1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年04月24日

「へんげ」という映画。何、これ? 面白い!

テーマ:ブログ

全日本4・23後楽園。公式リーグ戦で諏訪魔選手と対戦したケンドー・カシン選手。なんと、セコンドに「野獣」藤田和之選手が登場。そして、首固めで勝ってしまった。


「藤田は金を積めば、出る。白石は金、出せるのか?」とカシン節が炸裂。来た、ということは出る、と思うよね。


そうそう、日曜日の「相棒」。ちょっと泣けましたね。日曜日は午後9時から「舟を編む」と完全にバッティング。CMが嫌いな私は「相棒」を録画。あとでCMを飛ばして、見ることに。CMを飛ばすと、いい流れで見れる。


最初、幹部の中に石倉三郎がいたので、あれ? って。いい意味の違和感があったんです。そしたら、最後に「あれ」でしょ。石倉はいちばん適任。


「新仁義なき戦い 組長の首」のラストシーンを思い出した。群集の中から飛び出したチンピラが菅原文太を刺す。「ワイがやったんやでー」。


「舟を編む」は2度と見たくないが、この「相棒」は犯人がわかった上で、もう1度、見たい。


いま、日本映画専門で放送していた「へんげ」という作品。なにげに見ていたら、何、これ? 面白い!


夫が化け物に変わっていくが、それでも愛す妻。人間を食い殺してしまうので、当然、自宅に警察が来る。「妙な通報があって」。このシーン、最高。


すると、夫は化け物に変身。警察も化け物にはかなわない。最後、何人もの警察官に囲まれ、蜂の巣のように撃たれるが…。


これ、ホラー映画らしいけど、私には現代版の怪獣映画に見える。最後は怪獣のような大きさになり、ビルのオフィスで談笑していた人が窓を見たら、怪物の顔があるという…。12年の映画。

PR
2014年04月24日

皆さん、映画「舟を編む」はよかったですか?

テーマ:ブログ

さすがの私もためらっていた。よくないと思ったものは書かなければ、それまで。書かないでおこうかなって。


そしたら、今日、地上波(テレビ東京)でやった。より多くの人が見たのか、と思ったら、気が変わった。そうです、「舟を編む」って、もうタイトルに出ているか。


3日前の20日、日本映画専門チャンネルで、テレビ初放送。ここでは松田龍平のインタビューがあって、松田は「何回も見てほしい作品」と言っていたが、私は「2度と見るもんか」と思っていた。


私にとっては、話題作では「おくりびと」に匹敵する、つまらなさ。映画館に行かなくて、よかったと思った。


前に「何も期待していないけど」と書いたが、それは原作を読んでいて、それがよかっただけに、あの長編を映画で描くのは難しいだろうな、と思ったから。


でも、逆に言うと、そういうのが日本アカデミー賞になるというか、アカデミー賞になるために作られた映画というか。ま、そういうカンジでしょう。


22時からのバトルメンを見たあと、まだ10分ぐらいラストシーンが残っていたので、見たが…。普通、ラストだけ見ても、いいものはいいんだけどなあ。


1つだけ。オダギリジョーはイメージアップになったよね。ドラマの記録的な低視聴率で「再起不能か」と思われるぐらいバッシングされたけど、これで本人、気をよくしたのでは。最初、誰かわからなくて(笑)、この人、誰? って。


もうやめときましょう。それより、日曜日は「相棒」がよかった!

2014年04月20日

いま、友だちと呼べる友だちは1人もいない。でも、人間、生きていけますよ

テーマ:ブログ


やっと風邪が治った。長かった。4日の谷村コンサートからだから、2週間か。気分がいいので、久々に銭湯に行った。写真のポスターがあった。


人間、独りでは生きられない・・・と、よく言う。でも、生きていけますよ。


いま、自分には友だちと呼べる友だちは1人もいない。親友と思っていた2人が同時期に東京を離れた。さらに週プロをやめた時点で、もう話せる相手はほとんどいなくなるな、と覚悟はしていた。実際、そうなった。


でも、そういう時期なんだなって。新たな旅立ちの時期。


そんなに寂しさを感じないのは仕事をしていることが大きいかも。


あと、音楽とビデオがあれば、大丈夫。


プロレスのものは仮にすべてがなくなったとしても、案外、平気。記憶にあるから。生きていくうえで必要なのは音楽と映画。


いまも「怪獣総進撃」を見ています。オープニングで、あのマーチが流れる。いいね!

2014年04月20日

「自転車で携帯」の女を激しく叱る

テーマ:ブログ

これ、女性の反発を買うだろうなあ。でも、書きます。携帯のマナーに関しては、相手が女性だろうと、お年寄りだろうと、子どもだろうと、容赦はしないので。


第1の仕事にて。自転車に乗りながら、携帯を見る若い女。私は「コラッ!」と大声を出していた。さすがに気づいた。でも、やめることはない。


そのときは、まさか、その女が私の仕事場に来るとは思わなかった。女は自転車を停めた。これ、駐車違反。5分後には係員が来て、シールを張っていた。でも、こんなのはすぐに持っていくことはない。


その自転車を見ると、訪問介護の会社のものだった。


1時間後、女が出てきた。「駐車違反ですよ」「すみません」「それより、あなた、自転車に乗りながら、携帯を見ていたでしょう」。驚いたことに、言い訳をした。「道を調べていたので」「そんな言い訳、ありますか。降りて、調べるべきでしょう」「もう場所はわかったので、しません」「いや、絶対、しますよ。女性の8割は歩きスマホなんだから」「ハイ、その通りです」「訪問介護の仕事で来たんでしょ。そんな素晴らしい仕事をしているのに、自転車で携帯なんて、やってほしくない。私はそれだけが言いたかった」。


今日も自転車で携帯の男。その横をおまわりさんが通ったが、注意もしない。ダメだ、こりゃ。罰則がないからなあ。

2014年04月20日

中性脂肪が基準値になる。たぶん、30年ぶりぐらい

テーマ:ブログ


ロッテの「爽」が大好き。


他人にはどーでもいい話。行きつけの女医さんが「宍倉さん、メタボじゃなくなっていますよ!」「えっ!」。これ、大変なことなのだ。


中性脂肪が基準値になっていたのだ。たぶん、20年ぶり、いや30年ぶりかも。若いころは偏食がひどく、焼き肉と甘いものばかり食べていたから、健康診断をやれば「脂肪肝」と言われていた。以降、ずっと中性脂肪は高かった。


考えられることは1つしかない。第2の仕事で歩き回っていることだ。メタボ対策の基本は歩け、歩け。私は毎日、5時間、歩き回っている。同じ運動をジムでやれ、となったら、まず無理。仕事だから、それも子どもたちに囲まれているから、頑張れる。


流した汗はウソをつかない。キザなセリフだが、これ、本当だ。


今日、ライブドアのニュースに、ちょうど「汗水垂らして働く人間は全員、バカだ」というのがあった。ネットビジネスの成功者。


それもそうかもしれない。でもね、きつくても、やめたいとは思わない。それは、やはり、人に感謝されている、という実感があるからだ。直接、言葉で言われるし。


ふと気づくと、足にすごい筋肉がついている。ナチュラルな筋肉。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>