1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月26日

「フィギュアなあなた」。風間ルミさんが出とった & 「ラスト」川崎で女子の電流爆破

テーマ:ブログ

深夜、日本映画専門チャンネルをつけたら、風間ルミさんが出ていた。ヤ○ザの役らしく、背広を羽織り、ほかのヤ○ザをパンチ、キックでボコボコにするも、拳銃で2発、撃たれ、死ぬ。


脱ぐシーンはないが、レズ・シーンあり。昨年の映画だから、A○出演のあとか。


今日は仕事の帰り、新宿ルミネへ。あそこの食堂街なら「お好み焼き」ありそうだなって。あった。横の女性2人も「お好み焼き、いいじゃん」って。行ったら、並んでいた。


並ぶのはイヤなので、ならば、代わりはあそこしかない。食べ放題。ハロウィンが近いので、デザートはパンプキン。ハロウィン、日本でもなじみになったよね。



川崎市体育館が新しくなるのか。年内に閉鎖され、最後のプロレスは12月23日(火=祝)、ディアナ。新しくなるのは3年後の2017年らしい。


井上京子選手が電流爆破を志願。工藤めぐみさんの後押しもあって、大仁田選手がGOサインを出し「女子、2度目の電流爆破、決定じゃ!」。


ん? 2度目ってことはないでしょう。コンバット豊田さんの引退試合(vs工藤さん)も電流爆破だったよね。これが女子、史上初。


川崎は髪切りなど、京子選手にとっては思い出深いし、ディアナの本拠地といってもいい。さぞや気合が入っていることでしょう。祝日だし、行こうかな。さて、注目の相手は?


そんな川崎の、いちばんの思い出は女子のプレ・オールスター戦。風間社長ひきいるLLPWが初めて全女の会場に殴り込んだとき。


おっ、話がつながった。土曜の夜は天国です。思う存分、寝れる。



AD
2014年10月25日

キャベツが好きだ。キャベツ・マニア

テーマ:ブログ


オリジン弁当のホイコーロー。


キャベツが好きだ。


姉貴が知ったら、驚くだろうな。「あなた、キャベツなんて、食べられたっけ?」って。それぐらい野菜ギライだったので。何度も書いているけど。


でも、炒めたのがいい。だから、ホイコーローか、お好み焼き。この2つはキャベツの、おいしさを引き出していると思う。ああ、お好み焼き、食べたくなってきた。ビールと、お好み焼きが合うよね。


昨日から突然、アクセス数の見方が新しくなった。スマホがいくつ、モバイルがいくつ、と出る。昨日なら、パソコン2007、スマホ1675、モバイル605、合計4287。まだまだ「ガラケー」モバイル、いるんですね。


昼間のニュースで。北海道・千歳市で、交通事故。高山善廣容疑者。


まさか! 66歳と出たので、あっ、同姓同名かって。でも、びっくりするよね。



町の掲示板の訃報。100歳って、すごいな。確か、キャベツは長寿によくなかったっけ。


自分では70ぐらいまで生きられれば、と思っているが、意外と、90ぐらいまで生きていたりして。こればっかりはわからない。


今日はこのへんにしといたる(ブラザー・ヤッシー風)。

AD
2014年10月25日

「くらい」「おばけ」「いく」

テーマ:ブログ

さて、何のことでしょう? って、わかるわけないっつーの。


1才の男の子が私に言った言葉。この子がまたかわいいんだ。


暗いトイレの方を指差して「くらい」「おばけ」「いく」。


暗いところにはオバケがいる。見たいから行きたい。たぶん、こんな意味。1才で「オバケ」って、わかるんだ。知らんかった。

あとでお母さんに話したら「あの子、暗いところは平気なんです」って。


美人でも3日で飽きる、と言われるのに、子どもは毎日、見ていても、ぜんぜん飽きない。


体さえ持てば、ずっと続けたい仕事。天職かも。


ノウハウは覚えたし、どこに行っても、できると思う。あとは人間関係だけ。いまの所はイヤな人間関係ゼロ。ゼロですよ! でも、よそに行ったら…。


いや~、金曜が終わると、俄然、前向きになる私であります。体が持てば…でも、その体がシンドイ。金曜の夜だから、こんな気持ちになれるけど。

AD
2014年10月24日

そうか、皆川優太クンは中学1年になったのか…

テーマ:ブログ

昨日、10月23日は新潟・中越地震があった日。10年前の04年。


なぜか「皆川優太」という名前は覚えている。


奇跡の生還。2才だった。かわいい子だな、という印象がある。


昨日は、その彼を各局が取り上げていた。


そうか、10年たったから、中学1年になったのか。


中学生だけど、そのかわいらしさは変わらない。


「人の役に立つことをしたい」と言っていた。


ふと思った。気がついたら、私も「第2の仕事」同じところに10年ぐらい、いたりして。先のことはどうなるか、わからない。


ただ、皆川優太クンを見たとき、思った。いまいる子どもたちと10年後に「再会」することができたら、さぞや感動するだろうなあって。

2014年10月24日

匿名はゴミ以下

テーマ:ブログ

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>