1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年06月28日(土) 20時52分18秒

武蔵流十字手裏剣

テーマ:和近ブログ

手裏剣は流派により特徴があります。
武蔵流には数種の形をした手裏剣がありますが、
武蔵流十字手裏剣は下の写真の通りです。


武蔵流十字手裏剣
武蔵流十字手裏剣


製法は細かな工夫がされていますが、大きな特徴は
二枚の板を接合させ作っています。
写真の物はかしめて接合してあります。
おなじみの折り紙手裏剣とおなじですね。

折り紙手裏剣

武蔵流では戦う事は最後の手段になります。
よって十字手裏剣も武器として使うことは稀で、
石垣や木、壁をよじ登る、戸板を外す、地面を掘る、
畳返しといった様々な用途に使う道具です。


主要目的は忍びの万能道具ですが、戦闘で使うこともあります。

一般的には戦闘法がクローズアップされるので、武蔵流の戦闘法を

紹介したいと思います。


武蔵流の体術には打撃を主とする拳法と組技を主とする柔術があります。
拳法では独特の拳の握りかたをします。この握りは十字手裏剣を持つと突き、
振り落とし、振り上げ、引き戻しの四方向へ攻撃できます。

拳法手の内

また、武蔵流では別名がありますが通称マロホシといわれる武器があります。
このマロホシと同様に扱う事もできます。

下の写真のように接合部を可動式にしている十字手裏剣もあります。
マロホシ

マロホシは剣や短刀などの武器捕りや柔術として関節を極めたりします。マロホシ握り

そして、最後に投擲(打つ、投げる)方法があります。

貴重な万能道具なので、打つのは最後の手段です。

道具としての使用法が8割ぐらいで、武器としては2割。

その2割のなかでも握って使用するのが大半と考えて良いでしょう。

そうすると、十字手裏剣を打つのは使用頻度的には数%以下でしょう。


数%でも使うことがあれば鍛練する。

忍者とは忍耐強くないと務まらないのではないでしょうか。


そして、敵を前に十字手裏剣を投擲としてではなく、手放す事ができれば、

「空」を体得した時でしょう。


by 和近



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2013年12月28日(土) 19時01分28秒

稽古納め

テーマ:和近ブログ

今日は稽古納めでした。

稽古納めは縄術をおこないます。

しめ縄や引き渡しの儀とこじつけ、稽古納めに行なうのが代々の習わしとなっています。


縄の知識や鉤縄、十手の一角、双角などおこなって今年も無事終了です。

その後は一人ずつ来年の希望、方針などを聞き、ファミレスで納会となりました。

来年も頑張りましょう!


by 和近

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月23日(月) 01時03分28秒

一門

テーマ:和近ブログ

同門の人々は何かあると相談したり、集まったりする結束力があります。
普段はそんな感じもしないですが、何かあると絆があるんだと思います。
伝統の技は人から人へ受け継がれ、共通の価値観を持ちます。
同じ価値観でなくなった時に新たなる門が出来ます。


立ち寄ったところに仲間が集まっていました。
我が門は居心地がよい。


by 和近


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月21日(土) 19時53分09秒

目標達成

テーマ:和近ブログ

毎年なんらかの目標を掲げます。
今年は忍者の代名詞と言ってもよい手裏剣をテーマにしました。


実際には攻撃の為に打つ事はほぼなく、様々な作業で万能なツールとして使う事が多いです。
忍者は戦う技術は不要とよく言われますが万が一の時に生存率を上げる為に日頃から鍛錬して
おかなければ咄嗟の時にどうにもなりません。


現代では人生の中でたぶん戦う事はないと思います。
仮にあったとしても手裏剣は使わないでしょう。
合理的にやらないでも良いと思います。
考え方は人それぞれで良いと思います。


さて、目標ですが手裏剣は棒手裏剣を選びました。
一定の距離以上から的に手裏剣を打って通した数とし、本日達成しました。
距離や本数はたいして多くないですが、やらなければ解からなかった事が数多くありました。


来年も何か頑張るぞ!


by 和近

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013年12月11日(水) 15時02分09秒

絵と写真と鏡2

テーマ:和近ブログ

絵と写真は見たままを伝える事もできます。
しかし、描き手や撮影者の心がプラスされる事もあります。
特に絵は強調や見えない物などまで表現が自由になります。
その部分が鑑賞者に感動を与えたり、評価が分かれたりします。


忍者として情報を伝えるという面では、プラスされた心は不要だと思います。
有りのままを伝え、判断するのは雇い主になります。
忍者が冷徹、非道と言われるのは感情を挟まず任務を遂行するからではないでしょうか。
鏡に映った風景を見せれる事が忍者として必要になるはずです。
この為に心を空(くう)にする事を時代アカデミーでは重要だと考えています。


忍者として謀略や情報操作も任務です。
この時は感情の操作となり、共感や反発など相手に与える事が必要になります。
描き手、撮影者が加える想いの部分です。
時代アカデミーではショーや演武で心を表現できるように訓練するのもその為です。
忍者の騙す事をどう消化し、自分に取り入れるかの答えを時代アカデミーでは相手の
感情操作として捉え、感動を与える方向性で現代に活かしています。


結局は情報伝達には感情が必要だったり、不要だったりします。

カメラはセルフタイマーで撮影できます。

撮影が感情を入れて撮影もできます。

絵と鏡の両方の特徴をもっているのではないでしょうか。


よって、忍者は写真のような情報伝達ができれば良いと思います。



by 和近

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月11日(水) 14時58分51秒

絵と写真と鏡1

テーマ:和近ブログ

素晴らしい風景を見たとします。
これを友人に見せてあげたい。
どんな方法をとったらよいか。


1.絵に描く
2.写真に撮る
3.鏡に映す


方法は人それぞれだと思います。
他にも選択肢はあると思います。


選択に鏡って、あるかよ。
しかし、鏡について書くんだろうと思ったあなたは鋭い!
続きを読む必要はないと思います(笑)


忍者は情報を扱うのが主な任務といわれます。
この時、情報の伝え方が問題になります。
忍者としてどんな伝え方をすればよのでしょうか。


続く


by 和近

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013年11月24日(日) 20時04分58秒

隠れる修業

テーマ:和近ブログ

チョロです。


久しぶりに時間があったので我が家で修業。

忍びの基本は隠れる事である。

定期的に隠れる事を練習しておかなければならない。


今日は湯のはっていない浴槽に亀のように丸くなり、じっとすること5分。

限界だ。

そして見つかってしまった。

落第だな・・・。


by チョロ助

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年11月10日(日) 19時22分05秒

しゃがむ

テーマ:和近ブログ

スマホのカバーを変えました。

分厚い物を使っていたのですが、薄い物にしました。

いつも胸ポケットに入れているのですが、かがんだりした時に

何だか滑って落としてしまいそうです。


以前、空港のカウンターでペンを拾う従業員をみました。

きっと教育が行き届いているんでしょう。

しゃがんで拾い、微笑んで渡していました。


「かがむ」と「しゃがむ」を辞書で調べると似た意味です。

 

 かがむ:腰やひざを折り曲げて姿勢を低くする。

 しゃがむ:ひざを曲げ、腰を落として姿勢低くする。


しかし、腰を「曲げる」と「落とす」では大きな違いがあります。

腰が曲がると前傾したりし、軸がブレてしまい、動作に無駄が生じます。

師より座る立つの動作は厳しく注意されました。


胸ポケットのスマホが落ちる事は教わった動作がしみこんでいない事となります。

落ちたら傷がつくと意識の中で注意するのは、ヒヤッとする事が何回かあったからです。

修業不足ですね。


道場で何気なくしゃがむ女性がいます。

立ち方、座り方は教えましたが実践しているようには見えないので、世間話しで聞いてみました。

すると、無意識らしい。

良い躾を受けたのでしょうか。

躾は身が美しいと書きます。


見ていて気持ちが良いのはもちろん、稽古する事なく出来るのは羨ましい。


by 和近


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月14日(月) 19時39分27秒

忍びの文化祭3

テーマ:和近ブログ

かつしか国際交流祭りは「忍びの文化祭」として多くの人が少しでも何かに携わる事を

テーマにしました。

当日は様々な事があり、機転を利かせて各個人が対応していました。

臨機応変に対応でき、素晴らしい結果も出しました。


大きな困難や危機に対し、機転を利かせ乗り越え、任務を成功をさせる忍びに皆憧れていると

思います。

しかし、あらゆる事を想定し、準備をして人目につかない事こそ一流の忍びではないでしょうか。


今回は、当日参加できない忍びも準備を手伝ってきました。

また、毎週集まって様々な企画を練り、準備や稽古などをしてきました。

当日に向け一丸となった事が、一番評価される事だと思います。



by 和近

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月14日(月) 12時38分43秒

忍びの文化祭2

テーマ:和近ブログ

今回はミニステージに力を入れました。

参加者全員がなんらかの役割をもって出演しています。

とても良い仕上がりになったと思います。


今回、担当する事になったのは総合演武です。

コント仕立てで苦無、縄手裏剣、まき菱、手甲、角手、かんざしの使い方を紹介し、

それらを使った戦闘術の紹介をする事になりました。


いろいろ考え、40秒の短時間ですが、連携戦術と五種の術理(地、水、火、風、空)に加え、

7種の武器、道具(苦無、つぶて、小刀、大刀、鎖分銅、まき菱、手甲鉤、かんざし)を使う内容にしました。


今年は菱の実プロジェクトをおこなっている為、武蔵流のまき菱術、つぶて術と、人気はあるが使用法

があまり紹介されない手甲鉤にポイントをおき、こだわってみました。


時代アカデミー日記-くノ一演武2
手甲鉤、苦無、小太刀、つぶてを装備し戦うくノ一。


時代アカデミー日記-くノ一演武1

くノ一の連携戦術

まき菱を撒き、その上に投げ技、つぶてを投げつけ、小太刀でとどめに行く。



続く

by 和近

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。