夏服・・・♪

1チビ(中3女子)と2チビ(中1男子)の通う中学校は


今週から、夏服OKです。



2チビは、暑がりですから


初日から、夏服です。


白の半そで開襟シャツにズボン。


シャツの裾は、ズボンの中へが校則です。


2チビは、スポーツ刈り(坊主)ですから


「えなり君!!」


って、感じでした♪


ちょっとオシャレな男の子は、シャツを外に出して


先生に怒られてます。



1チビは、まだ冬服です。


今日も暑かったから、明日くらいからは夏服かなぁ?!


ただ、腕の見えるこの季節になると


人の腕を見ながら


「なんでママに似なかったんだろうね?!」


と、言い出します。


私、じじは未だかつて


脱毛とは無縁のツルンとした腕をしています。


(太くて、黒いので映像はNGですが・・・)


だから、


「剃ると濃くいなるらしいよ?!」


くらいの不確かな情報しか提供出来ずにいます。



そこで


夏の腕や足のお手入れ方法を

ぜひ、うちの1チビのためにお教え下さいな!!


よろしくお願いします<m(__)m>



ちなみに


下の二人の男の子は、


ツルンとした腕をしています♪






AD

跡継ぎ・・・♪


前にも書いたように


『ダンナは、社長・・・♪』 だ。


それも、オーナー社長だ。



だから、時々考える


2チビ(中1男子・長男)は、継ぐのかな~って



けど、私は


今から、ちょっと不安に思っている。



うちのダンナは、


どちらかと言えば、イッコクだ!! 


チビたちへの怒り方もキツイ。


よく自分のこと、棚に上げといてそんなに怒れるな~と思うほどだ。


とても親子で一緒に仕事が出来るタイプには思えないのだ。



この前、思い切って聞いてみた。


そしたら


他にやりたいことがあるなら無理には、継がせる気はない。

そのときは、会社を売る。

チビが、継ぐと言ったら俺は、引退する。


なんて、言っていた。


付け加えて


継ぐと大変なんて言うような先導だけは、するな!

と、念を押されてしまった。



ちょっと、見透かされてる気がしたが


どうなることか?!



まだまだ、先だけど


すぐに、そんなことに真剣に悩む日がくるのかも・・・


まぁ、それまで


健全に会社を経営していての話しではあるが・・・♪



AD

昨日の記事『3チビ、帰宅・・・♪』 の夜


3チビに壊された傘のこと、担任の先生に連絡して欲しいか聞いたところ


「連絡帳に書いといて!!」 


と言うので、連絡する事にしました。



今日の遠足は、途中から雨が降り出し残念だったようですが、それまでは、電力館もお弁当も楽しいときを過ごせたそうです。

ただ、雨の帰り道、Aくん(実名で)がBくんに嫌がらせをしていたので止めようとしたら、Aくんが青いハチマキを傘にまきつけ、そのせいで傘が壊れると言うアクシデントがありショックを受けていました。3チビの話ししかきいていないので、よくわかりませんが、本人が先生に連絡して欲しいと言ったので、お知らせしておきます。よろしくお願いします。

長いすべり台も楽しかったそうです。ありがとうございました。


先生からのお返事は、


連絡ありがとうございます。

後で話を聞いてみます。


とのことでした。



3チビに話を聞くと


3人が呼ばれ、傘が壊されたときの状況を聞かれ、二人が謝ってくれたとのことです。


「先生から、電話があるよ。」


と言ってるうちに、電話があり


先生からは


3人に話を聞いたこと


連絡帳に書いたようなことが起こっていたこと


告げられました。


その上で、


ハチマキを巻きつけたAくんと、


不可抗力ではあるが、3チビの傘を押してしまったBくんが


それぞれに、3チビに謝った。


また、


AくんとBくんには、自分からこういうことをしてしまったことを


お母さんに家に帰ったら話すように言った。


とのことでした。



その場で、状況がわからず


対応出来なかったことに対して、先生から謝罪がありました。



二人の親にも、先生の方から連絡するようなことを言われたので


その件については


本人が、謝ってくれたことで3チビが納得していたので


お断りしました。



わざわざ、お電話いただきありがとうございました。

傘が壊れることは仕方にないのですが、寒かったこともありショックだったようです。

きちんと話ができ本人も納得出来たようです。

ご指導、ありがとうございました。


と、今日の連絡帳に書いておきました。



3チビの様子を見ていると


傘が壊れたとき、先生に話したら


「仕方ないね!」


で、終わったことが一番ショックだったのかも・・・♪


午後3時前に


半べそかきながら帰ってきました。



持って行った折りたたみ傘が壊され


ベタベタでした。



友達にちょっかい出してる子を止めようとして


ちょっかい出してた子に引っ張られ壊れたようです。



ジャンバーは、持たせたのですが


フード付きではなかったので


「合羽がよかったなぁ!」って呟いてました。



傘が壊されたこと


ちょっとショックだったみたいです。



楽しかったことから聞きたかったのに残念です。



しばらくして


壊した子が遊びに来ました。


いつもなら、


「はい、どうぞ。」って声をかけるのに


今日は、3チビに遊ぶか確認してからにしました。


「どうするの?」


「入っといでよ~!」


って、いつもに戻ってました。


帰って来て飲んだ『ホットココア』で気持ちも落ち着いていたようです。



私の方が収まらなかったので


「ちょっかい出していかんよ。」と、軽く言っておきました。



まぁ、お弁当もしっかり食べてあったから


それなりには、楽しめたみたいです♪



天気予報さえ当たってれば、嫌な思いせずに済んだのに・・・



今日、1チビ(中3女子)が修学旅行から帰ってきます。


今日、3チビ(小3男子)は遠足で『愛・地球博』に行ってます。



愛知県の天気予報は


晴れのち雨


けど、時間のでは


午後3時は、曇り。


午後6時で、雨。


だったのに・・・


もう、昼には雨が降り出してました。



1チビが帰ってくる午後4時まで雨が降らないで欲しかったのに・・・


せめて、3チビが『愛・地球博』の会場を出る午後2時10分まで


それが無理なら


3チビが、お弁当食べ終わるまで


雨が降って欲しくなかったです。



こういう日に、天気予報がはずれるとは・・・




前の記事で、1チビの修学旅行について書いたので


自分の修学旅行について書こうと思ったのだが


なぜか、全然思い出せない。



中学の記憶の中から抜け落ちている。


中3の私の記憶の中で鮮明なのは、ある一日だけなのだ。



その日は、突然やってきた。


ホームルームの時間にクラスの女子だけが、別の教室に集められたのだ。


そこで、裁判が始まった。


加害者は、私だった。


親友だと思っていたRちゃんと最近いつも一緒にいるHさんが、罪状を話し出した。


*漢字の小テストでRちゃんの答案に間違ってるのに○が付いてることを指摘した。


*登下校のときなどに、話しに割り込んでくる。


などなど、身に覚えのあることばかりだったが


悪気のないことばかりだった。


びっくりした。


本当に、びっくりしてたそのとき


クラスでも、不良ぽいKさんが


「別にそんなこと、集まって話すことないじゃん。

○○(私のこと)が、嫌いならつきあわなきゃいいだけじゃん。

私は、○○のこと好きだよ。」


と、言ってくれたのだ。


クラスの他の女子も、Kさんに賛同してくれ


私の裁判は終わった。



それ以後、いつもいるグループが変わった。


Kさんとも、違ったけど・・・



今、思い出しても


なんで担任は、あんなことをさせたのだろう?


と、不思議に思う。


言われた私も、相当傷ついたけど


言ったRちゃんも、随分傷ついただろうと思うからだ。



この話を、今まで


誰にも出来ずに


ズ~と引きずってきたようなところがある。


何でも話してた母親にも、未だに話したことがないのだから。。。


1チビ(中3女子)が、修学旅行に出かけました。


最寄のJRの駅で集合です。


そこまでは、パパが送ってくれました。


荷物は、お弁当とペットボトルのお茶くらいで


後の泊まりの荷物は、前日に学校から宿泊先に送るそうで


6日の日に学校に持って行って持ち物検査があったようです。



行く先は、『東京・車山高原』


今日は、新幹線で東京に行き


国会議事堂を見学して、東京ディズニーランドへ


そこからは、グループ行動で9時半までに


ホテルに集合すればいいそうです。


二日目は、グループで東京見学。


1チビは、渋谷の方へ行くそうです。


昼過ぎ集合して、バスで車山へ


各クラスごと、男女分かれてペンションを貸し切り宿泊。


最終日は、酪農体験をしてバスで学校へ戻って来るそうです。



なんか、不思議な修学旅行ですよね?!


自分の時は、


芦ノ湖の方へ行った覚えがあるのですが・・・







我が家には、二人の男子がいる。

中1と小3だ。


それぞれに、初節句の時


お祝いをもらった。



特に、長男のときはすごかった。


ひな壇のような3段の段飾りには、緑のもうせんが敷かれ


お供えや太鼓、扇子に笠などが置かれ


上段には、兜が飾られた。


ケースに入った『きんたろう』に『ももたろう』、『馬』・・・


8体ほどが、並ぶ。


外には、鯉のぼり。



まぁ、この辺りは


男の子のお祝いは、小学校にあがるまでとされているので


今は、飾らない。


ここ3年、陽の目を見ていない。



この人形たちと雛人形で、母屋2階の一部屋が潰されている。



何一つ悪くなってない人形達、これからどうすべきか?!


思案中である♪