断捨離、成功⁉️ のまき

テーマ:
こんばむわ。


きょうも、


ありがとう。




あしたは、


プレミアムフライデー。


とはいうものの、


お昼で


帰れるわけもないのに、


あさ


1時間早く


行かなければならぬので、


とりいそぎ、


かくよね。




おちは、


ないとおもっておくれ。




きのうの、


お泊まり伊丹会の、


つづきである。




きぬちゃんの


家に泊まったなら、


ふわふわの


もうふと


おふとんで、


すっごく


いいこころもち。




{C7403A0B-7EFA-4DF7-AE41-7469D68F2BAF}




ふだんのじぎは、


ありったけの


ダウンを


のせて、


羽毛ぶとんの


ふりで、


ねている。



{58CEA7E6-731B-47A8-9767-2347CFB26B02}




そして、


おどろきは、


それだけではなかった。




ねどこに


いくまえも。





{ACCDBA4F-235B-4311-B587-DFA14676FDB9}




まえは、


たかいたなのあった、


わしつも。






{A6AF501D-8D26-45F0-AD48-8BDABCA73BD6}



おしいれの


ふすまを


はずして、


カーテンをして


すっきり。




きぬちゃんは、


いった。


じしんにみちあふれた、


かおで。






{AED28FB5-601F-4E5F-9A40-B343464ADED5}







キラーン。







{0F4A93E6-15CD-4BA5-B93E-96BFB6E32E2C}


きぬちゃんが


さきに


断捨離に


成功して。





また


がむばろうと、


ちかう、


じぎで


あった。




ごめんよね、


きょうは、


こんなかんじ。




そうそう、


あした、


じぎより


1時間おそくくる、


お菓子師匠は、


しんぱいして、


あさの


たべものを


くれた。




{17B7601A-221E-4A50-9EE6-A851A07180E3}





ひきだしに


しまいながら



{E26283EF-5574-4601-9D43-82B669E84F7F}






っておもった。





あした、


いちじかんはやく、


おきられるかな。





ごめんよね、


ほんとに、


おちが


なかったね。




いつも、


ありがとう。




また、


あしたぐらいにね。






AD
こんばむわ。


きょうも、


ありがとうね。




すっかり、


かいたことを


わすれていた


じぎがでていて、


ふるえる。




いつも、


ありがとう、


ココちゃん。






このあいだ、


きゅうに、


じゅんこちゃんから


LINEがきたなら。


ふたりともの


ご主人が、


ぐうぜん


おなじひ、


お泊まりで、


いないのだと。


それはもう、


伊丹会を


開催するしかない。




そして、



{F1D48B0E-BCC8-4562-A0A2-59ABC457DDBF}




さらに、


きぬちゃんからは。







{63142B00-1A22-4DB3-BD55-474838E3739C}










{173729BB-73CD-4BEC-A9B0-46141EFD6482}










{15407CFF-B51B-4AE4-BEFC-B14217FC0DED}




そうだ。




{F941D4E0-A878-4144-921D-8767081439FD}










{36D67EA5-9567-41D0-A8BC-BB1623C3F6CB}










{80EA6325-F6E2-4499-A186-39471B613FD6}





ご存じの方も、


いらしたかもしれなきかや←ごめ


いらしたかもしれないが、


それは、


さておき。




じゅんこちゃんのいえで、


きゅうきょ


開催された


伊丹会も


あっというまに


おわり


(はしょいに←ごめ。


はしょりすぎ。)


in きぬちゃんち。




こんな時のためにと、


(っていうわけでもないと


おもうが。)


ゆかりさまが


くれた、


ヒートテックと


おそろいの、


おパンツ。



{3D4EBD6F-C7C8-4C5C-A11C-283AA11343A3}









{850AF36E-C319-4759-9D8B-0E18B213EA76}













{7F39F9EF-2518-4A26-BD12-705B5A3A544E}




そう、


たたまれていたため、


てっきり


おぱんつだと


おもっていたそれは、


ふつうの


おぱんつのうえにはく


ものであった。





ほかには


もっていなかったので、


しかたなく、


それを


ちょくせつはいた、


じぎであった。





{299A4D5F-9CC9-4630-B33F-321B34D42B5E}



おまた受難。






さらに、


きぬちゃんが、



{DC2EE45D-8B76-49B9-A0EE-BDA149F3D418}




と、


パジャマを


貸してくれたなら。



{7ADDB6FD-EC84-4E26-9FA1-C1A9C7ADD561}



なんと、


シャカパンの


うちがわの、


ぬくいとこの


ないやつであった。





{11C30368-9081-4923-A1F1-3A73E4E4012F}



でも、


うえは、


タートルだし、


起毛タイプで


ぬくぬくのを


かしてくれてた。



なづけて、




{542B6E8E-E15A-4367-AE08-43D196085AF1}





けれど、


きぬちゃんちの


おふとんは、


ふかふかで


とっても


きもちがよく、


ちべたいズボンも、


おまたのくいこみも


(それは、


かんけいないやろ⁉️)


ちっとも


気にならなく、


ぐっすりと、


ねむれたのであったよ。





きょうは、


ここまで。




まいにち、


おそくて、


ごめんよね。



いつも、


ほんとに、


ありがとうね。



また、


あしたぐらいにね。




AD
こんばむわ。


きょうも、


おそくなって、


ごめんよね。


いつも、


ありがとう。



きょうは、


なおちゃんの


実家に


いってきました。


なおちゃんの


おかあさんが、


ころんで、


けがをしたので。





まどから、


みえた、


うみは




{4A85E9AD-3450-499B-A2BC-40876E734BE6}




おてんきは、


よいのだが。





{73D37F0E-F1CA-4261-87AF-11F7E5FD0627}




やっぱり、


うすい、


いろ。




{63640582-48E5-4420-B805-CEC74C84C65E}



加古川線に


のりかえて、


加古川を


わたったなら。



{B109C630-D753-43E2-B124-7B21431C0400}



みわたす


へいや。



{14EA9A2A-CE8D-40EB-89D9-C7B1BEABFB59}




今回、


なおちゃんの


実家に


きたのは、


ゆうくんのほうが


はやかった。



きのう


がっこうに行っている


ゆうくんから


ひ←ごめ


LINEが


きた。




{D5124A56-422E-4EC5-8C58-A58C16C1B120}








{5A98B728-79E3-4967-952D-5629646DA731}





いきたいというなら、


はんたいする


りゆうもない。




そして、


きのう、


なおちゃんの


実家に行き、


とまって、


きょうは、


そこからがっこうに


いったのだった。



そして、


そのあとに、


じぎが、


いったというわけ。






なおちゃんの


おかあさんは、


きのう、


ゆうくんと


ふたりのときの


ことを


はなしてくれた。




{5E2453FC-4CAA-474E-82DA-59849426E5D9}




ゆうくんは、


ふだん


いえではしない、


ごはんのよういまで


ちゃんと


していた。





{B48DC8C6-6796-40C6-9F0D-2EFE4127D03F}







{E6301D23-E2B9-4BF6-97F4-48B75AF2F4EE}










{4B0F3B46-50F9-47DB-87B4-142D9873383D}





そしてから、






{01854E7E-6400-4F2D-9BDE-638BD6F19AC0}




なおちゃんの


おとうさんは


たおれてすぐに


意識不明になったので、


ゆうくんが


いったときには


もう、


はなしをすることが


できなかった。




{837E4C6E-669B-408F-B6E4-ED2713C2429E}




だから、


ゆうくんは、


いそいで


おばあちゃんに


あいにきたかったのだ。




はなしができなくなったなら


たいへんだから、


会っておきたかったのだ。




{0E4709FC-6D78-406D-8AC6-80F916205713}




あえるときに、


あいたいひとに


あって、


はなしを


すること。



すきなひとには、


すきって、


いうこと。



それが


だいじ。





きょうは、


このへんで。



おそくなって、


ごめんよね。



また、


あしたぐらいにね。




AD