日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

ブログを読んで下さっている皆さん、こんにちは。
朝夕めっきり冷え込んできましたが、皆さんお元気でメルボルンの冬を楽しんでおられることと思います。
突然ですが、7月の行事と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか。





はい、「七夕」ですよね!
7月7日は七夕です!!
星に願いを込める素敵な七夕、皆さんも日本国内では幼稚園や小学校等で短冊にお願い事を書いて笹の葉に吊したことがある
でしょう。
私も幼い頃、叶いますように!!と、お願いしたのを思い出します。
大人になると、そのような笹飾りの機会は減ってしまいますが、それでもカレンダーを見て今日は七夕だなぁ~。と、思うこ
とはあるのではないでしょうか。


実は、この笹飾りは日本独自の文化で、世界には異なった多くの七夕文化が存在するのをご存知でしょうか。
私がメルボルンで多国籍の友達や学生と触れ合う中で、日本文化と他文化との共通点・相違点を発見しますが、七夕もその発
見の中の1つです。
残念ながら日本と季節が真逆のオーストラリアに七夕文化はないので味わう事はできませんが、私が聞いた七夕の海外事情を
少しシェアさせていただくと・・・♪
 

●韓国●
日本では七夕の夜、雨が降ると織姫と彦星は会う事ができなくなるので、晴れますように!って願いますよね。
しかし、韓国では、織姫と彦星が1年ぶりに会ってうれし涙を流すため、雨が降ってほしいと思われています。
●中国●
中国ではこの日を「七夕情人節」と呼んでおり、「バレンタインデー(2月14日)」より恋人達にとっての特別な日とされてい
るみたいです。
●ベトナム●
特に派手なお祭りはなく、お坊さん達がお寺で祈ったり、昔の恋人と語り合うイベントが行われたりしているようです。
織姫と彦星が1年に1度しか会えないことから、ベトナムではこの日の婚姻を避けるらしいです。
アジア圏内の七夕でも、国によって祝い方や考え方が違うのは興味深いですよね♪この他、台湾、アメリカ、ブラジルにも七
夕文化や行事があるとのことです。
海外に住んでいるからこそ、このような日本の伝統的な行事や文化をシェアし、同時に他文化のことを知る機会を大切にして
いきたいなと思います。今年も皆さんにとって、素敵な七夕になりますように・・・!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

JIC Language Schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。