$地獄谷冥土BARの極楽日誌 大阪は阪神「梅田」駅からと2つ目の駅、「野田」駅

(千日前線「野田阪神」駅前)スグの福島区吉野に、


誰が名づけたかは知りませんが、通称

「地獄谷」という場所があります。


そこで夜な夜な集まり飲んでいたオッサン連中が、

メイドカフェならぬ「冥土の土産」の冥土バーを

作ってみてはどうだろう、とノリだけで始めることになりました。


このオッサン連中、昼間はフツーに仕事をしています。

なので営業時間は20時から0時までの4時間だけ。


冥土の土産話を語るのは、メイドならぬオッサンです。

女の子目当ての方は残念ですがご遠慮下さいませ。


加えて、オッサン連中、誰もタバコを吸わないので、
バーにも関わらず禁煙にすることにしました。

おかげで女の子がよく来ることになったのですが・・・。


オッサンが地獄谷でやるシュールな禁煙バー
地獄谷冥土BARに貴方もぜひ一度


地獄谷冥土BARホームページはここをクリックしてお進み下さい・・・。


ペタ 読者 アメンバー 大歓迎です!

  • 06 Dec
    • 子どもに教え、教えられ。

      いつもありがとうございます。 今朝は読み聞かせでした。  六年生のクラスに入って、まずは挨拶を日直に仕切らせましたが、まったくダメ。  スピーカーからチャイムが鳴っていましたので、日直の声が小さすぎて誰にも聞こえず、何度か言い直していましたが、最後はバラバラの挨拶になりました。 「0点の挨拶ありがとう(笑)」 イヤミな大人です(笑) その後は僕の定番の「コンビニの店員が同じ挨拶をしたらどう思うか」と 先日ニュースで話題になりました、「マンション内での挨拶禁止」の話をしておきました。 これは、自分の子どもには、知らない人から声を掛けられたら逃げるように教えているので、マンション内では自分の子どもに挨拶をしないようにして欲しいと住民からの要望が理事会に提出されたという話題です。 それだけなら、奇異な親もいるのだと、そこまで話題にはならなかったのでしょうが、これに理事会が、挨拶をしても子どもが無視するのが不愉快に思っていたところなので、この際、挨拶を禁止してしまおうと応えてしまったところに注目が集まったのだと思います。 一応言っておきますが、もしこのマンションが特定されるようなことがあれば、このマンションの資産価値は確実に下がります。 マンションの隠れた瑕疵を、露見させてしまったからです(笑) この話に子どもたちも笑っていましたよ。 いや、笑われていたという方が正しいかもしれませんね。 そして読み聞かせが終わってからの挨拶は・・・、 「はい、100点の挨拶でした!」 子どもは、やれば必ず出来ます。 大人が教えていないだけです。 先週末、キックベースの子どもたちと一緒に地域清掃をしてきました。  タバコの吸い殻は当然として、空き缶や空き瓶、タバコの空箱が植え込みにたくさん隠されていました。  子どもたちは、それを見つけるのが楽しいようでしたが・・・。  空き缶はともかく、子どもはタバコの箱を持っていませんからね。  定期的に子どもたちの清掃活動を見てもらうのも、大人への啓発になるかもしれませんね。 本日の担当は「子どもたちと触れ合えることを、いつも感謝している」僕です。 by「よ」

      2
      テーマ:
  • 05 Dec
    • クリスマスはお一人様で

      いつもありがとうございます。 12月に入って、これから冬のイベント目白押しです。 クリスマス、カウントダウン、初詣、バレンタイン。 この恋人必須のイベントを一人で乗り切ることを、越冬隊と呼んでいたのは過去のこと。 今は、結構ひとりや友達同士で過ごす人が増えているようです。 昨年のクリスマスの夜に食事に行きましたが、女性同士のグループもよく見かけました。 実際は彼氏が仕事をしていて、会えない状況なのかもしれませんが、それでも以前は、クリスマスの夜は彼氏がいない女性はひっそりと自宅にこもっていた時代もありましたので、やっと普通な状況になってきたと思います。 もうクリスマスだからといってホテルの部屋が取れないということもないでしょう。 そんな画一的な楽しみ方もバブルと一緒に弾け飛んだと思います。 そう、クリスマスはお一人様歓迎の当店へ(笑) さて、週末は店主の誕生日でありましたので、お花をいただいたり、  焼きそばパンをいただいたり、  競艇の予想グッズをいただいたり、  閉店後には餃子を御馳走していただき、心から感謝いたします。 (餃子は僕の無料券で) そういえばミミママにはシャンパンを抜いてもらいました。 当店にちゃんとしたシャンパンがあると思っていないお客様が多かったですが、ちゃんとあります(笑) 本当にありがとうございました。 本日の担当は「M1を観ていない」僕です。 by「よ」

      1
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 常燗屋

      いつもありがとうございます。 まずは、あの「樽型」を標榜する樽ですが、地獄谷のお店に引き取られていきました。  また地獄谷のお店で見つけてください。 ちなみに、その店も当店と同じく「メーカーズマークのエンバシー店」なので、「樽」と一緒に飾ってある証明書も見つけてくださいね。  さて、先日某A局のラジオを聴いていますと、お酒の温度の話をしていました。 その中の説明で、 「「じょうかん」は常温のお酒で・・・」 という、くだりがあったのですが、これは本当に資料に書いてあったのでしょうか。 恐らくそれは「常燗」と書くのでしょうが、そんな燗は聞いたことがありません。 「上燗」は落語の「上燗屋」にもありますように、燗で一番美味い温度だと言われています。  その「上燗」はありましても、「常燗」は使わないでしょう。 それは「ひや」です。  その他の「飛び切り燗」や「人肌燗」「日向燗」の説明は正しいと思いますが・・・。 本日の担当は「誕生日なので贅沢をしてきた」僕です。  by「よ」

      2
      テーマ:
  • 01 Dec
    • マスターどっぷり マル秘報告

      いつもありがとうございます。 巨大な樽の顛末は最後にしまして、行って来ました「メーカーズ エンバシーパーティ」 パーティの始まりは、メーカーズマークのマスターディスティラー、グレッグ=デイヴィス氏のセミナーからです。  他メーカーでは、上下の樽を混ぜているが、メーカーズマークの樽は熟成期間中に上下を移動させるので、どの樽でも同じ品質になるとのこと。 そして「46」は、熟成樽の中に焦がしたフレンチオークの板(インナーステイブ)を10本入れて、  さらに数か月間熟成をさせるそうです。  そういえば、ボトリングされたお酒に漬け込むと、さらに熟成感が増える板が売っていましたね。 説明を受けながら、テイスティングをします。  メーカーズマークは舌先の感覚を主としているので、まずは舌先で感じてから舌全体で味わってほしいとのことでした。 セミナー後は質疑応答でしたが、皆さん「ホンモノ」のバーテンダーですので鋭い質問ばかりでした。 「カスクストレングスを作る際、1バッチあたりどれくらいの数の樽を使うのか?」 「カクスストレングスはタンニンを感じやすいが、これは度数だけによるものなのか?」 「カクスストレングスの樽は専用に選ばれているのか?」 「カクスストレングスの度数は樽詰め時の55度より上がっているが、度数が上昇する理由と度数変化の際の温度等はどうなっているのか?」 と、カクスストレングスマニアの人が集まっていたようです(笑) また、 「以前は7年熟成をアピールしていたが、今回は6年になっている。熟成期間が変化しているのか?」 「樽は上下移動した後、最終的にはどの位置で保管されるのか?」 という質問にも、すべて「な~るほど」の回答をされていましたが、それは後日にでも(笑) そして、お待ちかね「どっぷり体験」です。  はだかのボトルに当店オリジナルのラベルを貼って「どっぷりコーナー」へ。  最近はボトルのお尻からの「どっぷり」が禁止されていますので、頭から「どっぷり」してきました。  あまりに「どっぷり」すると、せっかくのオリジナルラベルが見えなくなりますので、ほどほどに。 最後はグレッグ氏にサインを頼んで、世界に一本のボトルが完成しました。  昨日もお客様に自慢して見せていましたが、中には封蝋を開けようとするお客様がいるので要注意です(笑) 「たま店長」にもくれぐれも伝えておかないといけません。 売り物じゃないからね。 本日の担当は「品のないタイトルになっていることを気にしている」僕です。 by「よ」

      1
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 樽型じゃないから

      いつもありがとうございます。 昨日も、いつものように店を開ける前に地獄谷のお店で飲んでいました。 ぼちぼち店に戻ろうと、路地の角を曲がると、クロネコの人がなにかを台車で運んでいます。 僕と目が合うと、 「こちらのお店の方ですか?」 と聞かれました。 「そうですけど」 「あ、よかった」 と、台車の上をみると、なにやら巨大な円筒形のものに赤い冠。  もしかして・・・。 「サントリーさんからの・・・」 と、全部聞く前に、 「これアレ・・・アレがこれなん・・・コレが届くんか!」 と、大声を出してしまいました。 少し前サントリーのメーカーズマークの景品を応募したのです。 その時の画はこんな感じでしたので、てっきりボトルが一本収まるディスプレイだと思い、カウンターに置くつもりで応募しました。  それが、届けばコレ。  これを「樽型ディスプレイ」とは言わんでしょう。 「樽」です(笑) 「えー!マジでコレですか」 「どうします。中に入れときますか?」 「入らんでしょ(笑) 外に置いておいてください」 「でも夜は中に入れないと盗られますよ」 「こんなもん、誰も盗らんでしょ」 「いや、これはエエもんですよ。欲しがる人いますよ」 「それなら、そのまま持って帰ってもらいますわ」 「ホンマですか。もったいないですよ」 「マジ置けないっすから(笑)」 ヤマトの人の説得にも応じる気もなく、表に放置。  と言いますか、放置するしか術なしです。 今晩から雨ということですので、早急に引き取り先をさがしているところです。 しかし、これを頼んだ人は、現物を見たら全員ひっくり返っていると思いますね(笑) (大きさ比較のため登場の、マスカレード店主) そんな縁なのか、本日はメーカーズマークのパーティーに招待されていますので、行って来ます。  ケンタッキーの蒸留所に現地集合とのこと・・・でしたら行けませんが、サントリーの本社で開催されるそうなので、安心しております。 封蝋のドップリ体験もできるそうなので楽しみです。  本日の担当は「イベントの時間を間違えていて、午後の仕事を入れていた」僕です。 by「よ」 

      2
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 子どもの可能性は無限大

      いつもありがとうございます。 週末いろいろありました。 土曜日はキックべースの練習があると思って学校に行きますと、学校の周りに自転車が停まっていてなにやら妙な雰囲気が。 後ろから来た保護者のお母さんに声を掛けられてビックリ。 今日は土曜授業だとのこと。 それなら朝から京都競馬場に行けたのに・・・と、後悔先に立たず。 せっかくなので、子どもの作品展でも観ていってくださいと言われて、立ち寄りました。 力作ばかりの作品展。  キックの子どもたちの作品ばかり探してしまいました(笑) そういば、読み聞かせの会で子どもたちが作った本もあったはずと、別の部屋を探してみると、 ありました。  ページをめくる楽しみを考えた絵本ばかり。  本当によくできていました。 店は「たまちゃん」に任せていましたので、映画を観に行くことに。 上映時間で選んだのは「ミュージアム」 まったく予備知識もなく飛び込んだ映画でしたが、これが非常によかった。 映画もよかったですが、予備知識なしがよかったと思います。 内容は刑事の家族が犯人に狙われるという「セブン」に似たストーリーですが、展開がまったく違います。 「たま店長」の店に行って、その話をしますと、 「それって、アニメ原作でしょ」 と、お客様に言われてさらにビックリ。 皆さん詳しいですね。 その前には「聖の青春」(さとしの青春)を観て来ましたが、これもよかったですね。 号泣覚悟で行きましたが、涙は一滴も落ちず。 いくらでも泣かせるシーンを入れることができますが、わざと観客を泣かさないように作ってあると思います。 「涙活」目的には使えませんので、あしからず。 僕も少し将棋をしますので、内容はよくわかりましたが、将棋を全くしない人にはどうなのでしょうかね。 朝日新聞に監督のインタビューが載っていましたが、村山氏と羽生氏が居酒屋で飲むシーンは、どうしても入れたかったと書いてありましたが、あのセリフは、あまりに生々しくてどうかなと思っています。 フィクションであればなおさらの思いです。 できれば、あの直接的な言葉ではなく、A級残留のかかった先輩棋士にも容赦なく全力で戦うことが相手への最大の敬意だと思わせるシーンを入れておけばよかったのではないかなと思っています。 でも、それが監督の思いなのでしょう。 とにかく原作が読みたくなった作品でしたね。 本日の担当は「昨日、世界一周をしてきたお客様にお土産のチョコをもらった」僕です。  by「よ」

      2
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 八宝菜丼

      いつもありがとうございます。 今日は「ブラックフライデー」というそうですが、今まで全く知りませんでした。 アメリカの感謝祭翌日の金曜日が、クリスマス商戦の初日であり、感謝祭フェアの在庫一掃セールが重なって、一年で売り上げが一番上がる日ということから来た言葉だそうです。 そもそも、日本には感謝祭の習慣が全くありませんし、いつなのかも知りません。 実は昨日でした(本当)、と言われてもピンときません。 名前も「ブラックフライデー」ではダメでしょう。 「ブラックマンデー」の連想から一度脳内変換してからの理解になりますし。 ともかく、12月前の給料日ですし、ボーナス商戦の火ぶたが切られる日でもあるので、それはそれで盛り上がっていきましょうか。 さて、餃子フリークな僕ですが、餃子無料券につられて「大阪王将」に行きましたところ、餃子が妙に美味しいのです。  餃子だけでなく、他のメニューも美味しいので非常に戸惑いました。  もしかして、それは店舗によって味に差があるのかと考え、ただいま検証中です。 情報求む。 本日の担当は「八宝菜と中華丼を頼んで、中華丼は白飯に八宝菜が乗っているものだと後で気づいて後悔した」僕です。  by「よ」

      3
      テーマ:
  • 24 Nov
    • ガマの油

      いつもありがとうございます。 冷えてきましたね。 東京は雪でしたが、大阪は朝より冷えて来ているのではないでしょうか。 紅白歌合戦の出場者も決まりましたね。 その中にイエローモンキーとあったので調べてみますと、復活していたのですね。 歌えませんけど(笑) 僕は毎週火曜日の朝に小学校で読み聞かせをしています。  月初めに落語のネタ本にあった、「ガマの油」を読みましたので、今週は「ガマの油フェア」になっています。まず、子どもたちが「ガマの油」自体を知りませんので、「ガマ」から説明です。 「ガマ言うのは、カエルです、ガマガエルの「ガマ」です」 「それをこう四枚の鏡の中に入れて、下に網を敷いてからろうそくの灯りで照らすと・・・」 と、黒板に絵を描いてから読みます。 それにしても、この落語の口上、僕にも全くわかりません。 「テレメンテーナにマンテーカ」 なんですかソレ(笑) そして、メインイベントで登場は「抜けば玉散る氷の刃」の日本刀ならぬハサミ。 子どもにハサミを借りて、紙を半分に折って切っていきます。 「一枚が二枚、二枚が四枚、四枚が・・・」 と、ここで子ども計算させます。 「四枚の次は何枚になるか、わかるか?」 「ハイ!」 「何枚や?」 「五枚!」 「二枚の次が四枚になっとるのに、次が五枚な訳ないやろ(笑) 他にわかる人は?」 「八枚!」 「お、正解」 「じゃ八枚の次は?」 「十六枚」 「正解、次は?」 「三十二枚」 「お、そろばん習ってるんか。三十二枚の次は?」 「えーっと六十四枚」 「すごい!次は?」 「六十四と六十四やから・・・百二十六枚」 「大正解!すごいな」 「コイツめっちゃ頭ええねん!」 と、クラスメイトを自慢するのは、先ほど「五枚!」と元気よく答えた男の子。 僕らの時代の小学校の教室の風景がそこにありました。 普遍ですね。 最後はその紙切れを掴んで、 「春は三月、落花のかたち・・・」 と、上に放り投げますと、ハラハラハラ・・・と、自分でも意外なほどうまく散ってくれました。 子どもたちも大感動(笑) 最後は授業が始まるので、教室に来られた担任の先生に、 「すんません、これあとで片づけといてください・・・」 「あ、いいですよ。やっておきます」 と、勝手を言って退出。 そして翌週の教室には、偶然なのか必然なのか、「ガマの油」の絵本が教室に置いてありましたので、これを読みました。  ということで、しばらくは「ガマの油」押しです。 さて、地獄谷ではないですが、新店情報を。 環状線野田駅高架下に立ち食い焼き肉が明日オープン。  今週まではドリンクが100円だとか。 委細確認は現地にて。 また野田阪神のイオン近くには百貨店でおなじみのサンドイッチ屋「ファミーユ」が登場。  フルーツのサンドイッチが目立ちますが、いつも挑戦できません。  店内ではサンドイッチ以外の食事もできますので、また行ってみたいと思っています。  本日の担当は「寒いので、一杯引っかけてから店に行こうかと悩んでいる」僕です。 by「よ」

      1
      テーマ:
  • 22 Nov
    • ぜんざいパーリー

      いつもありがとうございます。 今日は「いい夫婦の日」です。 この日を記念して、ピーチでは期間限定で二人分の航空券を激安価格で販売しています。 ちなみに香港までの航空費は二人でなんと8022円からです・・・リベンジ! さて、明日は勤労感謝の日です。 毎年この日は、福島区の大開西公園で、ぜんざいをふるまっています。  僕もスタッフで手伝っていますので、ぜひ来てくださいね。 (昨年の様子) 10時からの先着順ですので、お早めに。  詳しくは「大開と松下幸之助事業委員会のサイト」で。 本日の担当は「マカオから帰ってから喉の調子が悪い」僕です。 by「よ」

      テーマ:
  • 21 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー5

      いつもありがとうございます。 マカオツアーの最終回です。 マカオフェリー乗り場に到着して、空港行きのバスを探してウロウロしていますと、 歩道橋の下に、なにやら、僕と同じニオイのする連中がたむろする怪しげな風景が。  これは、もしかして! なんと香港競馬の場外馬券売り場だったのです。  興奮して施設に入ってキョロキョロ、馬券のパンフレットをジロジロ、していますと、若い職員が近づいてきて、  「ハジメテデスカ?バケンノカイカタ、ワカリマスカ?」 と、聞いてきましたので、日本から来ていると答えますと、お客様が、 「オー、ヒーイズ ミラクルホースレースファン!」 と、要らんことを言うので、職員のボルテージも上がり、この馬券は単勝でレースはこう選んでマークシートのここを塗るんですと親切な説明が始まりました。 「タトエバ、ボクノ、ラッキーナンバーハ9ナノデ、9ヲヌリマスト、オッズハ28バイニナリマス」  「ナンバー9 イズ ダークホース」 「イエス(笑)」 と、この調子で全部の馬券を説明し始めたので、 「アイノー、アイノー、セイムチケット、イズ、ジャパニーズホースレース、ツー」  と、訳の分からない英語で答えておきました(笑)  そして、お客様が、彼に空港行きのバスのことを聞きますと、 たしかにE11は空港行きだが、A11が空港行きのエキスプレスバスだと教えてくれました。 場所もここを出て左に行けばあると、マークシートの裏に書いてくれました。 サンキュー 香港競馬&カインドリースタッフ と、しばらく地図どおり歩きましたが、やはりバス停は見つからず。  また歩道橋を渡って、最初のバスターミナルへ。 そこで、係員に聞きますと、 バスはA11で合っている。この先を5分ほど進めばバス停がある。 とのこと。 今度こそと歩きましたが、バス停はなく、とうとう公園のようなところまで来てしまいました。 もうタクシーしかない! と、キレかけたときに、お客様が対向車線の高速の高架下に人影を発見。 もしかしてと、移動しましたら、なんとそれがバス停。 このバス停は、道路の端になくて、アイランド形式だったのです。 E11もA11もその他のバスもここに停まると書いてあります。 いよいよ空港です。 まずはE11の表示のバスが来ましたが、これはおそらく一般道を通る各停バスなのでパス。 前に並んでいるカートを持ったアジア人風の女性も乗りませんので、間違いないでしょう。 次に来たのが、E11A。 これだ!と思って乗り込もうとしましたが、前の女性は動きません。 「ディスバス イズ エアポートエキスプレス?」 「ノー、A11、エアポートエキスプレス」 「11A?」 「ノー A11」 どうやら、E11AはE11のアドバンスかなにかの表記でA11ではないようです。 その数分後にA11のバスが来ましたが、二階建ての観光バス仕様で、明らかに前の二台とは違っていました(笑)  彼女がいなければ、この前のバスにきっと乗っていたことでしょう。  サンキュー オネスティな彼女 そして時間内に香港空港に到着して、美味しい食事にありつくことができ、  少しだけのお土産も買うことができ、  無事日本に帰国することができました。  ありがとう、そしてお疲れ様でした。 本日の担当は「次回は必ず勝てると確信を持つ」僕です。 by「よ」

      2
      テーマ:
  • 19 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー幕間

      いつもありがとうございます。 マカオ・カジノツアーで、空港行きのバスを探しているところでしたが、 今日のカレーの販売で疲れ切ってしまいましたので、続きは後日に。 当店の営業に関しましても、疲労困憊の店主に代わりまして、ピチピチと生きのいい「たま店長」が担当いたします。 画像はどこのカジノにも置いてある無料の「飲料水」です。 (各ホテルのオリジナルボトルです) 本日は「たま店長の日」です。 by「よ」

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー4

      いつもありがとうございます。 飯島直子が割り込んできましたが、マカオ弾丸ツアーの続きです。 コタイからタクシーでマカオ半島側に移動して、「グランドリスボアホテル」に到着したところです。  豪華な展示物と、  小便小僧的なスタンドと、  トイレの開き戸が自動ドアであったことに驚きながら、今回の弾丸ツアーで唯一の観光、「セント・ドミニカ教会」へ向かいます。 ホテル前のタクシーで行先を告げますと、 「オー、ソンナモン、スグソコヤンケ、アルイテイケ」 と、乗車拒否されました(笑) そして、空気の悪い街をテクテクと歩くこと10分ほどで、セナド広場に到着。  それにしても空気が汚くて息苦しい限りです。 セナド広場にあるドラッグストアでマスクを所望しましたが、どうやら「マスク」では通じない様子。 ゼスチャーで伝えましたが、50枚入りの箱しかありませんので我慢しました。 次回からは「マスク」と「のど飴」と「のどスプレー」は必携かもしれません。 セナド広場から少し進むと「セント・ドミニカ教会」があります。  ちょうど10時から見学が始まるので、オープンと同時に中に入りました。  教会なので、お参りする人もいます。  ですので、静寂がルール。   建物も古くて、一度に多くの人は入れません。  静かに見学させてもらいました。  これでマカオ観光は終了。 広場前からタクシーに乗り込んで、フェリー乗り場に向かいます。 途中、マカオタワーがありましたので寄り道。 この最上階から飛び降りるバンジージャンプが人気とのことで、落ちてくる人を待っていました。 (気の狂った人がぶら下がっています) この気の狂った行為の代償は約5万円。 それだけ払って飛び降りる価値は僕には到底見出せません。 他にも展望台のまだ上にある避雷針のようなところに登るツアーなどもあって、さらに気が狂っています。 悲鳴とともに女性が落ちてきましたが、逆さまの状態で上に引っ張り上げられていました。 そして、また落下。 見ているだけで足の裏がギュインとなります(笑) マカオタワー内にもカジノがありましたが、円の両替はできないのでラストカジノは断念することに。 そのままタワー内でランチを済ませてフェリー乗り場へ向かいます。 (香港グランプリ準備中) マカオ到着からまだ一睡もしていませんでしたが、フェリーに乗った途端にストンと眠ってしまい不眠記録はここで終了。 起きたのが金曜日の午前4時前ですから33時間ほどは起きていたことになりますね。 我ながらよく頑張りました。 フェリーで一時間ほど眠って到着したのは香港の船着き場。 ここから香港空港までバスで移動することに。 前回は空港行きのバスが見つからずタクシーに乗ったとのことで、今回はなんとしてもバス移動で空港が至上命令でした。 これが大変。 まず、手当たり次第にバス停の表示を確認しましたが、それらしい表記はなし。 バス停近くにいた若者に尋ねたところ、「E11」のバスが空港に行くとの情報を得ました・・・が、そのバス停が全く見つからず。 おそらく、高速道路を走るのだから高速入口の手前にバス停があると目星をつけて、反対車線側に移動しましたところ、なんと! これこそ、行き当たりばったりの旅の醍醐味。 つづく。 本日の担当は「明日は南港でカレーの移動販売車に乗っている」僕です。 by「よ」

      3
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 飯島直子を探せ

      いつもありがとうございます。 マカオ弾丸ツアーの続きを書こうと思いましたが、 速報~! 地獄谷がMBS「ちちんぷいぷい」で紹介されました! ので、急遽そちらの模様をお伝えいたします。 (お客様が録画していてDVDに入れてくれました) 昨日放送されました「ちちんぷいぷい」の「昨日のシンデレラ」のコーナーです。 コーナー冒頭に、今回のロケ地紹介として地獄谷の名前が出ましたところ、  レギュラーメンバーの石田氏が、  「地獄谷は冥土バーがあるところですね」  との、感激の一言。 「アンタどんだけ名前売れてるんすか!!」 と、キャプテンバギーに心酔する手下のような気分になりますが、実は前回放送されたことを覚えていてくれてただけと思います(笑) それでもありがたいことです。 そしてスタート。  時は11月15日、  午後10時55分。  の地獄谷。 「お多福」の前を歩く上機嫌な三人組。 どこに行って来たのか?の問いに、 「メイドバーに行って来ました」  の答えに突っ込むひとり。 「行ってない(笑)」  メイドバーとは?と聞かれて、 「若い女の子がおる・・・」  の答えに、 「違う」  「ここのメイドは冥土の土産の冥土バーですよ」  と、的確な突っ込みに感謝です(笑)  で、結局どこに行っていたのか?と聞かれて、  「うたのや」  「うたのやは、、歌える、食べられる、飲める、喋れるの四拍子揃った名店!」  「女将さんがひとりでやっている」  しかも、その女将 「めっちゃ美人さんですよね?」  に、一同一瞬固まる(笑)  気を取り直して、女将は誰に似てるかと聞かれて、 「例えるならば飯島直子」  年齢も飯島直子くらいかと聞かれて、 「いや28歳」  「28歳から歳取らないと言うてた(笑)」 地獄谷はどんな楽しさかとの質問には、 「今日楽しんだ事を、その日で解決せずに先送りして」  「また来さそうとする楽しみを与える街」  名言ですよ。至言ですよ。地獄谷栄誉賞ですよ。 そして、「また来てしまう」と、おっしゃってくださいました。 感謝ですよ。地獄谷大感謝祭です。 もう、この三人の方からはお金取りません(笑) ぜひ、本当に来てください(笑) ところで、この放送直後からこのblogへのアクセスが急上昇しています。 おかげで久しぶりにアメブロのランキングが上位になり、  こちたも久しぶりに究極奥義の「ドラゴン召喚」を修得しました。  ちなみに検索ワード10位中は6個は、「うたのや」です(笑)  明日は「飯島直子」が急上昇するでしょう(笑) 本日の担当は「テレビで紹介されても、blogのアクセスが増えるだけで、店へのアクセスが増えないことを習得している」僕です。 by「よ」

      4
      1
      テーマ:
  • 16 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー3

      いつもありがとうございます。 マカオ弾丸ツアーの続きです。 観劇も終わって、そのまま「シティオブドリームズホテル」のカジノへ移動。 ここで、ひたすらにルーレットに専念。  実は今回の本当の目的は、お客様が見出したという確実に儲かるルーレット必勝法を試すためだったのです。 以前の二回は儲けることができたので、今回は人を増やして確実に儲かるかの検証です。 この必勝法はルーレットの数字の出現率をベースとして、ベット数で不適中のリスクを減らすのではなく、時間でリスクを減少させるという考えです。 つまり地味(笑) 待って待って、さらに待って、それでも待って、もしベットする前に、狙いの数字が出現してしまうと、また最初からになります。 これは日ごろギャンブルをしない人しかできない必勝法です。 当然、僕は我慢できずに、のべつまくなしにベットしてしまいます。 それでもそこそこ的中するので問題ないのですが、悲しいかな、いつまでもコツコツしていることもできません。 要所、要所で溜まったお金をドカンと勝負するのですが、これがことごとくハズレ。 赤と黒しかありませんのに、ドカンと張ると、決まって逆が出ます。 それでも我慢に我慢を重ねて徹夜でルーレットゲームに没頭していました。 しかし結果は変わらず。 朝方になると、カジノも空いて来ます。 ベットもしないで、ルーレットゲームに座って、フリードリンクを頼む人。 中には居眠りをする人。 僕の隣に座って地味に頑張っている人も寝てました(笑) 始発で関空に来ていますので、ここまでで24時間一睡もしていません。 このままだと眠くなるだけですので、ホテルを変えることにして外に出ました。 あたりは真っ暗で、不安でしたが、女性の観光客も歩いているように治安は非常に良いようでした。 テクテク歩いてたどりつきましたのは「ウインパレスホテル」  夏に完成したこのホテル、昼には噴水ショーをしているそうですが、さすがにこの時間は静寂。  ホテル内にロープウェイが走っていますが、それも休止中。  カジノ内もお掃除真っ最中。 シャンデリアは脚立で拭き掃除、カーペットは掃除機、花瓶の花も取り換えて週末のお客様を迎える準備中です。  ここのカジノは椅子が他のホテルと比べて豪華でした。 普通ならVIPエリアに使われる椅子でしたね。 椅子が豪華な代わりにルーレットのベットが10香港ドル。 しかも赤黒やラインなど低オッズになると20香港ドルからになるので、かなり厳しくなります。 それでもコツコツとためて、ドカンと行きますと、 やっぱり裏目。 この繰り返しばかりなので、ホテル変更。 明けかかる空の下をテクテク歩いて「クラウンホテル」へ。 ここではサイコロ3つの大小ゲームに変更して勝負です。 これはオッズがランダムにダブルアップするサービスがありますので、確率で勝負していてもプラスになる計算になります。 こちらもコツコツとためて、ドカンと確率二分の一の大小に賭けますと、またしても裏目。 隣の中国人の女性と仲良くなって楽しく張っていましたが、やはり最後のドカンで当たりませんので最後は破産でカジノは終了。 地味に賭け続けたお客様は、なんと僅かながらもプラス収支で終了。 三回とも勝てるのですから、本当に必勝法なのかもしれませんね。 「サンズホテル」を抜けて、完全に夜が明けたマカオをテクテク歩きます。  次はオープン間もない「パリジャンホテル」へ。  ここはホテルの前にエッフェル塔が建っています。  本物より小さいらしいですが、本当にどこもかしこも贅沢の限りを尽くしていますね。  時間も8時を回りましたので、ここでタクシーを使ってコタイから移動。 到着したのは「グランドリスボアホテル」  このカタチ。  もう訳がわかりません(笑) つづく。 本日の担当は「今日のちちんぷいぷい「昨日のシンデレラ」で看板が映っていたらしいが見逃した」僕です。 by「よ」

      2
      テーマ:
  • 15 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー2

      いつもありがとうございます。 さて、マカオ港からベネチアンホテルに到着して、いよいよカジノ・・・の前に腹ごしらえです。 ベネチアンホテルの二階にはベネチアの街が再現されていて、水路にはゴンドラが浮かんでいます。  このゴンドラにも乗れるそうでしたが、今回はそんなことをしているヒマはありませんので、隣接のフードコートへ。  ちなみに、このゴンドラは手漕ぎですが、よく見ると船体の下でスクリューが回っています(笑)  フードコートでは、タイ的なカレーと、お目当てのマカオビールを頼みました。  このマカオビールが、やけに美味いとのことでしたが、本当に美味しかったですね。  しかしボトルには「キリンビール」の文字。  ボトルもグリーンですし、もしかして、中身はハートランドでは・・・との疑念は、調べてみてすぐに晴れました。 元々はマカオの人が作っていたビールなのですが、その後キリンビールが買収?して、生産拠点も中国に移して大量に生産しているとのことでした。 確かにキリンビールの方が生産管理も行き届いていると思いますので安心なのかもしれませんね。 料理とビールに満足して、いよいよ階下のカジノへ。 カジノではゲームのテーブルとスロットマシーンがずらりと並んでいました。 映画などでは、ガッチャンとするレバー式のスロットマシーンが、横一列に並んでいるイメージでしたが、今はデジタル式のマシーンで日本のゲームセンターにあるものと同じようでした。 テーブルではバカラ、ブラックジャック、ポーカーのカードゲームとサイコロ三つの合計を予想する大小ゲーム、そしてルーレットがありました。 さてさて、どこに座ろうかと考えましたが、どこもミニマムベット(最低掛け金)が300香港ドル以上となっています。 300香港ドルが最低で、上は500、1000、1500、3000、5000と、どんどんハイレートになっていきます。 その分、最大の払い戻しも大きくなるのですが、300ドルでも高額過ぎて話になりません。 1香港ドルは日本円で約15円ですので、1チップ4500円にもなります。 そこで出てくるのが、マシンタイプのルーレットや大小です。 これは、まさしくゲームセンターにあるようなアーケード機で、ミニマムベットが10ドルや一部には5ドルというものもありました。 賭け方のマナーもわかりませんので、まずはこのアーケード機で挑戦です。 このルーレット0がひとつの欧州式で、00はないタイプです。 これなら赤か黒かに賭けても、それほどリスクは高くありません。 さあ、赤か黒か。 そんな勝負をしながら順調に所持金を溶かせていきました(笑) それでも1万円を両替すると700ドル以上になりますので、パチンコより長く遊べたのかもしれません。 最初のカジノはこれくらいにして、カジノ以外に唯一予定していましたショーを観にいくためにホテルを移動します。 そのショーは「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」 これを上演しているのは「シティオブドリームズホテル」。 (これは、ベネチアンホテル) ベネチアンホテルとは目と鼻の先なのでテクテクと移動します。 (ベネチアンホテルから撮っています) ハードロックホテルの奥が「シティオブドリームホテル」です。  会場に入ると満席。  そして開演。  とにかくすごい。圧巻。  完璧な演出。  そして、この舞台装置。  シルクドソレイユの常設劇場といったところでしょうか。 (水掛けられます) マカオに行けば必見です。 帰国して気付きましたが、このチケットの半券を持っていけば、八の字観覧車「ゴールデンリール」に乗れたそうです。  「ゴールデンリール」があることさえ、知りませんでしたが(笑)  さあ、観劇で感激もしましたし、これからがカジノ本番です。 勝負! つづく。 本日の担当は「今日の読み聞かせで「ガマの油」の半紙切りをした」僕です。 by「よ」

      6
      テーマ:
  • 14 Nov
    • マカオ・カジノ弾丸ツアー

      いつもありがとうございます。 行って来ました「マカオ・カジノ弾丸ツアー」。 お客様からの話があったのは数週間前。 それからすぐに飛行機の予約をしてもらい、先週末に実行。 数年前に更新したついでに10年期限にしたパスポートに、初めてスタンプを押されました(笑)  関空第二ターミナルのピーチに乗り込みノーリクライニングシートで出発。  弾丸ツアーなので、体調優先。  機内ではビール一本だけ。  エコノミー症候群になりながら香港空港到着。  空港は無料の地下鉄で移動します。  この香港空港では入国せずに、空港内フェリーでそのままマカオに入国するので、空港内で免税品を物色。  ウイスキーも色々ありましたが、荷物になるので何も買わず。  なにせ、荷物は小さなリュック一つだけですので、ウイスキー一本も入ればパンパンになります。  今回は弾丸ツアーなので、手荷物は極力持たずに、が、合言葉。  同行のお客様は、ウエストバッグ一つで来てましたし(笑)  高速フェリーで出発して約80分でマカオに到着です。  ここで入国審査なのですが、かなりいい加減。 預けている荷物もありませんし、手荷物もペラペラのリュック。 逆に考えると怪しすぎる外国人ですが、まあ、ここはそんなところだとのことでした。 フェリー乗り場を出ますと、今月17日から開催されます「マカオGP」の会場設営中。  一般道を使ったレースなので、現在スタンド前のコースはトラックが走っていました(笑) ここから各ホテルの無料送迎バスが、どんどん出ていますので、どれに乗っても大丈夫です。 今回はベネチアンホテル号に乗車しました。 そして、ホテルに到着。  外観もすごいですが、内装もすごい。  そして、どこのホテルも一階フロアはカジノということでしたが・・・。  つづく。 本日の担当は「マカオにホントに行った」僕です。 by「よ」

      3
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 下水は流れるスイスイスイ~♪

      いつもありがとうございます。 地獄谷下水問題、完全解決しました。 (メッチャ詰まってました) これで安心して明日から「たま店長」に、お店を任せられます。 今回はこのアイテムが活躍してくれました。  「うたのや」の店主も心配そうに見てくれていましたが、経験を積むことで次に対処しやすいのも事実です。 実際、次回からは「火ばさみ」だけで、十分対処できると思います。 ただ、この先にある根本的な問題は未解決ですが・・・。 先日の社会人野球の優勝チーム、ヤマハの池田投手のコメントの記事に感動しました。 中学、高校とプロを意識したこともなかった自分を、一からここまで育ててくれたチームになんとしても恩返しをしたかった。 この肩が壊れてもいいと思って投げた。 巨人のドラフトで来年からはプロが約束されているにも関わらず、この発言。 泣かされました。 また伊藤投手も大学で肘の靱帯断裂をしてリハビリをしていたにも関わらず、当時の監督が、「ケガをしていてもいいから」と誘ってくれたことに、恩義を感じ、懸命に投げたそうです。 また、泣かされました。 最後に伊藤投手の言葉を、 「夢中になり、声をかけてくれる社員らを見るのがうれしい。」 「社会人野球が今までの野球人生で一番楽しいですよ。甲子園よりもね。」 野球の醍醐味(だいごみ)が成果を上げることだけではないと知った。(毎日新聞) 高校野球のように、連投が少ないので連戦で勝ちあがるのは本当に難しいですし、選手の中にはドラフトで指名されていたり、ドラフト候補生がいるという実力差があるのもおもしろいところなのだと思います。 また来年、楽しみましょう。 さて、本日は店主の都合により時短営業になります。 ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくご理解の程お願いいたします。 なお明日、金曜日と明後日、土曜日の「たま店長の日」は通常の営業時間となります。 両日とも20時から24時までです。 よろしくお願いいたします。 本日の担当は「五右衛門カレーが気になる」僕です。  by「よ」 

      3
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 終わりました

      いつもありがとうございます。 終わりました。 アメリカの大統領選挙もそうですが、社会人野球日本選手権大会も終わりました。 決勝戦はどちらを応援するかで悩みに悩みましたが、諸般の理由で「日本通運」側へ。 怖い怖いヤマハの初回の攻撃を無得点で押さえて、まずはOK。 後は先制点勝負でしたが、お互い無得点で迎えた6回。 一死二塁でマウンドで跳ねてバウンドが変化したボールをショートの松本が大きくはじいてボールが外野に。 これで二塁ランナ-ホームインでヤマハが先制。 さらに二死一二塁で、二点タイムリーが出てこの回3点。 ヤマハの必勝パターンに持ち込まれて万事休すと思いましたが、8回と9回に1点ずつを入れて3対2の一点差で、無死三塁。 三塁ランナーは一番バッターで足も速い。 そこで二番バッターなのでスクイズも十分考えられましたが、監督は強打の指示。 しかし二番の松本は、力の無いショートゴロでランナー動けず。 次の三番が外野フライでも同点ということろで三振。 最後の四番もセンターフライという、ちぐはぐな攻撃で試合終了。 今朝の新聞で強打の指示は、同点ではなく逆転を狙ったとのことなので、それはそれで納得できるところもありますが・・・。 しかし、それなら二番の松本に代打はなかったのでしょうか。 まったく当たっていなかったですし、さきほどは痛恨のタイムリーエラー。 スクイズをしないにしても、ワンストライクまでは構えだけでも内野手は戸惑いますので、バスターで内野安打も期待できました。 とにかく最終回の攻撃には非常に不満が残る試合でした。 ただ、ヤマハの投手は巨人のドラフト4位指名の池田。  左打者には外に流れるスライダーは本当に打ちにくかったと思います。 日本通運の高山も完投で、6回の三点だけ。 いい試合でした。 さて、お知らせです。 今週金曜日は臨時「たま店長の日」となりました。 平日の「たま店長の日」をお楽しみください。 また土曜日は「たま店長の日」です。 連続「たま店長の日」もお楽しみください。 本日の担当は「週末に下水問題が発生しないか心配な」僕です。 by「よ」 

      2
      テーマ:
    • 終わりました

      いつもありがとうございます。終わりました。アメリカの大統領選挙もそうですが、社会人野球日本選手権大会も終わりました。決勝戦はどちらを応援するかで悩みに悩みましたが、諸般の理由で「日本通運」側へ。怖い怖いヤマハの初回の攻撃を無得点で押さえて、まずはOK。後は先制点勝負でしたが、お互い無得点で迎えた6回。一死二塁でマウンドで跳ねてバウンドが変化したボールをショートの松本が大きくはじいてボールが外野に。これで二塁ランナ-ホームインでヤマハが先制。さらに二死一二塁で、二点タイムリーが出てこの回3点。ヤマハの必勝パターンに持ち込まれて万事休すと思いましたが、8回と9回に1点ずつを入れて3対2の一点差で、無死三塁。三塁ランナーは一番バッターで足も速い。そこで二番バッターなのでスクイズも十分考えられましたが、監督は強打の指示。しかし二番の松本は、力の無いショートゴロでランナー動けず。次の三番が外野フライでも同点ということろで三振。最後の四番もセンターフライという、ちぐはぐな攻撃で試合終了。今朝の新聞で強打の指示は、同点ではなく逆転を狙ったとのことなので、それはそれで納得できるところもありますが・・・。しかし、それなら二番の松本に代打はなかったのでしょうか。まったく当たっていなかったですし、さきほどは痛恨のタイムリーエラー。スクイズをしないにしても、ワンストライクまでは構えだけでも内野手は戸惑いますので、バスターで内野安打も期待できました。とにかく最終回の攻撃には非常に不満が残る試合でした。ただ、ヤマハの投手は巨人のドラフト4位指名の池田。左打者には外に流れるスライダーは本当に打ちにくかったと思います。日本通運の高山も完投で、6回の三点だけ。いい試合でした。さて、お知らせです。今週金曜日は臨時「たま店長の日」となりました。平日の「たま店長の日」をお楽しみください。また土曜日は「たま店長の日」です。連続「たま店長の日」もお楽しみください。本日の担当は「週末に下水問題が発生しないか心配な」僕です。by「よ」

      テーマ:
  • 08 Nov
    • 本日、決勝戦

      いつもありがとうございます。 いよいよ本日、決勝戦です。 社会人野球日本選手権大会、「日本通運VSヤマハ」。 日本通運は打つのですが、相手にも打たれてしまい、逆転されるもまた逆転。  ヤマハは初回にドカンと得点するだけで、そのあとしっかり詰め寄られるもギリギリ逃げ切り。  どちらも、得点するチームなので応援も楽しそうですよ。 どちらで応援するのかが悩ましいところですね。 本日の試合は、NHKのBS1で生中継されます。 是非ご観戦ください。 僕もお客様と観戦いたします。 先日、ご一緒したこのアフロ女子がまた来るのでしょうか。  それも楽しみです。 なお応援席から入ればチケットもらえますので無料です。 日本通運はタオルがもらえますよ。 またチケット半券提示でドームでの各種サービスとイオンの200円券がもらえます。  試合開始は18時です。 決勝戦なので各種表彰もありますので、かなり時間がかかると思いますが、最後まで観たいですね。 ということで、本日の当店の開店は遅れます。 本日の担当は「昨日、お客様の差し入れの地ビールを楽しんだ」僕です。 (2リットル瓶) by「よ」

      2
      テーマ:

プロフィール

地獄谷冥土バー

自己紹介:
建築設計事務所に併設したセルフビルドカフェ cafe seeds+ http://b-flag.n...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
43089 位
総合月間
47902 位
お酒・ワイン
177 位
コンビニグルメ
56 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。