• 21 Jan
    • トランプ大統領就任-新しい時代の幕開け

      トランプ大統領就任-新しい時代の幕開け朝日も素直な記事を書くようになった。自前の記事のようです。議事堂前の「ナショナル・モール」に集まった支持者から時折「USA」コールも起きる中、トランプ氏は就任式で宣誓。その後の演説で「ワシントンから権力をあなた方、国民に戻す」と強調した。「ワシントンは繁栄したが、人々は共有していない。仕事はなくなり、工場は減った」と述べ、既得権層を打ち崩し、中間層を底上げする姿勢を示した。 大統領選勝利の原動力となった白人労働者層を意識してか、「2017年1月20日は、国民が再びこの国の統治者となった日として記憶されるだろう。我が国の忘れられた男性や女性が忘れられることはない」と訴えた。さらに「我々の素晴らしい国に、新たな道路、橋、空港、鉄道を作る」とも話し、雇用確保や社会資本整備を政権の最優先課題とする方針を示した。 また、「この日から、America First(米国第一主義)になる」と米国益を最優先する考えを強調。「貿易、税制、移民、外交のすべての意思決定は、米国の労働者の恩恵になるようにする」として、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱や北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を念頭に、保護主義的な貿易政策を打ち出す姿勢を示した。不法移民の排斥やイスラム教徒の入国禁止などを選挙戦で訴えたことから広がった米社会の分断を修復するため、「米国は一つになった時、止められない」と国民の団結を呼びかけた。 また、新政権は発足当初から、犯罪歴のある不法移民の措置や、メキシコとの国境での壁建設、国内のテロ対策など重点課題に着手する方針だ。トランプ氏は演説の最後、「我々は共に、アメリカを偉大にする」と選挙中のスローガンで締めくくった。一方、マスコミにも変化が偽ニュースが伝染する欧州 政府・新聞社、デマ対策本腰ネット上にデマが飛び交った昨年の米大統領選。今年大きな選挙を控える欧州でも、「偽ニュース」の拡散を警戒する声が強まっている。各国で、新聞社や政府、ネット企業などが次々に対策を打ち出し始めた。仏ルモンド紙は2月にも、ブラウザーに導入すれば閲覧中のサイトの信頼性がわかるツールを発表する。偽ニュースのサイトは赤、ジャーナリズムの手続きに従っていると思われるものは緑、事実を題材にしたパロディーサイトは青など、信頼性の度合いが色で示される仕組みだ。 「あまりに(偽ニュースの)量が増えすぎた。記事で対応するだけではだめだと思った」。ネット上の情報や画像の真偽を検証する部門の責任者で記者のサミュエル・ロランさんは、ツールの開発を始めた理由をそう話す。「ルモンドのためというより、公共的なサービスとしてやっている。爆発的に増える偽情報と戦うための材料を提供する役割がジャーナリストにはある」(自分達が偽情報を作ったという反省はまだない)CIAのトランプ暗殺計画があったようですが、ペンタゴンが押さえつけたようです。今のところは、スターバックスやバンカメの店が襲撃された程度のようです。(襲撃先を間違えたのでは)---------------------------------今回のトランプ就任は、あきらかにクーデターであることトランプの宣言によって明らかです。国の為政者が自国の国民のために政治を行うのは当然です。その後余裕があれば他国、世界のために働いていただいて結構だ。アメリカに向かず、「日本の国民のことを考える」。トランプの演説はいちいち当然である。これはアメリカ国民に受け入れられたと思う。しかし、日米のマスコミは相変わらずです。アメリカはまだデマがトランプが当選させたと言った程度でまだまだだね。日本のマスゴミはどうするのかね。また発行部数100万部減ったそうです。もっともまだ過大で、実数まで今後も減り続けるでしょう。広告主が怒っているらしい、裏では賠償問題になっている。トヨタも相当怒っているらしい。新聞テレビを見ないで下さい。日本のためです。電通の吊るし上げから(これは明らかに背後で誰かが仕掛けている)、やがて廃除につながるでしょう。そしてマスゴミの大清掃につながると思う。日本国のためです。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      72
      3
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 国家非常事態対策委員会(1/16)

      国家非常事態対策委員会(1/16)共和党のレックス・テラーソン、ジョセフ・セッションズの公聴会について総裁・レックス・テラーソンはロシアよりなので共和党は否決されるのではないかと言われていた。・堂々と貫録勝ちであった。実力の差であった。・ジョセフ・セッションは差別主義者であるが、質問者以上の男であった。フルフォード・公聴会は茶番劇である。・アメリカは水面下では能力主義に変わろうとしている。・能力主義の下決まった人事なので、議会ではひっくり返らない。・アメリカが世界をリードする力はなくなった。・日本は立ち上がらないと中国の一人勝ちになる。・日本も立ち上がらないと。・アジアの一人勝ちにならないようにキリスト教同盟を作ろうとしている。・世界は一つに思想を浸透させる必要がある。ジョージソロスは本当に死んだのか?フルフォード・アメリカ軍からソロスを殺したという情報が入った。・本人が出てきていない。・麻生総理と会ったというけれど、一緒の写真はないでしょ。・ソロスはハンガリー出身のユダヤ人ですが、ハンガリーはソロス関係の団体を追い出すと発表している。・ロスチャイルドの高級下僕だったけれどパージされたので、他の下僕がびくびくしている。・くだらないやつだ、麻生は同じ下僕としてビクビクしている。・慰安婦騒動は日韓を険悪にする第三者の企みに乗らないで下さい。・世界各地に慰安婦はいる。70年前の売春より今のひどい売春に目を付けよ。総裁・慰安婦問題はバイデン副大統領が仕掛けている(根拠は言わない)・日韓スワップ問題に絡み、そんなに金があるなら日本から巻き上げようとしているらしい。-------------------------------------------------ほんと、細切れになった国家非常事態対策委員会これで本数を稼ごうと言うことか確かに麻生-ソロス会談の記事はあやしい。誠にくだらないことを言っている。写真があるわけでもない。そう考えると理解ができた。下僕達はビクビク、安倍もそろそろ降りるんじゃないか。期待しています。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      38
      1
      テーマ:
  • 19 Jan
    • アトランティスと南極

      アトランティスの失われた文明:南極の氷の下に埋められているhttps://deusnexus.wordpress.com/2017/01/11/atlantis-beneath-antarctica/ワシントンDCのカーネギー研究所のW.Dウリー博士の年代測定法を使って、科学者達は微分散鉱床の源である南極の河川は約6,000年前はオロンティウス・フィネウスの地図に描かれているように流れていたことを発見した。約紀元前4,000年前、氷河の堆積物が蓄積し始めた。出典:古代の法典失われたアトランティスの文明が南極の氷の下に埋まっている可能性はありますか?南極大陸とアトランティスは同じフレーズで使われる二つの単語です。多くの人がアトランティスが実際地球上に存在し、そして南極がアトランティスを探すべき適当な場所かもしれない。しかし、プラトンが失われた都市大陸アトランティスについて書いた最初の人ですが、アメリカ先住民の伝説はプラントンが遠い過去において支えた物を思い起こさせ、アトランティスが存在できたと言う疑惑を補強している。アメリカ先住民の伝説は非常に遠く離れて互いに隔離された異なる文化から来ている。しかし、彼らの全ては遠い過去に存在して崩壊した文明のについて同じ話をしている。中央アメリアカではこの古代文化はアズトランに在った。伝説によると、アズトランは南の白い島の上にあり、自然壊滅的な出来事として何の警告もなしに消え去った。多くの研究者はアズトランは白い場所を意味すると主張している。これが、アトランティスと南極が結び付けられる理由であり、アズトランは、南に位置する神話の場所、神話のアトランティスであったかもしれない。16世紀のボトゥリーニ写本においてアズトランからの出発の描写壊滅的出来事の後、アトランティスの生存者達は彼らの文明が他の文明と合併して、そして消滅した別の大陸に逃げたと言われている。懐疑主義者達は南極は文明が繁栄できない全くもてなしの悪い凍った環境だったので南極大陸とアトランティスを結びつけることは積極的にはしていない。しかし、遠い昔には南極のほとんどは歓迎されていた。その証拠は氷がない南極大陸を表す謎の古代の地図である。最も有名な作図チャートは疑いなく、古代オスマントルコの海軍に勤務していた司令官によって描かれた有名なピリ・レイの地図である。ビリ・レイ地図興味深いことに、ピリ・レイズ地図は現在は覆われている氷層を取り除いた南極の海岸線を正確にトレースした多くの古地図に基づいている。これは、南極大陸を調査する技術と能力を持った誰かが大陸が凍る前の数千年前に為したに違いない。しかし、どのようにして南に位置する大陸が氷から解放されるのでしょうか?まぁ、それは南極が今日ある場所に必ずしもあったわけではないことが判明している。事実、遠い昔には南極大陸は南極点にはなく、その代わりに我が惑星の南極点と赤道の間にあった。このことは、南極はもっと北に位置して、熱帯性或いは温暖性気候を経験していた、それは森林に覆われ、各種の古代生命が生息していたことを意味している。このことの意味することは何か?まぁ、遠い昔の我が惑星上の生き物について我々は全く知らないので、今は氷の大陸に住んでアフリカ、欧州やアジアで人々が行ったように社会を発展させているかもしれない。しかし、その可能性はどの程度でしょうか?地殻変動と呼ばれる科学理論による。主流の学者や地殻変動理論によれば、我々の惑星の近くは溶けた内部層に浮いているいくつかの地殻プレートに分割されており、時が経つと、これらのプレートはゆっくり互いにぶつかり合う。しかし、大陸ドリフト理論を拡張する地殻変動理論は、約4万年ごとに、われわれの惑星の全体の地殻を一つの単位として移動する。各移動の後は、大陸全体を含む我が惑星の全ての土塊は惑星上の新しい位置に再配置される。多くの研究者はこれが紀元前10,000年頃起こったと考えており、そして南極大陸を赤道近くの位置から今の位置、南極点に移動させた。南極は、肝を潰すようなかって間違いなく森に覆われていたと言う考えを終に発見した。「我々は南極大陸が常に極寒の荒野であったことは当然だと思いますが、万年雪は地層歴史的には比較的最近に表れるだけでした」とリーズ大学のジェーン・フランシスは言っている。今日、南極は1km以上の厚みの氷によてほぼ98%構成されている。遠い昔に古代人が植性や森林に覆われていたときに南極大陸に住んでいたとすれば、彼らの遺産は全て厚い氷の層の下に埋もれていることを想像して下さい。今日は住んでいないにもかかわらず、遠い昔は古代文明は発展するのに最適な場所であったかもしれない。興味深いことに、Pravda.ruの報告によると、1949年に、アドミラル・バードの探検隊はロス塊の3箇所で穴を空けた。そこにはオロンティス・フィナウスが河床を記録していた。切り口では、細粒層が発見され、明らかに源は温暖な緯度にある河川(氷河はない)によって海へ運ばれた物である。サンプルは3つの異なる場所から採取された。 70 deg. 17′ S 178 deg. 15′ W 2,990 M deep, 69 deg. 12′ S 180 deg. S. at 3,130 M. deep, 68 deg. 26′ S 179 deg. 15’W at 3,292 M. deep.発見された細粒の堆積物は氷のない大陸の川によって運ばれた種類であった。また、1935年のバード探検の間にも、地質学者はウェーバー山の側面で、葉と茎の痕跡と化石木を豊富に発見した。1952年に、彼らはかって南部の大陸(アフリカ、南アメリカとオーストラリア)に共通していた Glossopteris と呼ばれる2種類の樹木を同定した。1947-1948年のバードの探検の間に、ロス海から採取された円筒型試料は現在から6000年天までの氷河の堆積物を示している。6,000から15,000年前の間は堆積物は細粒で、この地域には氷がなかったことを示している。それから、再び30,000から40,000年前の細粒の堆積物帯があり、氷がないことを示している。40,000年から133,500年前は、粗い二つの帯と、中粒の二つの帯がある。三つのサンプルを比較すると、二つのサンプルは温暖木の終了と最近の氷河期の始まりは6,000年前に始まり、3回目は1,000年後に始まったことが示されている。だから南極は近年は温暖な気候である。この点の全ては、紀元前4~12千年の間に、航海術、地図作成と天文学の高い知識による極めて進んだ文明があった。彼らの技術的進歩は彼らの後に現れた他の文化より先行していた。この失われた文明は、私達の文明より数万年、間違いなく先行していた。多くの人々はこの文明がアトランティスであった堅く信じており、彼らの存在の証拠は南極大陸を最近覆った厚い氷の層の下に発見されるでしょう。----------------------------地殻変動説、プレートテク二クスはご存知と思いますが、地殻変動説はご存知でしょうか?プレートテク二クスのように緩やかに移動するのではなく、極短い時間に大距離を陸地が移動する。表層部分がすべる感じです。過去を調査すると約4万年に一度起こるらしい。その結果、アトランティスが南極になったという説が多く見られる。アトランティスがどこにあったかですが、一般的には地中海の出口くらいに合ったといわれている。地球の1/4周くらいが動く程度(それでもとんでもないことですが)なので、そこでは南極まで届かない。幻の大陸はアトランティだけではなく、もっと大きいムー大陸とかレムリア大陸の方が南極に近い。そのあたりではないかと私は思っている。地殻変動は先住民族の間では長く伝えられている。ノアの箱舟もこの地殻変動の話ではなかったか。そろそろ南極の真相が公開されると思います。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      41
      1
      テーマ:
  • 17 Jan
    • フルフォードレポート英語版(1/16)

      トランプの大統領就任が近づくにつれて、世界戦争になるか政界政府となるかドナルド・トランプの大統領就任と西側革命が迫るにつれて、地政学的大役者達が最後の動きを見せている。西側軍産複合体は大きなタンクをポーランドに配置してその最後の大きな動きを起こした。これは外見上ロシアを対象としているが、本当は中国を対象としたロシアを含むキリスト教同盟による動きです。次期トランプ政権のの国務長官レックス・ティラーソンは南シナ海の中国基地を攻撃すると脅した。これらの挑発的発言の背景は中国が、国防総省で警鐘を鳴らしたインドネシア諸島の経済基盤整備の一環として1000万人を送り込んだことであると、アジアのCIA情報源は言う。国防総省は中国の動きとバランスを取るために南シナ海に新軍事基地を建設することを望んでいると、CIA情報源は言う。中国は、1979年の中国-ベトナム戦争において、ロシアが機甲部隊を中国へ送ったときに、鄧小平はそれを水素爆弾で破壊した事を白龍会経由で西側に思い起こさせることで応答した。この軍隊の残骸はグーグルアースで見ることができる。そして、中国と戦争を始めることは良い考えではないことを思い起こさせることになると、中国諜報官は言う。いずれにしても武力による威嚇は、トランプ大統領が始まると本格的に再開するこの惑星の運営を変える方法に関して重大な交渉に先立つポーズに過ぎない。その結果は、選択肢として核大虐殺は考えられないので、ある種の緩やかな民主主義的、能力主義の世界政府になりそうであると、交渉に関与している情報源は言う。間違いなく、トランプ政権は第二のアメリカ革命であり、国際的秘密の不正政府の活動に深く影響を与えることになる。ロシア諜報部員達は先週、白龍会に接触してきてトランプが前進を認めることの再確認を求めた。彼らはトランプはケネディとは違って米軍の支援を受けているので暗殺される指導者ではないと白龍会に言われた。ここに、この件について国防総省が言わなければならないことがある。「軍がCIAの暴動行為を読みきっているのでトランプを叩くCIAの計画は起こりそうもない。国家の内戦の敵にはジュネーブ条約はなく、軍事法廷が迅速かつ致命的である」しかし、彼の望むことは何でも行うことは許されないだろう、特にイスラエルに関してはと国防総省情報源は言う。「国連安全保障理事会はイスラエルへの制裁として1967年の国境を課す投票を1月17日に行うかもしれない」と彼らは言う。世界通貨の再設定のためには全ての紛争の和平と和解が必要なので、国際社会の意思に反するとイスラエル首相ベンニャミン・ネタニヤフとトランプは退場させられるかもしれないと、その情報源は付け加えた。ロシアRSB(ロシア連邦保安庁)情報源は、2013年にトランプがロシアを訪問したとき、彼はバラクとミッシェル・オバマが寝ていた同じホテルの部屋で寝るチャンスを与えられた。「モスクワの赤の広場の周りの全てのホテルの部屋では全てが盗撮され記録されている」とオバマが寝ているベッドの上でトランプが売春婦に排尿させていることを記録したビデオを確認したFSBの情報源は言う。「そのときは彼は大統領になるとは思ってもいなかったので気にしていなかった」と、ロシアでVIPの警備会社を運営して、その録画のコピーを持っていると主張している情報源は言っている。しかし、ロシア人は彼は違法な行為は何もしておらず、この事件に関して彼らによって決して恐喝を受けては射ないと指摘している。トランプはすでに、彼の最初の海外訪問はロシアの大統領ウラジミール・プーチンに会うためにロシアへ行くと発表している。いずれにしても、世界で起こっていることはドナルド・トランプについてではなく、歴史的革命の一側面である。この革命はEUを脱退する英国の投票で本格的に始まり、トランプの選挙で更なる進歩を遂げ、フランスの大統領候補ルペンが先週ニューヨークでトランプに会ったように、今度はフランスのEU脱退へ向かう。仮にトランプが殺されたとしても、止める事のできない西側の権力構造における根本的な変化があったので、革命は続くだろう。選ばれてもおらず、腐敗したハザールマフィア所有のEUは欧州最大の国ロシアを含む民主的な欧州連合に置き換わるだろうと、グノーシス・イルミナティは言っている。このグループは落ち着いたときには北アメリカと同盟してアジアと50:50の新しい関係を交渉することになると、彼らは言う。世界権力の変化は先週、スイスのダボスで行われた金権政治家の影響力低下でも見ることができる。今年出席した唯一の主要指導者は中国主席習金平であったが、これは良い動きではなかったかもしれないと、国防総省情報源は言う。習がダボスに出席したので、徒党工作員(ドイツ首相アンゲラ・メルケル)とビビ(ネタニヤフ)はトランプが排除される可能性えお持ち、かつクローンと置き換わられている習と会うことを避けるために出席を拒否したように、辞退したと、国防総省情報源は言う。NSAとグノーシス・イルミナティは共に、習はイブリン・ロスチャイルドに従属しており、本物の独立した中国の指導者ではないと主張している。ロスチャイルドは権力を失っているので、世界中の彼らの傀儡は置き換わりつつあると、その情報源は言う。これはすでに北朝鮮の金正雲によって起こっていると、アジアのCIA情報源は述べている。アジアの秘密組織は習は独立しており中国政府の同僚以外の誰にも従属していないと主張している。いずれにしても、清掃が必要な本当の混乱は中国ではなく、米国であり、重大な廃除が展開し続けている。米国権力構造において小児性愛と関連する脅迫ネットワークはいわゆるピザゲートスキャンダルで解体され続けている。また、人工的旱魃と企てられたカルフォルニアの農場の奪取は地域的に操作された嵐によって終了している。また、5都市に150人のFBI代理人を派遣し、ニュヨーク警察と連携させて、クリントン財団の資金洗浄といわゆるイスラムテロ組織への資金提供について調査していると、国防総省情報源は述べている。これに対して、クリントン家は彼らの前後援者であるブッシュ家族、サウジとドイツの同盟者についてカナリアのように喋っている。ISIS傭兵軍の背後にいるサウジ、イスラエルとCIAの派閥は、シリア攻撃によって戦争を挑発したり、中東の石油マネーのシェアを確保するために核脅威を使うことでトランプに対して脅している。これは、惑星全体が彼らの犯罪行為に嫌気をさしており、誰も彼らの喧伝にこれ以上騙されないのでうまく行かないでしょう。一方日本では、奴隷政府首相の安倍晋三はヘッドライトで凍った鹿のように現実に墜落するように行動している。不正に選出された自民党政府は依然として彼らのボスであるロスチャイルド代理人のマイケル・グリーンとブッシュ代理人のリチャード・アーミテージに権力に留まって彼らに保護するように望みを掛けている。彼らはまた日本はブッシュとクリントンによる中国との取引の一環で中国に支配されると思っていたと、アジアの秘密組織の情報源は言う。これは日本が安定した地域権力バランスを維持するために韓国とロシアと同盟することになるので起こらないと、日本の右翼情報源は言う。さらに、小泉純一郎の息子の小泉進次朗のような買収された手先は、小泉ジュニアが最近したように、彼らは日本の現在の人口を半減させることを諦めたということで日本の犯罪社会をがかかりさせた。欧州と米国の彼らのボスの清掃が完了すれば、日本でこれらの裏切り者の排除が起こることを見ることができる。大統領弾劾と韓国最大の企業である三星を支配する家族への贈収賄調査によってアジアの他のハザール奴隷国家の韓国において、排除は進んでいる。徳仁皇太子へのメッセージ:手遅れになる前に、そして日本の支配を金正雲に手渡す前にあなたの国を救いなさい。何をしていいのか分からずに助けが欲しいなら日本の白龍会代表に接触しなさい。時間は無くなっている。いずれにしても1月20日にトランプ大統領が就任すれば、世界の事件における現在の行き詰まりは成功へ切り開く。旧体制にしがみつく人々はそれと共に歴史のトイレに流されるでしょう。「これは明らかに崩壊しており、旧企業メディアの人々もこれを報道し始めている」とあるイルミナティの情報源は述べている。来るべき革命を受け入れ、地球を救いたい人は新黄金時代を始める仕事に手助けする機会に恵まれる。------------------------------------------トランプはロシアのオバマの寝室に何しに行ったのでしょうか?どうして行けたの?本質が見えません。中国は何度聞いてもその実体が見えない。何故でしょうか?皇太子へのメッセージの意味は?背景も教えていただかないと分かりません。日本としては、この国土にいる雑魚どもを一網打尽にして下さい。よろしくお願いします。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      59
      5
      テーマ:
  • 16 Jan
    • トランプさんも大変だ

      ラインス・プリーバスは倫理局長に警告する倫理局長はドナルド・トランプに大統領になる前に資産を完全に売却するよう求めた。ワシントン-次期ホワイトハウス首席補佐官ラインス・プリーバスは日曜日に、政府倫理事務局長にドナルド・トランプ大統領当選の批判を慎重にするよう警告した。政府倫理局長ウォルター・シャウブ氏は先週、トランプ次期大統領が彼のビジネス関係を無意味化すると強調した計画を批判した。これは局長が次期大統領に就任前に彼の資産を完全に売却することを要求した二度目である。政府倫理局長は非常に政治的になっているので注意すべきだと、プリーバスはABCニュースの「今週」で述べた。共和党全国委員会の元議長はシャウブが大統領選でヒラリークリントンを支持したことを示唆している。「だから、政府倫理局におけるこの人間はなんであるのか、これらの意見を述べるのはどんな立場なのかは分からない」と彼は言った。意見を述べるというシャウブの驚異的な決心は、共和党の怒りを招きました。下院監視と政府改革委員会議長の共和党ジェイソン・チャフェッツ議員(共和党ユタ州)木曜にはシャウブ氏に対して「社会的関係と公式倫理規定の間の線引きを曖昧にしている」と手紙で非難した。別個に日曜日に「今週」に出演注にシャフェッツ氏はシャウブの声明に「調査したこともなく、決して実際に合理的な結論に達することはない」と主張した。下院監視委員会の議長として、トランプの世界中の利益関係を調べるつもりかと聞かれて、シャフェッツは現時点でそれを行う計画はないと述べた。「私は釣りの探検に行くつもりはない」と彼は述べた。「私はオバマ大統領とはそれをしなかった」我々はオバマ大統領とこれを通らなかった。私は、世界と間違いなくアメリカの有権者はドナルド・トランプが大所有者であることを理解している。彼はビジネスで大成功をした。だから、私はアメリカ有権者が彼に投票した時、それを理解していたと思っている。また-----------------------------------大統領就任式までにあと4日間。こんな程度の嫌がらせだけなのでしょうか。もっとすごいことが起こるのでしょうか。そんな力はないし、やる気もないと思う。もう逃げることで一杯です。しつこいんですね~、アメリカ人と言うかハザール人。まだまだ続くのでしょうか?逮捕、殲滅させるしか手はない気がします。日本の手先も一網打尽によろしくお願いします。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      50
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 南極で何が起こっている?

      ウエブボット:エリートが隠せなくなった秘密の降参の準備をしている南極友よ、少し時間を下さい、ウエブボット作成者のクリフ・ハイは最新のwujo(クリフ・ハイwujo2017年1月号)で、クリフ・ハイがポールシフトと信じているものを含み、地球は大きな変化をしていると述べている。クリフは南極で起こっていることは、氷が片方で崩れ落ち、他方で成長していると言っており、「これは極が時間の経過と共に氷の質量を実際に移動させる方法である」これは楽しいことです。クリフによれば、南極大陸の氷の崩壊に伴って、権力者は隠れたままにしておきたい全てのものを明らかにするだろう。そして彼らはそれに対処しなければならないだろう。それは、隠そうとする試しにとっては大きすぎる大規模すぎるのです。だから、今のポイントはどうするかになっている。そして、ここが本当に楽しいところです。古代文明、大規模ピラミッドや墜落したUFOが明らかになったとき、それらをどう処理するのか?ジョセフ・P・ファレルは最近、世界権力構造は突然、南極大陸に非常に興味を示しているようですと書いた。南極、ジョン・ケリー、ピラミッド、陰謀論。下の凍ったツンドラへの執着が一体なんであるかは知らないが、多くのインターネット探偵はいくつかの興味深い結論に至っている。ほんの少しの例を挙げれば、極寒の先進文明、地球内部への入り口、隠されたUFO基地。よりよいものの一つに共有する、クリフ・ハイが予測したものを写すものを共有するために、南極大陸の氷が崩壊して行くに連れて、権力者が隠されたままになると思っていたあるゆる種類のものが明らかになるであろう。そして、彼らはそれに対処しなければならない。親愛なる読者のみなさんい、以下の座標をグーグル・アースに入力してください。(すでに受け付けません)66°36’12.69″S, 99°43’12.44″Eあなたが見ているものは、どの既知の教科書では記述も、重要視も説明もされておらず、また公開されている地図上にも詳述されていない。それは山の中の高い出入り口のようである。誰が作ったのか?どのような素材で作られたのか?その目的は何か?どこにつながっているのか?次の座標を入れてみてください。74°38’18.53″ S 164°31’48.53″ E、そしてクリフ・ハイの言葉を思い出してください。*見れなくなっているので、内容から言って下記のようなものであると思う。それは、権力者が隠れているままにして欲しいありとあらゆるものを現しそうである。私は南極で何が起こっているかは分かりませが、我々が人類の歴史上で最も興味深い時代に生きていることが益々明らかになる。だからチューニングしてください、そしてこれを楽しんでください、BOMBSHELL DISCOVERY:大型円盤は南極で埋葬された。訳しておりません。雪解けにより隠された?円盤が現れ始めている。グーグル・アースも修正したあとがある。(隠している?)--------------------------------南極については、色々な憶測が飛び交って、どれが本当か分からない状態です。宇宙連合からオカルト風に至るまで、色々な案が出ている。あれだけ世界の主要政治家が南極に行くことを隠さないのだから、やがて重大発表があるのでしょう。このブログが言うように楽しみましょう!励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      55
      1
      テーマ:
    • 国家非常事態対策委員会(1/14)

      国家非常事態対策委員会も、フルフォード外しを下が視聴者激減でフルフォード復活となったが細切れにして面白くない。二つ続けて一つ分にもなりませんが、、、、オバマ大統領の退任演説・オバマガやったことは8年間、先送りした。・アメリカの立場を弱くした男と思う。・ロスチャイルドの下僕で、脚本読み係であった。トランプの初記者会見・CNNの記者の質問に答えず。「CNNはFake Newsだ」・トランプがロシアへ行ったとき、寝室のビデオを撮られて、娼婦とおしっこプレイをしたとうその報道をした。・ロシアもそれを否定した。・最近のトランプ攻撃の筆頭は、ジェイコブ・ロスチャイルドの長女ツイッターはヒステリー状態・雇われ下僕は首になるので、皆ヒステリー状態・バックに、軍が付いていないのでもう無理だ。南極・2014年以降はグーグルアースでも見えなくなった。・南極は世界の枠組みの外にある。そこで秘密会議をやっている。・55年間生きてきたが・・・・55才・世界平和に動いて行くが、皆付いて行けない。(中国が嫌だとか・・・)・待ちぐたびれたが。----------------総裁の話はもとより字にしていなかった。参考にならないので。なかなか運営に苦労している様子。スタジオも成金趣味的なのは止めて、小さな部屋(これで十分ですが)募金を始めたり、CMやらせたりで、大変な様子(あまりご無理しないように)こんな内容でなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・フルフォードさんも非協力的だね(外されたんだものね)南極は気になるね~プーチンさんも出番とか。。。最近、情報も出てこない。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      39
      1
      テーマ:
  • 10 Jan
    • フルフォードレポート英語版(1/9)

      最後の徒党の地下基地が制圧されると新しい時代へのカウントダウンがはじまる最後のハザールマフィアの地下基地と拠点が陥落するのに伴い、地球をめぐる戦いは終わりに近づいていると、白龍会情報源は報告している。しかし、まだドナルド・トランプの1月20日の大統領就任が近づくにつれて、東と西の間で強力な最後の抜け目ない取引が行われていると、その交渉に関与している情報源は言う。我々の惑星と種は危機に瀕している。終了すべき大きな戦いは、この惑星の本当の力の源であるお金を作り配布するプロセスを当に支配する人に関することである。別な言い方をすれば、危機にあることは種として我々が将来何をするかを決めるプロセスである。トランプの大統領就任まで一週間あまりに迫っているが、彼の名前に関わらず、この高い掛け率の世界ポーカー試合において切り札を持っているのは彼だけではないことに注意する時期だ。第二次世界大戦後、米ドルは事実上の世界通貨になったとき、それは金塊と世界GDPの50%によって裏打ちされていた。今はいわゆる米ドルは何にも裏打ちされておらず(米国は金塊を持っていない)、そして米GDPはIMFの測定によれば購買力平価基準で世界GDPの15%である。さらに米国は第二次世界大戦の終了時には世界最大の債権国であったが、今はこの惑星の歴史上最悪の負債を持った国である。反対に、中国は世界GDPの17,9%を支配しており、金塊も十分持っており、世界最大の債権国である。中国主導のアジアインフラ投資銀行のメンバーは、100カ国を超えており、世界GDPの80%を占めているが、米国と奴隷国家日本は、最終的に反AIIB保有額として20%以下を占めるのみである。このことは、中国とその西側同盟国が世界金融システムの支配を獲得しようとすれば、彼らは成功することを意味している。しかし、米軍産複合体はその多くが秘密の宇宙高度技術計画に関連している多くのカードを持っている。米科学アカデミーによると米秘密政府は国家安全保障上の理由で秘密にされている6000件の特許の背後にある技術の多くを含むこれらのカードを切る準備をしていると、国防総省当局者は言う。これらの秘密のいくつかが明らかにされるとき、我々が答えを求めている本当の疑問は二つの別個の現実なのか?宇宙植民地に関することと地球の境界が一つに合体しようとしているのか?白龍会とその同盟者は、1970年代に有人宇宙探検が突然止められた理由のようなものについて答えを要求し受け取っている。それは、地球を離れようとする全ての有人探査機は表向き電離層によって破壊された多くの事故から明らかになっている。白龍会の代理人は諜報機関の情報源から、表の米国大統領を超える高レベルの許可によって、銀河系間戦争に敗北した後、非常に危険な実体がここの保護層を取り払ったので、この惑星は隔離されていると伝えられた。これらの実体は今は降伏しており、この過程でこの惑星上の人質の人々を解放していると、これらの情報源は言っている。これらの人々が言うことが真実であれば、近い将来、慈悲深い銀河勢力が南極大陸でワームホールを開き、地上の人類が宇宙全体と接触することを可能にしてくれる。今月、ロシアのウラジミールプーチンがそこを訪れる最新のお偉方になる予定である。https://themoscowtimes.com/articles/putin-to-visit-antarctica-21017第二次世界大戦以降初めて、米国が航空機運搬船をすべて港に閉じ込めている事実は何かが起こる予兆かもしれない。そうであれば、我々はまもなく南極からある大きな衝撃的声明を期待できる。待ちましょう。これは多くの我々に受け入れられるように思えるが、この惑星上で高度の難解な戦いが行われていることは間違いがない。たとえば、西側の指導者達が大量殺人に関与していたことが法廷や戦争裁判で支持されている多くの証拠がある。過去から離れることなく、20世紀に殺された何億の人々のことは置いて置いて、2000年以降の出来事を見てみましょう。そのとき以来、国際法を無視して、テロと大量殺人を使い自国民と他国を戦争に駆り立てる政権が米国にできた。最新のテロキャンペーンは2001年9月11日の偽旗テロ攻撃によって始まった。米指導者は中東に侵入して、数百万ではないかもしれないが数十万人を殺した。また大規模パンデミックを始めるために、HIV、SARS、エボラ、鳥インフルなどの生物化学兵器をばら撒いた。西側指導者達は、農民を食料に代わって燃料を育てるように買収して大規模飢餓を造り出すためにドル印刷システムを使った。また、ハイチ、インドネシア、日本などに対して核兵器による地震や津波を使った。これは大量殺人であり、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、ヒラリークリントン、デイビット・ロックフェラー等の人々に直接つながっている。世界の人口の90%を殺す運動に参加することと引き換えに、元日本の蔵相竹中平蔵の代理によって日本の蔵相の職の提供を私が受けたときに録音した私が持っているテープの全てのコピーを消去しようと企み、最近私の家に誰かが押し入った。竹中はこの計画の背後でロスチャイルドとロックフェラーのハザールマフィアのために仕事をしている。私はまだこのテープの多くのコピーを隠し持っているが、彼らがこの証拠を消そうとした事実は、これらの人々がいかに恐れているかを明瞭に示している。彼らの益々汚く必死の心理戦争戦術は、これらの人々がいかにパニックに陥っているかの兆候である。何の証拠もなしにロシアが米国の選挙を乗っ取ったと主張することでトランプ大統領就任を混乱させる先週の哀れな企てを見てみましょう。トランプの大統領就任を混乱させるこの絶望的パスは、事前投票の再集計のように完全に失敗したので、トランプ暗殺を含む何か別なことを彼らは行うかもしれない。フランス、ドイツと今はイスラエルの彼らの偽のトラック攻撃もまた望む結果を生まなかった。人々は大衆を操作するためのストリートシアターに免疫ができたので、彼らの声明の数分以内に偽旗攻撃が日常的に暴露される。それは、トランプの背後で軍とその機関ホワイトハットの勝利のお陰で、この政権が権力を失ったからである。白龍会自身は、南アフリカ風の真実と和解委員会を設置するだろう。トランプの大統領就任まで、いくつかの作業を進めている。大赦を拒否した徒党が終わったようにより深い地下軍事基地は破壊されたことは、国防総省情報源がその行為の状態を述べた通りである。ニュヨークの核兵器は解除され、バンクーバーの地下鉄は破壊されたと、その情報源は言う。1月15日のパリ会議もまた、ハザールマフィアの最後の拒否者であるイスラエルに二国間決議を課すために召集され、そこの政権に本当に平和を作ることを強制する制裁を使用することになると、その情報源は言う。世界はイスラエルの苦悩や人類に対する犯罪に苦しんでいると指摘している。取引の話に戻すと、西側軍産派はアジアの対して二つの挑戦をしている。一つはアジアと対等な立場に立つために、ロシア、欧州、アメリカとアフリカのキリスト教はとキリスト教同盟を模索している。もう一つは、彼らはハザールマフィアのような国際的犯罪グループが二度とこの惑星上で戦争、テロと苦しめをさせない能力主義、民主的で透明な新世界構築の創造を支援する。全体に、犯罪者の排除が終われば、西側軍産複合体は人類への奉仕に技術力、軍事力を提供するだろうと、国防総省とその機関情報源は言う。そして、2017年が始まり、新しい年が展開を始める。黄金時代にしましょう。-----------------------確かに1月20日をいかに越すかがポイントのようです。軍産複合体が秘密技術で人類を攻撃するというのでしょうか。公開するなら切り札にならないが、、高く売りつけるということ?銀河勢力が出てきましたが、大丈夫でしょうか????南極はなんなのでしょうか?個人的には非常に気になっている。とにかく良い方向へ行っているようです。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      73
      5
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 国家非常事態対策委員会(1/5)

      小和田恒の軟禁・天皇系の右翼からの情報・安倍内閣からも確認した。・他の皇族からも同様の情報を得た。・満州王族の血を引くという人の情報 明治天皇のお母様はハプスブルグ系のお姫様 ・最近の女系天皇の話が出てきたが・明治天皇の母親の件は、欧州の王族による日本皇室の乗っ取り計画であった。・日本は男系なのでできなかった。・世襲制の反対のグノーシスイルミナティは今も革命続行中だと言っている。・血筋系統のエージェントの軟禁逮捕劇が始まった。 フランスのサルコジも軟禁された ジョーソロスも殺された ネオコン、ラムズフェルド、チェイニー等が失脚している・トランプ政権は軍事政権。日本の血筋系も逮捕される。・安倍は1月20日を見守っている。何の行動を取れないのは情けない。・ワンワールドとファシストが進めたNWOとは全くの別物です。・アメリカ政府の中国への不満はアメリカの産業を中国へ移転された危機的状況・その結果トランプ政権が誕生した。・中国政府はアメリカより能力があると思っている。・だからと言って中国に全部任せるとは言っていない。・2017年の西側とアジアの新しい仕組みが作れるかどうかが問題。・総裁・小和田さんの軟禁問題は聞いていない人ばかり・ありえない事実だと思う。フルフォード・外務省は釈放に動いている。・三極委員会のロックフェラーが死んでスポンサーがいなくなった。 小和田、小林陽太郎は背後がいなくなった。・円、ドル、ユーロの紙幣を作って山分けするプロセスの取り合いが起こっている。 なんで、そんな奥の院の人がそんなことができるのか。 日本銀行を国有化すれば守れる。・200人の逮捕が起こる。安倍筆頭に。・麻生はフランス系フリーメーソンの代理人、日本の企業の金をご主人に搾取しようとしている。・日本はアメリカのように空洞化しなかったのは官僚が優秀であった。・人間社会の現実をよく見ないと始まらない。出生率の低下は危機的である。・南アフリカ真実和解委員会で真実を暴く必要がある。・312のネタニヤフの電話を公開しないと安倍も加担者として裁かれる・ロスチャイルドが金融危機を起こそうとしている。・日本は変わろうとしていない。(総裁)・欧米は変わった。・日本は首を切られて走り回っている鶏だ。指導者がいない。・指導者がしっかりすればよい国になる。・トランプ内閣は全部軍人だ。・アメリカ軍産複合体が動いた。------------------------------------フルフォードさん、熱いね~言うことも中国一辺倒から変わりつつある。今日のフルフォードさんはまともである。総裁は聞き苦しい。愚痴なのか外部者的批判では始まらない。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      66
      5
      テーマ:
  • 05 Jan
    • プーチン上昇、西側沈没

      上昇中のプーチンと沈み行く西側の間違った道を導く人々http://www.strategic-culture.org/pview/2016/12/30/buoyant-putin-and-sinking-western-mis-leaders.htmlフィニアン カニンガム2017年1月1日、「情報クリアリングハウス」-将来の歴史家は2016年をロシア大統領ウラジミール・プーチンにとって実りの年と記録するかもしれない。とにかく、現時点ではロシア指導者と彼の国の国際的地位にとって良い年であったと言えるだろう。信用しないことに最善を尽くしし、悪魔に見立てた西側メディアでさえ、いやいやながらもプーチンをそう認めざる得なかった。今週、ロンドン・ファイナンシャル・タイムスはロシアの指導者を上昇プーチンと表現した。一方先週、ワシントンポストは「モスクワは世界の注目を集めている。プーチンにとって、それは勝利である」ワシントンポストは、ブロックを去るために不確実な欧州連合と英国のブレジット、その目的が不確かなNATO軍事同盟、ドナルドトランプの米大統領当選と重要なシリアの年アレッポの奪還を含む昨年の主要な動きのいくつかをプーチンを支持するかどうか評価した。決定的にロシアの軍事力によって助けられたアレッポにおけるシリア軍の勝利はプーチンにとってこの上のない業績であった。2015年の末にプーチンがシリアへの介入を命令したとき、バラク・オバマ米大統領はその動きはロシアにとって泥沼に終わると予測した。一年後、シリアを破壊するジハード運動を巻き戻すようにプーチンの決定的な介入は潔白を証明された。アレッポの過激派の敗北を祝うシリア人は、当初の予測を覆しただけではなく、実際にはシリア人によって祝福されている解放は、戦争を圧政への民衆の反乱の類にゆがめていた西側政府とそのメディアを露出するのに役立っている。それ以上に、聖戦テロ傀儡を配した政権転覆のための外国支援犯罪共謀といえる。だから、シリアにおけるロシア支援の軍事行動はウラジミール・プーチンにとって明白な勝利事件であった。上述される他世界の範囲ではプーチンを支持するといわれるかもしれないが、これらの妨害をロシアの指導への嫌疑が掛かった陰謀とは考えないにしても、西側指導者による彼らの失敗を否定するケースが多い。プーチンが本当に上昇しているかもしれない。しかし、色々な政治的運が自らの道と不気味な政策により道を誤った西側指導者の沈没によるものであることは事実である。前述のワシントン・ポストの記事は以下の通り言っている「ロシアの指導者は勝っている。何故なら彼がののしった冷戦後の秩序は混乱に陥り、そしてそれを覆うように広くクレムリンの指紋が見られる」クレムリンに嫌疑が掛かった略奪行為を広く見ている人はワシントンポストによって特定はされていない。しかし、安全な仮定は新聞は特に米情報機関とCIAによって導かれているということであるが、その出版社のオーナジェフ・ベゾズにつながる数百万ドルはどこか別な場所でワイン・メディスンによって文書化されてきた。プーチンは、国際法の無視、外国の利権を強要するために軍事的暴力を解き放つためにその例外の思い上がりのアメリカ一極化と言う冷戦後の世界秩序に遺憾を呈していたのは本当である。プーチンはそのような政策が国際関係における混乱の元であると言っていた。もしあれば、国家建設と政権転覆作戦と言う米国の戦争から中東の紛争に襲われた混乱を調査することで彼が正しいことは証明されてきた。しかし、冷戦後の混乱がクレムリンの指紋を持っているとみなすのは不条理である。冷戦後の混乱の他の側面にも同じことが言える。ドナルドトランプのホワイトハウスへの選挙はアメリカの民主主義を妨害したロシアのコンピュータハッカーをプーチンが指揮した結果であるとワシントンポスト、ニューヨークタイムス、NBCと他の米巨大メディアによって主張されている。ロシアはそれらの主張をトランプ同様に馬鹿げている退けている。内部腐敗の実態を政治的社会的に対処するのではなく、アメリカの既製勢力はその原因をロシアの不正行為に転嫁した。しかし、実体はアメリカ国民の感情の多くはワシントンの既製勢力と民主党と共和党の主要な政党の間違った指導性に対する嫌悪感の一つである。その嫌悪感は腐敗した金で動く勢力の不可欠な部分と見られている主流メディアも含まれる。ロシアのサイバー攻撃によってトランプの選挙に責任をおこうとすることは、多くのアメリカ国民に対する侮辱である。それはまた、何十年に渡って経済外交政策が混乱している-自ら作り出す混乱、ことはワシントン既製勢力による否定の兆候である。6月のBrexit国民投票でもまた同じように、欧州連合を脱退したいという英国人の驚くべき結果が見られた。ロシアの介入の裏において、Brexitの結果を批判している英国の政治家はその結果の背後にクレムリンの干渉があるという同じような主張を繰り広げている。ロシアはまた英国の主張を打ち砕いた。現実を把握するのではなく、嫌疑がかかるロシアの転覆の陰謀について公に西側の偏執病はますます熱狂している。来る年に欧州全域で激しく争われる国政選挙によって、現政権は大衆主義、反EU、反移民党を押すロシアの介入として看做すものを非難している。今週ボイスオブアメリカはオランダ、フランスとドイツで2017年の選挙の前のロシアのサイバー暴力に備えると報道している。VOAはロシアに対する欧州制裁の第一人者として、解説者はドイツ首相アンゲラ・メルケルをモスクワが最も権力から外れて欲しいと思っている欧州の指導者であると言っている。Brexitとトランプの場合と同様に、既成政府によって広範な大衆の不満と現状を傷つける恐れのある物を課す事は市民の知性と民主的権利に対するエリート主義的侮辱である。西側、米国と欧州の人々は、失敗した緊縮経済とロシア脅威に基づくNATOという化け物と世界中のアメリカ帝国主義を膨張させたロシアに敵対する大西洋中心の冷戦課題を押し進めるエリート主義政府に怒っている。シリアはプーチンと彼の原則的な立場が、米国主導の隠された政権転覆戦争からシリアの主権を守るための勝利であったことを証明したかもしれない。しかし、シリアはまたワシントンと大西洋派の欧州人取り巻きに取って邪悪な災難でもある。シリアや中東戦争領域からの大量の難民流入は米国とNATO同盟の違法な戦争とテロリスト傀儡を支援した直接的な結果である。後者は反政府勢力の穏健派と言う虚偽の概念。昨年フランスとドイツに衝撃を与えたテロ攻撃-ベルリンの最新のものはクリスマスのマーケットで12人が、25トンの貨物を積んだトラックでジハード亡命志望者によって殺された-はオランダとメルケルは中東におけるアメリカ帝国主義戦争に共謀している。メルケルの100万人の難民に対する開かれた政策は失敗の政策である。その判断は人種差別、異人嫌いによるものではない。メルケルの失敗は彼女がドイツに中東の政権転覆と言う米、英、仏の犯罪行為に対して逃げ道にしたということである。だから、それはプーチンとロシアの国際的立場全般にとって良い年であった-それにもかかわらず、最近のアンカラにおける大使アンドルー・カルロフが暗殺されている。また西側政治家が大西洋主義の儀式をするのは残酷な年でした。しかし、彼らの没落は彼等自身の腐敗と無能によるものです。ウラジミール・プーチンとロシアを介入とか混乱を植えつけているとか濡れ衣を着せることは西側の公の犯罪行為の卑劣な否定である。それが、反ロシア物語を流せば流すほど、誤った指導者に対する一般の反乱が湧き起こる規制勢力メディアを含む公式の西側政治と機関の崩壊である。2016年がロシアにとって実りの年であれば、西側にとって公式の政治的船が苦い内容で砕けて弾ける年であることが証明される。----------------ロバーツさんが言うように非常に難解な英語です。もっともっと分かりやすく言う方法はいくらでもあると思う。呼んでいただくと言う精神がないんですね。これも美学でしょうか??内容はプーチン絶賛、既成勢力の蔑みです。まぁ、いろいろいじめられているプーチン・ロシアがロスチャイルドの傀儡とは思えませんが。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      46
      テーマ:
  • 03 Jan
    • フルフォードレポート英語版(1/2)

      酉年にわが身を振り返るハザールマフィア鶏ハザールマフィアの人類に対する長い罪のリストに終に追いつき始めた2016年ほど、「自分で播いた種は自分で刈る」が真実であった年はなかった。その年は、ロックフェラー、ブッシュ、クリントンやジョージ・ソロスやバラク・オバマを含む多くのハザール暴徒幹部が権力や実世界から撤退するのを見てきた。我々は英国(Brexit)と米国(ドナルド・トランプ軍事政権)においてハザール支配政権の終了を導いたアングロサクソン世界における反乱を見た。2017年酉年の今年は、鶏は本当に家に帰る。今年はハザール暴徒支配の最終掃討が行われて、大量逮捕、犯罪裁判と政権交代の年になるだろうと、国防総省、グノーシス・イルミナティ、アジア秘密結社と白龍会の情報源は皆認めている。米国では15,000人以上のハザール暴徒の逮捕が1月1日からすでに始まったと国防総省情報源は言う。911、イラク不法侵略、日本の福島津波核テロ攻撃や人類に対する他の犯罪の加害者は逮捕されており、全ての主要マスコミにおいてこのことが公表されるだろうと、白龍会情報源は言う。キャンプ・デービット地下のクローン基地をはじめ、ネバダ、デンバー、ニュージーランドの徒党地下基地は破壊された、そしてオーストラリア、サンディエゴ、ハワイとアーカンソーの多くの基地が攻撃対象となっていると、国防総省情報源は報道している。「徒党はニュージーランド、コンゴ、ブラジルやパラグアイに逃げ込もうとするので、彼らを止める行動が増えるかもしれないと、その情報源は保証している。一方アジアでは、政府レベルでハザールマフィアの首切りが実感でき始めたように、恐怖、混乱と希望があると、複数の情報源は認める。日本では特に非常に多くの秘密の行動があると、日本右翼情報源は言う。我々は日本皇室と安倍晋三首相の内閣の情報源から、雅子皇太子妃の父親でもある国際司法裁判所判事小和田恒が日清戦争補償拠出債権を現金化しようとして先週スイスのBISで拘束された。小和田は元日本総理の福田康夫と小泉純一郎が日本外務省特別資金を株式市場に投資した際の損失を補おうとしたと、その情報源は言う。「彼は皇太子妃の父親ではあるが、天皇ではないので、彼は逮捕された」と皇室家族に近い日本の右翼は述べている。小和田はロックフェラーの日本の最高幹部の一人なので、彼の逮捕は日本の既存勢力に衝撃を与えた。他の上級ロックフェラー代理人の三極委員会の小林陽太郎は、龍族のようなものはいないと主張して、無駄にも高額の金融商品を現金化しようとしていると、日本右翼情報源は言う。米大統領としてヒラリークリントンの選挙運動に多額の投資をしていた中国と日本の既製勢力はいまだに、西側最高水準の政権交代を彼らにもたらしたこの損失の衝撃に驚いている。日本の天皇の発表された退位は4月に行われる予定であったが、小和田の逮捕で明らかなようにハザール代理人が日本銀行の乗っ取りを完結するには間に合わない。明治天皇の母親がハプスブルグ家の皇女であったと言う暴露は広く皇室家族に衝撃を送ったと、右翼は述べている。男系に日本皇室を引き継ぐ女系を使う計画は小和田の娘の雅子が皇室に侵入したことが背後にあることが明らかとなったと、日本皇室家族メンバーは言う。それが女性を天皇位に認める大きなメディア運動があった理由であると、彼らは付け加えた。いずれにしても、ハザール人はASEAN、日本と朝鮮半島をヒラリ-を当選させる中国の援助と引き換えに与えると約束していたとアジア秘密社会情報源は確認している。それが天皇が退位する理由であったが、今はこれらの計画は止められている。(誰が止めてくれているのだろうか?)日本時間1月1日に掲載された共同通信の記事はロシアとシリアに対するハザール奴隷政権決議を支持することを拒否した政府を非難して、日本の旧政権の代理人たちの混乱と怒りを示している。「日本の立場・・・G7声明とすべきものを6カ国グループの声明にした」と報道機関代理人は記事に嘆いている。日本の広告代理店において独占に近い電通の石井正社長は日本のメディア支配のシステムは変わったという明確な兆候として、先週辞任を発表した。電通は広告の拒否や脅しで日本のメディアを支配してきた。そこで行われている排除は日本の大手企業メディア会社で働く訓練された特殊部隊がやがて異なるトーンで吼えることを意味しており、共同通信のような代理人はハザール宣伝に対して口笛を止めるだろう。日本の財務大臣麻生太郎もまた、彼はロスチャイルのフランス支部に直属し、日本銀行を国有化して負債奴隷から日本を開放する努力を阻止しているので、排除される可能性が高い。日本政府が、戦争犯罪人であるイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフが2011年3月11日に日本の首相菅直人に電話して、日本政府が外貨保有をハザールマフィアに譲渡しない限り、東京市民の大量虐殺を脅したことに関する所有するテープを今、公開する勇気があるかどうかを見ている。「安倍はネタニヤフを非常に恐れているので、彼と直面するくらいなら辞任したいと思っている」と、日本の右翼情報源は言っている。たとえ安倍が臆病者でも、ネタニヤフの残された日は少ない。安倍が311に関する行動を拒否すれば、退任させられるだろうと、日本の右翼情報源は言う。日本はまた、グノーシスイルミナティから更なるイスラエルとハザールマフィアの日本への攻撃は、例えばイスラエルを抹殺できる500メガトンの核兵器によって報復されることになると伝えられている。いずれにしてもネタニヤフはすでに多くの犯罪訴訟に直面している。国連安全保障決議2334は国際刑事裁判所にイスラエルを戦争犯罪、人口移動、違法居住他によって訴追するための法的基盤を提供していると国防総省情報源は言う。ネタニヤフはまたイスラエルにおいて詐欺や贈収賄といった刑事訴追に直面している。http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/benjamin-netanyahu-israel-fraud-bribery-criminal-claims-investigation-arnaud-mimran-a7497016.htmlイスラエルの当局者が気付かなければならない重要なことは、彼に対する犯罪訴追を強行し、ネタニヤフはユダヤ人ではなく、悪魔でありユダヤ国民の宿敵であることである。ネタニヤフはドイツアンゲラメルケルと共に、今権力についている二人の最高のハザールマフィア代理人であり、最も優先度の高い標的であると、グノーシス・イルミナティと国防総省情報源は認める。全体に見て、我々が今見ていることは、人類の勝利と自由はすでに保障されているので、掃討作戦であると白龍会情報源は言う。うまく行けば年の前半に掃討が終了して、我々はより前向きで建設的な仕事を始めることができる。2017年が全てうまく行けば、世界平和と貧困を終わらせ環境破壊を止め、新黄金時代が始まることを意味している。---------------------------------------------不逮捕特権の切れる1月1日から、米国では様々な犯罪行為の加害者の逮捕が始まったそうです。めでたし、めでたし。日本の加担したに人間の逮捕をしてください。これは一体誰がやってくれるのだろうか?福田康夫も??ちょっと信じられないが、、、中国のハザールマフィア引継ぎの密約と陰謀の落とし前は誰が付けてくれるのでしょうか?なんなら自衛隊を送り付けましょう。中国の植民地になると脅したやつは誰か?雅子妃は前から言うように自ら身を引くべきと思っている。安倍の首を切るのは誰なのだろうか?是非、こういうことを教えていただきたい。ご存知ならば。まともな報告になってきたような気がする(失礼)。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      62
      4
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 国家非常事態対策委員会(12/31)

      国家非常事態対策委員会(12/31)トランプの経済対策の実現性1.トランプのレパトリ減税案海外子会社の税率を35⇒15%2.国内法人税法人税35⇒15%3.インフラ投資を積極的に行うレパトリ減税の狙いアメリカの海外赤字は拡大中いくらお金が戻ってきても、今の金融システムから言って海外から借りるしかない。金融システムを変えないと失敗する。各中央銀行の国有化をしなければならない。ロスチャイルドがトランプ転覆を計画している。(ロスチャイルドの娘のつぶやきは負け惜しみにしか聞こえないが・・・・・)国有化しても国内には手当てできるが、海外は認めない。国際金融システムはアジアが請負い、ロスチャイルドがその下請けをすると聞いている。トランプ一人ではできない。(白龍会と協力しようとしていない?)国際機関の見直しをしなければならない。(具体的に意味不明です)---------------------------------言っていることがどうもよく分からない。中央銀行は国有化しなければならない。しかし、国内のみ有効。但し海外赤字が大きいので、海外から金を借りなければならないので白龍会の言うことを聞けとしか聞こえない。そもそも今の中国に国際経済を引っ張って行く力があるのか???非常に疑問。相当中国寄りというか、白龍会べったりである。ロシアは?プーチンは?どうなったの?プーチンはロスチャイルドの傀儡の話はどうなったのか???励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      51
      テーマ:
  • 01 Jan
    • キッシンジャーはなにしている?

      英語版ロシア通信スプートニクは、元米国務長官ヘンリーキッシンジャーは米次期大統領ドナルド・トランプに、中国の軍備増強を相殺するために米国とロシアがもっと近づくように助言している。https://sputniknews.com/politics/201612271049024500-kissinger-trump-russia/この報道を額面どおりに受け取れば、古冷戦兵はロシアを中国との戦略的同盟から引き離すためにロシアとの関係をより良く保つトランプの使命を果たすことのために働いていることが分かる。中国の軍備増強は米国の中国に対する挑発に対する応答であり、米国は南シナ海を米国の国益に関わる領域であると主張している。中国は米国を攻撃するつもりもないし、ましてロシアを攻撃するつもりもない。戦略研究センターで12年間、私の同僚であったキッシンジャーはロシア内部の親アメリカエリートに気付いており、彼はロシアを西側に導く努力において使うことのできる中国の驚異を作り出している。この努力が成功すれば、ロシアの主権は米国と同盟した他の国々の主権と同様に、全く侵食されるだろう。大統領プーチンの最新の記者会見 ( http://www.informationclearinghouse.info/46100.htm )、ジャーナリストのマラット・サガドトフはロシアは既に外国の半支配の形になっていないかと尋ねた。「我々の経済、産業、省庁と機関はしばしば、国際機関によって定められた規則に従い、コンサルティング会社によって管理されている。我々の防衛企業でさえ外国のコンサルタント会社が監査している」ジャーナリストは「この領域を国内化を行う時期ではないのか」と尋ねた。全ロシア人は、西側の一部として生きてゆくということはワシントンの規則に従って生きることであることを理解する必要がある。西側同盟の中で独立した外交経済政策を持つのは米国だけだ。我々全員は、トランプが大統領に選出されても、ネオコンが米外交政策において支配的なまま残っており、彼らの米覇権にたいする単一の勢力としての力は以前同様強く残っている。ネオコン思想はメディア、シンクタンク、大学の学部、財団そしてCFRに影響を与えている。我々はまた、トランプはタフな男を楽しんでおり、私の友人フィニアン・カニンガムのように、私が普通に読んでも何を言いたいのか分からないように誤解され得ることを言うだろうことを理解する必要がある。私はトランプが広大なネオコン陰謀に勝ち抜くかどうか分からない。しかし、大統領クリントンがジョージ・H・W・ブッシュ政権のNATOは東へ1インチも拡張しないという約束に違反して以来のロシアとの緊張を軽減することに真剣であるように思える。トランプが真剣でなければ、エクソン・モービルCEOのレックス・ティラーソンを国務長官に任命する理由が見当たらない。2013年、ティラーソン氏はロシア友情勲章を授与された。マイケル・コシュドブスキー教授は、エクソンなどの国際企業は米軍安全保障複合体とは異なる利益を持っていると指摘している。軍産安全保障複合体は約1兆ドルの年間予算を正当化するために、ロシア脅威に変化したソビエト脅威のような強力な脅威を必要としている。これに反してエクソンはロシアのエネルギー事業の一員になりたい。従って、国務長官としてティラーソンは米国とロシアの間の良好な関係を達成する動機を持つのに対して、軍安全保障複合体にとって良い関係が、軍安全保障予算の停滞に関する統合された恐れを徐々に蝕ばまれている。明らかに、軍産安全保障複合体とネオコンはトランプとティラーソンを脅威としてみており、それがネオコンと武装勢力が強くトランプに反対し、CIA長官のジョン・ブレナンが米大統領選におけるロシアの干渉をあんなに強く非難する理由である。線は描かれた。次に試練はトランプが国務長官としてのティラーソンの選択に対して上院の同意が得られるかどうかである。レーガン大統領はソ連との武力競争で財政的に勝ち取ったという神話が広まっている。冷戦を終わらせるというレーガンの努力に関わった一人として、私自身がその記録を訂正している。レーガンは冷戦に勝利したとは決して言っていない。彼はそれを終わらせると言った。彼の政府の他の職員も同じことを言っており、パット・ブキャナンはそれを証明することができる。レーガンは冷戦を終わらせる事を望んでいたが、それに勝利していない。彼はおぞましい核兵器についても話した。彼は武力競争を成し遂げるにはソ連の経済は困難が多すぎると考えていた。彼は米国経済を苦しめるスタグフレーションをまず改革したいと考えており、武力競争を開始する動きを通じて、ソ連を交渉のテーブルに付けさせることができると考えた。スターウォーズは全く誇大宣伝であった。(ソ連がその武力競争を信じたかどうかは分からないが、アメリカの左翼は明らかに信じ、決してそれを乗り越えたわけでもない)レーガンにはソ連を支配するとか崩壊させるとかの意図は無かった。クリントン、ジョージ・W・ブッシュやオバマとは違って、彼はネオコンによって支配されてはいなかった。レーガンはネオコンが彼の背後で動き、法を破ったとき、彼の政権でネオコンを解雇し起訴した。冷戦を終結するというレーガンの決意のお陰で、ソ連は崩壊しなかった。ソ連の崩壊はゴルバチョフが共産党の押さえを急速に緩めていると信じ、ゴルバチョフをソ連の存在の脅威として自宅軟禁かで置き換えた共産党の強硬派の仕業であった。ゴルバチョフに対する共産党の強硬派のクーデターはイエリツインの誕生につながった。誰もソ連の崩壊を予期していなかった。冷戦は米軍安全保障複合体にとって利益と権力の源泉であったので、彼らはレーガンに戦争を終結して欲しくなかった。CIAはレーガンに、彼が武器拡大競争を再開すれば、ソ連が投資を支配し、さらに大きな経済の部分をレーガン以上に、軍に配分できるから、ソ連が勝つだろうと話した。レーガンはソ連が武器拡大競争に勝利するというCIAの主張を信じなかった。彼は秘密の委員会を設置して、米国がソ連に負けるというCIAの主張を調査する権力をその委員会に与えた。委員会はCIAはその特権を守っているだけであるというのが結論であった。私はその委員会のメンバーであったので、これを知っている。アメリカの資本主義と社会安全ネットは軍安全保障複合体の予算が枯渇しても非常にうまく機能するだろう。軍安全保障複合体は実際の軍拡競争よりも深刻な脅威を望むといったほうがより正確である。無国籍イスラムテロリストは大規模米軍にとって十分な脅威ではなく、脅威に対抗する軍拡競争の問題は米軍備会社が利益を上げるためのコスト超過に代わりに機能する兵器をつくらなければならなくなる。最新の米ミサイル艦は二度破壊され、港へ曳航されなければならなかった。F-35は無限の費用がかかり、様々な問題を抱え、すでに群を抜いている。ロシアのミサイルは超音速である。ロシアの戦車は優れている。ロシアのサタンⅡ大陸間弾道弾は脅威である。ロシア軍の士気は高い。彼らは女子供に対する無益な戦いをすることなく、15年間消耗もしていない。米軍安全保障複合体の腐敗の性質を踏まえるならば、ワシントンはロシアと中国の間の戦略的同盟も無く、両国に対する危険を及ぼすことがなければ、軍拡競争をすることができる。ネオコンは信用できないが、しかし彼らは依然米国の外交政策に影響力を持つ。トランプが彼らをイデオロギー的逆境に追い込むまでは、ロシアと中国は彼らの戦略的同盟を保持していた。この同盟を壊そうとするものは誰でも、ロシアと中国、そして米国、地球上の生物にとって脅威である。-------------------------------ポール・グレイク・ロバーツ氏はロシアと中国の同盟がネオコンの牽制に役立っており、ろ紙が中国同盟を破棄すれば、ロシアはワシントンに組み込まれてしまう。ネオコンが完全臭い小kまれるまで、ロシアと中国の同盟を壊そうとする者は、この惑星の脅威であると言っている。つまり、所詮キッシンジャーはネオ紺の傀儡であり、我々人類にとって敵であると言っている。最も、プーチンさんとその背後のグループは極めて客観的かつ冷静に物事を見ているので、こんなことに惑わされない。アノキッシンジャーに心許すとは思われない。板垣さんとも、フルフォードさんとも見解が全く違う。どうなんでしょうね~。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      38
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 国家非常事態対策委員会(12/30)

      国家非常事態対策委員会(12/30)フルフォード日本の天皇家に近かい右翼とと、安倍内閣補佐官の筋から同じ情報が確認取れている。小和田恒がスイスで軟禁されている。日清戦争の賠償金債権を換金しようとして軟禁された。天皇陛下以外はできない。小泉元総理大臣と福田大臣??(岸田?)が外務省の資金に手を出して株式投資して失敗した。その穴埋めにその債権を換金しようとして失敗した。今起こっている金融戦争で初めて日本人の大物が逮捕された例として認めている。彼はデイビット・ロックフェラーの日本のトップ代理人の一人に間違いがない。デイビット・ロックフェラーが死んだという情報が出てから、明らかに大きな変化が出ている。ソフトバンクの孫正義の1,000億ドルのファンドの件は、裏はサウジアラビア、その裏はエクソンモービル、その裏はロックフェラーなので金は回らないし、孫さんは借金ばかりで金はないので、あの金は動かない。今の内閣の大元がない、権力がない。1/20のトランプ政権が始まる前に、日本は日銀の国有化を行うべき。日本円を発行する権利を日本国民に奪い返すべき。そのチャンスが来ている。20日までに動かないと、取れなくなる。具体的現実的行動を教えます。日本が真の独立国家になる方法を教える。日本銀行の国有化隠された真実を国民に明かす公明正大な選挙で選ばれた政権がお金を造り、国民で山分けできる。今がチャンスそうしないと中国の植民地になる。ドナルド・トランプは世界の指導者ではない。彼は大型減税と内需拡大を約束しているが、史上最大の借金国がこれ以上、金を貸してくれる人はいない。米連銀を支配して通貨発行権を入手しても、使えるのは米国内だけ。世界800箇所に派遣されている米軍の給料は払えない。今、中国がその給料はアジアが支払うが、その代わり通貨基金はアジア側に渡し、米軍は良い軍隊にさせることで米と基本合意している。今がチャンスだ、動かねばならない。-----------------------------小和田を抱きこみ天皇家を狙うなんて大したやつだ。これで皇太子妃はどうなるのだろうか?別れるかれるべきだととっくに思っているが。小泉と岸田???外務省の金???ほんと?????ロックフェラーが死ぬと、色々なところでこの手の話が湧き出てくるだろう。これがトランプが勝ったということなのです。軽々しく考えてはだめよ。非常に中国寄りですね、相変わらず。中国経済の実態をよく見てください。それより、小泉、岸田、もう数名の名前が挙がって、崩れて欲しいが、、、励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      52
      3
      テーマ:
  • 30 Dec
    • らっきーデタラメ放送局

      やらせの方程式Ⅱ9.11の目的①イラクの石油利権を奪う②2001年9月12日に中国の王族に返済しなければならない借金をチャラにする。③米国愛国者法の成立④シュメール時代の古代遺跡や資料が保管されているイラクの博物館を破壊要員ブッシュの古い友達ビンラディンをリーダーとするアルカイダの仕業を企画イラクは大量破壊兵器を持っていると喧伝終に念願のイラク戦争派突入911の一年前のアメリカ防衛再建計画には真珠湾攻撃のような事件が無ければ、国民は従ってこないと書かれている。真珠湾攻撃の前にルーズベルト大統領はサンディゴにあった米国海軍基地を真珠湾に移動反対した海軍高官を更迭日本も制服組は反対も大本営の官僚が賛成---------------------------------------------------------本当の、皆さん、目を覚ましてください。それが最も力強いことなのです。『良いお年は自分でつくりましょう』

      55
      2
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 「アーミテージ・グリーン」コンビが〝粛清〟

      トランプ大統領誕生で「アーミテージ・グリーン」コンビが〝粛清〟 http://www.yellow-journal.jp/overseas/yj-00000413/以下、転載です。アメリカでトランプ政権の人事が進み、ワシントンで異変が起きている。 これまで日本の政財界の要人、関係者がワシントンを訪れると、必ず〝参詣〟したリチャード・アーミテージ元国務副長官、マイケル・グリーン元NSC(国家安全保障会議)上級アジア部長、この2人の存在感が、急速なスピードで消滅しているというのだ。←マイケルグリーン 共和党の政権奪還は8年ぶり。今こそ両氏の出番、のはずだったが、大統領選で反トランプを鮮明にしたため、蚊帳の外に追いやられてしまったのだ。ワシントンのシンクタンク関係者が言う。「政権移行チームは、過去にトランプ氏を批判した人物を細かくチェックしている。アーミテージ、グリーンの両氏はずばり、ブラックリストに入っていますよ」 特にグリーン氏は8月、「トランプ氏が大統領に就任すれば、我々の国家の安全保障と、国民の幸福が危険にさらされる」と声明を出した、共和党の安全保障の専門家の1人だ。アーミテージ氏も、共和党ではなく、民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントン氏に投票すると明言していた。在ワシントンの関係者が明かす。「日本の政界関係者がワシントンを訪れる際は、アーミテージ、グリーンの両氏と必ず会談を行っていました。特に他にセッティングできるアメリカ側の要人がいない時こそ、両氏の出番だったんです。財界やマスコミも同じです。両氏は日本開催のセミナーでもパネリスト常連で、高額の講演料が支払われています。具体例を挙げれば、朝日新聞はグリーン氏が新婚の際、夫人の旅費まで提供していたほどです」 つまり、アーミテージ・グリーン、日本政府・政治家、マスコミを含む財界、という、『日本利権トライアングル』が形成されていたのだ。 関係者によると、この利権構造から排除されてきたのが、AEI(アメリカン・エンタープライズ研究所)のマイケル・オースリン日本研究部長や、ディック・チェイニー前副大統領(75)の国内政策担当補佐官だったアド・マチダ氏らだという。特にオースリン研究部長は、グリーン氏が意図的にパージしてきたとされる。 だが、トランプ政権の誕生により、逆転現象が起きた。既にアド・マチダ氏は政権移行チームに入っている。何らかのポストに就く見通しが濃厚だ。「トランプ政権の行方は不透明だが、強固な〝日本利権〟の構造に変化が生じたのは間違いない。特に米側関係者の若返りが進むだろう。私個人としては、この動きは評価したいと思う」 意外にも、先のシンクタンク関係者は好意的な評価を下す。アド・マチダ氏は、その名の通り日系。これからのキーパーソンとなるのは間違いないようだ。-----------------------------------ハンドラーやらの名前が変わるだけなら歓迎はしない。真の日米同盟の確立に向けての動きであれば歓迎するし、トランプはその想いだと思うが、肝心の安倍あほが分かっていない。情けないことである。独立のチャンスなのに、もうそろそろおしっこ洩らしの出社拒否症になりそうなので、あかあちゃんとシベリアでも行って頭を冷やしたらいかがか。アド・マチダね~、ブッシュ父政権のチェイニー補佐官をやっていた男らいいが、、トランプは今のところ人選で間違ってはいない。大丈夫だと思いますが、、ん~ん。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      66
      1
      テーマ:
  • 27 Dec
    • フルフォードレポート英語版(12/27)

      ドナルドトランプが戦争犯罪人ベンニャミン・ネタニヤフ(Benyamin Netanyahu)の崩壊を止めようとすると、彼の首の鎖はグイッと引かれるだろう。表の米国大統領に選出されたドナルド・トランプは、戦争犯罪人であるベンニャミン・ネタニヤフを含むハザールマフィアの最終崩壊を妨害しようとすると、彼の首の鎖を引かれることになると、国防総省とその機関は言う。その崩壊は今、掃討段階に入っていると国防総省情報源は言う。徒党の最後の拠点であるデンバー空港の広大な地下基地は米国、ロシア、その他の軍隊の派遣を受けて、多くの襲撃を行い掃討が進行していると、その情報源は言う。他の作戦では、10万人の子供セックス奴隷がロスアンジェルスのゲッティセンターの地下基地から解放されたと、彼らは付け加えた。先週、チリ南部は大まかに言えばバジロチェとパタゴニアのナチ領地を揺らすために地震兵器で攻撃されたと、彼らは言う。イスラエルのハザール本拠地は今、ヨルダン川西岸の不法居留地建設を非難する国連決議が可決されたようにかってない攻撃を受けている。米国の棄権によって14-0の国連投票は、ならず者国家にパレスティナ問題に対する二国間解決を強制することを狙った多くの国連決議につながるであろう。ロシアのトルコ大使の殺害とイスラエルによる黒海上でのロシア航空機の撃墜はロシアにイスラエルに対する国連制裁を追及し、世界中のISIS/モサド資産を求めることによってテロに対する本当の世界戦争を開始する道徳的かつ法的根拠を与えたと、国防総省情報源は言う。対抗手段として、戦争犯罪人ネタニヤフはモサド長官をドナルド・トランプに訪問させて、彼が反イスラエル決議を拒否したと言わせる声明を出させた。しかし、掃討中のデンバーのハザール基地では、ハザール人はすでに彼らの意思を米政府に課す軍事的力はないと、国防総省は情報源は述べている。CIAに残っているハザール代理人はトランプによるブッシュ派の大規模掃討に備えていると、CIA情報源は言う。改革されたCIAは無人偵察機による攻撃と麻薬運搬を止め、公開された情報源の情報同様、人類情報活動に集中していると、その情報源は言う。孤独なイスラエルは今、空陸海封鎖への直面と、国家として国際法の遵守を強要する他の行動が予想されていると、国防総省と機関情報源は認める。サウジアラビアのハザール政権もまた、その様々な野蛮な慣習を止めるよう強制されるであろうと、彼らは言う。ニューヨークとホワイトハウス近くの核兵器を解体するために送られたロシア傭兵軍と特殊部隊によってドナルド・トランプによって十分な安全保障措置が取られていると、国防総省情報源は言う。ワシントン地下の一つの核兵器がすでに解体されていると、彼らは付け加えた。ハザール人は重大な金融危機を作り出すことによる反抗を計画していると、ロスチャイル家を含む複数の情報源は認めている。ここに、バロン・ジェイコブ・ロスチャイルドの娘であるバロネス・ハンナ・ロスチャイルドが語らねばと主張しているツイッターのアカウントがある。‏@BssDeRothschild 14時間前、2017年は米国にとって恐ろしい年になるであろう。雇用問題、ハイパーインフレ、多くの負債と弾劾 メリークリスマス、愚か者の皆さん彼女はまた多くのトランプに対する死の脅迫をしており、取り下げる必要があると、CIA情報源は言う。新年に急激に加速する金融危機は、世界中の金利を激しいレベルまで増加を引き起こす大きな圧力によって、すでに始まっている。これはハザール暴徒家族による債券市場における巨額売却によって行われている。計画された結果は負債を持つ新興国経済を麻痺させ、米国のような負債奴隷にさらにカード、車、家そのほかのローンの支払いを増やさせて罰することにある。計画は企てられた経済困難をトランプの所為にすることであると、ロスチャイル家情報源は言う。しかし、この企てられた経済攻撃を実行不可能にする家族内の対立がある。その前面で、我々は国防総省が言うように殺されておらず、隠れているだけだと言っているナザニエル・ロスチャイルドからの言葉を得ている。ナザニエルに接触した情報源は言わなければならないことがここにある。「彼の家族のメンバーは次の家族の長としての地位を失いかけている。彼らは彼を排除はしないのは、彼にやってくる指導者への昇格を止めさせたい家族によってのみ使われる特別に準備された文書に彼のサインが必要であるからである。その情報源は、「家族内の戦いは続いている」と言っている。彼らは世界金融システムの支配権を失っているが、上海金交換所を通じて、舵を握っている中国のクラブに依然として残っており、彼らは主要なプレーヤーである。金融戦争に関して、アジアの王室血統の情報源が言わなければならないことがある。「多くの緑のドル(米国発行ドル)を持つ人々は、それを何とかしたいと考えており、金塊に変えたいと思っている。これは世界中で起こっている。問題はほんの一握りの人しか、それを動かせないと言うことである。あなたが数十万トンあるブラック金塊について話しているのでなければ、それは証明されていないので、たった10の正規代理店しかそれを取り扱うことは出来ない。保証された金塊は単に売却の印ではなく、その動きを記録されている。ボーイズもまたタイに保管されているイラン・シャーの金塊にこれを行っていることを思い出してください。多くの人々は、我々がそこらで見かける偽の紙のように、あなたが所有しているような紙ではなく、本物を望んでいる。それが来月は非常の興味深いものになる理由です。実体金塊への争奪が今起こっている。元帳から外された金塊も徐々に公式市場に戻ってゆくことになり、やがて保証されることになる。我々は中国、ロシアとタイが、新しい金塊裏付け通貨を準備する際に、この移行に関与する主要プレーヤーになるだろう。中国が数年前にバンコク空港の近くの大きな広告掲示板にニュースを出したことを忘れないで下さい。真実はそこに置かれました。最近、BRICSについて言及していない理由に戸惑っていますか?それは内部で混乱が起こっているからである。彼らは今、彼らの戦略の構築をしている。彼らは彼らの通貨を担保する実態金が必要になるだろう。同じ情報源は、デイビット・ロックフェラーは死んでいると言う情報は正しい。彼は今、The Baseに留まっている・・・彼をホノグラムで撮影していなければ、彼をを聞くことも見ることも出来ません。今もエリートクラブにいる他者がいる。私は現場からリストを入手しようとしているので、手に入り次第あなたに送ります。私は数日前、ビルクリントンがThe Baseへのアクセスを取り消されたと言う情報を得た。ヘンリーキッシンジャーには鞘が用意されている。彼はまもなくレーダーから消える可能性が高い。300人委員会の長であるエリザベス2世女王もまた、自宅逮捕下にあると、国防総省情報源は言う。これは女王の予定されたスケジュールへの公の登場のキャンセルによって部分的に確認できる。しかし、王室に近い情報源は、女王はグノーシスイルミナティが彼女を狙っていると言う報告を受けたので、安全保障上の予防策として公への登場を避けているだけだと言っている。グノーシスイルミナティによって標的にされている他の良く登場する血統家族の公人はアドルフ・ヒットラーの娘でありロスチャイルド家のメンバーであるドイツのアンゲラ・メルケルである。イルミナティはドイツ軍と特殊部隊のメンバーが来年中に彼女を権力の座から廃除すると言っている。最近の偽ドイツトラックテロ攻撃とそれに続くメディアのメルケル非難を掲げる運動はその運動の最初のラウンドであると、彼らは言う。2017年はまた秘密の宇宙計画とETの人々が長い間待っている公開の時になるかもしれない。南極基地の情報源からの次の引用は私が信じるには良い多くの証拠が必要ですが、それにもかかわらず、ここにある。「徒党は南極で発見した物に完全に驚いている-それはバズに心臓発作を引き起こさせた。内部に非常に大きな容器がある。ジョン・ケリーが選挙の日にそこに居た理由です。同時に冷凍された動物と人間。12-14フィートの人間がポットの中に留まっており、今目覚めている。南極について我々が確認できる一つのことは、北極はグーグルアース上で定常の地図の一部として表れているが、南極はそこには見つけ出すことが出来ない、その代わり多くの線が収束する地点まで地図が消えて行く。我々はその理由を推測することが出来る。今週、そして今年の最後のメモは12月25日は新太陽年の最初の日です。クリスチャンは実際のイエスキリストの誕生日を知らないので、彼らは古い異郷の太陽新年の祭りと彼の誕生日の祭りを融合させた。だから、休日の精神で、我々は読者にメリークリスマスと新年を祝います。2017年が最良の年になりますように。--------------------------------------わざわざ、首の鎖を持ち出すのは、トランプがネタニヤフに対して負い目があるということでしょうか??黒海上空のロシア機撃墜はネタニヤフの仕業だそうです。これにはプーチンさん怒っているでしょうね。今は嵐の前の静けさ、着々と準備をして陸軍の占領くらいやるのではないでしょうか。殺さなければ直らないね、この馬鹿は。ロスチャイルの反撃も知れており、ネタニヤフを抑えれば終わるのではないか。南極の話はすごい。冷凍人間が復元されつつあるそうです。背丈13フィート??????約4mの人間です。新年に期待しましょう!みなさん。来年もご愛読ください。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      55
      3
      テーマ:
  • 21 Dec
    • フルフォードレポート英語版(12/19)

      ポールシフトが全面的に進行しているので、古い現実は直ぐに消える人類が将来に抱かれた総体的ストーリはポールシフトを経験しており、古い現実は急速に消えてゆく。世界、とりわけ西側世界が生きてきたストーリはイスラム教徒とキリスト教徒とのテロと工作された衝突の決して終わらない戦争の一つであった。その社会的工作がこのストーリを永続させてきた大量殺人犯罪者は捜索され、殺されるかあるいは家の中で拘束されているか隠れている。シリア他で残虐行為の背後にいる徒党の最高幹部の一人は、ハビエル・エケバリア司教であり、バチカンのファシスト・オスス・ディ・バチカンの組織長は米国大統領のドナルド・トランプの選挙を覆そうとした後、先週殺されたと、国防総省情報源は言う。バチカンは彼は自然死であったと言っている。3つの独立した情報源である、CIA、国防総省と血統家族はともに、米国と欧州の血統家族の指導者であるデイビット・ロックフェラーとナザニエル・ロスチャイルドは共に先週殺されたと言っている。これを執筆している時点ではロックフェラーやロスチャイルドからも確認は取れていない。その情報源はまた、クリントン、ブッシュ、上院議員ジョン・マッケインと他の多くの徒党指導者たちは自宅監禁されており、戦争犯罪裁判が行われるまで慎重に保護されている。我々はこの裁判が実行されることを願っていますが、いずれにしても、この惑星、とりわけ西側を運営してきた人々は今のところ、深いパニック状態にある。このパニックの理由の一つは、西側の秘密政府である300人委員会の更新されたメンバーリストが公表されたことだ。http://worldtruth.tv/illuminati-leak-current-membership-of-committee-of-300/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ConsciousnessTv+%28Consciousness+TV%29事実は、これらの人々がテロのシナリオに基づく決して終わらない戦争から交代して、世界炭素税を推進しているとしても、彼らはこの惑星の支配において無能であったので、彼らの支配に対する大規模な大衆蜂起を引き起こした。伝えられるところではAnaderothschildによって書かれたアカウントのつぶやきはその感情を捉える。Pat Taylor ‏@PT_Fino 11月29日、AnaDeRothschildの全ての血統を生TVで放送したい。私を古風な人間と呼んでください。https://twitter.com/BssDeRothschild/status/803212260156080128これが今彼らが深い恐慌の状態にいる理由です。彼等羅の自暴自棄は企業メディアとサウジを愛するCIA長官ジョン・ブレナンがロシアのハッキングがドナルドトランプの占拠に責任があると言う危うくされた情報機関筋に酔って主張されるヒステリックな主張です偽ニュースサイトのリストから撤退を余儀なくされたワシントンポストのように最近、ロシアは今米大統領スポークスマンバラク・オバマのは疑惑を訴え、謝罪するよう要求する報道をした。この失敗したロシア物語は世界物語の支配能力が終了したことを明確に示している。崩壊する旧体制の指導者達のパニックの他の兆候は、ヒラリクリントンとオバマが共に先週、白龍会に接触してきて、彼らは2011年3月11日の日本に対する津波核テロ攻撃は彼らに責任はないと言ってきた。グノーシスイルミナティのように、彼らはロシアのウラジミール・プーチンがその作戦の背後にいると主張している。複数の情報源はその攻撃に使われた核兵器は2000年に沈んだロシア潜水艦クルスクから取り出したものであると確認している。その時、ロスチャイルド代理人ミハエル・メイリングは白龍会にロスチャイルドがその攻撃に責任があると話した。NSAもグノーシスイルミナティもプーチンはジェイコブとイブリンロスチャイルドから命令を受けており、311への彼の関与は本当かもしれない。ロスチャイルドはP2フリーメーソンロッジから命令を受けていると言っている。自称P2の後継者であるレオ・サガミは、311直後に、脅しているようで自慢している電子メールを送り同様に東京を破壊すると脅した。日本政府情報源はP2から東京へのその脅威を確認している。日本とも繋がりのある非常に興味深いP2フリーメーソンも出てきた。張正智マンチュー王朝の後継者と主張する(これを裏打ちする記録も提出)男であり、明治天皇の母親はハプスブルグ家の皇女であり、有メイン写真家であったと言う。日本天皇の従兄弟はこの主張は真実である可能性が高いと言っている。何故なら命じ天皇の出身地はユダヤ人が多くいたからである。P2の幹部と同様ハプスブルグ家はシーザーの子孫であると主張しているので、それは支配者の傀儡として使われた皇室家族によって明治時代から日本はローマの植民地であることを意味している。2015年5月5日のこのニュースレターで言及された張氏は、彼は日本銀行設立の為に使われた金塊の正当な継承者であると言う彼の主張を証明する書類を日本政府に提出した。日本政府は彼の主張に正式に異議を唱えていないと彼は言う。彼は23日間拘置され、それは人が基礎なしに拘置できる最大の日数であり、そして東京武蔵野精神病院に強制収容された。張は最終的には交感神経の医師が変えは狂気ではないと言い、さらに自分自身をチェックすることを許可した後、解放されたと、彼は言う。昭和天皇の従兄弟である張と多くの他の情報源は現在の日本の天皇は日本の皇室家族ではないと主張している。もしそうであれば、日本円の発行権と日本銀行は詐欺だけに基づいている。もちろん、FRBとEU中央銀行についても同じことが言える。この詐欺に対する米の主要な動きは続いている。一つの例として、米最高裁判所は元AIGのCEOであるハンク・グリーンスパンが投資家から大規模な損失を隠していた詐欺の罪から逃れようとしている彼の訴えを聞くことを拒否していると、国防総省情報源は言う。これがウォール街の幹部達の大量逮捕への道を開く。また、最高裁はシャーと米の訴訟において、銀行詐欺の法令が、銀行幹部に対して顧客を脅かす責任を負わせる銀行と同様に、銀行の顧客を欺く者に対しても適用されると8:0で判決したと、国防総省情報源は述べている。大手法律事務所は血の臭いをかぐ鮫のようにウォール街の報道合戦に備えている。ジョージ・ブッシュ・ジュニア、コンドリーザ・ライス、ジム・ベーカー、ボブ・ゲーツのような旧政権の高官たちはエクソン・モービルのCEOレックス・ティルマンが国務長官になるように懸命に訴えているが、これが911の戦争犯罪の罪から彼らを救うことにはならないと、国防総省情報源は言う。長年ロックフェラーのかばん持ちであったヘンリーキッシンジャーは今は影響を抑えるために必死にトランプのおしりにキスをしている浪人である。先週、米国に入ってくるトランプ政権は基本的に軍事政権であることが確認された。元ネイビーシール司令官のライアン・ジンクは内務省に任命され、元軍隊のキース・ケロッグは国家安全保障理事会の主席補佐官に選ばれた。この政府はハザールマフィアの軍事的接近を取っており、そのことは彼らを殺すか、あるいは降伏させるかを意味している。コロラド州デンバーである種の戦いが行われていると国防総省情報源は言っており、外国軍がそこに集まっている。この著者は自らの目で、その地域のフェンスに囲まれた大衆と空港周辺の空気換気シャフトを確認した。これは明らかにハザールマフィアの最後の砦の一つで、それは取り除かれる。米軍はまた、彼らはイエローストン、ニューヨークのトランプタワーと北カルフォルニアのラッセン山における偽旗攻撃に使われた核兵器を中和することが出来たと主張している。さらに、国防総省情報源は、米、ロシアとイラン特殊部隊はシリアのパルミラでISIS郡を終了させる多面い共同していると言っている。パプアニューギニアでは大きな地震があり、攻撃を受けているハザール潜水艦基地を示していると、その情報源は言う。特殊部隊がカルフォルニアのゲッティセンターの下で生きている悪魔を追い払う為に送られていると、白龍会情報源は言う。その博物館は1000室のカジノが5億ドルで建設されたときに60億ドルの費用で建設された。何故なら仕事のほとんどは地下であったからと、その情報源は言う。グノーシスイルミナティは現在の世界権力構造は完全に崩壊しており、新しい何かに置き換わられると言っている。------------------------------------------------------------今休憩中なので、今しばらくお待ちくださいってなところか。不逮捕特権が本年中に切れるので、1月からは逮捕の連続となることを期待します。それまで、しばらく休憩です。いままで何年も待たされたので、辛抱強い。プーりんはロスチャイルドの傀儡であるという主張は変えません。この話の根拠は全てあちら側の情報です。丸のみですね。検証してください。そういっているでは、そこらのデマと同じです。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      66
      6
      テーマ:
  • 20 Dec
    • 本澤二郎の「日本の風景」(2466)

      二階幹事長動く!<本澤二郎の「日本の風景」(2466)<中国封じ込めにことごとく失敗した安倍・自公外交> ロシアのプーチンの日本訪問は、出鼻からケチがついた。予定よりも2時間以上も遅れた。前例のないことである。安倍・プーチンの密談は、北京とワシントンの分析に集中したようだ。北京とモスクワの離反に賭けた安倍の目論見は、結局のところ、大失敗に終わった。大金を浪費しながらの北京封じ込めは、ことごとく失敗したわけだから、自民党本部の主・二階幹事長は「国民はがっかりしている」と本心をぶちまけた。<ワシントンとモスクワ・北京に封じ込められる安倍・日本会議> 中国を悪者に仕立て上げて、台頭する中国を抑え込むという敵視政策を、愚かなオバマをおだててきた安倍・日本会議である。借金で金がないのにもかかわらず、国民に負担させながら、中国の周辺国からアフリカにまで手を伸ばしてばら撒いて、中国の危険性を叫んできた安倍・自公内閣である。 その留めを指すためのロシア外交だった。国民には「4島返還もありうる」という夢をばらく報道をさせ、浮かれさせたうえで、鳴り物入りでもって、地元にプーチンを招いたのだが、領土問題は日ソ共同宣言の2島返還にも届かなかった。 安倍が狙った中ロ分断など論外だった。ワシントンの軍事的暴走を前にして、ロシアと中国の結びつきに変化など起きようはずがなかった。気が付いてみると、ワシントンに新しい政権が誕生した。従来のイデオロギー安保外交は姿を消すことが判明している。 安倍・日本会議の思惑は、ASEAN・欧米からも見捨てられてしまった。安倍一人孤立してしまった。安倍を信じた馬鹿な自民党幹事長は、衝撃に打ちひしがれている。それが彼の口から「国民はがっかりしている」と評価して、さらに大馬鹿な公明・山口コメントとの違いを鮮明にさせた。この国民とは、自身のことを指しているのである。<世界で一番危険な人物> 二階だけではないだろう。自民党内のリベラル色のある議員の衝撃は、外交的失敗だけではない。世界から安倍・日本会議の正体を見抜かれてしまったことだ。 ワシントンから届く「世界一危険な安倍・日本会議」という評価である。ソウルの「ワシントンの犬」は、余命いくばくもない。CIAも救命具を投げても助けようがないほどだ。既に英国のブレアは失脚、イラク戦争の過ちを認めている。今度はブッシュの番だ。 安倍は大丈夫だろうか。戦後体制を破壊しようと、平和憲法に襲い掛かる自公政権に対して、かつての国連の創設者らが「安倍は危険人物」とレッテルを貼っても不思議ではない。自民党幹事長の耳には、国連筋やワシントンの声がガンガン届いているだろう。<2017年は政局の年> 「二階は安倍を見限った」という分析が、瞬時にして永田町を徘徊しているとみてよい。 ワシントンの新政権は、ロシアや中国と軍事的対決をしないことがはっきりしている。米国務省はモスクワとトランプの知られざる仲を容認した。ワシントンとモスクワに二股をかけた安倍・自公外交は、完璧に破たんしたことになる。そのことを二階は察知したのであろう。 ボンクラ外相の岸田にも、こうした情報が腐るほど届いている。むろん、石破はいち早く安倍の傘から飛び出した。残るは、新聞テレビがまともな世論調査を、実施すればいいだけのことである。2017年は政局の年となるだろう。 博打経済のアベノミクス・博打外交の北京包囲網は、既に崩壊してしまっている。 中国との友好関係を重視する政権実現の年にしなければ、国民生活が維持できなくなる。2016年12月17日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)この方、他にどんな記事を書いているかと言うと・モスクワから見た東京の地位<本澤二郎の「日本の風景」(2467)-日本は米・ウクライナについで三番目の敵性国家・愚民向けの安倍ショー<本澤二郎の「日本の風景」(2465)-領土問題は見えていた・軍拡・カジノに執着した安倍・自公内閣<本澤二郎の「日本の風景」(2464)-カジノ解散なら野党の大勝利等など、鋭いです。-----------------------------------------------うらやましいくらいの名文です。こんな文章を書いてみたいものだ。そうか、やっと二階さんが動き出したか。どちらへ行くのか?是非、小沢さんを担いで共産党まで含んだ挙国一致内閣を作って、日本の独立を果たして欲しい。絶好のチャンスです。お願いします。励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      40
      1
      テーマ:
  • 19 Dec
    • 中丸薫

      トランプ大統領は全てを分かっている人。世界は完全に変わっている。大使館にすくっていたいわゆるジャパンハンドラーズは退却する。ロスチャイルド系も退散させられてゆく。ロックフェラー系は完全に失脚している。戦争派どんどん衰退している。そういう情報を国民一人ひとりがはっきり認識して今までの日本を支配しようとしていたハザールマフィアを理解して独立国家として立ち上がってゆく。トランプは自分の国は自分で守ったらどうですか?と言っている。何故、植民地に成り下がってやってきたのか。日本人の意識も変えるとき、真実の情報を知ることによって。この人が何者であるかは知らないが、いっていることは至極当然。さぁ、日本人よ目覚めよ、立ち上がれ!!励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      61
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
2196 位
総合月間
1796 位
気まぐれブログ
30 位
日々のできごと
82 位

ランキングトップへ

ブックマーク

人気ブログランキングへ
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。