日本語教師 in メルボルン

オーストラリア・メルボルンの日本語学校です。
お仕事の内容や学校での出来事、メルボルンの魅力など
さまざまな情報をお伝えしていきます!


テーマ:

みなさんこんにちは。あやこです。

 

 4月のメルボルンはサマータイムも無くなり、日本と違って少し肌寒いです。日本との時差は1時間。

日本では暖かい気温とそして春代表の桜が満開に咲き、多くの日本人が花見をしに早起きをしたり、遠くへ出かけたりしている頃でしょうね。

私の出身地は静岡県なので、4月の頭には友達と桜と富士山が一緒に見える場所でよく花見をしました。懐かしいです。


 日本の街が桜色に染まる頃、メルボルンの街は枯葉とコートが手放せない寒さに包まれています。晩になると部屋が寒くて、毛布に包まりながら教案を書いたり、ホットチョコレートを飲んだりしています。チョコレートを飲むという表現は、私にとっては少しおかしい気がするのですが、メルボルンには飲む用のチョコレートパウダーが売っています。そのチョコレートパウダーを暖かい牛乳と混ぜたり、マシュマロを浮かべたり、シナモン入れたりと様々な飲み方で楽しんでいます。

 

4月に入りイースターに向けて、スーパーなどでは卵型のチョコレートを多く見かけます(もちろん見かけるだけでなく、買ってかじっています)

イースターというのはキリスト教の復活祭りです。キリスト教のイエス様が十字架にかけられ亡くなり三日目に復活した日を祝う日です。

イースター前の金曜日がグッドフライデーというイエス様が亡くなった日で、この日は肉とワインを口にしてはいけないようです。だから、ほとんどのキリスト教の方は魚や寿司を食べるようです。(去年熱心なキリスト教徒の方に囲まれた環境だったので、イースターのルールをまだ覚えています。)

次の日の土曜日をイースターサタデー、日曜日をイースターサンデーとし、イエス様の復活をお祝いします。翌日の月曜日もイースターマンデーと呼び、ビクトリア州は祝日となっています。州によって祝日が違うようで、うらやましい事に同じオーストラリアでも、タスマニア州にはイースターチューズデーがあるそうです。

 

卵型やウサギ型のイースターチョコレートには、赤ちゃんの頭ぐらいの大きさから一口サイズまで、いくつもの種類があって金や赤の包み紙が目立ちます。

卵は誕生、さらに卵を包む赤い色はそれによって世界が救われるというキリストの血、ウサギは多産を表しているのだとか(諸説あります)。スーパーだけでなく、街中どこ行ってもこの卵型やウサギ型のシルエットをよく見かけます。イースターはクリスマスと同じぐらい大切な日だなと実感します。

イースター明けの新タームの授業でイースターの日に何をしましたかと、早速学生聞いてみたいと思います。その学生のイースターの出来事については、次回のブログで報告します。

写真は近所のスーパーとレンタル自転車の写真です。自転車は1日3ドルで借りられます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

JIC Language Schoolさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。