ども。


今朝、GWに琵琶湖に行ったときのビデオを見て、

改めて「オレって目ェ、細っ」と思った、ムーチョです(笑)


計画を立ててもなかなか実行できません。

だから計画を立てても無駄ではありませんか?


「計画を立てなさい」と言うと、

よく生徒からこのようなことを言われます。


先日私の塾で実施した高校受験対策セミナーでも、同じ内容の質問をされました。


私自身、そのように思ったこともあるので、気持ちはよくわかります。


セミナーでも話したのですが、計画を立てようが立てまいが、

肝心なのは「勉強する」という行為自体なわけで、

もし、計画を立てるより、立てないほうが勉強するのであれば、

立てなくてもいいとは思います。


逆に、例えば立てた計画の50パーセントしか実行できなかったとしても、

立てなかったときよりは、勉強量が増えていれば、やはり立てたほうがいいことになります。


計画の実行率を問題にするのではなく、勉強量を問題にすべきなのです。


しかし、

そうは言っても、計画通りいかないと、

「ああ、オレって(アタシって)、駄目なやつ」

と、落ち込みますよね?


その結果やる気がなくなる、と。


だから計画なんてやっぱ立てないほうが…、

という気持ちになるのだと思います。


これはやはり計画の立て方に無理があるのだと思います。


6:307:30 夕食


7:308:00 英単語・暗記


8:009:00 入浴


9:009:50 数学


10:0011:00 国語


みたいな時間割式の計画表は、かなりの意志力があっても、

100パーセント実行というわけにはいきません。


例えば、お母さんが出かけていて夕食の時間が遅くなり、

7:30からの英単語・暗記に時間に食い込む、とか、

8:009:00の間入浴しよと思っていたのに、

お父さんが入っていてなかなか出てこない、

などという不測の事態はいくらでも起こります。


自分の努力だけでどうにかなる問題ではないので、どうしようもありません。


そう言った意味では、このような事態を避けるには、

早朝に勉強するのがおすすめなのですが、

それはまあ話がずれるので、今回は置いときましょう。


やる内容だけを決めた、

ノルマ式の計画を立てるのがいいと思います。


ノルマ式の計画というのは、

時間は書かないで、やるべき内容だけをリストにして、

それを実行したら赤線で消していく、という単純な方法です。

(ちなみに赤線で引くのは、手帳術でも有名なワタミの社長、渡辺美樹氏からパクリました・笑)


以前紹介した「超簡単!先延ばし癖克服法」 とほとんど同じです。


ステップ2の「今からやること」を具体的な勉強内容にすれば、そのまま使えます。

要は、勉強を先延ばししなければいいわけですから。


そもそも、この方法が実践できない人が時間割式の計画を実行することは

まず不可能だということは、火を見るより明らかです。


さあ、定期テストを控えている人は、先日お話ししたスケジュール以前にやるべきこと と今回の記事を合わせて参考にし、今すぐ始めましょう。

新年度最初の定期テストが、一般的に言って一番点数がとりやすいテストです。

なぜなら、範囲が比較的短く、積み重ねの要素も少なめだからです。

この時期急激に伸びる人がいるのも、そのためです。


あまりにも直前すぎる人でも、「もう遅いから次頑張ろう」なんてしょっぱいこと言ってないで、短期集中でガーっとやっちゃいましょう!



P.S.


勉強しなさいといわない教育ママ 久美子 さんという方が、私のブログ記事を紹介してくださいました。


ありがたいことです。


紹介してもらったから言うわけではありませんが、

私と考え方がけっこう近いので、当ブログの読者さんにも超おすすめです。


もとはと言えば、私が こちらの記事 に共感して思わずコメントしてしまったことがきっかけですので、

私のコメントも読んでくだされば、社交辞令とかではないことがわかるはずです。


ぜひご覧になってみてください。


AD

コメント(5)