2015年3月16日(月)


入院と同時に身体中の検査が始まりました。


病名の確定と


病気の進行状態を知るためです。


足の状態を確認する検査は


電気を通して行います。


電極の方側を足の指先に、もう一方を膝の辺りにあてます。


何も感じません。


ぴくともしません。


罰ゲーム並の電気が流れているはずなのに


本当に、何も感じない。


しびれてるし、痛いし、自分の足を自覚していたつもりだったのに


ちょっと、ショックでした。


これは、退院した後に


お風呂に入って分かったことですが


湯船に全身入っているときは、足先まで温まってる感じなのですが


いざ、湯船から出て、膝から下だけが湯船にある状態になると


一気に冷たい風呂になってしまうんです。


足が温度を感じないからだと思いますが


この時も、やはりショックでした。




発症してから、1年3か月


今では、お風呂の温度を足先でも分かるようになって来ました。


それに、両足の膝から下が動かなくなってから


初めて


パンツを立った状態で穿くことが出来ました(*^。^*)


パジャマは、まだ無理でしたが。。。。


この後も、いろいろな検査が続きます。


では、また♪


AD

コメント(2)