こんばんは。


またまた久しぶりの更新になってしまい恐縮です。


1月とかのブログでも軽く案内をさせて頂いたかと

思いますが、関東でも大雪の降ったあとの日曜日に、

マネーセミナーの一環として、不動産投資にテーマを

絞った時間を設け、先輩FPと共催で、2部を担当させて

頂きました。

http://yurimotofp.com/contents/moneyseminar.html


セミナー講師という経験は初めてでしたが、何とか

時間内には終わらせることができ、少しはお越し頂いた

方の、お役に参考に立てていればと思っています。


セミナーから1週間ちょっとが経ちますが、ここ最近

感じるのは、「FPにセカンドオピニオン」的な意見、

分析を求められる方が、増えつつあるのかなという

ことです。


セミナー後に個別相談としてお受けしたのを含め、

ここ1週間位で3組の方のご相談をお受けしたり

したのですが、その内2組の方は、


「こんな物件を検討している」

「こんな物件を紹介されたのだけど」


購入に向けて、進んでよいものかどうか?


意見を聞かせて欲しい、というものでした。


私のようなFPは、どこかの会社に所属している

訳ではないので、自分が扱っている不動産を

売りたいとかの気持ちを踏まえず、客観的に

考えることができるので、私の場合は、


「自分なら購入するかどうか」


という視点で考えさせて頂き、その検討物件の

メリットデメリットを、私の視点でしっかりとお伝えする

ようにしています。


それぞれに選ぶ視点、基準があるので、私の判断が

絶対に合っているという訳ではありませんが、自分が

購入の経験を積み重ねてきたことを踏まえてお伝え

できているので、少なからず検討の一助にはなれて

いるのではないか、と思っています。


お医者さんにセカンドオピニオンというサービスが

浸透してきているように、お金の分野においても、

セカンドオピニオン的な存在が求められつつあるのかな、

しかも、不動産投資、賃貸経営は、もともとが元手の

かかる資金的な負担のある大きな買い物、投資に

なるので、よりしっかりとした判断が求められる中で、

セカンドオピニオンは必要なのではないか、と

思う今日この頃です。


続きはまた後日です。。。


FPオフィス ケセラセラ横浜  

http://fpoffice-yokohama.com/




AD