• 26 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/24)

      米軍が3月に北朝鮮に対して軍事作戦を起こす可能性フルフォード中国はトランプ政権が誕生した時、米中戦争を始めると言っているので中国は自分達が強い、北朝鮮、インド、東南アジアで勝負するとアメリカに伝えた。北朝鮮が対中国を警戒しだした。だから世界中に原爆を送る技術があることを示した。朝鮮半島統一、金正雲を皇帝にする案が議論されている。中国は容認するだろう。米軍が北へ攻め込まないと言う前提で。北朝鮮外交団が訪米してこの議論をすることになる。韓国の朴が失脚、サムスンのトップが刑務所はこれに関係しているロスチャイルドの奴隷が権力の座から追われている。総裁米は、金正雲が大統領になることは望まないだろう。軍事産業が望む対立構造を維持したい。米軍が北へ軍事行動を起こすことはないと思う。フルフォード金正男殺害は北の中国に対するメッセージロスチャイルドが竹島も尖閣も皆やらせているので、熱くならない。恐怖で騒いでいるだけである。総裁竹島問題50年前に、児玉誉士夫 大野伴睦 岸伸介 川島正二郎が、韓国政府から60億円の金を貰って、この問題を棚上げにした。(本当かどうか不明)--------------------------------------------------朝堂院は世の中何も変わらないと見ているようだ。フルフォード氏は全くの逆。さて、どっちなんでしょうか?ロスチャイルドって誰なの?励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      NEW!

      24
      1
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 白龍会速報

      20172.23ベンジャミン・フルフォード白龍会はロスチャイルドとその取り巻きにメッセージがある。「降伏か死」あなた達がスイスにいることは分かっている我々があなたの居留地をミサイル攻撃しない唯一の理由は、そこにある貴重な手工芸品にためである。しかし、我々の忍耐も限界に来ている。ロスチャイルドファミリのフランス支部を通じてアイゼンバーグと共にドナルド・トランプを脅そうとして始めたが、それも機能しておらず、どの他のあなたの部門の企ても止められるであろう。いいか、あなた達は悪魔崇拝の世界政府支配を取ることはできない。あなたのファミリによって支配される現在のバビロンにおいても、起こらないだろう。我々があなたの命を維持しているのは、あなたが貴重な情報を持っており、将来、あなたが心に愛があるなら貴重な制御された貢献ができる可能性があるから。あなたの不正な計画を放棄するなら、それは起こらない、いいか、それは終わった。以上白龍会も必死です。ロスチャイルドとの共謀がうまく行っていないようです。それを邪魔しているのがアイゼンバーグということか?よくわかりません。中国もまじめにやるべきだと思う。ところで、白龍会にスイスを攻撃する力があるのでしょうか?中国軍???あるかなぁ。よほど頭に来ることがあったのでしょう。前回は日本政府に吼えていました。ここまでうろたえるのか?白龍会も生死が掛かっているということですね。とにかく、うまく行っていないということ、良いことが悪いことがは判断できませんが。影で隠れてやっていることは悪いことに決まっている。フルフォードさんも、やらされていることがみえみえです。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      50
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/21)

      トラップ政権大混乱フルフォード・アメリカで激しい権力闘争が続いている。・ジェフ・セッション司法長官が就任したら逮捕者が出ると言われていたが カルフォルニアの大きなダムの爆破と言う脅しがあって、逮捕が止まった。・国家安全保障長官のマイク・フリンが首になった。 彼はイランと戦争したかったが、勘違いなので外されたと言われている。・ペンスを副大統領にしようとするグループとトランプの裏にいるグループと権力紛争をしている。・しばらく不安定になる。NATO軍事費2%総裁・トランプはNATOは時代遅れ、もう金銭的援助はできない。・世界的にもGDPの2%を出しているところはほとんどいない。・そんな金を出したいところはほとんどいない。・NATOを出たいところは多いフルフォード・問題は、トランプ政権がロシアと組んでアジアで白人の同盟を作ろうとしたが、ロシアにけられた。・ロシアはワンワールドを目指している。・GDP2%は出せないだろう。トランプーネタニヤフフルフォード・ネタニヤフが311の直後に日本から金を脅し取ろうとしたハイレベル犯罪者・トランプがネタニヤフに会うのはショックだが、米国とイスラエル国同士が会うのは仕方ない。ネタニヤフは後に逮捕される。・話した内容は中近東を3つに分ける ①アラブ(ヨルダン川系列の湾岸諸国)(アラブ民族) ②シリアと一部のレバノンとイラクとイランでペルシャ地域区(ペルシャ民族) ③トルコ地域(トルコ民族) この話が公言され、進歩したことは評価できる。総裁・1993年で合意した二国共存をトランプは無視してもいい。・パレスティナおよび非同盟国は怒るだろう。・中近東の火種が大きくなる。・西岸には60万人が入植している。すでにイスラエルである。・これからは中近東を纏めるのはプーチンである。トランプではない。----------------------------------------------マイケル・フリン首の理由は毎回違う。今回も信用できない。NATOは対ロシアの同盟だから、もう意味がないと米が言っている。イスラエルはアラブに取り込まれるので、二国共存なんて意味を成さないということでしょ。どうも、朝堂院は自分の偏見と思いだけ、事実を伝えて欲しい。フルフォードさんも最近おかしい。明らかに宣伝マンに変身するときがある。ほんと、国家非常事態対策委員会も安売りにで中身がなくなった。止めたら?励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      60
      2
      テーマ:
  • 21 Feb
    • フルフォードレポート英語版(2/20)

      今、人類を解放するには数十回の逮捕が必要かもしれないハザールマフィアを倒す戦いは激化し、人類をこの悪魔崇拝惨劇から解放するために、数十回の首謀者の逮捕が必要なところまで来ている。長年の法医学的研究とロシア、日本、中国、米国、フランス等の多くの諜報機関の情報源からの証言は、逮捕されるか処刑されるべきハザールマフィアの重要な首謀に焦点を絞ってきた。しかし、名前を挙げる前に、まず我々は全体の目標を明確に特定する必要がある。それは、旧約聖書のラス書とトーラに記述されているいわゆるユダヤ民族の一派である。これらは悪魔(バール、モルヒ等)を崇拝し、人間生贄と人肉食の両方を実践している人々である。彼らは社会に浸潤し、殺人、脅迫、贈収賄と喧伝によって権力の最高位を秘密に支配することに数千年の経験を持つ。彼らの支配の悪夢は終に終わろうとしている。しかし、失敗しないように、これらの人々は極端に危険であり、抜け目がなく、そして今は彼らの命を賭けて戦っている。その理由は彼らは、アメリカ人がこれらの凶悪犯が彼らの子供を産業的規模で拷問し殺していることを知ったとき、人々が正義を求めることを知っているからです。それが、今ワシントンDC内で起きている戦いが非常に汚い理由です。この悪魔はがイランの軍事侵略を支持するように西洋人にイスラムを十分嫌うよう説得するためにISISを作った。その計画はその国の石油を盗み、中東での彼らの支配を強化し、そして彼らの計画する大バビロニア帝国の首都であるエルサレムにその本部を置く世界政府を樹立することであった。この派閥には悪魔崇拝ユダヤ人とその洗脳されたキリスト教シオニスト召使が含まれる。これが不自然と思うならば、世界政府を作ることを議論するために130ヶ国から4,000人の世界指導者達がバールの凱旋門に前に集まっている理由を自らに問いなさい。http://www.blacklistednews.com/This_Week_The_%E2%80%98Arch_Of_Baal%E2%80%99_Was_Displayed_For_The_Third_Time_In_Honor_Of_%E2%80%98The_World_Government_Summit%E2%80%99/56911/0/38/38/Y/M.html彼らと戦っているグループは世界平和、民主主義、能力主義、法と人権の尊重と全ての国の間の友好関係を求めている。彼らもまた、悪魔崇拝ハザールマフィアの殺人支配から世界を解放したいと思っている。ある王族によると、米国の悪魔崇拝のトップはドナルド・トランプがイタリアの米大使として選んだルイス・M・アイゼンバーグである。一方イタリアではアイゼンバーグは法王フランシスに敵対するthe Agnelli Brothers, Victor Emmanuel, Leo Zagami 他の上級悪魔崇拝主義者(CIAとNSAの情報源による)と共謀しようとしていたのは間違いない。アイゼンバーグはまた、日本軍諜報機関によるとロスチャイルドファミリのフランス支部によって支配されるセメント複合企業を通じて日本の財務大臣麻生太郎経につながりを追跡されている。麻生は日本の公的所有の水資源をロスチャイルド支配会社に売り始めたので公にされようとしている。水は生命に必要なものであり、それを賄賂の代わりに日本国民から盗むことは許されないだろうと、地下世界の情報源は言う。米諜報機関の情報源によると、アイゼンバーグはドナルド・トランプが13歳の少女とのセックスをしているビデオで脅迫されていると言っている。http://www.thedailybeast.com/articles/2016/06/30/the-billionaire-pedophile-who-could-bring-down-donald-trump-and-hillary-clinton.htmlそれが、マイケル・フリンが米権力構造内の上級小児性愛者を逮捕し始めようとしたときに、国家情報長官のマイケル・フリンの首を切った理由であると、これらの情報源は言う。それはまた、トランプが傭兵会社DynCorp社のスティーブ・ファインバーグ代表を米軍事情報機関に任命しようとしている理由である。http://www.veteranstoday.com/2017/02/19/neo-has-trump-been-secretly-stripped-of-his-presidency/トランプ政権の911と福島のような大量殺人事件の加害者の起訴を妨害しているのはこの脅迫であると、その情報源は言う。これを書いている時に、これらの申し立てについてアイゼンバーグにコメントを求めた接触ができなかったが、引き続き努力する。いずれにしても、米国、カナダ、ノルウェイ、ガーナ等(彼らの多くはクリントン財団につながっている)における小児性愛ネットワークの1000人以上の下位メンバーの逮捕は上級レベルの小児性愛者に対する証拠集めに使われていると、FBIとCIA情報源は言う。https://thegodofrage.wordpress.com/2017/02/15/pizzagate-arrests-and-busts-occurring/http://yournewswire.com/fbi-sex-trafficking-sting-detroit/http://yournewswire.com/fbi-pedo-ring-adoption-agency/大魚を追いかける方法について米国の中堅から下級の法執行当局者への私からの助言は小児性愛を見ることから始める必要がある。法的には小児性愛は16歳の少年が15歳のガールフレンドとのセックスから中年の男が2歳の少年を強姦して締めることまで対象にできる。世界中の伝統的社会は歴史的には、特に少女の月経と言う思春期は結婚適齢期のサインとして使われていたことを心にとめて置いてください。これを念頭に強硬な中心的子供強姦者や殺人者に対する証拠を得る為に、思春期後の少年少女とのセックスをした彼らのビデオで脅迫されるオ億万長者に対する証言の代わりに、恩赦を与えることを考えるべきではないか。反小児性愛運動は軍と機関内部の白騎士団と共にフランシス法王、エリザベス女王、キリル総主教のような真のキリスト教徒によって導かれている。悪魔主義者を排除するためにロシア、アメリカと欧州のホワイトハットを連携させる動きの背後にこのキリスト教同盟がある。それが、米国務長官レックス・テラーソンが先週、ドイツのG20でロシア外相セルゲイ・ラブロフと会った理由だと、国防総省情報源は言う。また、米軍最高将軍ジョセフ・ダンフォードが2月16日にISIS、麻薬カルテルと徒党の最終的壊滅の議論のためにロシア軍長官バレリー・ゲラシモフに会ったと、国防総省情報源は言う。ダンフォードはまた、中東におけるイスラエルの秘密作戦を止めるためにアゼルバイジャンで会ったと、その情報源は言う。https://en.wikipedia.org/wiki/Azerbaijanis国土保安省内部では、長官ジョン・ケリーが違法行為を追放し徒党と麻薬カルテルを逮捕するために10万人の国家警備隊を動かすことを検討していると、国防総省情報源は付け加えた。徒党と麻薬カルテルに対するこの危急の対応が、ビルゲーツが先週生物化学兵器で数百万人の人を殺すという脅しを引っ込めた理由かもしれない。https://www.theguardian.com/technology/2017/feb/18/bill-gates-warns-tens-of-millions-could-be-killed-by-bio-terrorism事実、徒党は長年流行病をは流行らそうとしてきたが失敗しており、失敗し続けるだろう。だから、米当局が前進しゲーツを逮捕したいと思えば、恐れることはない。彼らはまた、製薬業界の毒性ワクチンや他の悪質部分の調査を進めることができる。先週、ナチが白龍会に接触してきて、彼らは流行病には関与していないと言った。ここに彼らの一人が言ったことがある。「南アメリカへ逃亡した旧ナチは1990年代後半に全て死んだ。90年代に生きていた多くは非常に強かったが、これらの人々は老齢で死んだ。南アメリカの山中の秘密基地には当時30代の若い男性が補充された。これらの新ナチは旧ナチとは違う。新ナチは世界を引き継ぐつもりはない。彼らは孤立して、そして彼ら自身内に留まり、働き、そして彼らの円盤等に乗り地球中を飛び回っている」情報源はまた、現在の世界権力への戦いの勝者は2020年までに起案るだろうと言っている。彼はまた、世界が落ち着けば、ナチは彼らの技術を世界と共有するだろうと示唆した。反重力やクローニング技術に加えて、ナチはまた多くの病気などを治すことにできる幹細胞技術を持っていると、彼は言っている。白龍会はまた先週、グノーシスイルミナティが北朝鮮のメッセージをもって接触してきた。彼らは、金正雲の兄弟金正男が殺されたのは中国が彼を使って北朝鮮を乗っ取ろうと計画していたからであると言っている。550km高さまで届いたミサイル発射と組合わされたこの殺人は中国に対して北朝鮮から出て行けというメッセージであると、イルミナティ情報源は言う。彼は北朝鮮は今や地球上のどこにでも核ミサイルを送る能力を持っており、もし中国が北朝鮮を侵略すれば北京は蒸発するだろうと言っている。総括的メッセージは「我々にかまうな」であった。日本軍諜報機関は、これは北朝鮮に関する米国と中国の間の代理戦争にすぎないと言っている。北朝鮮代表団がまもなく米国を訪問し、金正雲を皇帝とする朝鮮半島の統一について議論されるだろうと、その情報源は言っている。日本の情報源はまた、日本皇室家族は安倍晋三政権に反対しており、ハザールマフィアのために日本が完全に略奪される前にその政権を排除する方法について議論する秘密の会合が持たれたと言っている。--------------------------------------昨日のビデオで真っ赤にして吼えていたフルフォード氏とは違います。最近、時々その二面性が現れる。クローンではないかと疑う。恐らくからのバックの白龍会、そのバックの中国とロスチャイルドのご命令でやらされているのかなぁと好意的に受け止めているが、少々うんざりである。中国もロスチャイルドも追い込まれているのだなぁと感じるだけである。トランプの発言がころころ変わるのも命の脅迫を受けているのだろうなぁ・・・・・13歳の少女と・・・・奥さんはどう反応するのかと邪推しました。。。。。トランプがイランを叩く理由が分かりました。(騙されやすい我々であった)安倍、麻生初め自民党の執行部は全員、皇居前で絞首刑です。ナチの話は本当なら浪漫を感じる。早く、そんな日が来ることを期待します。金正男の件は中国ですか、分かりやすいですね。(死んでないような気がするが・・・・)中国はどうなるのでしょうか?いよいよ破滅に近づいていると思うのですが。。。。。そろそろ自衛隊が天皇陛下の為に動く時ではないか226・・・・・(期待します)励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      46
      3
      テーマ:
  • 20 Feb
    • フルフォード大速報

      白龍会について・いよいよそのときが来た。・福島と911テロの加害者を特定する・ドナルド・トランプはこれに対する対応を取ることに恐れており、できそうもない。・我々は多くの逮捕を期待しているが、いまだそれを見ていない。・突然トランプはオバマがクリミアやイスラエルについて、誰がが授けた意味の無いこと同じことを言い出した。・・それに東芝。日立を保護を申し出るつもりであることも言いたい。・我々は彼らに、福島テロ攻撃とそれに関する原子力ビジネスを売る内部取引に関してGEとウェスティングハウスを訴えるよう強く促している。・彼らに数十億ドルを訴えるべきであり、我々はあなた達を支援する。・個人的に別な問題であるが、非常に重要でありそれについて何もできないので取り上げたい。・2009年6月、代々木上原の公民館で講演の後に、大久保と言う名の男に私は毒針で刺された。・これについては多くの証人がいる。・私は警察に行ったが、彼らは多くの証人やイベントのフィルムもあるにもかかわらず、対応を取ることを拒否した。・私の39年の古い付き合いのウェブマスターは食物の添加物拒否運動をしているが、同じく毒針で攻撃されたが、彼女は私のような免疫を持っていない方なので、彼女は今末期ガンになっている。・我々はこの件を実行した代理人である中井天山という男に言われた。・これらの人々は安倍晋三の背後にいる統一教会の属しており、・私が彼らが私を殺そうとしていると分かったとき、3ヶ月前に15人の暴徒が私の財産を盗むために乱入しようとした。・彼らから言われたことは彼らは福島に関与した、そして彼らは今日再び送ってきたので私は言った、あなたは攻撃的に私から税金として、金を取ろうとしているが、私は社会に住んでおり、地域都市に納税している。・中央政庁から来た人も金を強要しようとした。そう命令されている。・あなた達のあなたの女性従業員の毒の恐怖の背後の人間に合わせろと言った・私が反撃しないと思ったら、それは違う、私は安倍晋三を含むあなた達を殺そうという意味である。・我々は靖国神社の背後にいる誰もを破壊するだろう・私に何かが起こったら、私は神に誓って、私は各ポイントを爆破する。・それは私のものではないが、私が止めている。・最後に、白龍会は要求している 日本政府から一兆円を3月19日までに ロスチャイルドにグループによる関東平野の破壊を止めるために・我々は彼らに日本に住むために攻撃が行われる、或いは残った者はは北朝鮮へ行く、十分な証明も提供した。・私はロスチャイルドが本部をアジアへ移動するという話を聞いたことがある。・これについてトランプは何もしない。・これは冗談ではない。----------------------------------------------------すごい話です。今日も暴徒に押しかけられて金を要求されたらしいので激高している。しかし、彼が言いたいことは、ロスチャイルドが関東平野に仕掛けた爆弾を爆破されたくないなら一兆円をよこせと日本政府に要求している。白龍会はロスチャイルドの手先だと思っておりましたが、フルフォードさんもその手先と言うことです。この一兆円は何の意味があるのでしょうか?そして安倍晋三を殺すとまで言っています。大丈夫でしょうか?これは犯罪になるのではないでしょうか?納税の話もよく分からない、、納税トラブルではないのか?白龍会の提案を蹴っている日本政府に対してキバを向いたということのようです。その手先のフルフォードさんと言う構図のようです。従来から反トランプ姿勢でしたが、米国ともうまくいっていないことを示している。相当、ロスチャイルドも白龍会も焦っている。さて、これを日本はどう対応するのかが問題だ。自衛隊を総動員して調査・除去しろ。良く聞き取れないところもありました。訂正をお願いします。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      41
      5
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 国務長官テラーソンが影の政府のほとんどの首を切る

      国務長官テラーソンが影の政府のほとんどの首を切る2017.2.18 The Black Spherehttp://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/02/secretary-of-state-tillerson-fires-most-of-the-shadow-government-3250846.html国務省の溜り場が今日、部分的に排出された。国務長官テラーソンはヒラリーの危険な自称影の政府の首を切った。トランプの選挙公約に関してトランプが歓迎するテラーソンの善行として、国務長官レックス・テラーソンは別名オバマ政権残存物といわれるクリントンの溜り場の危険人物を排出した。このようにして、クリントンの電子メールやベンガジ隠蔽の不正な取り扱いをした担当者は建物を去った。影に潜むクリントン国務省では、不正な影の政府が7階より上に秘密に存在していた。これらの政策立案者達は彼らの活動について公然と自慢していた。そして、トランプ政権が経験した過渡的な怒りの大半は、その一部に責任があることは間違いがない。だからテラーソンは彼らを辞めさせた。これは劇的な動きであり、外交は外交専門官によってではなくホワイトハウスによって支配されていることを示した。そして決して早すぎることではありません。我々が選挙運動中に発見したように、これら民主党政府官僚の間の腐敗は海を毒する危険性がある。例えば、電子メール事件の時に、ニュヨークポストによるとパトリック。ケネディ副大統領はFBIにクリントンの電子メールを改竄するために見返りを提案していた。もし、当局がクリントンのメールを未分類と評価すれば、FBIの要約は「国は、FBIに現在禁止されている国々にさらに多くの代理人を置かせることで国は報いる」と報告した。ケネディは極秘に隠蔽を試みた。彼は実際にFBIに外交政策を変えさせ、クリントンがアメリカの国家安全保障を無防備にしないよう見せかけたかった。ベンガジの裏切り者もまた去っていった。元国務次官補代理レイモンド・マックスウエルは下院のベンガジ特別委員会で、彼はヒラリークリントンの幹部が説明責任委員会で公開される前に危険な文書を分離する手助けをしたと報告した。この委員会は2012年9月11日のリビアのベンガジの米領事館に対するテロ攻撃の原因となった安全保障問題について調査していた。独立系のセンチネルによれば、マックスウエルは隠蔽には国務省地下で開催される週末会合も含まれると述べた。その週末に、彼は国務省局長とクリントン最高顧問が箱入りの書類で満たされた部屋中を選別する手助けをした。彼らの命令は4人のアメリカ人を殺したテロ攻撃の間のベンガジ領事館の安全保障に関してクリントンまたは彼女の不正な最高顧問が関与している全ての文書を一掃することであった。マックスウエルが証言したように「彼女は私に言った、『レイ、我々はこの書類の山を切り抜けて、中近東問題事務所や7階事務所の誰もが悪い光が当たらないように取り除かなければならに』」マックスウエルは「7階」がクリントン国務長官と彼女の主要顧問にとっての国務省の略号であることを明らかにした。この文書の削除中に、クリントンのスタッフ長チェリーミルズとスタッフ副長ジェイク・サリバンは伝えられるところによると、その部屋に入り、しばらくの間滞在した。ベンガジの攻撃で殺された4人のアメリカ人は米大使クリストファー・スティーブンス、米外交情報管理責任者シーン・スミスとCIA請負業者ティローン・S・ウッドとグレン・ドーーティであった。国務省の説明責任の自由主義的逸脱は反イスラムyoutubeビデオを非難した。この意図的な嘘は海外で働くアメリカ人職員の安全保障に対してクリントン国務省の怠慢な無視と無関心な無能さを偽った。トランプ政権は内部の敵を探し始めたことは間違いがない。最近、国境警備隊を使ってマリファナを吸う移民の逮捕のために使っているという話がもれてきたという主張がある。我々は間違いなくまもなく多くを知るだろう。今のところ、テラーソン氏が排除を始めたことに感謝する。------------------------------------------------------------それにしても、やつらのやることは凄過ぎる。結局は金で転ぶ売国奴がいる事が問題である。やっぱ三国人を突くのでしょうかね~憎たらしいやつらだ。この勧善懲悪を是非実現して欲しい。日本にもこのようなスーパー権力者の出現を待つ。子に孫につなげられる国を残したい。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      41
      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • ラッキーでたらめ放送局(2/14)

      ラッキーでたらめ放送局・劇団「日米首脳会談」・長年、アメリカ政府組織の中枢を乗っ取っていたチームが居て それに反する別チームが痺れを切らして自ら代替えをアピールするためにイベント。・CIAや軍部の表部隊が反旗を翻した。・トランプ推しのチームには、プーチン、EU離脱の中心人物ボリス・ジョンソンらがいる。・代替の危機にあせった旧チームが永遠の支配権確立のためにAI開発を急いでいる。・マイクロソフト、グーグル、フェイスブック、IBM、アップル等・第二次阿部内閣は新チームのバックアップで誕生したという噂もある。・そもそも、中枢を乗っ取り、勢力をアップして大衆を煙に巻いてきた。---------------------------------------------------このところ、面白くなかったのでご紹介はしませんでした。今回は久しぶりに面白い。願わくばトランプバックの人たちについてもっと詳しく述べて欲しかった。乞うご期待!励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      36
      2
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 国家非常事態対策委員会3連発

      国家非常事態対策委員会(2/10)引き続き安売りの国家非常事態対策委員会なので、3本纏めて、もってけ泥棒的にご紹介します。ヘンリーキッシンジャーの共和党への影響力フルフォード・ヘンリーキッシンジャーは浪人だそうです。・トランプ政権が始まってから世に出ていない。・CIA未確認情報ですが、今は南極にいるらしい。・売り込みアピールしているけども、誰も受け入れない。総裁・テラーソンはキッシンジャーの紹介で入閣した。・所詮、ロックフェラーの手先???・ロックフェラーの共和党への影響力がある。フルフォード・キッシンジャーは裏方・ロックフェラー・ジュニアはまだ影響力を持っていると思う。・ブッシュ系列が失脚した。朝鮮半島統一と朝鮮戦争の可能性総裁・パククネの弾劾裁判に関わらず、大統領選挙は必ず行われる。・ウン・ジェインが可能性が高い。そうなると南北統一になる。・イスラエルとイランとか朝鮮と日本の戦争の可能性がある。フルフォード・北朝鮮はアメリカの隠れ殖民地。・アメリカは北朝鮮が中国に乗っ取られるのを恐れているので、南北統一させた。・中国は北朝鮮国境を50kmほど入り込もうとしている。・日本と朝鮮は仲良くしないと、周りの大国に対抗できなくなる。・日本は運よく島国であるので、強い海軍があれば守れるが、独立しているので他国を頼りにしないほうがいい。ジェフ・セッションズが司法長官に就任で大物の逮捕劇がスタートするフルフォード・ジェフ・セッションズが司法長官になると70名の大物(政治家30人)の逮捕劇が始まる。・上院議員シューマー、チム・ケイン、ブーメンタールが逮捕名に入っている。・30人の政治家の逮捕が始まれば本物の革命だと分かる。(注目)・ビルクリントンがべらべらヒラリーやブッシュの悪行を喋っているらしい。・来週になれば、色々報告すべきことがあるであろう。--------------------------------------・キッシンジャーも南極に逃げ込んでいるらしい。一杯射るんじゃないの~・南北統一だそうです。どうでもいいけど、日本国と勧告の合併じゃないの?・早く逮捕してくれ~、日本も。

      51
      2
      テーマ:
  • 14 Feb
    • フルフォードレポート英語版(2/14)

      米国と中国はどちらも内部の権力闘争で忙しいので、世界は待たなければならない最近、米国と中国では激しい権力闘争が起こっており、惑星全体の新たな主導権は両国の紛争が解決するまで待たなければならないと言う意味だと、中国とアメリカの情報源は言っている。米国内の闘争は単純に言うと、トランプの背後にいる奥深い国家派とブッシュ/クリントンの残党による奥深い国家組織派の間にある。中国では主要な三派が、3月末頃に新中央政府の陣容を作り出す巧みな権力活動の一環として殴り合っている。これらの権力闘争が終わると、我々はFRB、国連、IMFなどの改革が本格的に始まるのが期待できる。ジェフ・セッションが司法長官に正式に任命された今、激化している米国の権力闘争から始めましょう。彼の任命に続いて直ちに、トランプは麻薬カルテルのような国境を越えた犯罪組織に対して連邦政府のエネルギーと資源を再集中させるために大統領令を発行した。国防総省当局者がそれについて述べているように、「トランプはブッシュとメキシコ麻薬カルテルに宣戦布告した」さらに、軍とその機関の反麻薬密売人は、力だけでは最終的に麻薬の違法使用を止められないというメッセージを受けている兆候として、国防総省当局者はトランプは麻薬を合法化して規制する可能性があると述べている。これは年間約2兆ドルの商売を納税の主流に持ち込み、そして麻薬関連死を減らすのに役立ちます。適切に行われれば、大規模製薬産業が役割を果たす限り、船上に持ってくることができる。すでに医者によって処方される薬のおよそ30%はアヘンを基にしているので、それは簡単にすべきである。製薬会社は、他の主要な麻薬に基づいて医薬品を作り始めることができれば、医師が患者に提供できる新しいメニューを追加することができる。刑務所にいるか仮釈放されている950万人のアメリカ人の半分を解放することで、これを行うと、米国の私立刑務所の奴隷産業を衰退させることになるだろう。また、犯罪率を根本的に低下させることになるだろう。医者に中毒者へのヘロイン投与をさせると直ちに中毒者による犯罪の80%が低下した経験のあるスイス人に聞いてみてください。中毒者のほとんどはまた最終的には中毒を蹴散らすことができた。http://www.citizensopposingprohibition.org/resources/swiss-heroin-assisted-treatment-1994-2009-summary/世界のヘロインの90%はアフガニスタンで作られているので、アヘン作物の合法化と規制はその国に平和をもたらす可能性が高い。トランプはまた、米軍基地経由のCIA麻薬出荷を止めることを話し合っている。例えば、日本では横田空軍基地は北朝鮮のアンフェタミンの中心的流通拠点であったと、日本の暴力団幹部は言う。その取引を停止するか合法化することで、日本の政治制度の最高レベルを一掃するのに役立つだろう。トルコのIncirlinkやドイツのRamsteinの他の大米空軍基地を経由したヘロインの貿易も同様です。多くの金と権力が危機にあるにもかかわらず、ブッシュは戦いなしでは敗退するはずはないと確信できる。全ISIS/モサド/ブッシュCIA/ナチ(ハザールマフィアナチ派)の関係は戦場にあり、ジョンマケイン上院議員のような著名なISIS連合の犯罪者が未だ逮捕されていないことは、権力闘争がほとんど終わっていないことを示している。ハザールナチは国防総省ホワイトハットを核テロ、破壊活動、スカラー兵器の脅威で脅している。カルフォルニア北部のオロヴィルダムの目下進行中の災害は、トランプ政権へメッセージを送ることを目的としたナチ派の妨害行為であることは間違いない。また、大規模なサイバー戦争が進行中である。例えば、私のコンピュータ上でドナルド・トランプのツイッターのページはトランプに対する猛烈な攻撃メッセージで満たされたページに置き換わった。https://twitter.com/realDonaldTrump/status/830904083519242241連邦司法機関はまた反トランプ派によって重い負担を強いられている。それについて国防総省情報源が言わなければならないことは「自由主義活動家の裁判官が法を無視して、ISISの侵入を阻止するためのトランプのイスラム教徒禁止を妨害するために権力を奪った後、連邦司法官は最高裁判所にずっと追放されるかもしれない。それを取り外すのは簡単ではない。しかし、最も強力な権力闘争は連邦準備理事会の支配権になるだろう。最も重要なことは、先週発表された二人のFRB幹部、ダニエル・タウルロ理事会議長と、スコット・アルバレスFRB筆頭弁護士の二人の辞任は、トランプが占めるはずの空席と相まって、トランプ政権がFRBの効果的支配を取る事ができる。そのような偉業を遂げ、暗殺されなかった最後の大統領はアンドリュー・ジャクソンであるが、トランプは米軍の支援を受けているので、彼はそれを成し遂げるかもしれない。世界的に取引されている米ドルは今、中国を中心としてシステムに移行しているので、米国が国際ドルと切り離して財務省ドルを発行するチャンスが増加しており、おそらく数ヶ月以内にあるだろう。これはまた、記事のトップで述べたように、国際金融・政治構造の総改訂を意味する。しかし、これは米国と中国内の権力闘争が完了するまで待たなければならない。トランプが権威を委譲し、良い助言を聞こうとしている兆候において、国務長官レックス・テラーソンはいくつかの良い動きをしている。一つは、中国は一つの中国政策に戻らせ、中国を挑発するのを止めさせた。テラーソンはまた、国務省内のイスラエルとイスラムの代理人と同様にネオコンを捜索に忙しい。その結果、リチャード・アーミテージ、ビクトリア・ヌーランドとエリオット・エイブラハムなどの凶悪な犯罪人は世界の様々な地域で混乱を起こす力を失った。日本政府はロスチャイルド代理人ミハエル・グリーンバーグやブッシュ代理人リチャード・アーミテージのような従来のボスを力を失ったのでかなりの混乱に陥っている。それが、先週トランプ政権へのゴマすり訪問に大勢の代表団を送った理由である。安倍は、トランプの歓心を買うために、日本の国民年金を略奪した。これは安倍がワシントンDCとニュヨークを結ぶ高速列車サービスの建設に融資する約束ができた理由である。しかし、全体的にはトランプ政権においては日本/米国関係は専門官僚と専門家に任されていることを確認して、日本の既成勢力は安心した。大きな変化は日本がロシアと緊密な関係を保つことを阻止する政策を中断したと米国から言われた。日本はまた、今からは不服従の首相の殺害等の日本の国内政治への米干渉はなくなるとも言われた。それは米国が中国との世界的な交渉の時に、日本を自分の側に確保したいからである。それは我々を中国における権力闘争に引き込む。中国政府は5年に一度の権力交代を準備中であり、政治局常務委員7人のうち5人が辞任することを意味している。戦いは誰がその後任になり、誰が習主席の後任として戴冠されるのかをかけた戦いです。中国政府情報源は、このプロセスは複雑で時間が掛かり、例えば退職した元高官との協議も含まれる。この闘争には3つの主要派閥が関与している。一つは北京派閥と呼ばれる習金平の背後の派閥である。もう一つは胡錦濤前国家主席をトップに迎えた中国青年同盟の派閥である。このグループは中国南部では最強であり、広東と香港の周辺で強い。次は上海派閥であり台湾に深い根を持ち江沢民によって率いられる。最後の権力闘争で、上海派閥は胡錦濤を排除するために習金平派に付いた。その結果、胡主席の後継者である李国強はNo.2に終わった。しかし、習金平は権力を引き受けると、胡氏と江氏の勢力を奪うために大規模な腐敗行為を口実に使った。それが、もしあなたが賭け事が好きであれば、今回は胡と江の派が習に対してチームを組むことに賭けることになる理由です。しかし、これまでの合意は中国の長老達が政府の継続性と安定性を重視し、習をもう五年任期を継続し、李氏は第二位の座を維持すると言うことである。にもかかわらず、誰が後継者に指定されるのか、誰が空席の政治委員の席を埋めるのかを賭けをしている。いずれにしても、中国はこの移行が終わるまでは、主に内向きになる。だから、世界レベルの次の大きな動きは今月ではなく、3月になるであろう。最後の注として、我々は舞台裏では中国とアメリカはハザールマフィアのナチ派に対する戦いにおいて協力していると聞いている。-------------------------------------------------------トランプの背後の米軍良識派は真っ当だね。その絶好の機械に安倍やら麻生やらでは汚すぎてダメである。早急に交代させるべきである。板垣ブログの話は本当だろうか・・・・・・本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」小沢一郎代表は、自民党、民進党の各派閥の領袖、公明党の半数を口説いて、「自由党」に吸収しようとしている ◆〔特別情報1〕 自由党の小沢一郎代表が、水面下で衆院解散・総選挙を念頭に、「多数勢力づくり」を精力的に進めている。民進党の各派閥やグループのトップばかりでなく、与党自民党、公明党にまで手を伸ばして、精力的に直接口説いて回っているという。東京都の小池百合子知事が主宰する政治塾「希望の塾」の運営団体・東京都議会で活動する地域政党「都民ファーストの会」は、言うなれば「小沢一郎代表の別働隊」である。このことを知らない民進 党の蓮舫代表は、「小池百合子旋風」にあやかろうとが、小池百合子知事に接近したものの、歯牙にもかけられず撃沈。自民党、民進党の各派閥の領袖は、すでに小沢一郎代表に取り込まれており、「自由党」に吸収されつつある。公明党の半数も、小沢一郎代表に傾いているという。中国はその三派とその他の4つに分割すべきだね。新生中国がどうなるのか楽しみです。ロシアは静かだね。読みきりか。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      49
      5
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/4)

      国家非常事態対策委員会(2/4)共和党とトランプ大統領についてフルフォード・共和党の一部のロスチャイルドの僕の議員、ジョン・マケインやリンジー・グラハムはかなりの悪さをしていたので、逮捕されるものと思う。総裁・マケインはトランプとロシアは組んでいると言っていた。・共和党はNATO主義であるが、トランプはNATOは時代遅れ。・政治家は拝金主義者なので、トランプの金に黙るのではないか。フルフォード・昨日、パパブッシュが出てきたが、その勢力とトランプがどうなるかがポイント。・フリーメーソンも結構トランプを支えている。フリーメーソンも色々な派閥があるが。総裁・NATOはポロシャンコを推しているが、プーチンはクリミアも東ウクライナは譲らない。徹底抗戦であると言っている。・トランプがクリミアと東ウクライナを切り離して独立させるでプーチンと話し合えるか。フルフォード・パパブッシュが2006年にプーチンと魚釣り行った時に、ブッシュの提案は「再び冷戦ごっこをして軍事予算を増額にして、その後露米日で中国を攻撃するという古いストーリで動いている役人が多い」総裁・北方領土は永久に返さない。・帰してもらうためには日露安保を結ばないとだめだろう。フルフォード・トランプはロシアと同盟を組もうとしているので、その中で日本とも決着が付くと聞いている。----------------------------------------------どうも総裁は根拠のない話をしているように思える。信用できない。フルフォードさんの話は聞く価値があると思う。ブッシュ一家は逮捕でしょ。それでなければ、米国民は納得しないのではないか。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。国家非常事態対策委員会(2/5)韓国の教科書に掲載された慰安婦大量虐殺についてフルフォード・トランプ政権は対中戦略として日本と韓国を戦争させようとしている。・これをやらせている人は誰なのか。おそらくユダヤマフィアの一部であると思う。・その連中を見つけて逮捕するとかする必要がある。総裁・そういう事実はない。・日本の軍隊のモラルは高い。フルフォード・南京虐殺に参加した人の話を聞いたことがあるが、大量虐殺ではなかった。・教科書会社に金を払った人を見つけて追跡するべきである。総裁・韓国のパククネ大統領弾劾の結果がどうであれ、次に大統領選は文在寅(ムン・ジェイン、元共に民主党代表)で決まりだ。彼は北と一体である。・38度線がなくなると、日本と朝鮮半島の戦争にすることを考えている人がいる。フルフォード・ロスチャイルドとアメリカ軍の対立である。・分裂させて対立させるのはロスチャイルドの作戦である。・70年前のことを持ち出すのは異常である。・こんなばればれを実施するのは、手詰まりで困っている証拠である。------------------------------------------------まっとうだね、フルフォードさん。姑息だね、あまり短いので二本続けました。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      51
      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • マリオン・マーシャル・ルペン

      最も満足できることを今日、あなたは見ることになる:マリオン・ル・ペンは男女同権主義者の偽善を3分で蹴散らした。国会議員の代表の姪は繰り返されるニュースの中で多くの運命と憂鬱でフランス国会を悩ましているフェミニスト達と政治的恐竜に批判的叱責を与え、人類におけるあなたの信仰を回復するに助けになるであろう何かを分かち合うことは賢明であると思った。フランスの政党党首マリン・ルペンの上品で明晰な姪マリオン・マーシャル・ルペンはフランスの国会議員の前で激しい3分間のスピーチで現代の男女同権主義の眩暈を起こさせる頭の思考を解剖した。ル・ペンは妊娠中絶合法化ウェブサイトと妊娠に関する嘘の情報の拡散の禁止についての議論のなかで、彼女は正義のミカタちゃん以上を求めた。男女差別主義者は「幸せな食事のピンクのおもちゃのように文法上の性差別」に縮小されたと、男女同権主義者は本当の脅威に対して計画を失ったと付け加えて、マリオン・ルペンは言った。彼女が言った実際の脅威は大晦日2015/2016におけるケルンでの性的暴力と彼女が言ったフランスの地区のいくつかで強制されていたと言うような問題であった。彼女は男女同権者の家父長制に対する見解と、異性愛者の白人に対して責めたことを打ちのめした。女性の権利の擁護者と自ら主張する者がイスラム服従のツールと呼ぶイスラム・ベールを護る理由であったことを付け加えて、彼らの動機を進めるために、イスラム教徒に取り入った左翼を非難した。私が左翼の言葉を聞くときはいつも、私は古い格言を思い出す。あなたの目的が特定の敵と戦うことに依存するなら、敵を殺させることはあなたにとって不利だ。あなたのたわごとを正当化するために、ずいぶん前に勝った戦いを続けている。あなたは、あなたの心の中にだけいる脅威に対して怒っている。真実は今日、非合法な妊娠やそれに対するアクセスの制限に対して脅す政党は無いと言うことである。定期的に、実際全く定期的にこの問題を持ち出すのはあなたの政党だけだ。あなた達は劣ったの経済への取り組みから注意を逸らすためにこれを行っている。多くの女性やシングルマザーは自分自身を見つける特に不確かな情況において、真実はあなたの男女同権のブランドは時代遅れであるということである。あなた達は政治的恐竜であり、あなたはまだ1968年5月であると思っている。今日のフランスにおいて、あなたがこれに気付く時だ。女性は投票も、働くも働かないも、結婚しようが離婚しようが、それが彼らが望むことであれば避妊も使えるし、中絶もすることは自由である。それについて私が非常に悲しくなることは、多くの女性、IFOPの調査によれば47%が経済的理由で中絶をするという事実である。あなた達はこの問題に解決策を提供しないし、それを議論しようともしない。いや、女性大臣は中絶はダメか、あなた達が言うように望まない妊娠と言う言葉に変わるかのどちらかだ。赤ん坊を育てる楽しみを経験し、望まぬ中絶を回避する女性になることもできる。何故なら彼女は必要な援助と支援を与えられるから。あなた方は女性の行動に不名誉を持ち込んでいると言いわざるを得ない。あなた方は通学かばんの色、性差別主義者が言う、キンダーサプライズのピンクのおもちゃや、人間関係における皿洗いの義務の分担について焦点を当てている。女性の自由を実際脅かすものを完全に無視する一方で、例えば大晦日にドイツで移民による1200人の女性の性的強襲について、許しがたい沈黙をしていることを述べておく。今日でもフランスのある地域では適用されているイスラム法シャリアに関してのあなた達の沈黙にも言及しておく。そしてそれは女性の基本的な権利を否定している。私は実際これがあなた達を悩ましていることは知っているが、しかし単にあなた達のヒーロであるブノワ・アモンがこの忍び寄るイスラム主義をフランス労働者階級の恒久的性差別として見ている理由による。あなた達の故意の盲目は共謀ですらある。私が敢えてそう思うのは選挙のお荷物だからである。あなた達の家長制への嫌悪は、あなたをその嫌悪感を共有する全ての他の少数民族の寝床の友にさせる真っ直ぐな白人男性の形で表される。その際にはあなたの戦いと信条において、全ての一貫性を犠牲にしてください。男女同権主義者、イスラム主義者とLGBTは全て互いに戦っている。そして、だからそれが、彼らの体を張って女性の権利を守ると主張している人々である。また、ベールによって彼らの抑圧と、代理母としての商品化を防いでいる。例えば女性大臣も真実ではない。この件で私を教化できるだろうか?女性大統領に委託できるか?両親が偶然にできたと言うとすれば、子供は苦しむとあなたは言うときに、あなたは何を思い浮かべますか?彼は中絶されたほうが良かった?私には理解できない、私に説明してください。これを言うことをお許しください、しかし私自身も偶然であったことは常識である。そして私は今日ここに立ててうれしいと言える。本当のことを言えば、中絶されるよりはるかによい。このベンチにお座りの議員を批判したので、私は女性であると言わせてください、そしてこの女性と表現の自由に対抗するこの法案には賛成しません。-------------------------------------------------------------口先だけで男女平等を主張するが、やるべきことをやっていないじゃないかと、与党左派連合を攻撃。見事撃沈させたようだ。ルペン一族強しである。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      42
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/3)

      国家非常事態対策委員会(2/3)総裁・2月に安倍-トランプ会談が行われるが、友好的に行われるが中身は無い。・通商問題は商務長官に全て任すと言っている。・商務長官が二国間FTAを突きつけてくるだろう。(TPPより厳しい)・日本が飲まざるを得ないだろう。今まで以上に吸い取られるのではないか。フルフォード・トランプ政権は従来のパパブッシュの政策を変えると思う。・中国と戦争になった時に日本から太平洋を渡ってくるのは難しいから、米国で作って欲しいと言っている。・永田町の頭では考えられない。・トヨタなどの経済界が対応する必要がある。安倍は関係ない。総裁・要求を突きつけられるだけで、安倍では話にならない。・本当に力のある人間が総理になる必要がある。(誰れ?)・軍事予算もGDP基準で来るので1⇒2%に上げよと言ってくるかもしれない。フルフォード・高度経済成長時代の運営に戻れば景気がよくなる。・人口減対策も必要総裁・安倍、麻生、岸田ではプーチン、トランプとやっても舐められるのは間違いない。・常に尻尾を振ってくると思われている。・政治家はDクラスだが、民間の技術はAクラス。政治が変われば日本は発展する。---------------------------------------------安倍一味が日本国を代表して米国と交渉するのは止めて欲しい。恥ずかしい限りである。総裁とフルフォードさんの意見の違いは、フルフォードさんが正しいと思う(期待する)。本当に日米間が良くなるように、基地問題も含めて交渉して欲しい。沖縄の見殺しはあまりにも非人間的である。許せん!励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      51
      テーマ:
  • 07 Feb
    • フルフォードレポート英語版(2/7)

      長い間待たされた徒党の逮捕は今週始まるはずである複数の情報源は、ジョセフセッションが米司法長官に確定した直後の今週、ワシントンDC、バージニアとニュヨークにいる黒幕や政治家に対して約70件の逮捕状が送付されることを確認している。逮捕される人々の中には、民主党上院議員チャック・シュメル、リチャード・ブルーメンタールとヒラリクリントンの副大統領指名者のティム・ケインなどがいると、国防総省情報源は言う。これらの逮捕は、ハリウッドと西海岸のエリートに奉仕した小児性愛組織が解体させられた先週、カルフォルニアで起こった474人の逮捕に続くことになる。カルフォルニアの逮捕は地元の報道機関によっって報道されたのみで、大企業のネットワークは完全に無視していることは興味深い。http://abc13.com/news/474-arrested-in-california-human-trafficking-stings/1734315/元大統領のビルクリントンもカナリヤのように喋っていると報道されており、ヒラリクリントンや多くの他者を逮捕に導く証拠を提供している。ここに、事件に関して国防総省情報源が言わなければならないことがある。「オバマが恩赦を拒否したのでヒラリーは難局にあり、ビルは彼女を告げ口して、彼女の訴追はトランプによって命じられた」ヒラリーがバーレーンへ逃げようとするのを見つけられて、止められたという信頼できるタブロイド・ニュース報道があります。http://www.globemagazine.com/content/clinton-stopped-her-tracksジェフリー・エプスタインのカリブ性奴隷島で襲撃が行われ、32人の子供と8人の人身売買業者が逮捕されたとの予兆報告もある。https://twitter.com/glennbeck/status/828344311016075264CIA副長官のジーナ・ハスペルが秘密軍事施設へ移動され、徒党、麻薬組織、ISISの人々を拷問するために選ばれたので、秘密機関において隠された残忍な権力闘争が起こるだろうと、国防総省情報源は言う。また、よくあることだが、バチカン内部にも高度の陰謀と不正がある。このことは、フランシス法王がマルタ騎士団団長のマシュー・フェスティングをコンドームに関する議論で解雇したと大企業メディアによって広く報道されている。http://www.telegraph.co.uk/news/2017/01/25/knights-malta-head-resigns-dispute-vatican-spokesperson/マルタ騎士団の会員名簿を見ると、https://www.biblebelievers.org.au/kmlst1.htmEdward Fenech AdamiDrolor Bosso AdamtiGeneral AllavenaGeorge W. AndersonJames Jesus AngeltonSamuel AlitoJulian AllasonJoe M. AllbaughRoberto Alejos ArzuJose Barroso(Queen) Beatrix of the NetherlandsSilvio BerlusconiPrince Bernhard of the NetherlandsGrandmaster, Prince Andrew Willoughby Ninian Bertie (cousin of QEII) deceased(Vice President) Joe Biden(Former Prime Minister) Tony BlairMichael BloombergElmer BobstMarie Corinne Morrison Claiborne Boggs (Dame Lindy Boggs)Geoffrey T. BoisiJohn Robert BoltonCharles Joseph BonapartePrince Valerio BorgheseGen. William BoykinDr. Barry BradleyNicholas BradyJoseph BrennanMonsignor Mario BriniZbigniew BrzezinskiPat BuchananJames BuckleyWilliam F. Buckley, Jr.George H.W BushGeorge W. BushJeb BushPrecott Bush, Jr.Frank CapraPrince Carlos of Bourbon-Parma(King) Juan CarlosFrank Charles Carlucci IIIVincent CaroneWilliam CaseyMichael ChertoffNoam ChomskyGustavo Cisneros(President) Bill Clinton(Cardinal) Terence CookeKenneth CopelandMichael CoppsGerald Coughlin(Senator) John DanforthJohn J. DeGioiaCartha DeLoachGiscard d'EstaingGiulliano di BernardoRoy E. DisneyBill DonovanAllen DullesAvery Dulles(Archbishop) Edward Egan(Count) Franz Egon(Queen) Elizabeth IIFrank J. Fahrenkopf Jr.Noreen FalconeJohn A. FarrellMatthew Festing (79th Grand Master)Edwin J. FeulnerFrancis D. FlanaganRaymond FlynnAdrian Fortescue (16th century)John C. GannonLicio GelliReinhard GehlenBurton GerberRudy GiulianiEmilio T. GonzálezDr. Lawrence GonziSir John Gorman CVOThomas K. GormanJ. Peter GraceAlan GreenspanLord Guthrie of CraigiebankGen. Alexander HaigCyril HamiltonOtto von HapsburgWilliam Randolph HearstEdward L. Hennessy, Jr.Henri the Grand Duke of Luxembourg(Baron) Conrad HiltonHeinrich HimmlerRichard HolbrookeJ. Edgar HooverLeonard G. HorowitzDaniel ImperatoLee IococcaAlex JonesRick JoynerCarl Nicholas KarcherFrancis L. KelloggJoseph Kennedy(Senator) Ted KennedyAlan KeyesHenry A. KissingerBowie KuhnCardinal Pio LaghiCathy L. LanierJoseph P. LarkinLouis LehrmanLeonard LeoGeneral de LorenzoClara Booth Luce (Dame)Henry LuceThabo MbekiAngus Daniel McDonaldGeorge MacDonaldNelson MandelaAvro ManhattanAlexandre de MarenchesJohn McConeThomas MeladySir Stewart Menzies(Prince) Angelo di MojanaThomas S. MonaghanLord Christopher Walter MoncktonRupert MurdochBenito MussoliniRobert James "Jim" NicholsonCharles G. Noska, Sr.Oliver NorthJoseph A. O'HareFrancis (Frank) V. OrtizThomas 'Tip' O'NeillGeorge PatakiCardinal PatronusFra Giancarlo PallaviciniFra Hubert PallaviciniFranz von PapenBaron Luigi ParrilliDr. Ron PaulJuan PeronPeter G. PetersonHarold A.R. 'Kim' PhilbyPhilippe of BelgiumAugusto PinochetEric PrinceJohn Francis QueenyJohn J. Raskob(President) Ronald E. ReaganJoseph RetingerJohn Charles ReynoldsGeorge RoccaNelson RockefellerDavid RockefellerHerman van RompuyFrancis RooneyAmschel Mayer von RothschildRick SantorumGeneral Giuseppe SantovitoAntonin ScaliaWalter SchellenburgPhyllis Schlafly (Dame)John E SchmitzJoseph Edward Schmitz (Blackwater)Robert SchullerStephen A. SchwarzmanFrank ShakespeareMartin F. SheaClay ShawWilliam Edward Simon Jr.Jennifer SimsFrank SinatraFrederick W. SmithCardinal Francis SpellmanFrancix X. StankardSteve StavrosMyron TaylorGeorge TenetFritz ThyssenRichard TorrenzanoAdmiral Giovanni Torrinsi(Prince) Anton TurkulTed Turner(Archbishop) Desmond TutuJames B. Utt (John Birch Soc.)Albrecht von BoeselagerWinfried Henckel von DonnersmarkThomas Von EssenFranz von PapenAmschel Mayer von RothschildPrince Vittorio Emanuele IV of NaplesRobert Ferdinand Wagner, JrKurt WaldheimGeneral Vernon A. WaltersCol. Albert J. WetzelCanon Edward WestGen. William WestmorelandGen. Charles A. WilloughbyWilliam WilsonRobert ZoellickGen. Anthony Zinniロックフェラー、ブッシュ、ロスチャイルド等の名前で満たされたグローバリスト・エリートの人物のように読めるので、これは単なるコンドーム以上のものだと言うことが分かります。実際、バチカン秘密庁の情報源によると、実際に起こったことは、ニュ-ヨークでフランシス法王の了解なしに国際金融システム引き継ごうと働いていたマルタ騎士団の最高幹部が捕まったということであり、バチカン秘密組織がこの汚いゲームを発見した。言い換えれば、古い血統家族の一部で、再び不正に莫大なドルを作る企みは妨害されたと、バチカンの情報源は言っている。今は、ロシア、中国と米国の間で金融システムの将来について高度レベルの交渉が行われていると、その情報源は言う。英国、ドイツ、イスラエルもまた関与していると、彼らは言う。その交渉に関与している情報源はトランプの背後の人々は古い血統家族を追いかけないための価格として、新金融システムの50%の支配権が欲しいと言っている。アジアもまた今は、50%を主張しており、ロシアは33%を主張している。だから、この世界権力ポーカーゲームで最強の位置にいるのは誰か?一言で言えばロシアがいななければ米国は中国より弱いということである。しかし、中国は経済的には米国とロシアより強いが、軍事的には米露同盟に対しては弱い。そう、お分かりでしょう、ロシアは今、決定権を持っており、それがトランプ政権がロシアを悪魔化するのは止めて、ゴマをすりだした理由です。これを念頭に比喩を混ぜるために、世界の地政学的チェス盤をもう一度見てみましょう、そして情勢がどうなっているか見てみましょう。グノーシス・イルミナティやその他の情報源から確認できている最初のことは、核兵器を使うことなく合意に達するということである。言い換えれば、これは複合型金融、情報、特殊部隊と従来型の軍事闘争によって解決される。次に、中国の立場を見てみましょう。中国は平和的なウィンーウィンアプローチに成功しており、世界GDPの約80%にあたる100カ国以上がアジアインフラ投資銀行に加入すると確信している。彼らはまた、「一路一帯は一つのループと一つの道といったほうが良い」と言う大規模インフラ主導でうまくやっている。彼らは世界の主要債権国である。軍事的には、中国はロシアや米国と軍事同盟していない国境の国々には容易に達成できる課題を見つけ出した、言い換えれば先週述べたように、インド、インドネシア、タイ、北朝鮮とマレーシアは本の数ヶ月でクリア可能であろう。このことは30億人を超える人々を支配することができる。経済的にはアメリカ人は、世界の歴史上最も負債の多い国(対外債務18兆ドル)にもかかわらず、依然として多くの強みを持っている。第一に、アメリカの企業は世界の商取引において支配的存在である。さらに米国は依然として科学技術において断トツである(しかし、急速に縮小している)。アメリカは中東の石油のほとんどを支配しているが、アジアに対峙するための賄賂としてロシアに大きな支出をしなければならなかった。軍事的には彼らは依然として、世界中の重要な位置にある800の基地を言うまでもなく、断然に最も強力な海軍と空軍を持っている。このことは、彼らは中国の世界の資源への接近の多くを停止させることができることを意味している。彼らはまた世界のほとんどの指導者を殺せる能力を持っている。さらに、彼らは日本、カナダと英国に、それほどではないにしてもフランスとドイツのような強力な同盟者を挙げることができる。ロシアは、欧州連合が崩壊しており、彼らがドイツとフランスと共同してロシアを含む新民主欧州同盟を作ることで埋めることができる空白を認識している。彼らはまた中国は彼らのエネルギと農産物輸出の素晴らしい顧客であり、安価な消費財の偉大な供給者であることを知っている。ロシアのシンボルは一つは東を、もう一つは西に向いている二頭のわしであることに不思議はない。当然、彼らは西かアジア化のどちらかを選択させられることは望んでいない。その代わりに、彼らは両側を中央と対抗させ漁夫の利を得ている。だから、我々があるように思えるのは、メキシコの離脱である。この情況で、白龍会はアジア人の支持を得た妥協案を提案している。しばしばこのページで述べてきたように、計画は新能力主義スタッフによる将来計画機関の設立である。実際は、日本が開発したシンガポール、韓国と中国によって模倣され改善された複合型自由市場と中央計画モデルは西側で経済的に非常に苦労を引き起こした裸の企業資本主義の貪欲型モデルよりも優れている。近年の西洋における唯一の長期的な将来の計画は、黙示的議題を伴う宗教狂信者たちによって行われてきた。私たちは、世界の終わりではなく、天国としての世界の再生のために計画するべきです。世界の金融システムの統制に関する基本的合意に達すると、この機関には数兆ドルの年間予算が与えられる可能性がある。そのような予算で、そのような機関は文字通り貧困を終わらせ、環境破壊を数ヶ月で止めることができます。その後、大規模なインフラ計画、宇宙開発、エコシステムの復旧、新技術開発などを行うことになる。実際の仕事は民間企業が入札を行う。先週に言ったように、アジア人との合意はそのような機関の最初の長は西洋人で、次にそれを率いる人間はアジア人であるということである。その後仕事は最も有能な人に行くであろう。その機関の秘密の管理は西と東で50/50に分割される。白龍会は非常に難解な情報源からのメッセージも伝達する「福島のような挑発にもかかわらず、実際に青かった青い月、ロシアを襲った大きな隕石、バチカンとメッカを攻撃した稲妻ボルト、ラパルマの地震群等の正確に計画された事件は穏やかな警告以上のものではなかった」2月10日には彗星、月食、雪の月の全てが起こる。-------------------------------------------------------先週は明らかに白龍会の原稿を載せただけで心が無かった。白龍会は何時も同じことの繰り返しです。最後の文章は意味不明ですが、どんな意味があるのでしょうか?一路一帯も貸し倒れが出そうだし、AIIBもその後どうなったのですか?BRICSは声が聞こえません。それでも中国賛歌です、白龍会の原稿部分です。所詮、経済侵略なのでうまく行かないと思う、口では世界平和だとか将来計画機関だとか言っているが見え透いている。雑魚の逮捕は進んでいるようですが、大物の逮捕を象徴としてもやって欲しい。世の中ががらっと変わると思う。それが2月10日なのでしょうか。期待しています。マケインの後はヒラリー、ブッシュの逮捕か・・・・ヒラリーの逮捕で中国の夢潰える。フルフォードさんともお別れかもしれないね。情報が欲しい、喧伝は要らない。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      58
      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/3)

      国家非常事態対策委員会(2/3)カルフォルニア州の独立の動き総裁・民主党の本拠地であるカルフォルニア州が独立したい。・反トランプの活発なところである。フルフォード・カルフォルニア州の独立に賛成しているのは1/3である。・アジア系が多い。民主党支持者が多い。・アメリカ軍は独立は認めない。・カルフォルニア州は水が無いので無理。・ロスチャイルドがニュ-ヨークとカルフォルニアを独立させると煽っている。・テキサスの独立運動も不発に終わる。・アメリカ軍が麻薬マフィアのためにメキシコに入るという噂もある。総裁・反トランプの原因は中東七カ国のビザは発給しない問題。フルフォード・ビザ発給停止国はアメリカが侵略した国ばかりだから、報復を恐れているだけ。・中近東からキリスト教難民を受け入れると言う噂もある。・基本的に賛成しないが、彼らの考え方でやっていることである。・大手マスコミを支配しているファミリとの対決であるが、フォックスもタイムワーナーもトランプよりになった。・ニュ-ヨークタイムスやワシントンポストもやがて降参するであろう。---------------------トランプのビザ停止問題もだいぶ理解が進んでいるようだ。あれだけ感情的になっていたフルフォードもあの人たちの考えでやっていること理解を示している。また、ロスチャイルド、ロスチャイルドと言うようになったね。中国とつるんでいるロスチャイルドです。マスコミもトランプよりになっているようです。それだけロスチャイルドの力が落ちていると言うことである。中国もね。大事なポイントです。切り売り「国家非常事態対策委員会」でした。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      39
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 中丸薫レポート(ここまでの振り返り)

      中丸レポートトランプ勝利の現実とこれまでの経緯を説明している。・トランプ大統領が誕生して、いち早くお会いしているが 安倍さんは今まではヒラリーを応援していたので・・・・・・TPPもハザールマフィアが所有する大企業が国家の上に立って搾取してゆこうと言うものである。・本当に日本の官僚や政治家は読んでいたのか。・なんで、あんなものを押し進めようとしたのか?・ハザールマフィアの言うなりで進めてきた。あたかも日本が中心になろうとしていた。・TPPもこれで終わり。・北方領土問題もプーチンとはうまく行かなかった。・ハザールマフィアの凋落によって安倍の力が落ちた。・プーチンさんは安倍さんに北方領土を成功させるつもりは無かった。プーチンは先を読んでいる。・そして解散総選挙になる。・そのとき、27年間ロックフェラーに滅多打ちにされても生き抜いてきた小沢さんしかいないと言うのが世界に広まっている。・ロックフェラーは完全に失脚している。・311もロックフェラーが日本を再占領しようと思ってやったことである。・世界の潮流が変わって行く。・プーチンは世界大戦を3回も止めた人です。ノーベル平和賞を取るでしょう。・トランプ、プーチン、ルペンが立ち上がって行くと、全く違う形態になって行く。日本の政治も変わって行く。・一人ひとりが自分の国は守って行く・やっとそういう時代がきた。頑張りましょう。(ここで終わりです、中丸さんのYUTUBUはよく混線している)------------------------------------------まさしく常識的見解です。一度ここで整理しておきましょう。さて、これからですね。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      61
      1
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 国会非常事態対策委員会 (2/2)

      国会非常事態対策委員会 細切れに売ってきた国家非常事態です。トランプ大統領の対中東安全保障と経済政策フルフォード・トランプの暗殺という話は、過去の大統領では一番多い。・このまま暴走させれば自滅すると反トランプ側が見ている。・暗殺するとすれば麻薬マフィアが一番動機があるだろう、南米系。総裁・暗殺したいのは軍産複合体とロスチャイル系だと思うが、トランプの方がしたたか。・CIAに対しても積極に抱き込みに入っていると思う。・政治家は拝金主義なので、金で動かせる。フルフォード・ジャクソン大統領の絵を執務室に飾った。・彼は中央銀行を廃止した大統領である。・同じことをしようとしたのがリンカーンとケネディ大統領である。そして暗殺された。・中国はロスチャイルドと組んでいるので、トランプが米連銀と喧嘩するとややっこしくなる。(ん?中央銀行を閉鎖を主張していたのでは?ロスチャイルドにはむかうと危ないと言っている)総裁・CIAを抑えたかどうかが問題である。フルフォード・CIAのパージされた麻薬の利権も要注意。------------------------フルフォード氏は相変わらず非常に反トランプ姿勢。総裁はその逆。プーチンはロスチャイルの傀儡と非難していたフルフォード氏は、中国はロスチャイルドと組んでいると堂々と言い始めた。白龍会がそう言っているからです。中国がロスチャイルの傀儡なのです。さて、どういう展開になるんでしょうか???その辺のところ、きっちり説明する必要があるのでは?フルフォードさんフルフォードさん、おかしくない??中国はヒラリーの敗北で相当困っているようです。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      51
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 国家非常事態対策委員会(2/1)

      国会非常事態対策委員会 トランプ大統領の対中東安全保障と経済政策フルフォード・中東に関してはトランプは非常に危険な道を歩いている。イスラエル一辺倒は危険であり、アメリカ軍は支持しない。・ISIS潰すといっているが、ISISはイスラエルが作ったことを知らない。・サウジアラビアは石油軍事基地のことを理解していない。 イスラエルと組んでいたことを知っているのか。・これから学習をすると思うが、イスラエルの言いなりになることは許されない。総裁・選挙中にトランプがISISを作ったのはオバマとヒラリーと言っていた。・トランプア最初にCIAに行った。・トランプはすべてを知っていると思う。・それでもネタニヤフを支持すると言っている。・ISは必ず潰れると思う。フルフォード・トランプがCIAに行ったときはマティス国防長官、ケリー安全保障長官とダンフォードと三人と行った。アメリカ政府軍がCIAに宣誓布告した。これはCIAの麻薬部門に対して宣戦布告に行った。・トランプは暴走はできない。ペンタゴンはネタニヤフを嫌っている。・ロシアのユダヤマフィアがトランプの裏にいる。・そのうちはっきりする。・イスラエルは中近東の自治区になるだけなのだ。--------------------------------フルフォードは徹底的に反トランプだね。中国の代弁をしている。中国はヒラリーに属していたからである。さてさて、どちらが正しいのか。そしてどうなるのか。中国がやけにおとなしいですね~、何しているのでしょうか。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      39
      テーマ:
  • 02 Feb
    • トランプ大統領令

      トランプ新大統領は、誰もが予想だにしなかったスピードで大統領令を発しています。公約を一つずつ成し遂げています。必ず全て行うのではないでしょうか。どこぞやの政治家は見習うべし。規制緩和については、「一つ作ったら二つ減らせ」という大統領令です。拍手喝采。難民と言う名のテロリストの国内流入を非常に恐れていることが分かります。国民を守るための難民阻止だと、アメリカ国民もそのうち分かるでしょう。それに、国民の仕事を確保するのが政治家の義務なら、今のアメリカには他国の国民の面倒まで見れないというのはあたり前です。公約名称発令狙い摘要1メキシコ-米国間グレートウォール建設1/25難民と言うテロリスト入国阻止国民賛成49%:41%反対2不法移民取締まり強化1/25取締担当官1万人採用3サンクチュアリシティ(聖域都市)撤廃1/25サンフランシスコ市政権提訴4入国審査厳格化1/27イスラムテロリスト入国を防ぐ5生体認証ビザ追跡システム導入未6テロ対象の国から移民禁止未7モスクの監視未8シリア難民救済プログラム撤廃1/27難民入国阻止9オバマ大統領令キャンセル未10ヒラリーメール漏洩問題継続調査未11オバマケア廃止1/2012フプランド・ペアレントフッド資金停止ロー対ウエイド事件判決変更未13環境保護庁および教育省の役割削減未14新たな教育プログラム導入未15国内インフラの改善未16国家による業界規制の撤廃1/30規制を一つ作れば二つ撤廃17NAFTAへの姿勢を再定義未18NAFTAによる関税緩和未19TPPからの脱退1/23永久に脱退20中国への45%の関税導入未212,500万人の新規雇用創出未22安定した経済成長未23大幅な減税未24家族関連法制度整備未25銃規制緩和および撤廃未26銃購入のための権利未27治安維持強化未28サイバーセキュリティ強化未29退役軍人省改革未30アメリカ軍再構築1/27危機への即応性31石油掘削量増大1/2432OPECからの独立未33イラクの石油備蓄接収未34拷問の認可未35イスラム教委員会設置未36ISISの殲滅1/2837ロシアとの協力(特にISIS関連)未38ISIS活動地域でのインターネットシャットダウン1/2839アフガニスタンでの米軍維持未励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      50
      1
      テーマ:
  • 31 Jan
    • フルフォードレポート英語版(1/30)

      酉年が始まり戦争が地平線にぼんやり見えて、少年は男の子になるだろう。テストロン満杯の酉年が始まり、男の子は誰が最大かつ最悪かを示す準備ができて、戦争のドラムが鳴り響いている。最大の警告は中国から来て、それは米ドナルド・トランプ大統領の男性的なたくましさで一杯の政権によって、少なくとも言葉の上では赤線の多くが横切られた。中国の新年の休日が終わる2月5日以降に花火が始めるかもしれないと、中国諜報期間と秘密結社の情報源は言う。中国が警告したように、彼らが動き出すならばあなたが想像する以上の予期せぬ悪いことになるだろう。一方、トランプ政権はもし中国が軍事行動を起こした場合に起こることを十分に評価するには、中東の地図を書き直し、あまりにも西側における目下の権力闘争に対処することに奪われている。中国ができることに戻る前に、ロシアと合同で行っているトランプ政権によって作られている新しい中東を見てみましょう。我々が見るものは、3つの影響力の領域に分割されているものです。一つはシリアとイラクを貫通する影響力を持つ拡張された領域を持つトルコです。もう一つはイラク、シリア中央部とレバノンに拡張しているイラン帝国である。3つ目はエジプト、湾岸諸国、イラクのスンニ派、ヨルダンとイスラエルを含むアラブ圏である。軍事的にはロシアとアメリカはユーフラテスの東側をロシアに、西側をアメリカに分けた。下の地図はシリアにおける影響力の新地図を示している。多くの経験豊かなオブザーバーが指摘しているように、トランプはISISの主要スポンサーであるイスラエルに完全な支持を約束する一方で、一月以内にISISを破壊すると約束した。実際に起こっていることは、イスラエルが原理主義シオニスト熱狂者と事を起こすであろう一方で、サウジ君主制は原理主義者のワハビ聖職者(彼らは秘密裏に嫌っている)を雇いそうであり、これは同じISISのコインの裏表である。湾岸諸国にとって、これを行うことの報酬は生き残りであり、彼らのガスがイスラエルとトルコ経由で欧州への輸出の新しいパイプラインルートである。トランプ政権にとって、中東を固定することは簡単な仕事である。トランプは、ホワイトハウスにロスチャイルド(連銀)の天敵アンドリュー・ジャクソンの肖像画を掲げることで、連邦準備制度理事会と対処することで賢明な役割を果たすことを表明したと、国防叢書情報源は述べた。これは米軍事政権が連邦準備制度理事会本部に進軍して中央銀行家を逮捕したり、ロスチャイル家のメンバーを殺したとしても解決できることではない。それはむしろ中国との取引を含むことになる。ロスチャイルドに近い情報源が述べたことがここにある。「ロスチャイルドは中国に埋め込まれて、長年にわたり経過している。彼らの金と流動資産の全ては、中国にあります…起こるすべては、よくよく考えられて、前もって長く計画されます。」中国諜報機関と秘密社会の情報源は先週、白龍会の代表に、もし中国が軍事的動員を決定すれば南シナ海での海戦を求めることで米国の強さを発揮させないと話した。むしろ彼らは北朝鮮、タイ、マレーシア、インドネシとインドを一気に陥落させるて乗っ取ることになる。ベトナムは厳しい難問なので、そこは避けるだろうと彼らは言う。インドネシアのCIA情報源は、ジョコ・ウィドド政府がビザの制限を取り除いてから数百万人の中国人が最近インドネシアに入国したことを確認している。インドネシア人はまた、CIAによるスカルノ大統領の殺人事件と新金融システムを始めるというスカルノ/ケネディ計画の排除について依然として怒っている。その理由でインドネシアは新アジア中心の世界金融システムを強力に支持している。彼らは、ホルムズ海峡とマラッカ海峡を閉鎖し、彼らの石油のほとんどを遮断する動きに対して報復をすることは十分気付いていると中国は言う。しかし、中国は石油ガスのパイプラインを体系的に建設すし、中東からのタンカーによる石油の輸入の依存度を減らすことでそのような不測の事態に備えている。いずれにしても中国のエネルギー需要の80%は石炭を使っており、その現状では、そのような動きで彼らの石油輸入の1/4が削減されるだけである。さらに、彼らはロシアはシベリアで1,000万人しか人口がいないので、核兵器廃絶によって中国からこの広大な領土を守ることはできないことを知っている。長年、西側権力で虐待されてきたロシアはまた、キリスト教同盟に対する西側の突然のロマンティックな訴えに警戒している。あるロシア連邦保安庁の情報源はアメリカの親しみやすさに応えて白龍会のメンバーに「BRICSに何が起こったのか?」と尋ねた。彼らは世界はもはや競合のブロックに分かれるのではなく、むしろ誰もが友人になることだと言われた。結論は中国が上述の軍事作戦をするならば、ロシアは中立に留まると中国人は確信している。ロシアとセルビア同盟者達は、コソボ侵入によるユーゴスラビア破壊の復讐を行うつもりであると、グノーシス・イルミナティ情報源は言う。これはユーゴスラビアで最初に破壊された理由であるコソボの豊富な鉱物資源の支配権をスラブ民族が手にすることになると、彼らは言う。ロシアはまた、東ウクライナでもやりたい正義を持っている。言い換えれば、ロシアは東欧のお礼参りをする中国の動きによる気晴らしを利用するかもしれない。それにもかかわらず、中国は現実的であり、前述したシナリオよりもウィン-ウィンの解決の方が絶対的に望ましいことを知っている。その理由で、彼らは貧困を終わらせ環境破壊を止める大規模東西キャンペーンを調和させる新実力主義スタッフによる将来計画機関の白龍会計画を支持する。そのようなキャンペーンがアラスカとユーラシア、日本とユーラシアそしてアフリカとユーラシアを繋ぐトンネル見ることになる。大きな計画には砂漠を緑地への転換や海を魚で満たすことを含む。アジア人はまた、彼らは後継者がアジア人であれば西洋人をその機関のトップに迎え入れるつもりである。その後、仕事は民族や文化に関わらず最高の人へ行くでしょう。例え、米国が中国との戦争を避けたとしても、トランプ政権は米ドルが米国によって支配されていないのでFRBを引き継ぐことはできない。カナダとほとんどの欧州を含む100カ国以上がすでに中国主導のAIIBを支持して、新炭素割り当て国際金融投票体制に署名している。米国がこれを覆そうとすれば、彼らは孤立し、直ぐに世界中に800基地を展開する米軍の賃金を支払うことはできなくなる。代替案はこのニュースレターが長く推奨していることで、トランプが米政府が支配している財務相ドルを発行することである。これらのドルは米国のインフラ、教育、国内軍事行動、研究開発等に支払いたい金額を発行することができる。国際的にはそれは国際ドルの約半分の価値にする必要がある。これは米国産業が一夜のうちに競争力を持ち、巨大な投資、観光、輸出ブームになるだろう。これに反して中国の輸入は一晩で二倍の価格になるだろう。そのような場合、アジア人は新将来計画機関は世界中の惑星に友好的な米軍の活動に資金提供を続けることで合意している。トランプにとって唯一の代替案は関税を上げることだが、第二次世界大戦後のアルゼンチンの例のように、これは孤立した米国が第三世界の立場にゆっくりと縮退することにつながる。いずれにしても、これらはトランプ政権が西側の権力闘争の後に関与することになる全ての問題である。その前線では国防総省情報源は多くの報告すべき展開を持っている。トランプの1月27日の国防総省への訪問の後、軍隊はブッシュ麻薬カルテル、ISISを止め、作戦を転換させるテ目にアマゾンのブラジルのミサイル基地に接近する可能性がある。さらに、情報源は「サンディエゴの徒党基地は1月24日に爆破された」と報告している。さらに別の展開としては、トランプのラングレー(CIA本部)訪問後のジョセフダンフォードのブラッセル、CIAと欧州の訪問はソロスとそのNGOを標的にしていると、国防総省情報源は言う。ソロス個人はおそらく死んでいるが、ソロス・ロスチャイルド前線組織は今同様に解体されようとしているように思われる。国防総省情報源が報告しなければならない他のこととしては、(麻薬売人ジャオギン)エル・チャポ(ガズマン)はぺらぺら喋っているので、トランプはモサドボスのシカゴ市長ラーム・エマニュエルを取り除く一方で、CIAにつながる麻薬配布にメキシコカルテルの中心のシカゴを引き継ぐために当局者を派遣するかもしれない。これらの全ての男の動きにとって、穏やかな女性の声が何を言おうとしているのか想像するには良い時である。12人の米大統領と会ってきたエリザベス女王が今の出来事について何を言おうとしているのかは推測できないが、戦争ではなく愛を作る線に沿ったことになると確信している。http://twistedsifter.com/2013/01/pictures-of-queen-elizabeth-with-us-presidents/最後に、南極への訪問は今のところ延期されました。---------------------------------------------------少年や男の子と言ってトランプをからかっています。中国は相当頭に来ているようです。前から時々、フルフォード氏が書いていないと感じることが多くなったのですが、今回のレターもそう感じます。おそらく白龍会からの原稿をそのまま載せているのではないでしょうか。白龍会の広告塔ですから。ロシアとアメリカの急接近にも神経を苛立たせているようで、ロシア対しても脅しを掛けています。アメリカに対しても南沙諸島での戦いに言及している。ロシアに対してもシベリア侵攻を匂わせている。BRICSはもうどうでもよい、もっと世界平和をと弁明しているが、いざとなると100カ国以上のAIIBがバックにいると強がっている。相当参っている様子。中国にはロスチャイルドがいるということを公言しだしました。それをバックに世界制覇を夢見ていたようですが、ヒラリーの敗北でロスチャイルドの敗退が目に見えてきた。中国の焦りが非常によく出ているレターでした。最後はエリザベス女王に救いを求めて終わりました。大丈夫かね、中国。「プーチンはロスチャイルドの傀儡」と言ったのは「習金平は・・・」のごまかしでした。そのお先棒を担いだフルフォードさん、今後どうするの?励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      53
      2
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 国家非常事態対策委員会(1/29)

      国家非常事態対策委員会(1/29)トランプの対ロシア経済戦略朝堂院・今の米露の経済協力関係は落ちるところまで落ちている。・これ以上落ちることはない。・プーチン大統領があらゆるテクニックを使ってトランプを勝たせた。・国内的にはCIAがヒラリー、FBIがトランプを推してトランプが勝った。・FBI長官は継続、CIA長官は交代。・裏の連携プレーができるようになったので、米露の共同作戦によって解決するようになる。特に中近東。フルフォード・ロシアがベラルーシと東ウクライナ(ロシア民族がロシアの国の一部になることが水面下で合意している。・クリミアがポーランドとドイツと連携・ロシアと喧嘩するメルケルが退陣。・ロシアを入れた欧州同盟が誕生する。・中近東ではアメリカ軍と軍産複合体とロシアがテリトリーも決まったので、次第に中近東も平和になる。・ロシア正教会とローマ法王の同盟ができたことが効いている。・キリスト教同盟が組まれた。・違う話ですが、国連本部がアジアに引っ越す。・水面下で米露同盟が組まれている。・対立からみんな仲良く。・GDP的には大国ではないが・ロシアは軍事技術はアメリカを超えている。資源も多い。・ロシアは半欧反アジアでもあるので機軸的役割を果たす。---------------------------------よくわからない内容でした。数ばかり増やさないで内容濃くお願いします。朝堂院はあせっている?まぁ、これからはロシアが中心と言うためだけの放送でした。中国が出てこないね。

      33
      テーマ:
AD

カレンダー

ランキング

総合ランキング
1971 位
総合月間
2059 位
気まぐれブログ
22 位
日々のできごと
66 位

ランキングトップへ

ブックマーク

人気ブログランキングへ
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。