TrackBackって何?!

テーマ:
今回、私は
みんなが当たり前にしているTrackBackの仕方がわからず
yukiさんにhttp://yukitei.ameblo.jp
教えていただきました。
とても、わかりやすいのでそのまま記事にさせてもらいました。
yukiさん、いいよね!?
本当にありがとうございました<m(__)m>

■ TrackBackの件にて参上(ーー;)アセ
TrackBackの仕組みから、申し上げますと、TrackBackさせたい自分の記事を、相手の任意の記事(関連する内容の記事というのが、本来在るべき姿なのでしょうが、結果的にどんな記事でも問題はありません)にリンクさせる方法です。

従って、自分だけがTrackBackをした場合、表面的には相手にしか反映されなていないかの様な(貼り付けた状態が見えない)状態になると思います。

これを踏まえ、順を追って張り方を説明致します。

先ず、TrackBackしたい相手の記事に行って、記事を開きます。
記事の下にコメント欄がありますが、更に下を見て頂くと
TrackBack
この記事のTrackBackPing-URL:
http://ameblog.jp./*****/***
というのがご覧になれるかと思います。
このhttp://ameblog.jp./*****/*
というのが、リンクさせるURLですので、それを、なぞってコピーして持ち帰ります。

持ち帰りましたら、次にご自分のblogの「記事を作成・編集する」をクリックで開きます。
そして、記事の中からTrackBackさせたい記事を編集モード(通常は開いた時この状態になっています)で開きます。
記事開きますと、いつもご自分が記事を書かれている本文欄の下に配置、日時、トラバックという枠が確認できると思います。
そのトラバックの欄に先ほどトラバックさせたい相手からコピーしてきたURLを貼り付けます。
URL貼り付けましたら、決定ボタンを押すことによって、反映されます。
以上でTrackBack完了です。
説明下手で申し訳ありませんが、多分これで大丈夫かと思いますので、おおいに活用下されたら思います。

以上で~す。
私みたいなアメブロ初心者の方これでトラックバックできますよ。
さぁどうぞ!!
AD

いい加減にしなさい。

テーマ:
私は、よくこの言葉を口にする。

3チビのゲームに、2チビのマンガに、1チビのパソコンに
“いい加減にしなさい!!"と

“いい加減”を広辞苑で引いてみた
【好い加減】
①よい程あい。適当。ほどほど。
②条理を尽くさないこと。徹底しないこと。深く考えず無責任なこと。
③(副詞的に用いて)相当。だいぶん。かなり。

今は、寝る間を惜しんで
アメブロにはまってる自分自身に

AD

修学旅行中です。

テーマ:
昨日、今日の二日間
2チビ(小6男子)が、京・奈良へ修学旅行に行ってます。
あまり、しゃべるわけでもないのに
158cm・50kgがいないと、夕飯が静かな気がしました。


今から、@@年前、私も京・奈良へ修学旅行に行きました。
確か、東大寺と法隆寺と清水寺へは行ったと思うのですが・・・
なぜか、長袖のセーターの上にチェックの半袖の上着を着てキュロットスカートをはいてたことだけ覚えています。


小学生だったころの私のこと
私は、すごーく断片的にしか覚えていません。
小6のときの先生の授業の一場面だったり
小4のときの笛のテストの一場面だったり
どうでもいいようなことだけ・・・

家族のことは、
学校のことよりは覚えてるかな?!
でも、順番はくちゃくちゃで内容もあやしいです。


あのころの私って
あまり何も考えてない、話さない子だったからかな?!
AD

お義姉さんへ

テーマ:
昨日、あなたの一周忌の法要に行って来ました。

あなたが、くも膜下出血で倒れ、あっちに逝っちゃってから

もう一年になるんですね。

私にはまだ、あなたが元気で兄と息子くん、愛犬の三人と一匹家族で暮らしてるような気がします。


あなたは、とてもしっかり者だったから

一緒に旅行に行ったときも

母が、入院したときでさえも

私は、まかせっきりで安心していました。


あれから、一年。

いろいろと変わりましたよ。

兄と別々に暮らしていた父母が、

兄たちと同居し親子喧嘩しながら、家族してます。

あなたの息子くんは、兄のあれ食べろ、これ食べろ攻撃に肥満気味で、

相変わらずゲーム好きな元気な小学4年生をしてますよ。

ご存知の通り、勉強は、あまり得意じゃなさそうですが、

今度の担任は、とても面倒見の良い方なので、がんばってますよ。


思いをたくさん残していったであろうあなたに

たまにこうして手紙を書こうと思います。

これからも、






天気がいい、それだけで

う れ し い


なぜかと言うと

洗濯が乾くから。。。。


7人分の洗濯は、やたらに多い!!

全自動70Lの洗濯機を
少ないときで2回
普通は3回は、まわす。

全自動でも
洗濯ものを干すのは、私!!

全自動でも
洗濯ものを取り込むのは、私!!

全自動でも
洗濯ものをたたむのは、私!!

全自動でも
洗濯ものをしまうのは、私!!

タオルだけでも
一人1枚使ったら、7×1= 7の 7枚
一人2枚使ったら、7×2=14の14枚
一人3枚使ったら、7×3=21の21枚
      ・
      ・
      ・
(3チビは、小2!掛け算特訓中!!)

靴下、7足
パンツも7枚!!


干してるだけでも
夏は、日焼け。いまだに消えないサンダルの後。


でも
晴れてるだけで
やっぱり

う れ し い !!!

PaPaは、ゴルフ!

テーマ:
今日、ダンナはゴルフで一日留守だった。

日頃、自営の会社で仕事場も一緒。
休日、家族そろってお出かけ。

なので、たまに一日いないと
   ほッとする。

お子たちもそうらしく
一日中
ゲームにインターネット!!!

私は、結局
洗濯・衣替え・掃除に食事の準備と片付け
忙しかった。。。

でも
“出かけるぞ~!”
の声がない分、のんびり出来たかなぁ(*^。^*)


あだな

テーマ:
今日は、2チビ(小6男子)の話。
彼に最近、学校であだなが付いたらしい
  
   マ リ モ

だ。
クラスの女子からも
 
   マ リ モ

と呼ばれているらしい。
最初のうちは、返事をしないという抵抗をしていたらしいが
あまりに何度も呼ばれ、うるさいので返事をしたら

   マ リ モ

と、クラス中から呼ばれているとか。
なぜ

  マ リ モ

なのかは
理由を聞かなくても分かった。
付けた子に◎


こういうあだなは良いけど
相手を明らかに嫌って付けたのは
パスしたいよね!!

おやぁ?親!!

テーマ:
 中2女子のゴチャゴチャで、子たちは仲たがい・・・
親世代(ハリポタみたい?)は??

と思ったけど、みんな出来た方ばかり(*^_^*)
自分の子の話を聞いた後
“うちの子は、こう言ってるけど・・・?お宅の子は?”
と聞いてくれる方がいて、よくよく聞くとどっちもどっち
口に出して言ったか、メモに書いたかの違いだったりして・・・

けど、口に出して言ってしまった子の母は大変!!
先生から学校での様子を知らせる電話があったから
ノート隠されたりなんていう被害をその子も受けてたらしいけど
“ウザッ。”とか“死ね。”とか
他人に言ってはいけない言葉をいっぱい言ってたらしく。。。
その日の夜は、夫婦喧嘩も停戦にして
ダンナと三人、深夜まで話し合ったとか

多数派Yの代表にされてしまった子の母は
少数派Xの学校に来れなくなっちゃた子の母に連絡を取り
言ってしまった言葉を謝ったら
Xの母も子も、よく分かってくれて
“あなたの子だけが、悪いわけではないから。”
と、相手を思いやる言葉。
“いい子じゃん!”
て、お互い思ったらしい。

先生たちはと言えば
たまたま1日授業参観と重なった昨日
ST終了後、学年集会を突然開き
言ってはいけない相手を不快にさせる、傷つける言葉があることを
力説していました。
どの話も、ごもっとも
だけど、その言葉が子たちにどれだけ届いたかは???
信じたいけど・・・


その日、昼から降り出した雨に
“傘、入り口の傘たてに置いてきたよ!”
と言ってあったのに
濡れて帰ってくる1チビ。

かってに他人の傘を持っていってしまう子
自分のことしか考えない子
そんな子ばかりだとは思いたくないけど・・・

少数派

テーマ:
 1チビは、少数派にいました。
中2になったころから、友達かわったな?!とは、思ってたけど
漫画好きのハリポッタ好きのアニメ好きが、集まってるだけと思ってたのに
それだけではなくて
多数派のYの子たちの言い方が、あまりにもイヤだったからだそうだ。
我が子よ!よしよし、その通り!(^^)!

ただ、気づいてみれば母の友達はみんな多数派の親?!
どうしよう???

中2女子

テーマ:
わが娘の通う中学は、一学年76名の2クラスしかない小さな学校です。
ソレなのに、女子を2分して争いが勃発!!
少数派のXグループが書いたぼやきの手紙が、なぜか多数派のYグループに渡り
さらにヒートアップ!!!
Xの子が横を通るとYの子が、罵声を浴びせる。
“ウザ~~!死ね!”
絶えかねたXの子が、先生に泣き付く。
先生は、“一度言いたいこと言い合って話し合ってみたら・・・?!”
と言うことで、授業をつぶして女子みんなで言い争い!!!
二つに分かれて余計、分裂がはっきりしただけ・・・
先生、あなたはどう解決するつもりなの??

そうなってから、初めて聞いた母(~_~;)
あなたは、どっち?!