1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年11月22日

新宿・花園神社、酉の市・前夜祭

テーマ:ブログ






すごい人混み。ただそれだけ。屋台がいっぱい。ただそれだけ。すぐに脱出してきました。何も、こんなところで飲まなくても…。隣のゴールデン街で飲み直すのかな。
AD
2014年11月21日

筧千佐子容疑者が自殺しないように…頼みます!

テーマ:ブログ

今日、いまの時点で、いちばん思うことは、筧(かけい)千佐子容疑者が自殺しないように、しっかり監視してほしい。


この人の関西弁で言うなら、自殺しないように、見張っといてくれや~というカンジ。いちばんいけないことは死なせちゃうこと、だと思うので。


昨日、第2の仕事に行ったら「地震、ありましたね」という。「えっ、何時ごろですか?」「午前中。お昼の少し前」。あとで調べたら、午前10時56分。東京は震度2だ。


ぜんぜん気づかず。高層階にいたら、気づいただろうが、その時間は1階にいた。


東スポの杉村太蔵の連載が、私的には「意外と」面白い。最初は読む気がしなかったが、気づいたら、毎日、楽しみにしている。文章が非常にわかりやすい。


今日は「みんなのみな実」田中みな実アナについて。その魅力が「わかりやすく」伝わってきた。でも、私はこの人、興味がないんだわさ。


その東スポの広告。「1976年のアントニオ猪木」でおなじみの(これは私も読んだ)柳澤健氏が今度は「1964年のジャイアント馬場」というのを出したんですね(双葉出版)。


1964年の馬場さんは私も見たことがない。映像もないし。そのすごさを知らされたのは故・菊池孝さんと故・竹内宏介さんからの話だけ。


私が馬場さんを見るのは、その4年後の68年。子どもごころにしても、馬場さんは強かったですよ。

AD
2014年11月20日

なりすましは犯罪…よしっ、動く

テーマ:ブログ

1年以下の懲役、または50万円以下の罰金。証拠は残っている。それも1回じゃない。


人生で初めて、法律の相談に行ってきます。


2ちゃんねるの相談もしてきます。

AD
2014年11月19日

健さんとチャイコフスキー「ピアノ・コンチェルト」 & 「北の国から」にも「健さん色」が!

テーマ:ブログ

違うんだよ、「幸せの黄色いハンカチ」じゃないんだよ。


夜のニュースで、健さんの追悼映像を見ながら、そう思った。ま、私の強い思い入れですが。「ニュースステーション」は実に20分もやっていた。このまま1時間やってくれ~、と思った。解散総選挙なんて、どうでもいいから…。


チャイコフスキーの「ピアノ・コンチェルト」。この曲を聴くと、健さんを思い出す。


「おじさまなんでしょ?」(池上季実子)「お嬢さん、なんかの間違いでしょ?」(健さん)


私にとっては健さんのベストシーン。


そうだ、池上季実子さんを検索してみよう。おっ、ブログをやっている。書いていた。17歳のときだったか。健さんの、東映、最後の作品だったんですね。


池上さんが出ていて、この名場面が登場するのが「冬の華」であります。


「冬の華」「駅」。どちらも倉本作品。「北の国から」には実は「健さん色」が散りばめられてあります。


純の初エッチのラブホでは「南極物語」が流れている。


純はゴミ収集の先輩から「からじし」と呼ばれる。由来は「セナ(アイルトン・セナ=背中)で泣いてる唐獅子牡丹」。


正吉と2人で暮らし、エッチのときは「邪魔しないでくれ」という合図として、黄色いハンカチをドアにかける。



梅宮辰夫の話、よかった。重要な人物「小林稔侍(ねんじ)」が出てきた。小林稔侍は「冬の華」にも出てくる。


「あなたへ」に出ていた余貴美子さんは私と同い年。健さんは、私たちが生まれた、その1956年にデビューしている。


「冬の華」を見ながら、寝ます。

2014年11月18日

高倉健さんは永遠に生きている、と思ったが…

テーマ:ブログ



だって、死ぬイメージがないもの。83歳。10日に亡くなっていたらしい。


午前11時45分、フジのニュースで知りました。


年末って、大物が亡くなることが多い気がする。


私が好きな、健さん主演の映画は「駅 STATION」「冬の華」。


見ていない方は特に「冬の華」、見てほしい。


90年代、船木選手が「この世で、いちばん会いたい人物」だった。会えたみたいだけど。


謹んでご冥福をお祈り致します。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>