザルの上でさます。


我が家のチビどもは
産まれた時から、この田作りです。
だから、お正月のおせち料理には、定番のように思っているようです。

けど、この地域(名古屋近郊)では
砂糖まぶしではなく
甘辛煮をしたものにゴマと唐辛子をまぶした田作りが、定番のようです。


おつまみや、おやつに
どうぞ♪