「学生・生徒 最悪886人」の見出しに


何のことかわからず


読み進めると


警察庁が発表した


昨年1年間で自殺した人の数だった。



ついさっき


ワンピース「メリーありがとう」をアニメをみて


感動して、目がうるうるしてたけど


そんなアニメをみるだけでも


命の大切さ、命の尊さに感動して


来週が楽しみになって


「生きてるっていいなぁ♬」なんて思えてしまうのに


なぜ???



生きる力に必要なものを身につけるために


もっと、本を読んで欲しいし


もちろん、漫画だっていい。


もっと、いろんなことに挑戦し


勝つ喜び、負ける悔しさを知って欲しい。



何より


いろんな人やものを思いやり


自分自身の未来をみつめる


想像力を身につけて欲しいなぁ~~



そしたら


こんな悲しい数字を見なくてすむかも・・・



AD

歩いて3分くらいのところに


スーパーがあるので


だいたいそこで


買い物を済ませてしまう。


7人分なので結構の金額になる。


最近になってようやく


そのスーパー専用のカード会員を募集しだした。


そこで買うとポイントが付くらしいので


早速、入会した。


あまり使ってなかった銀行の口座を使い


それ専用にして


今まで財布に入れていた分をそのまま入金して


毎月いくら、そのスーパーで使っているのか


家計簿代わりにカード会社からの明細が届くのだ。



さて、赤字にならないか?


ちょっと心配だ。。。

AD

お義姉さんへ・・・♪

テーマ:

ちょうど、一周忌の頃


あなたに手紙を書きました。


あれから


3年の月日が流れようとしています。



あなたを見送ったあの日


小3だったあなたの息子は


この春、中学生になりました。


毎日、学制服を着て学校に行き


ソフトテニス部で夜遅くまで


練習に励んでいるそうです。


食べれなかった野菜も少しずつ食べれるようになり


いつの間にか


私より背も高くなったようです。




この4年の間


一緒に暮らしていた


父母は、この春


自分たちが、何十年と暮らしていた自宅の方に戻りました。




あなたの突然の死に


数枚の着替えだけを持参し


始めた同居は


私の母にとって


とてもシンドイものだったようです。



慣れない土地での慣れない生活の中


もともと、おせっかい焼きの母は


孫かわいさに


あれこれ世話をやき


兄に叱られたと


最初の頃は、よく愚痴を聞かされました。



そのうちに慣れるだろうと


勝手に思っていたけど


慣れる前に


母は、体調をくずし


「突発性難聴」と言う厄介な病気になってしまいました。



携帯電話を持ってからは


二日に1回は


かかってきていた電話も


聞き取り難いといって母からはかからなくなり


今では、私が父に電話して


母に伝えてもらうようになりました。



補聴器さえ付ければ


すぐにでも聞こえるようになると思っていたのに


思うように聞こえない状態は


本人の気力さえ奪っている感じです。



そんな母の様子に心配した


近くに住む私のいとこが


心療内科に予約をしてくれて


来週から通い始めるそうです。





あれから、4年


あなたさえ生きていてくれたら


そんな風に考えてしまう今日この頃です。



AD