みなさま、こんにちは。大家FP、ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

前回はかぼちゃの馬車のことについてお伝えしましたが、不動産投資に

限らず、株式投資など含めて、「資産運用はなぜ必要なのか?」に

ついて書いてみました。

http://sekainoshisan.com/news/8979.html

 

将来の年金がもらえるか不安、そのそももらえないかもしれない・・・

 

という話しだけを引き合いに出して、投資しましょう、というのでは、

終わりのない投資にとらわれてしまいます。

 

投資は

・スタート地点の確認

・目標の確認

・スタートと目標の間に生まれたギャップを埋める

 

この3ステップを踏まないと、どのくらいの期間でどのように進めて

いけば良いのかが見えてこないからです。

 

年金不安などと言われてはいますが、公的なものをベースに考えて

資産運用は、それを保管したり、将来のインフレに備えるなどの対策と

して取り組むことが必要だと私は考えています。

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/

 

みなさま、こんばんは。大家FP、ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

「かぼちゃの馬車」という言葉、ニュースや新聞で見聞きした方も

多いのではないでしょうか?

 

つい先日は、スルガ銀行へ金融庁が入ったりすることもあり、

銀行の融資姿勢のあり方などに注目が集まっています。

 

たしかに、資料を改ざんして融資を通そうとする金融機関の姿勢は

良くないことではありますが、そこまでして購入したいという思いを

抱いてしまった購入者側にも、責任の一端はあったのではないか、と

私は考えています。

 

そんな思いをコラムとして書きました。

http://sekainoshisan.com/news/realestate/8770.html

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/

 

みなさま、こんにちは。大家FP、ケセラセラ横浜の齋藤岳志です。

 

1月末に処女作を刊行させて頂きましたが、最近している取り組みとして

「書評サイトの利用」をしています。

 

実際に相談に来て頂ける方であれば、お会いしているのでその場で

声を伺うことができますが、書籍の場合、手にとって頂いた方みなさんが

著者宛に感想を寄せて頂けることがありません。

 

そこで、興味・関心を持って拙著を手にして頂いた方が、どのように感じ、

捉えて頂いたかを知る方法の1つとして、利用をしているのです。

 

ホームページにはお客様の声として書いて頂いた者を反映できますが、

書評は、著書を読んで頂いた方からの「お客様の声」だと私は考えています。

 

いくつかありますが、今日はひとつだけ、掲載させて頂きます。

http://bukupe.com/summary/16118

 

好意的な意見もそうでない意見も、声を寄せて頂けること自体が、

ありがたいことだと思っています。

 

ぜひ、みなさま、拙著をお読み頂きましたら、どんなささいな感想でも

構いませんので、問い合わせフォームなどから、お聞かせ頂けますと

嬉しく思います。

 

ケセラセラ横浜:https://fpoffice-yokohama.com/