昨日、大学時代の友だちが突然訪ねて来た。

「近くに来たから・・・!」

と言う彼女は

10年以上会ってないが

「変わらないねぇ♪」

と言う言葉が、自然と出てくるほど

変わらず元気でした。


その彼女から聞いたのが

『布ナプキン』と言う言葉だ。


『布オムツ』の推奨者の私だから

紙オムツも

紙ナプキンも

本来の紙で作られている物ではなく

その構成材料が

『ポリプロピレン・ポリエチレン』

であり

石油から出来ていて

『燃えないゴミ』に部類される

燃やしちゃイケないもの

燃やすと地球を汚すもの

であることくらいは知っていたのだが

ナプキンを布でとは

考えていなかった。


自分で作ったと言う『布ナプキン』をみせてもらったが

チビたちに使っていた

成型布オムツを小さくしたような感じで

ネルの生地が使われていた。


「これにしてから

かぶれも

変な臭いもなくなったよ。」

と説明してくれたが

漏れなどないか

ちょっと気になったので聞いたら


「ひどいときだけ、布の下に紙のをひくけど

よほどの事がないと漏れないよ。」

と言う回答でした。


その子いわく

『経皮毒』って言うのが問題で

日用品に含まれる化学物質が

皮膚から侵入し体内で有害な作用を引き起こすらしいのだ。


よく分かってないけど

ちょっと

怖い感じは、よく分かる。


「ナプキンだけでなく

シャンプーやボディソープなんかにも

化学物質を原料にしているものが多くあり

そのせいで

『癌』の発生も増えてるのではないか

って言う方もいるよ。」

とも教えてくれた。


全部の言葉を鵜呑みにする気はないが

『布オムツ』同様

水につけおきし洗濯し何度も使える

『布ナプキン』に興味を持ったのは事実だ。


地球に優しいもの好きとしては

気になる存在だ♪



AD

と、言っても

もう二週間ほど前のことだが

1チビ(高1女子)の学校のPTA総会と学級懇談会が開かれた。


高校へ親が大手を振って行けるのは

入学式と卒業式、それからこのPTA総会くらいみたいなので

参加してみた。



議事が淡々と進められて行く。

中学や小学校のPTA総会と違い

お母さん方の私語やざわつきがないのだ。

まぁ、顔見知りの近所のおばちゃんの集まりではなく

いろいろな地区から来ているので

知り合いも少ないせいだと思うが

本当に静かだった。


生徒数1000人くらいの学校で

400人くらいの参加者だった。

途中、振り返ったとき

人の多さに圧倒された。


議事を読み挙げ

拍手で賛成のパターンはどのPTA総会も変わりなかった。


ただ、今年

耐震工事を大規模に行うにあたり

レンタルでクーラーを入手したいので

そのため一人年間4000円程度の負担を

お願いしたいと言う話が出たので

その事については

いろいろ意見が出された。


なぜ、レンタルなのか?は

購入した方が安いが

市からは予算がもらえない。

なので、利用している生徒負担となる。

レンタルなら設置した年の生徒に余分な負担がかかる事がないらしい。


電気の場合がこの4000円で1週間程度で設置可能らしい。

ガスだと6000円くらいかかり、工事にも2・3ヶ月かかるらしい。

こう考えると

絶対、電気なのだが


市から

電気だとクーラーに使う電気代と

一般の電気代の区別がつかないからと言う理由で

クレームがつくかもしれないとも言っていた。

えっ~~

何それ!

って感じだが


市には、迷惑をかけず

自分たちが負担してレンタルで

クーラーをつけようとしているのに

クーラーをつけること自体にも

すぐに許可出来ないようなことを

市の教育委員会に言われたらしい。


理由は、市立の小学校や中学校には

クーラーがついてないかららしい。


えっ~~~

だから、自分たちで負担してつけるのに

なんで~~~!!!


耐震工事で各教室の窓は、5cmくらいしか開かないらしいのに

夏休みなど長期休暇だけでは

とても終わらないので

授業が行われている横で工事が行われるらしいのに

どうやって

過ごせというのだろう?


昭和35年くらいに建てられた古い校舎は

ただでさえ、風通しが悪い。

オーストリアの有名な建築家が設計したから

北側に窓がある。

と言う噂を聞いたことがある。


こんな校舎の耐震を行っていると言うことは

立替えなんてことは

頭の隅っこにもないようだ。



早期にクーラーを設置出来るよう市に

PTAからも働きかけることを決め

総会は、終わった。



その後

学級懇談会。

40人中17人の参加で

女の子の結束の強い楽しいクラスの様子を聞くことが出来た。


やることさえやっていてくれれば

法律に反すること意外

自由だそうで

服装に関しては

制服を着ていれば

冬に夏服でも

夏に冬服でも

OKだそうです♪

AD

DEAR BOYS・・・♪

今日、読む予定だった『ハリー・ポッター』を


持っていかれてしまったので


八神 ひろき
DEAR BOYSプレミアムガイド

を読んでいた。


ダンナが、随分前に買ってきて


表紙を見ただけで


漫画が読んでみたいと思っていたら



最近になって


八神 ひろき
Dear boys―Act ll (8)

古本屋でまとめ買いをしてきたのだ。


元来


バスケ少年好き。


ミニバスのお手伝いを何年かした。


高校の頃


好きだった子は、バスケ部。


の私には、たまらない。



出てくる登場人物


一人一人がとても魅力的だ。


バスケシーンも


スピード感があって続きがどうしても読みたくなる。



1チビもテスト前からはまったようで


「布施先生、大好き♪」


と喚いている。


私は、どの子も愛しいが


最初に


キャラを見たときから


「沢登くんが、いいなぁ♪」


と思っている。



まだ、ダンナが15巻までしか買ってきていないので


1チビのテストも終了したことだし


次の巻を買ってくるように


頼んだとこだ。



早く続きが読みたいよ~♪



昨日、3チビ(小4男子)に


「サッカー少年からバスケ少年に変わる気ない?」


と聞いてみたが


答えは


「NO!」だった。


残念。。。

1チビ(高1女子)は


今日で4日間続いた


高校最初の中間テストが終わる。


2時間づつ4日間のテストは


中学の頃とは違い


覚えたことを確認するためのテストではなく


分からないことを確認するテストだったようだ。


しんどそうだった。



今日、最終日だったので


「帰りの地下鉄で読むから♪」


と言って


私が、読みかけていた


J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

を持って行ってしまった。


まぁ、まだ数ページしか読んでいないし


1チビの方が


明らかに読むペースが早いし


『ハリー・ポッター』への思い入れも違うので


仕方がないが・・・



私も話の展開にひかれ


今まで1巻から5巻まで


読み続けている。


私は、和訳された外国の小説が苦手だ。


原文では苦手どころか手にとる気にもならないくらい外国語は駄目だ。


松岡佑子さんの和訳は読みやすいから


まだ、救われるが


日本語として変じゃないって言う和訳がされてることが


よくあるからだ。


その上


致命的なのが


カタカナをしっかり読めてないことがあるようだ。


一時


3チビに『ハリー・ポッター』を読み聴かせると言う


無謀な挑戦を始めたことがある。



最初の1・2行も読み終わらないうちに


1チビから訂正が入る。


そこに出てくる地名や人名が違っていたのだ。


その通りに読んでいるつもりなのに


アクセントや読み方が、なぜか違うのだ。


いつの間にか間違って読んでいたようだ。


声に出さず


一人で読んでいるときは


人名なんか思い込みで


短い覚えやすい名前に頭の中で置き換え読んでいるらしい。


だからか


5巻とも読破したのに


キチンと名前が言える登場人物は


ハリーにロン、


それから・・・


もう怪しい。


1チビに呆れられたが


それでも、6巻は楽しみにしていて


『ハリー・ポッター』は、大好きだ♪

ワールドカップのメンバーが発表され


いろんなニュースで取り上げられてますが


その中で


侍ブルーのTシャツではなく


白いTシャツを着た中村俊輔選手が


昨日の中日新聞の1面に登場していた。



ちょっと違和感を感じながら


新聞をめくっていったら


障害者W杯 派遣費用の半分しか集まらず 

中村俊も寄付


という記事(これは、毎日なのでちょっと違う)があった。


連絡先はあるものの


HPとか書いてないのでURLはなさそうだ。


インターネットを使って呼びかけたら


いまどき、すぐに集まりそうなのにと思ってしまった。



中村選手のような寄付は出来そうにないが


Tシャツ1枚くらいならと思うのだが


注文先がよく分からない。



こう言う活動をする方たちをサポートする組織があればいいのに


と思う♪


図書館・・・♪

あさの あつこ
The MANZAI 1

昨日、中間テスト前だと言うのに

1チビ(高1女子)が、借りてきた。

学校の図書館に予約していた本が、入ったと言う連絡があったらしい。

「3日以内に借りに来ない場合は、次の方に回します。」

のメッセージ付きだった。


まぁ、テスト前でも

行き帰りの地下鉄とかで読めるから

なんて言ってたが

読み終わらず

帰っても読んでいた。


まぁ、どうせ

本を読んでなくても

すぐには、勉強するわけないから

一緒だけど・・・・


それに、この本は

私も読みたいと思っていた本なので

早速、借りて読んだ。


あさの あつこの本は

2冊目だ。

あさの あつこ
バッテリー

児童書の作家として

活躍しているが

文庫化したものを読んでいるせいか

一般図書だと思った。


少年のことを素敵に描いていて

台詞が、生き生きしていて

好きだ。


重松清も少年のコトを描いた本が多いが

切り口の違いを感じる。


けど、どちらも

今を感じる作家だ♪


なんてことを書こうと思ったのではなくて

1チビの通う高校の図書館がとても充実していて

そこら辺の本屋より

新刊からズラッと揃っているそうだ。


一人で何冊か借りれるそうなので

「借りてきて!」と

リクエストしてある本が何冊かある。

ちょっと、嬉しい♪





留守番している自宅兼事務所に


電話機のリースの方が


GW前に来た。


NTTリースの電話機を使っていたのだが


「この基盤は、古いですね。

周りの電話線が新しくなってますから

変えたほうがいいですよ。」


と言われた。


「今なら、今までのリース代より

200円安くなります。

ドアホンも標準装備なので

つけて置きますね。

今までの電話のうち1台は、コードレスにも

出来ますよ。」


と言われ


思わず


リース代が安くなって

電話機の性能が良くなるなら

OKかなぁ?って思ってしまいました。


そこで

ダンナに連絡。


「基盤が古いから変えたほうがいいんだって

電話機も良くなるし

ドアホンも付けてくれるんだって

そいでもって

リース代が変わらないんだって」


ダンナからは、

「今までと変わらない。

ことを、もう一度

確かめろ。」


と、連絡があったので

もう一度聞いてみる。


「今までより200円ほど、安く出来ます。」


「電話機の数を減らしたら

もっと安くなりますか?」


「同じです。」


と言うことだったので

契約することにした。


その日のうちに

工事日が指定され

次の日には

電話機が変わった。


あまりに早い対応に

かえって違和感があった。


その日の夜

電話機リースの不当交換のニュースが

TVで流れていた。


ちょっと不安になったきた。


置いて行った電話もきちんとしたメーカーのだし

工事に来た方の対応も悪くなかったけど


やはり、ちょっと不安だ。


前と同じ契約と言っていたし

前がどう言う契約かよく知っていたから

お願いしたけど


まだ、正式にリース契約した覚えないのに

あまりに施工が早いので

不安になる。


今日、『ユーミン』のコンサートに行って来ました。
すごい良かったです!いっぱいいっぱいパワーを貰って来ました。

私より上のはずなのに

踊りまくり走り回っても歌は乱れてなくて
ちゃんと歌詞の一つ一つを大切に歌ってて
新しい曲にまじって『ルージュの伝言』とかも歌ってくれて
本当に嬉しかったです♪
アンコールの曲とか聴いてたら涙が止まらなくなっちゃった。

ユーミン、最高!