• 31 May
    • ヒラリーは連邦恐喝で起訴される

      ヒラリークリントンは連邦恐喝の罪で起訴される http://uspolitics24.com/hillary-clinton-indicted-federal-racketeering-charges/ 影響を与える威力脅迫と腐敗組織法(RICO)は組織犯罪と戦う法執行機関に手段を提供するよう設計された、1970年に制定された米国連邦法である。RICOは継続的な犯罪組織の一部として実行された恐喝活動の疑惑の為の訴追と処罰を可能にしている。 恐喝と考えられる行動は、贈収賄、偽造、資金洗浄、横領、違法賭博、殺人、麻薬取引、奴隷制と他の極悪ビジネス慣行の主催者等が含まれる可能性がある。 ジェームス・コメイとFBIは司法省長官ロレッタ・リンチに、クリントン財団が目下、資金洗浄と政治政策と法的便宜を外国と国内の個人、企業や政府までもにはかる見返りに賄賂を要求するすることに関わった犯罪団体であると言う説得力ある議論を含む勧告を提示するだろう。 ジェームス・コメイ 「ニューヨークタイムスは、ビルクリントン財団に数百万ドルの寄付をしその役員になっているカナダ鉱山投資家のフランク・ギウストラとのビル・クリントンとの関係を調べた。クリントンがギウストラの会社がカザフスタンにおいて有利なウラン採掘契約を確保するのと引き換えに、その前の合計2.35百万ドルのその会社会長からの非公開献金を含んむクリントン財団への資金の流れがあったと、その調査は推測している。 ブルームバーグ政治 当初、コメイはヒラリーの家庭用に作られた電子メールサーバー調査は2015年10月までに結論付けるべきと示していた。しかし、この件に関する証拠がどんどん明るみに出てきたので、この最初の日付は、犯罪調査が国務省の規制違反を超えて、スパイ、偽証と影響力行使についての疑問を含んできたので、押し戻された。 これが、私達が知っていることである。クリントン財団へ寄付された数千万ドルは寄付者の追跡がほとんど出来ないカナダのダミー会社を通じて組織へ注ぎ込まれた。基金への寄付の10%未満が実際に慈善団体と、長年のビルクリントンの友人ジリス・マクマホン(別名エナジャイザー)にさかのぼる$2Mに流出されいる。ヒラリーの電子メールへの公式の調査が開始された時、彼女は彼女のIT専門家に30,000通以上の電子メールを削除させ、プラット・リバー・ネットワークとダット社にある30日以上の古い電子メールを見えなくさせた。それからFBIはヒラリーの消された電子メールに関して、全てとは言わないまでも大多数の賛成を回復して、彼女の違法と違法行為を隠蔽するたくらみに対して彼女に対する強い論拠を解説している。 司法省が被告が恐喝と、被告の利益を維持し、州間あるいは外国取引に影響を与える犯罪企業への利益の維持に、参加或いは投資をしていることの2件以上に従事していると証明した時、RICOの下、有罪がやってくる。クリントン財団が犯罪組織として位置づけられている十分な証拠は公の記録に既にあり、FBIは既に公になっているより、はるかに多い証拠に係っていることは疑う余地がない。 RICOの下、本件に最も関連のある節は、第1503節(司法妨害)、第1510節(犯罪調査妨害)、第1511節(国家あるいは地方法執行機関の妨害)である。ウォーターゲート勃発後のリチャード・ニクソンに関する場合と同様に、それはクリントンの没落になる犯罪の隠蔽である。さらに、米国法律集第201節18条の規定に基づいて、クリントン財団は贈収賄に関連する不正の為に責任を負うべきである。FBIはクリントン財団を通して国際企業がカザフスタンのウラン採掘取引のように、商取引をお得に確保する代わりに賄賂を贈ることが出来る理にかなった疑いに増して証明できるようになるだろう。 不注意にも機密情報を取り扱うことは米国法律集18章1924節により連邦犯罪である。それは米国法律集18章798節により連邦Aクラスの重罪である。ヒラリーは連邦判事に対して宣誓して、彼女は全ての電子メールを国務省に手渡したと証言したが、それは明らかにしていなかった。彼女の家庭用電子メールサーバーで国務長官として行ったすべてのことは公明正大に国務省によって承認されたと言う繰り返した彼女の声明にもかかわらず、監察総監報告書はこの主張を論破した。ヒラリーは、来るFBIの尋問が先例になるが、ヒラリーが偽証をするか、法廷で彼女に対して使われうることを認めることに非常に関心があると思われる可能性があると主張して、調査のための監察官事務所の尋問を拒否した。 国務次官クリントンは彼女が作成した連邦記録を保存し、印刷された彼女の個人アカウントについて受けとり、時間の事務所の関連ファイルにそれらの記録をファイルすべきであった。少なくともクリントン長官は政府の仕事を離れる前に国務省の仕事で取り扱った全ての電子メールを返却すべきであった。彼女はそうしなかったために、彼女は、連邦記録法に従った部門の政策に準拠していなかった。 監察官報告書 ヒラリークリントンは機密文書を送信したり受信したりし、そして国務省が運用するサーバーの使用を避ける事による情報自由化法の回避するための彼女のスタッフと陰謀する彼女のサーバーに機密文書を違法に置置くことで外国政府に足して機密文書をさらしたことは有罪である。その文書のいくつかは非常な機密であったので、その件の調査官達は、上官に彼らの許可を貰うまでその資料の調査ができなかった。 ヒラリーの行った反逆行為を作り出す素晴らしい配役があった一方で、FBIが持っている最強のケースは恐喝クリントン財団と同様にビルとヒラリーの両方を起訴することである。実行された犯罪の完全な範囲を確定するために数十人の調査官を投入しているこの事件においては、ウサギの穴は非常に深い。おそらく最も興味ある疑問は、FBIの調査がクリントン財団とヒラリービクトリーファンドを直接的につなげうるのかどうかと言うことである。そうなれば、DNC(民主党国民会議)そのものが共犯であっても、恐喝の共犯であっても告発の危険にさらされうる。 ------------------------------------- 司法長官ロレッタリンチがネックで進まない。こうやって彼女と言うか、裏におられる方を追い込むことで、ヒラリー切るもやむなしに追い込むことである。そんな雰囲気になってきた気がする。民主と国民会議議長も同罪である。いまや、共和党より民主党のほうが危険な存在になっている。こんな悪魔を野放しにしてはならない。裏の支配者を追い込んでゆくしかない。彼らがヒラリーを諦めたら、一気に変わって行く。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      NEW!

      15
      テーマ:
  • 27 May
    • 不思議にも死体で発見された47人のクリントンの友人

      不思議にも死体で発見された47人のクリントンの友人 http://savingourfuture.com/2015/03/47-bodies-left-in-the-wake-of-hillary-clinton-part-1/ おかしなことがいつもビルとヒラリークリントンにおきており、友人が死体で発見されると言う厄介な癖を持っている。我々全ても時には行けねばならないが、しかしクリントンの仲間は奇妙な状況の下に倒れたように思える(そして多くは自殺で)。私の友人タミ・ジャクソンは少し奇妙に思える47人のクリントン友人の死について乗りつとと詳細をまとめた。今後数日の出それらを入手することができる。以下はその最初の10人です。 タミ・ジャクソン 1.ジェームス・マクドゥーガル マクドゥーガルは、独房にいる間に明らかな心臓発作で死んだワイトウォーター疑惑のクリントン家のパートナーであった。彼は特別検事ケン・スターの調査の重要な証人であった。 ボルチモアのサン・タイムスのカール・M・キャノンは1998年3月9日に書いている; ホワイトウォーター疑惑の調査で独立検察官ケニス・W・スターに協力していた元クリントンのビジネスパートナーであるジェームス・B・マクドゥーガルが昨日、テキサスの連邦監獄病院で死亡した。彼は58才であった。 マクドゥーガルが所有する、倒産すると納税者に6,000万ドルがかるアーカンソーの貯蓄機関であるアンディソン・貯蓄ローン保証の倒産によって生じた詐欺容疑でスターの事務所がうまく起訴した後、3年半の服役をしていた。 彼の死は大統領クリントンとヒラリー・ロッドハム・クリントンに対する法的リスクを減らしたように思えるし、スターとその検察官に対する明確な妨害であり、マクドゥーガルの死が発表された昨夜、彼らの事務所で秘密の会合を持った。 心臓病と動脈閉塞を煩っていたマクドゥールは心停止で死んだと、司法省は言っている。彼はしばしば、再び自由になれるほど彼の健康は長くは持たないだろうと予測していた。 ホワイトハウスでは、大統領はマクドゥーガルとの有効の初期に関して生命を発表した。 「私は本日マクドゥーガルの死を知って悲しんでいる」とクリントンは述べた。「私はアーカンソーで一緒に働いた年月のよい記憶があり、彼の家族に哀悼の意を表します」 スターの調査のホワイトウォーター土地取引段階におけるクリントンに対する重要な訴訟は、1996年にクリントンが彼に詐欺的な30万ドルの政府保証ローンのを求めることを急き立てたと主張する元地方の裁判官デイビット・ハールの主張に集中している。 金は決して返却されず、検察官はその一部はマクドゥーガルと彼の当時の妻スーザンとクリントン家による共同会社を支えるために使われたと主張した。 施設で手元の装置によって彼の心臓の細動を除く代わりに、ジム・マクドゥーガルが独房から連れ出されて、ジョン・ピーター・スミスセンターに連れて行かれた。フォートわース連邦医療センターに最も近いわけではないが、、そこでは(ある地方の諺である)「インターンに怠け者で練習をさせる」と言われるジョン・ピーター・スミス病院は福祉病院である。 2.メアリー・マホーニ マホーニーは元ホワイトハウス研修生であり、当時大統領のビルクリントンによるホワイトハウス内のセクハラの話を公表しようとした直後にの1997年6月にワシントンDCのジョージタウンのコーヒー店で殺された。 欧米ジャーナリズムセンターによる報道; ホワイトハウス研修生が1997年6月死んだ。魅力的な25歳の女性、マホーニーは、ビルクリントンの為に。ジョージタウンのスターバックのコーヒー店の副支配人として働く元ホワイトハウスの研修生であった。 閉店後に低位因果清掃をしている時に、ガンマンがスターバックに入ってきた。マホーニーの不たちの仲間、アロン・グッドリッチ18才と、エモリー・エバンス25歳は部屋に連れて行かれ、撃たれた。 メアリー自身は体に、少なくとも二つの消音器つきの銃から発射された可能性が高い5つの銃弾を受けた。全部で10発の銃弾が発射された・人口密度の高いジョージタウン地域の隣人達の誰もが聞いていない。 マホーニーは胸、顔と後頭部を撃たれた。 ミセには4千ドル以上が残っていたが、警察は殺害のスタイルに答える時、三重殺人を強盗と分類した。 押し入った兆候は見られなかった。ある報道は、翌朝死体が発見された時、コーヒー点はまだ閉鎖されていたと言っている。 ジョージ・ステファノポロス、モニカ・ルインスキーとチェルシー・クリントンは、スターバックの常連であった。 3.ヴィンス・ホスター フォスターはホワイトハウスの評議員でありヒラリークリントンがパートナーであるリトル・ロック・ローズ法律事務所の同僚あった。彼は頭部への銃創で死亡した、それは自殺と判定された(彼は彼女が議会への引き輪達しを拒否した記録についてクリントンに対抗する証言をしようとしていた)彼はヒラリーと関係があったと報道されている。 デイリーメールのサリー・ベデル・スミスは報告している; 1993年7月の月曜日の夜、ヴィンス・フォスターと言う48歳の弁護士がワシントンDC近くの講演で死体で発見された。 彼は口からの銃創で死んだ、そして1913年製の彼の父の38口径リボルバーが傍にあった。 それはフォスターが最近見ていたと知られている映画「少数の良い男」のなかで海軍将校が使用した自殺の方法と同じであった。 映画では司令官に対して不利な証言をすることに取り乱して、仕官は自殺した。 実生活では、ヴィンスフォスターはヒラリークリントンとの影の関係について質問攻めに会う見通しだったので、ひどく取り乱していた。 その時は自殺のはっきりしたケースであった。だった?時が経つにつれて、殺し屋が彼が知り過ぎていたので殺したと言うでたらめな噂が生じ始めた。 背が高く、ハンサムなヴィンス・フォスターはヒラリーの最も親しい同僚で良き友であった。 4.ロン・ブラウン ブラウンはクリントン配下の商務長官であり、元民主党全国大会議長であった。彼は航空機事故で衝撃で死んだと報道されている。調査に近い病理学者はブラウンの頭のてっぺんに穴があり、銃創による物と思われると報告している。 ブラウンが死んだ時、彼は調査されており、検察官と取引したいという彼の意志を公にしていた。その飛行機の他の乗員も死亡した、数日後、航空管制官は自殺した。 ジャック・キャッシルは書いた; 私が1996年にロン・ブラウンの航空機事故について聞いた時、私はそれは鍛アンル墜落、事故だと思った。当初の単純な説明に疑問を持ったのは、私が1997年遅くにブラウンの頭に穴があったと公開があってからである。 しかし、ロン・ブラウンの人生を調査すると、彼の状況は、特に晩年はいかに必死な状況であったかと見るに至った。私はまた、彼の死への調査は、いかに深く、いかに故意であり、いかにいずついたものであるか見るに至った。 最後に「殺人」の話が無責任ではないと私を信じさせたのは、公式22巻の空軍報告であった、それを確保するために私は情報公開法をよらねばならなかった。 これまでにメディアに暴露されていない、いくつかの驚くべき意外な事実はその報告書の深くに含まれている。 空軍報告もまた、エンロンとの関連を明らかにした。もし仮に航空機の事故が偶然であったとしても、ブラウンと他の34人は、ファシスト独裁者と悪名高い不正米国企業との間の恋人契約以上の高い目的では、死んではいない。 これは、大統領クリントンがブラウンとマーティン・ルーサー・キングを比較させる気にさせた彼の人生において非常に重要な挑戦であった。再び、ここで暴露できる以上の非常に多くのことがある。 小説では、読者はブラウンと死で誰が利益を得るか、そしてもし彼が殺されたならば、誰がどうやって彼を殺せるのかに関する証拠を調査することができる。 5.C・ビクターレイザーⅡ クリントン基金組織の中の主要なプレーヤーであるレイザーは、1912年6月個人機の中で死んだ。 シカゴ・トリブンの中で報告されているように; 知事ビル・クリントンの大統領選挙本部の財政共同議長であるC・ヴィクター・ライザーⅡは、彼を釣りの休暇に運ぶ小型の飛行機が荒らすかで墜落して、木曜日に死んだ。彼は52才でワシントンに住んでいた。 デ・ハヴィランド・ビーバー浮上式航空機がアンカレッジの南西300kmの•ディリングハム野町の近くに墜落し、ライザー氏と彼の22歳の息子R・モンゴメリー・ライザーと他の3人の乗客を殺した。6番目の乗客とパイロットは負傷した。 ミューヨークタイムスは書いた; 知事ビル・クリントンの大統領選挙本部の財務共同委員長のC.ヴィクター・ライザー2世は、彼を釣り休暇に運ぶ小さな飛行機がアラスカで墜落した。彼は52才でワシントンに住んでいた。 デ・ハヴィランド・ビーバー浮上式航空機がアンカレッジの南西300kmの•ディリングハム野町の近くに墜落し、ライザー氏と彼の22歳の息子R・モンゴメリー・ライザーと他の3人の乗客を殺した。6番目の乗客とパイロットは負傷した。 ライザー氏(RAY-zerと発音)、弁護士でビジネス取締役で民主党全国大会の元財務委員長はクリントン選挙本部の中部大西洋州の財務委員長であり、12の国民財務共同委員長の一人であった。金曜日に彼の死を聞いて、運動本部の報道官であるディ・ディ・マイヤーは彼をクリントン組織の主要人物と述べた。 ライザー氏はインディアナポリスで生まれ、1962年プリンストン大学で学士号を、1965年にバージニア大学の法律学位を取得した。 6.ポール・チューリー チューリは民主党全国会議政治役員で、1992年9月、アーカンソー州のリトルロックのホテルの部屋で死体で発見された。彼はクリントンによって、「親愛でな友、信頼できる顧問」と言われた。 ニュヨークタイムスは書いた; ポール・チューリー、民主党全国会議の政治役員であり、党のずば抜けた戦略家であるが、本日、アーカンソー州リトルロックで死体で発見された。彼は48才であった。 ポラスキ郡の検視官Steve Nawojczykは、チューリーの体は本日3時に、彼がリトルロックで住まいにしているホテルでメイドによって発見された。検視の結果、検視官はチューリーは病気で死んだように見えたと述べている。 チューリーさんは最も情熱があり、彼らの命をホワイトハウス復帰に捧げた民主党の政治プロの世代に積極的である一人である。彼は1968年以来、毎回の大統領選に働いてきた。 彼は知事ビル・クリントンのホワイトハウスへの駆動を助けるためにリトルロックへ移動してきた。民主党全国委員会議長のロナルド・H・ブラウンは今晩声明で述べた;「欠けがいのないポール・チューリーであるだろう。歩調を合わせ、駆り立てて、喜び満面で、ポールの我が党への貢献と、さらに重要なのはこの偉大な国をさらに偉大にすることは輝きそして長く燃える炎であった。 7.ED・ウィリー クリントン基金創設者のウィリーは1993年11月にmバージニアの深い森で頭に銃創を受けた死体で発見され、それは自殺と断定された。ウィリーのキャサリンは、ビルクリントンがホワイトハウスの大統領執務室で彼女の体を触ると主張していた。 ウィリーの妻キャサリーンはインタビューで断言した; ヒラリー・クリントンによって主に組織化される中傷と脅迫のキャンペーンを断言している新しい本では、キャサリーン・ウィリーは自殺したと言われている彼女の夫の死亡のために、前ファースト夫婦に疑いを指し示している。 ホワイトハウスで大刀慮クリントンによって体を触られたと主張しているウィリーは、彼女の夫最後はビルとヒラリークリントンによって照準にされたターゲットであったと言う推測を提起していることを、本日のWDNとのインタビューで主張した。 彼女は、弁護士でバージニアで著名な弁護士の息子の夫エドは殺されたのか?と聞かれた、ウィリーは「間違いない」と応えた。 「私は法医学の経験を持つ人にこれを見てもらっており、これらの疑問が起こった今、私はこれをさらに追求してゆくつもりである」と検視報告の疑問点を挙げてWNDに話した。 彼女はクリントン家が関与していると思っているのか? 「疑いを持っている。その通りだ」と彼女は言った。 47人はとてもご紹介できません。また時間があったら続けますが、いかがお思いでしょうか? 逆にクリントン夫婦を脅してわが身を有利にと言った場合もあったかもしれませんが、、、 世紀の犯罪です。 アメリカ国民の皆さん、ここは一度立ち止まって、よく調査されて選びましょうよ、それからでも遅くはありません。危ないですよ、世界が。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      48
      テーマ:
  • 26 May
    • 靖国問題の周辺

      熱田神宮では文化講座と称して、ノンジャンル?の講演会を月に一度開催してくれる。古代史研究家の小生は、熱田神宮の学芸員の話が楽しみで行くのですが、そんな話は1回/年くらいで、後はあるテーマに沿ったノンジャンルの講演になる。毎年5月から翌年の3月まで行われている。 今年のテーマは『明日へのあゆみ-くらしとしくみ』だそうで、5月の本年度第一回は 『靖国問題の周辺』(愛知護国神社名誉宮司臼井貞光氏)でありました。かなり右傾の話であろうから、小生は大変苦手な分野なので、躊躇しましたが、暇だし、行って来ました。5月21日。 まず、会場に入るといつもと違って、前から2列目の1テーブルに『関係者席』と大書された紙が貼ってありました。誰か来るのだろうか?・・・・・ 講演開始直前、体格のいい僧侶と同じく和服姿のご婦人でした。誰れ? やがて講演が始まると、講演者が開口一番、「今日も僧侶が来ているが、私は原理主義が嫌いだ。歴史だろ、その時その時にどう生きるかだ。親鸞さんが言えば、何でも聞くのか?」と興奮気味でした。???????何のことか分かりません。入り口に後援者の講演記録の小冊子が置いてあったので、頂いておりました。すぐにその小冊子を「浄土真宗」をキーに探すとすぐにありました。 『愛媛県玉串訴訟』であります。原告は浄土真宗大谷派(東別院)の僧侶。結果は10年以上の裁判を経て、最終最高裁で原告勝訴だそうです。それが気に入らずに、浄土真宗を毛嫌いしているらしい。小生も敬虔な浄土真宗の門徒です。親鸞さんはご自分の意見をおっしゃってはおりません。あくまで経典の中の阿弥陀如来のお言葉を紹介しているだけであります。その基本が分かっていない人に、浄土真宗を批判する資格はありません。 そもそも、公費による玉串奉奠は違憲か合憲カの裁判であります。浄土真宗だとか、靖国神社だとかの話ではありません。ある宗教法人をえこひいきしないでくれと言う訴えであります。その回答がありません。逃げています。実は以下、ご紹介しますが、全てが逃げです。 1.玉串料訴訟敗訴:私どもにおいては憂慮される事柄が尾を引いています。なにせ、最高裁の判決でありますから。⇒だから?んなのですか?馬鹿野郎、浄土真宗の坊主めがだけでした。 2.A級戦犯合祀の件(経緯としては知識になった) 昭和28年の国会で、援護法の改正を行い、刑死者が復権された。 合祀の義務が生じたので、粛々と合祀を進めた。それ以上でも、その外でもない。 靖国の意思ではなく、国家の決定に従っただけである。 その一方で、おばあちゃんが「戦犯者が同じ犠牲者だ。虐殺されたに等しいと言われても、うちのお父ちゃんと東條さんが一緒にお祀りされるのは、わしゃあかん」と言われても、占領政策、プロパガンダにやられた50年と断じている。おばあちゃんは二重の戦争被害者であると嘆いている。 亡くなられた英霊の気持ちが一般国民は分かっていないと声を荒げるが、あなたも同じではないでしょうか? 「私が戦争したわけではない。私が負けたわけではない。何時まであやまらなければならないのか」とまで言ってのけた。いつまで?一回くらいあやまたのでしょうか?あなたは? 陰謀にやられたのですが、第二次世界大戦の引き金を引いたのは間違いなく日本です。誰が悪かったのですか? 3.例のご婦人が質問されました。「千鳥が淵墓苑についてはどう考えますか?」 あんなのは、厚生省の遺骨収集団が収集した遺骨のうち身元不明なものを一室に保管していたが、置き場がなくなり千鳥が淵に移しただけだ。年に一回おまつりすればいいってもんじゃない。我々は365日毎日、おまつりしているのだ。その我々に敬意を表してもらいたいとまで言った。 英霊のため、英霊のためと言うけれど、俺達はこんなに努力しているのだ、こんなに頑張っていることを認めよと言っている。英霊のためではないんですね。 こんな人を宣伝マンにしていては、靖国神社も救われないと思いました。国民への理解は得られるどころか、逆に反発されるのではないでしょうか? なんとも後味の悪い講演会でありました。これじゃだめだよ、靖国神社さん。 靖国隠者側も意思が明確になっていない。できない環境にあるのかもしれませんが、それで分かってもらえないと言っても、分からんやつは日本人じゃないと言われても、、、 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 靖国戦後秘史 A級戦犯を合祀した男 (角川ソフィア文庫)/KADOKAWA/角川学芸出版 ¥950 Amazon.co.jp

      23
      テーマ:
  • 24 May
    • フルフォードレポート英語版(5/24)-2

      ハザールマフィアの長はジェイコブ・ナザニエル・ロスチャイルド男爵である 新金融システムの阻止と地球の利益のためのアジアの金塊の使用を抑止しているのは男爵ジェイコブ・ラザニエル・ロスチャイルドであると、CIA同様彼の近親者は言う。男爵ロスチャイルドは、中国元とロシア・ルーブルを除く米ドル、ユーロ、日本円と多くの他の通貨の発行を支配するハザール・マフィア大組織のトップである。アジアの長老達が貧困を終わらせ、環境破壊を止めて地球を天国に変えようとして将来計画期間を設立するために13%割引価格で金を提供した時、途を阻止したのはロスチャイルであった。計画はBRICS諸国、国防総省、多くの機関そしてロスチャイル自身の親戚さえ多くが支持した。 もし、男爵ロスチャイルドがこのニュースレター発行後24時間以内に、妥協の交渉に白龍会に接触してこなければ、白龍会は彼を排除するために説得できる誰にでも、香港で手に入る1トンの金塊を提供するつもりである。ところでロスチャイルド、我々はあなたが、英国バッキンガムシャ-のワデストンのあなたの国の自宅ではなく、スイスのツークのマーク・リッチの元の家に隠れているのを知っている。隠れても、それは無駄になる。 他の人々が我々を阻止するならば、我々はブッシュナチがイラクで行ったように我々自身のトランプカードを発行せざるを得なくなる。各カードは、代表される個人によってなされた人類に対する犯罪の性質によって一定の金塊で買い戻すことができる。 しかし、ロスチャイルド八方美人とハザールナチが理解する必要があることは、白龍会は悪者を捕まえようとしないということである。我々は単に地球を救いたいだけである。これを行う我々の途の邪魔をするなら、我々は彼らを排除せざるを得ない。 注意すべき他のこととしては、白龍会の計画は、いくつかの点で、野村證券が東京で外国特派員の維持の為に行われる年末のパーティに似ている。ほとんどの特派員はその派遣元から20ドル以上の贈り物を受け取ることを許されていない。だから、野村がしたことはビンゴゲームであり、結局のところ誰もが豊かな賞を獲得した。特派員はこの方法で騙されて300ドルのノリタケティーセットを受け取ることになる。言い換えれば、白龍会はディナールの人々、北朝鮮、M1(Mi?)であった色々の人、グノーシスイルミナティ、ZAPと当に金融システムの戦いに参加した各人を含んで、誰もが賞をとれるようにしたいと思っている。もちろん、この地球の全ての人々と生き物もまた、我々がやってのけるので、勝者となるだろうし、それは必ず起こる。 世界中から組織的に排除されているハザールマフィアにとって、地上の状況はますます必死な状況となっている明確なケースです。 最近の最大の進展はイスラエルにあり、そこで防衛大臣のモーシャ・ヤアロンが「イスラエル社会とネタニヤフ政権に「過激主義、暴力と人種差別」を非難して先週辞任したことである。 http://www.haaretz.com/israel-news/1.720653 これに続いてホロコースト記念日のIDF副参謀長イエール・ゴランによるコメントが続く、とりわけ彼は「イスラエル国会のける人種差別法案の雨、それらはすでに採択され施行されており、強烈にナチ政権初期のドイツ帝国議会によって採択された法案に似ている」と述べた。 http://www.veteranstoday.com/2016/05/22/uri-avnery-traces-of-nazism-in-israel-confirmed/ これらのコメントはイスラエルの元首相エフード・バラクによって支持され、彼はイスラエルはファシズムの種に感染したと言っている。 それは、ユダヤ人が終に、彼らの指導者が実際は大量虐殺を行うナチ暴力団の構成員である事実に目覚めているものと思われる。 悪魔崇拝の指導者によって千年以上に渡って供されてきた恐怖の遅れた目覚めは偶然に起こったのではない。ロシアはイスラエル首相ネタニヤフに新防衛大臣としてソ連生まれの右翼過激派アヴィクドール・リーベンマンを採用させると言う非常に洗練された運動を実施したと、国防総省情報筋は言う。この過激派はイスラエルの崩壊を早めることにあんる自殺的積極的な政策を遂行すると彼らは言う。特に、リーベンマンはミサイルの雨を誘発するであろうが彼らの所謂アイアンドーム防御が無益化するであろうレバノンへの侵攻の命令をするであろうと期待されていると、その情報源は言う。 目の前に迫る他のこととしては、イスラエル政権の金融崩壊がある。それは米上院が米市民がテロのみならず、航空機破壊行為、人質と無法な殺人に対しても告訴できる法案を通過させることに対する傀儡オバマによる反対に打ち勝ったからである。ハザールマフィア支配の新聞社はこの法案はサウジアラビアを標的にしたものと考えているが、本当の標的はイスラエルである。イスラエル(とその秘密のロスチャイルド王)は今、911、パリ攻撃、マレーシア航空機370/17便、上海ロシア航空事故そして先週のエジプトエアー事故で告訴可能である。国防総省情報源は、航空機破壊活動の言葉はイスラエルにその行動に対する責任を取らせるために意図的に上院法案に追加されたと言っている。 先週のエジプトエア事故について、CIA情報源は、実際に起こったことは3人のフランス政府代表が重大なハザール犯罪を暴露するためにエジプトに向かったので、彼らが乗った航空機はイスラエルに回された。それが最初のニュース報道は69人が搭乗していたといったが、後で66に変更され理由ですた。「上院法案の二日後のイスラエルによるエジプトエアのハイジャックは遠すぎる橋であるが、テロと犯罪の大規模情報ダンプに繋がるかもしれない。 一方ロシアは、国防総省の順位による主要なハザール裏切り者についての情報を白龍会に送ってきた。 彼らは米4星将軍ジョセフ・レオナード・ヴォーテル、米指令本部長は「最近密かにラッカ、シリアを不問してISIS構成の準備を手助けした」ロシア情報局は、ヴォーテルの忠誠心は米国にではなく、むしろハザールマフィアのヴァンガードグループとロンドンのシティの所有者(ロスチャイルド)所有者に対してであると言っている。 ベテラントゥデイはその役割として、4人の諜報員、アメリカ人、サウジ人、トルコ人とフランス人は最近シリアで日ズ野良に捕獲された。彼らもまた、ハザールマフィアのたまに働いていると言っている。 http://www.veteranstoday.com/2016/05/22/exclusive-hezbollah-captures-cia-officer-in-aleppo-commanding-al-qaeda/ 米国のハザールスパイは全て彼らのリーダーを送り共和党大統領候補ドナルド・トランプに彼らの計画に沿って進むよう説得することで支配を維持する戦いを行っている。それが、ヘンリーキッシンジャー、ディックチェイニー、ジェームス・ベーカー、シェルダン・アデルソン他が最近彼に会いに行った理由です。これらの人々が何を言おうが「ドナルドは依然、彼のハンドラーによるアメリカ人にとって最良なことをすると言わされている」と国防総省情報源は言う。トランプにはとりわけバチカン、NRA、ロシアがバックについており、クリントン/ブッシュマフィアとは全く異なる課題に従っていると、彼らは付け加えた。 ハザール権力の主要源である彼らの所有の中央銀行はまた重大なサイバー攻撃下にある。匿名のハッカーグルークはイングランド銀行、FRBのボストン支店、フランス銀行と20の他の中央銀行など世界中のコンピュータシステムをシャットダウンさせたが、彼らが言うには、彼らに対する運動の展開の始まりに過ぎない。これらの攻撃は普通の人の毎日の業務に影響を与えず、当にハザール寡頭に影響を与える方法で計画されていると、アノニマスは言う。 ハザール人の麻薬の資金を絶つ運動もまた、米南部軍のトップが5月10日にコロンビアと共同でコカインマネーがハザールナチへ流れないことを確実にする目的で訪問することで進んでいる。ドイツと日本が米に共同して、医療用とおそらくレジャー用に許可する世界中の麻薬の合法化もまた、ハザール暴徒金融の遮断である。 ハザール人はブラジルを乗っ取り、イスラエルにその中央銀行を運営させることで限定的反撃を起こせました。しかし、アルゼンチンのファシスト・マクリだけが新政府を承認しただけである。ブラジルのクーデター政権に多視する反撃は今、ストライキ、抵抗と他の行動で起こっている。 一方日本は、長期間のG7サミット会合が今週行われるが、傀儡指導者のこのグループは温泉を楽しみ、神社を訪問し、おいしい物を食べる以外になすべきことはないだろう。このサミットに集まる人はほとんど重要でなくなっているので、公式の声明も意味もないおとなしいものになるだろう。ロシアのウラジミールプーチンが「犬にかまれたら、犬を追うのではなく、その飼い主のところへ行け」と言っているが、あるグループはオバマが日本に来た時に殺したいと思っている。ボールは今、あなたのロスチャイルド裁判にある。 ---------------------------------------- ジェイコブ・ラザニエル・ロスチャイルドが大黒幕だそうです。今頃何なんですかね? ん~ん?白龍会の情報も今一ですし、行動力もないに等しい。ロスチャイルドを諭す人を募集しております。 やはり新情報がないですね。なにかおかしいよ。本当にベンジャミン・フルフォードさんが書いているのか? 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 世界を操る支配者の正体/講談社 ¥1,512 Amazon.co.jp

      30
      テーマ:
  • 22 May
    • リテラシー

      リテラシーというわけのわからない言葉がよくつかわれるが、その意味は もともとは識字力があるという意味が、「読み書きができる、教養のある」となり 「情報や知識の活用能力」という意味でつかわれているらしい。 コンピュータ・リテラシー 情報・リテラシー メディア・リテラシー 科学技術・リテラシー 数学的・リテラシー 視覚・リテラシー ヘルス・リテラシー 精神・リテラシー 金融・リテラシー 統計・リテラシー 文化・リテラシー もう、意味不明です。何でもリテラシーをつければいいようになっている。 「サイエンスカフェin名古屋」という個人的には大変面白いイベントがあって、名古屋市立大学のシステム自然科学研究科が主体となって、カフェに一般市民を集めて、コーヒーを飲みながら科学を語る。1回/月行われてきて、はや来月で110回を迎える。 昨日、今月のサイエンスカフェが行われテーマは 「暮らしの中での科学と統計のリテラシー」-それは科学ですか?それは正しい統計解釈でしょうか-名古屋市立大学の片山詔久先生 1.水からの伝達 言葉をかけた水を凍らせる 「ありがとう」→きれいな結晶 「馬鹿野郎」→汚い結晶 出典:江本勝「自らの伝言(波動教育社)、1998年」 これを信じた小学校が児童に教えてしまった。 貴方も教えられた子供ではないですか?(私はなかった) そのうそを打ち消すのに大変。 「ありがとう」きれいな結晶「ばかやろう」汚い結晶まぁ、道徳の事業に使われたので、いいんじゃないのという意見もあるが、、、 2.いろいろな水商売 (1)「マイナスイオン」:電荷を受けた原子をイオンという。陽イオン、陰イオンとは言うが、科学的にはマイナスイオンとは言わない。バラエティ番組で有名になり、シャープはイオン発生器まで作って、後押ししてしまった。 その所為かどうか、今買収されてしまいましたとさ。 滝の近くは気持ちがいい。滝は自然の中にあるし、水の影響で涼しいしが、マイナスイオンやらの所為ではない。相関関係と因果関係の混同をしないように。 マイナスイオン・ドライヤーまで売っている。これもパナソニック。はぁ。。。。 科学技術的開発なんかできないのではないか?松下電工。 (2)アルカリイオン水、電解還元水 1985年に厚生省が「医療物質生成器」として承認→1990年取り消し 今、医療効果を暗示するだけで薬事法違反です。 他にも、「活性水素水」「水素豊富水」など、新手が出てくる。 PHを高めたただの水、体には効かないだけならいいが、病気が悪化しないか心配。 購入することは偽科学の蔓延に手を貸すことになる。 名古屋工業大学の生協で売っているらしい、なんと東京工業大学の生協でも売っている。 日本の科学の本丸がこれである。 こんな分子式(右)はありませんからご注意を! (3)水素水 水素を溶かしこんだ水という意味なのか?ただし、水の中には常圧で1.6ppmくらいは入るらしい。但し、水素イオンになるわけではない。これが効くとは思われない。 中日新聞が「効能分らぬ水素水の生成器」として批判している。 それを作ったのはなんと、パナソニック・・・・・・ これは犯罪ではないだろうか。 パナソニックもシャープの後を追うことになるよ~ (4)コラーゲン 高分子たんぱく質のコラーゲンはそのままでは吸収されない。胃や腸でアミノ酸に分解され吸収される。体内でコラーゲンに再合成される確率は非常に低い。 ビタミンCはコラーゲンの3重らせんこうぞうを保つ働きがあることは証明されている。 コラーゲンを摂取するよりビタミンCの方が効果あるが、普通の人のビタミンCは十分摂取している。ということで、お肌がすべすべは勘違い?別の要因のようです。よく寝たとか^^ サントリーも富士写真フィルムもアウトです。 まぁ、ほとんど疑似科学のようです。有名メーカが後押しするのは社会的責任が大きいですね。パナソニックは罪深いと思うが。 我々がここで語る世界もリテラシー(常識といっても良いかも)を持って各自が判断しないと馬鹿野郎の水になってします。改めて自己防衛、自己責任を思った。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 ニセ科学を見抜くセンス/新日本出版社 ¥1,620 Amazon.co.jp

      38
      テーマ:
  • 21 May
    • クリントンメールを巡るクレムリン戦争

      クレムリンの戦争は最高機密ヒラリークリントンの電子メールの公開を巡って勃発する http://www.eutimes.net/2016/05/kremlin-war-erupts-over-release-of-top-secret-hillary-clinton-emails/ 本日クレムリン内を回覧されている連邦安全保障会議(SC)の魅力的な報告書は、元米国務長官で、現在米米大統領候補のヒラリークリントンが所有する個人的、非セキュリティなコンピュータ(電子メールサーバー)から対外情報庁(SVR)が入手した最高秘密で分類された電子メール数万通を欧米メディに公開する問題に関して、安全保障会議議長アレクサンダー・ボルトニコフと連邦保安庁(FSB)長官のバレンチナ・マトビエンコの間で、言葉の戦争が始まったことを暗示している。 この報告書によると、2011年初め、SVR情報解析者はルーマニアのコンピュータハッカーであるマルセル・ラザールレヘル(別名グッチファ)が連邦が出資するRTテレビ網のコンピュータシステムへの侵入のたくらみに失敗した後、重大/関心ある彼の監視を始めた。 国際コンピューターハッカーの監視に対するSVRの手順に従うと、グッチファの行動は追跡され記録され(物理的にも電子的にも)、2013年にこれらの情報分析者にクリントン長官の私有コンピュータへの彼の侵入を検出するだけではなく、SVRにその内容の複写も許可していると、この報告書は続ける。 SVRが国務長官クリントンの個人コンピュータから数万の最高秘密で分類された電子メールを入手した直後、議長のマトビエンコは個人的にそれらの部分的限定的公開をRTに許可した-当時2013年3月20日に「ヒラリークリントンのベンガジ電子メール完全公開」と題する記事を公開した-しかし、欧米主流メディア情報源は全く報道しなかった。 Vice Newsが「リビアの石油、金とカダフィ」と題する記事を公開した時、どのアメリカのニュースメディアもクリントンの電子メールの紛失について放送することは1月(2016年)までなかった。シドニー・ブルーメンソールが2011年にヒラリークリントンに送った奇妙な電子メール-そしてそれが、クリントン長官にリビアの破壊を命令させる実際の原因となった事に関する我々の2014年8月1日の報告書を確認したと、この報告はさらに述べている。 FSB長官のボルトニコフは長官マトビイェンコがクリントン長官の電子メール公開を許可したことに、アメリカがすぐにそのハッキングの情報源を発見するだろうという恐れから、非常に激怒した。-米国は2014年1月22日にルーマニアでガッシフアの逮捕につながった彼の調査においてルーマニア政府を支援することで当に実行した。その後、米国はその年の6月に彼を起訴したと、その報告書は続ける。 グッチファの逮捕の後、彼はルーマニアに送られコンピュータハッキング犯罪で有罪となり7年の禁固刑の宣言を受けたと、この報告は言う。 3月(2016年)に、マトビイェンコ長官は彼女の仲間や同僚に、大統領プーチンのアメリカ大統領候補ドナルドトランプについて好意的な意見や思考の所為で、連邦に関連することとして、安全保障理事会は世界的大災難がしっかり記録されており、ロシア人によって嫌われてもいる人間に対して、彼を支援する試みとしてクリントン長官の最高秘密と機密電子メールの公開を考えるべきである。 議長のマトビイェンコがクリントン長官の電子メールに関する彼女の考えを連邦安全保障会議に知らせる数日間のうちに、オバマ政権は3月31日に、ガッシファをルーマニアの独房から米国に急ぎ禁固のまま搬送して、裁判か彼が知っていること、つまりNBCニュースによってアメリカ国民が隠されている事実を話す取引を待っていると、この報告書は続ける。 オバマ政権のルーマニアからのグッチファの引き取りに続いて、米国はパナマ文書と呼ばれる根拠のない作り物で文書になっていない多くの連邦のビジネスマンや政治家に対する疑惑である4月15日付けのCIA情報改竄記録を発信することで偽情報攻撃を開始した。FSBはクレムリンに対する警告である明白な通知であり、ロシア人が受けた物より多くのダメージを受けるようなクリントン長官の最高秘密で分類された電子メールを発信をすべきであると述べている。 この連邦安全保障会議の報告書はクリントン長官の最高秘密で分類された電子メールを公開する綱引きにおいてどちらが勝つのかは示していないが、それらはアメリカ大統領選への影響だけではなく、米露関係にも影響を与えるのではと言う疑念がわく。 --------------------------------------- これを読むと、根拠のないパナマ文書でロシアのビジネスマンと政治家をおとしめた仕返しに、クレムリンが、ヒラリークリントンの機密電子メールを暴露したということになります。 そうだったのか、であるならばさらに第二弾、第三弾を放って徹底的に打ちのめしてほしい。 体調不全で候補を下させて下さい。よろしくです。たのもしい~^^ 一方、敵も、いよいよヒラリーを諦めたらしい。副大統領のジョーバイデンを再登場させようとしているらしいが、彼らも今一自信がないようだ。ではだれにするか?サンダースだけは彼らは完全に苦手だ。でも、結果はサンダースになるものととっくに思っている。 サンダースとトランプでがちんこ勝負を期待する。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 パナマ文書 : 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う/徳間書店 ¥1,080 Amazon.co.jp

      34
      テーマ:
  • 20 May
    • ウクライナの大量虐殺

      振るフォードレポートにあった添付の資料です。 途中でもういやになりました。見直しもしていません。誤字脱字はご勘弁を。 親愛なるベンジャミン 以下に詳細な情報がある。あなたの素晴らしい人類に対する奉仕に有難う。 多くの人々があなたを愛しています。 ニーナ あなたの友 我々、人民、友、アメリカ人! どうかビデオを見てください、そして、ウクライナとドンバスにおける犯罪者医 師、政治家とSBU当局者による子供・夫人を含む生きた人間から人の臓器を採 取することによる大量虐殺について述べるウクライナのSBU代理人(SBUー ウクライナ安全保障サービス)の証言記録を読んでください。 ウクライナの戦争派を組織した人とその理由 SBU代理人の認識 ttps://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY SBU代理人は子供を含む生きた人間から臓器を採取し、そしてこれらのヒント 臓器をイスラエルと他の西側国に売ると言う大量殺人を実行する犯罪ギャングは ミヘイル・サアカシュヴィルと彼のドイツ人妻サンドラ・ロエロフによって率い られていると説明した。 ミハエル・サアカシュヴィルは現在のウクライナのオデッサ州(地域)の知事で あり、彼は2004年1月25日から2013年11月17日の二期連続の間、 グルジアの第三代大統領であった。 https://keithrkenney.files.wordpress.com/2011/10/sandra21.jpg どうか、このビデオの中の殺された市民と兵士の集団墓地、彼らから搾取された 臓器の写真、殺された人々の死体を置く部屋とウクライナとドンバスの人々の大 量虐殺に参加した犯罪者の写真を見てください。 文章の下に、ベンジャミン・フルフォードの2016年5月9日の全報告書を示 す。 http://www.stage2omega.com/benjamin-fulford-full-report-may-9-2016/ 米政権交代と中国の重大な政治混乱を含む多方面出の大きな動き 1.ベンジャミンは彼の報告書の中で、悪魔ハザールマフィアに対する米露統合 作戦について国防総省と他の情報源はによる、そして米国、ウクライナ他で数十 万人の子供がハザール人によって虐殺が起こったと説明している。 私がビデオを見ること読むことであなたに提供したSBU代理人の証言は米国で よく知られた世界最大の犯罪組織である ・ハザールマフィア(KM) ・ロスチャイルド・ユダヤマフィア ・世界最大の反人類寄生虫 によって子供に対して行われた犯罪の更なる証拠である。 2.ベンジャミン・フルフォードは彼の報告の中で、ウクライナの人々の虐殺に 関するSBU代理人の証言を支持する追加的証拠である記事「スペアパーツ」へ のリンクを提供している。 http://82.221.129.208/ifyouareinamericayouprobablycantseethisw9.html 「25,000人のウクライナ子供がイスラエルの臓器採取計画に使われた理由 がここにある」 MX22から 「子供を誘拐して彼らの臓器を採取する国際的なイスラエルの陰謀は、ウクライ ナの子供を輸入して彼らの臓器を採取すると言うテルアビブの計画を漏らす他の オ衝撃的な話として勢いを集めている。 この話は、イスラエルは何度か25,000人のウクライナの子供と過去二年間 に渡って彼らの臓器を採取するために占領地域に持ち込んだ事実は明るみに出し た。イスラエルで採用された15人の子供達に対するウクライナ人の実を結ばな い検索を引用している。子供は明らかにイスラエル医療センタにつれて行かれた 、そこでスペアパーツに使われた。 親愛なる友よ、どうか文法ミスがあるかもしれませんが許してください。私はハ ザールマフィアの攻撃を受けており、その傭兵が私のラップトップに定期的にサ イバー攻撃を仕掛けて来るので、私は後で、たった三週間前に私を殺そうとする 7回目の企みがイスラエルの犯罪者によって実行されたことを説明します。 私は依然、弱いと感じているが、私は生き抜いている。神が再び私を救った・・ ・私の友の何人かはこれらはザール犯罪者、その傭兵と北部カルフォルニアの融合センタの壊れた代理人が、2010年以来128回以上の私に対する犯罪攻撃を行ったことを知っている。これらの犯罪攻撃は警察とFBIに記録されている。これが、カルフォルニアの低所得者への私の支援と助けの所為でハザールマフィアに向き合ったことである。 皆様に私の祝福を ニーナ・シドロバ 北カルフォルニア居住者協会会長 ウクライナにおけるSBUの証言の記録は一生懸命に英語に翻訳しました。 ウクライナで誰が何故、戦争を組織したのか? SBU代理人の認知 https://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY 0:22 このビデオの個人は彼はウクライナのSBU代理人(ウクライナ安全保障機関)。2014年12月、彼はドンバスのATO地区に医療グループと共に送られた。緊急集中治療グループと呼ばれる医療グループ。 彼らはクラマトスルクの町で二週間訓練を受けて、その後、医者のグループと連携したと彼は述べている。彼らは新しい西側医療機器と新兵器を受け取った。彼はSBUのコル・ミシェンコが彼らに多くの兵士は死後に彼らの臓器を提供したいと説明され、これらの兵士の親族は次第の兵士から取った臓器に対して金を受け取ることになると説明を受けたと解説している。しかし、彼は後で、市民-子供夫人を含む生きた人間から臓器がとられたと気付いた。 臓器を採取した人間一人当たりにSBU代理人は170ドルを受け取った。SBU代理人は、腎臓、肝臓やすい臓等の内臓が生きた子供、夫人や兵士から採取されただけではなく、目は皮膚、骨も採取されたと証言の間に数回述べた。 2:24;オランダ市民である移植専門家エリザベス・デブルクは、生きた人間から許可なく内臓を採取するために彼女と共に働く犯罪者を要求した。頻繁に彼女は子供を含む市民から内臓を取り出 *もう訳したくない、、、同じことを繰り返し書いているようなので、今までで十分でしょう。 役を見直す気力もないので、誤字脱字はご勘弁を! 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 2:24, The professional transplantologist, Elisabeth Debruk, a citizen of Holland, required other criminals, working with her, to take organs from alive people without their permissions. Very often, she took organs from civilians, including children. For 5 or 7 minutes, Elisabeth Debruk could take couple of kidneys or other kinds of organs from an easy wounded soldier who was not heavily wounded, or from civilians. Elisabeth Debruk packed these organs in special containers and gave to SBU agents these organs to send these organs to a wife of Mikheil Saakashvili, (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли), Sandra Roelofs. The SBU agent mentioned in his testimony City of Kramatorsk and City of Debalchevo (Donbass). He said that many organs were taken from people from sector С (Сектор Ц) near these cities. The SBU agent explains that only for one day in February 2015 from one place where he worked with Elisabeth Debruk, they took and sent 23 (twenty three) pairs of human kidneys, livers and spleens. 3:13, The agent said that corps of the people from whom organs were taken were put on tracks and brought to the City of Artemovsk where other people of this group already prepared mass graves for murdered people. He said our Generals and we earned a lot of money, working in Debalchevo and harvesting human organs. 4:17, The SBU agent said that he knows English well, and he witnessed how Elisabeth Debruk was talking with a wife of Mikheil Saakashvili– Sandra Roelofs who called her from Europe and who asked her to increase the number of removed organs and the quality of the organs. Sandra Roelofs was a real boss who guided this group and who ordered taking human organs from alive people of Ukraine and Donbass. Sandra Roelofs told to this SBU agent that if he would face any problems with harvesting human organs, he need to contact Col. Vladimir Michenko, and if he would face serious problems, he should contact Vice Director of Ukrainian SBU General Alexander. (SBU– Security Service of Ukraine). 4:41, This agent testifies that everything was changed after Mikheil Saakashvili (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли), visited this place in Ukraine (Donbass) where the criminal group of medical doctors and SBU agents committed crimes of murdering people and taking from them their organs. Col. Michenko required this SBU agent to accompany Saakashvili on April 22, 2015. Elisabeth Debruk attended all of the meetings with Saakashvili in the City of Kramatosrk and City of Lisichansk (Donbass). Mikheil Saakashvili praised the doctors and SBU agents for harvesting human organs, and he told them that their salaries will be increased. Saakashvili called human organs “products”, and he required increasing delivery of the “products”. 5:40, “After Mikheil Saakashvili left, everything went by the devil way”, said a SBU agent. He said that murderings of people have increased dramatically. The victims, from whom organs were taken, were buried in mass graves, and he witnessed that these murdered people were declared in SBU’s documents as missing people. The relatives of these soldiers did not receive any money, and they were told that their sons and husbands were missing. 5:50, When fighting was stopped (during truce), Sandra Roelofs, a wife of Mikheil Saakashvili, started calling almost each day, requiring to increase organs’ deliveries. The SBU agent said that Elisabeth Debruk, Roman and Svetlana took organs from Ukrainian civilians, including children. 6:00, The SBU agent explains what happened near City Opasnoe (Опасное) in Ukraine (Donbass). He provided an example of the murders of civilians, including children. He explains that Elisabeth Debruk murdered a 12 years old girl who just lost her consciousness for a few minutes from the blast occurring near. Criminal Debruck (a citizen of Holland) took kidney and spleen from this 12 years old alive child. (Look at photos at 6:12). Debruk cut organs from a father of this girl, who was NOT wounded. The agent remember a name of a father of this girl (his name was Vladimir Layshevsky). The SBU agent remembered this name because he took his passport and gave to other agents. The mother of the girl was wounded, and she was sent to a hospital for complete removal of all of her organs. When this SBU agent checked medical documents, he saw that these three people, including a 12 years old girl, were declared dead from a blast. As I mention above, this SBU agent said a few times during his testimony that not only kidneys, livers, and spleens were taken from alive Ukrainians and Russians, but also people’s eyes, skin, bones, etc. 6:40, The SBU agent stated that he witnessed wild genocide of civilians that took place in Ukraine and Donbass. He was shocked even he participated in it. He would not be able to participate in this genocide anymore. On June 4, 2015, he wrote a report of a resignation. He reported to his commander that wild genocide of the civilians and soldiers is taking place in Ukraine and Donbass. Col. Michenko asked him again why he signed his resignation. The SBU agent explained again that the wild genocide of civilians and soldiers is going on… He provided supporting evidence. 7:02, He was told that he should show the mass graves of the murdered civilians and soldiers from whom their organs were taken. Please, look at the photos of these graves and watch this part of the video. This SBU agent was told to take a vacation and relax, after which he would be promoted. 7:08, The video shows how the mass graves of civilians and soldiers in the City of Artemovsk were opened. The professional doctors— eksgumators were sent to this place. Only in one particular place, 132 (one hundred thirty two) corps of the murdered people were found. The people were murdered because their organs were taken from them. Four people in each gave. The SBU agent does not know where they brought the corps of the people after eksgumators took them from mass graves. 7:24, The SBU agent states that on June 11, 2015, he met General Alexander Radechky in Kiev. (Nina: Radechky is a Khazarian Jew). General Radechky told him that this agent should take a vacation and relax, after which he would be promoted and become a major. However, when this agent left a general’s office, he was immediately attacked and arrested, after which SBU agents brought him to the basement of the SBU’s building. Those who arrested this SBU agent showed him an order for his arrest for the falsification of the documents, and they requested him to sign an agreement to go to a mental hospital. They told that if he would not agree with a mental hospital, he would be in jail or would be murdered. The SBU agent said, “Okay, I will go to a mental hospital.” He asked just to allow him to go to his house for one night, and he gave those who arrested him $300. It was all of the money he has with him. 7:52, He asked to bring him to his home for one night. The SBU agent promised to pay to those who arrested him $1000 to each of them if they would bring him home for one night before he would go to a mental hospital… When they brought him home, he gave $1000 to each of those who arrested him. He testifies, “I am a professional intelligence officer, and this was not a problem for me to run away even somebody watched my house…” 8:18, The former Ukrainian SBU agent appeal to all of us… He shows videos and photos of mass graves and organs that were taken from alive people who were murdered. He showed video of criminals who have participated in genocide of civilians and soldiers in Ukraine and Donbass. 8:25, You can see on his videos the corps of people from whom their organs were taken. You can see the rooms where human bodies were dumped after the organs were taken from alive people and they were murdered. 8:33,The SBU agent said that he can show other mass graves of the people who were murdered because their organs were taken from them. He explains about mass graves near a village Chassovya (Часовья), in which were buried more than 97 (ninety-seven) people, from whom their organs were taken. He stated that more than 20 (twenty) of these murdered people were civilians, children and women. 8:50, The SBU agent explains about a mass grave near City of Uglegorsk (Углегорск) where more than 30 (thirty) people were buried. He states that these people were murdered because their organs were taken from them. 9:01, He contacted WikiLeaks describing genocide of people of Ukraine and Donbass. The SBU agent states one more time that criminal Mikheil Saakashvili (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли) and his Dutch wife, Sandra Roelofs, are those who are leading this genocidal business of murdering civilians, including children and women, and soldiers in order to take their organs, skin, eyes and bones and to sell. 9:00, The SBU agent said that he knows that he is guilty because he participated in this wild genocide. He says that he deserves severe punishment. However, he would not give up, and he will do everything that he can in order to expose this Genocide and harvesting of organs from alive and healthy people of Ukraine and Donbass, including of harvesting of organs from children and women. The SBU agent states that this Genocide did not stopped. The Genocide of people of Donbas (Novorossya) and Ukraine continues… 9:13, The SBU agent said his former coworker, Gennady Getman, was promoted, and he is now a leader of the medical group that murders alive people, including children by taking organs from alive people. He stated that Gennady Getman falsifies documents, declaring alive and healthy people as being dead, after which the criminal doctors take organs from these people, and the murdered people were buried in mass graves. He said that any of the Ukrainians or people from Donbass could become victims of these murderers. 9:35, This repentant SBU agent appeals to all of us, asking to help him to stop this Genocide of People of Ukraine and people of Donbass! Translated to the best of my ability, Nina Sidorova, President of the Northern California Tenant Association Ukrainian kids, new victims of Israeli ‘organ theft’ https://mx22.wordpress.com/2009/12/03/25000-ukrainian-children-organs-havested-in-israel/ https://mx22.files.wordpress.com/2009/12/pirhayati20091203173709140-11.jpg?w=300&h=202 An international Israeli conspiracy to kidnap children and harvest their organs is gathering momentum as another shocking story divulges Tel Aviv’s plot to import Ukrainian children and harvest their organs. The story brings to light the fact that Israel has brought some 25,000 Ukrainian children into the occupied entity over the past two years in order to harvest their organs. It cites a Ukrainian man’s fruitless search for 15 children who had been adopted in Israel. The children had clearly been taken by Israeli medical centers, where they were used for ‘spare parts’. The account was unveiled five days ago by a Ukrainian philosophy professor and author, Vyacheslav Gudin, at a pseudo-academic conference in the Ukrainian capital, Kiev. Gudin told an estimated 300 attendees of the Kiev conference that it was essential that all Ukrainians be made aware of the genocide Israel was perpetrating. The conference also featured two professors who presented a book blaming “the Zionists” for the Ukrainian famine of the 1930s, as well as the country’s current condition. Meanwhile, Ukrainians demonstrated outside the Israeli Embassy in Kiev on Tuesday to protest a letter signed by 26 Knesset members (MKs) condemning what they described as anti-Semitic remarks by presidential candidate Sergey Ratushnyak. Protesters chanted ‘Ukraine isn’t the Gaza Strip,’ suggesting that they consider the effort by the Israeli MKs as an intervention in their country. A story, published in the Arabic-language Algerian daily al-Khabar in September, reported that Interpol, the international police organization, has revealed the existence of ‘a Jewish gang’ that was ‘involved in the abduction of children from Algeria and trafficking of their organs.’ According to the story, bands of Moroccans and Algerians had been roaming the streets of Algerian cities in an attempt to hunt around for young children. They then trafficked the kids across the border into the neighboring Morocco. The children were then sold to Israelis and American Jews in Oujda, the capital of eastern Morocco, for the purpose of organ harvest in Israel and the United States. The story is based on statements made by Mustafa Khayatti, head of the Algerian National Committee for the Development of Health Research. Khayatti maintains that the abduction of children in Algeria is linked to arrests made in New York and New Jersey at the end of July, in which several Jewish men were among the 44 arrested in connection to an investigation into illegal organ trafficking and political corruption. The story comes in line with the article published last month in Aftonbladet, Sweden’s largest circulation daily, suggesting that the Israeli army kidnapped and killed young Palestinians to harvest their organs. It shed light on the case of Bilal Ahmed Ghanem, a 19-year-old Palestinian man, who was shot dead in 1992 by Israeli forces in the West Bank village of Imatin. Bostrom, who witnessed the man’s killing, said Ghanem’s body was abducted following the shooting and was returned at midnight, during an imposed curfew, several days later by the Israeli military with a cut from the stomach to the neck that had been stitched up. Bostrom argued that an autopsy would be required if the cause of death was not apparent, while in this case it was clear that Bilal was shot dead. After that incident, at least 20 Palestinian families told Bostrom that they

      30
      テーマ:
  • 19 May
    • パナマ文書はトカゲの尻尾切り

      パナマ文書騒動は何か? スイス、ネバタが追い込まれて、トカゲの尻尾切りをしているのだと思う。 切られた方は、馬鹿やろうとばかり反旗を翻すので、時間稼ぎのつもりでしょうが、 やがて内部崩壊する。それだけ追い込まれていると理解しましょう。 最近、電通の名前が声高らかに聞こえてくるのも、切られているということです。 創価学会も、、怒っているでしょうね。 苫米地博士がMXテレビで解説しています。 スイス銀行経由でバージン諸島へ行っている金は「JAPAN」では検索されない。 ちゃんと検索すると、電通もNHKも創価学会もぞろぞろ出てくる。 マスコミは敢えて隠している。 設立理由は節税とロンダリング以外の何物ではない。 パナマ文書が問題になっていないのは日本だけ。 それにしても完全なトカゲの尻尾切りなので、みんなが反旗を翻して、スイス本体の暴露は時間の問題だと思う。苦し紛れに目くらましが自滅への道となる。 企業の利益から労働者へ分配されるのですが、タックスへ分へ利益を隠すと、お金がないふりができる。財源がなく給料アップができません。 BBC; 政治家と大企業の癒着した不正である。 サンダース; 富裕層1%が富の90%を所有して要るのは公正とは言えない。 どの大統領一人の力で変革をもたらすことは出来ない。 富裕層の資金提供者は強力である。 既に政治に興味を失った人 ワシントンに失望している人 これまで政治に興味を持っていなかった若者 数百万人の人々が一緒に、 「この偉大な国の政府は、少数の金持ちではなく、我々みんなの政府なのだ!」 その声を上げたとき、倭達したちはこの国を変えることが出来るのです。 実際にはそう簡単ではないけれど、どうか伝えてください、みんなに。 尻尾を切らせて、わが身が斬られるのは間違いがない。 相当追い込んでいる。もう少しです。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている!/朝日新聞出版 ¥2,700 Amazon.co.jp

      46
      テーマ:
  • 18 May
    • フルフォードレポート英語版(5/17)

      中国は白龍会経由のみを金塊といい、日本のレジスタンスはオバマは広島で神風に会うと言っている 地球のための戦いは多くの面で荒れ狂っている。金融戦争はこれらの前線で最も重要なままにある。中国政府の情報源によれば、それらの背後にいる中国軍とドラゴンファミリは今、白龍会を通して、そして世界平和の達成に使われる限り、金塊は西側にも利用可能であると主張している。これについては下で述べるが、他の大きな進展はこの著者へ配信された手書きのメモに、「神風は広島で失望を暗殺しようとしている」と書かれていた。この意味は米大統領オバマが今月の末に日本を訪問するときに、自爆テロが彼を殺すと言うことである。 もう一つの魅力的で、おそらく関係のある事件は、日本の国民放送NHK放送網は1944年に日本軍の航空機工場がポンポイントの地震で攻撃されたドキュメンタリーを放送し始めた。これに続き、米B29は「次は何をお見舞いしましょうか?」と言うビラをばら撒いた。1944年の地震の地震計の記録は先月旧称宇野日本軍基地に集中した群発地震のパターンと同じである。これは、地震攻撃に関する日本語のNHKドキュメンタリーへのリンクです。 https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=AKeH9lRIG4M&app=desktop それらの攻撃に用いられた最も可能性のある技術はニコラ・テスラ発信機に基づくものであろう。 https://en.wikipedia.org/wiki/Tesla’s_oscillator これらは1930年代に米政府によって軍事機密となった。日本の地下組織はこのドキュメンタリーは我々に関心を寄せさせ、彼らは最近の地震攻撃に対して報復をすると言っている。 それに関してロシア情報源は、人間の臓器を収穫する目的でウクライナや他の場所でハザールマフィアによる市民の組織的殺人に関する詳細な証拠が転送してきている。証拠のいくつかは今週の報告の末尾に添付している。これらの犯罪の加害者は追われていることが分かる。 現在進行中の排除から逃避が絶望的なハザールマフィアは一時的に、公選されたブラジル大統領ディルマ・ルセフを打倒することに成功した。犯罪者による新政府はすでに経済の民営化(略奪)の大きなセクションについて設定した。ブラジルのその戦いは終わっておらず、新しい泥棒政治は不安定であり長続きはしない事が確認できるだろう。 ハザールナチ派の上級幹部のヘンリーキッシンジャーは、イルミナティのアレクサンダー・ロマノフが我々に誤情報を与えたように殺されてはおらず、第二次世界大戦の対ドイツ戦勝記念日の5月9日に国防総省へ召還されて、キッシンジャーは彼の仲間のハザールマフィア達に、銀行を倒産させ、貯蓄や年金を盗むのを止め、舞いなる金利を止め、そして米ドルを金塊で裏打ちさせなければならないと伝えるよう言われた。5月9日は香港の金塊の所有者への直接メッセージとして米露軍事協力を象徴するために選ばれたと。国防総省情報源は言う。 中国は上述の通り、少なくとも2万トンの金塊を、条件としてすでに述べたように10%を将来計画機関の設立に、3%を手数料として13%割引で提供することで反応した。金塊の所有者は彼らはそれを中国共産党政府や中国企業には手渡さないと言っている中国軍である。彼らは、99.99%の純度の12.5kgの棒に精錬されている2万トンとは別に、さらに多くの利用可能な金塊があるが、しかし、それは60%金、40%銅のインゴットであり清廉が必要である。CIAと中国政府の情報源の両方が認めるドラゴン・ファミリーへの中国軍の報告。 米軍産複合体の中にはこの提供を受け入れる必要はなく、今は彼らはFRBを引き継ぎ米の問題を解決するためにドルを印刷できると考える人々がまだいる。共和党大統領候補のドナルド・トランプも明らかにその一人である。5月9日にトランプはCNNで以下のように述べた; 「人々は私が負債を購入しに行き、デフォルトしようとしていると言うが、これらの人々は狂っている。ここは米国政府です。第一に、お金を印刷すれば良いのでデフォルトは必要ありません、言いたくありませんが、大丈夫ですか?つまり、デフォルトは決してない。」 トランプが理解できていないことは、米国はそれが国内で使う金は全て印刷できるが、外国人は実物に交換できるものに裏打ちされていない無制限のドルを受け取らない。米国は今ではすでにデフォルトしていることが外国の債権者の関心事である。5月2日に米国の植民地であるプエルトリコが422百万ドルの債権支払いに最近失敗したことは、事実上は米国政府の債務不履行である。その債務を自国民から借りている日本政府と違い、米政府はその維持を外国人に依存している。正当な理由で、これらの外国人はもはや米国の紙幣を信用していない。これが、米国が、彼らのドルを裏打ちするために非常に寛大な中国の金の提供を受け入れることが必要な理由です。彼らが交換条件に求めているすべては世界平和です。 トランプは次の米大統領になる可能性が非常に高いと思うので、彼は米国が壊滅的経済崩壊を避けるためにこの提案の背景を考える必要がある。米国は国際的義務を外れて印刷することはできない。 いずれにしても、米軍産体制はトランプの方向に引き寄せられている。先週、ブッシュ大統領のジム・ベーカーはブッシュ家を離れてトランプと会ったと、国防総省情報源は言う。彼は沈み行くハザールナチ船を放棄したねずみの群れのディックチェイニーに統合した。 これらのねずみにとって過去の犯罪の免責を完全に得るにはおそらく遅すぎる。先週、元CIA長官ジョージ・テネットは2001年9月11日以前に、序^字・ブッシュとチェイニーは米国は攻撃されると言う繰り返しの警告を無視した事の情報を公開した。 http://www.blacklistednews.com/Ex-CIA_Chief%3A_Bush_and_Cheney_Knew_911_Was_Imminent%2C_Concealed_Intelligence/51150/0/38/38/Y/M.html サウジ政府当局者のようなブッシュ家の卑屈なおべっか使いのその攻撃における役割は今、世界中の新聞で公開されている。 911における彼らの役割と所謂イスラムテロへの資金供与に対する重大な罰則を恐れるサウジは、彼らを守ってくれる新しい兄を見つけることを期待して中国に走っている。祭事がサウジ国営石油会社を中国に売る申し出をしている理由である。彼らはそれがアメリカによって押収されるよりむしろ中国に売りたい。それが湾岸石油君主国が南シナ海の紛争において米国に対抗して中国に付くと言っている理由です。 http://sputniknews.com/asia/20160513/1039583944/arab-states-china.html しかし、中国はサウジのいたずらの犠牲になって、石油億万長者になった駱駝泥棒の一族を保護するために米軍と戦うつもりはない。彼らはサウジが本当のイスラムではなく、悪魔崇拝ハザール人であることを知っているので、これは本当に真実である。サウジは世界の人々に対して彼らの犯罪に対して補償しべきであり、彼らにとってそれ以外の選択肢はない。 米国と欧州の悪魔崇拝ハザール人は、欧州との彼らのTTIP貿易協定が運命付けられているので、深い困難に陥っている。TTIPは彼らを訴訟者や騙され投資者への支払いから保護されることになっていたので、それないではハザール銀行は重大な難局になると、国防総省情報源は言う。 ヘッジ・ファンドの影の銀行世界もまた、彼らがもはやFRBから内部情報を取得できないので、巨大な損失に苦しんでいる。下部s期史上と外国為替市場の機能不全はまた、投資家にこれらの市場を避けて現金を所有することをもたらしている。「投資家は他人のお金の世話役であり、彼らはピラミッド構造に資本を配置したくはない」は、ブレーン・キャピタルのラス・セルトが金融市場における道徳の新発見の感覚(報復の恐怖)を説明した方法である。 http://www.zerohedge.com/news/2016-05-15/global-negative-feedback-loop-why-investors-are-fleeing-capital-markets 彼が述べているピラミッド構造とは株式や債券市場を下支えするために不換紙幣を使っている中央銀行のことである。言い換えれば、金融市場の多くの人々は、彼らが通常にビジネスを続けるならば、彼らは非常に実際に恐喝の罪で投獄されることに気付いている。 今週の報告を締めくくるにあたって、以下に添付した、ハザールマフィアがいかに悪魔であり、この惨劇を完全に破壊しなければならない理由を示したロシアからの生の情報をご覧下さい。 -------------------------------- 以下は、ウクライナにおける臓器略奪商売に関する報告です。気持ち悪いので訳す気が起こりませんが、敢えてこれを今はそのままにしておきます。 そうするといかに情報がないことが分かる。この程度なら私でもすでに知っていることである。 知らないのはオバマが広島で自爆テロに会うという話ですが、当局に話したのでしょうか? キッシンジャー死亡説もがせでした。 それとあまりにも中国寄りで、おそらく白龍会が出どこの所為だと思う。米国の本流からの情報がない気がします。 トランプの件にしても、彼はそんなこと百も承知です。米国を破綻させようとしている、それ以外に米国を救う道はないと考えているのです。 中国から金塊を買えば助かるのですか?その金はどこにあるのですか?ないから略奪してきたのでしょ、それこそコンピュータ上の数字だけです。 どうもフルフォード氏に情報が入っていない気がします。最近そう思います。 よく見てください、上記の情報はBeforeitsnewsに行けばとっくに入手できる。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 ベンジャミン、親愛なるベンジャミン。友よ、緊急情報!!ウクライナ虐殺!ミヘイル・サアカシュベリとその妻サンドラ・ロエロフスはこの虐殺を指導している ニナ・シドロバ https://i.ytimg.com/vi/JFVkLkFi0IY/mqdefault.jpg Benjamin, Dear, Below is more detailed information. Thank you, Dear, for your wonderful service to humanity. You know how much people love You. Nina, Your Friend! We The People! Friends! Americans! Please, watch a video and read below a transcript of the testimony of a SBU agent of Ukraine (SBU– Security Service of Ukraine) who describes genocide of murdering people in Ukraine and Donbass by harvesting human organs from alive people, including children and women, by a group of criminal doctors, politicians and SBU agents. Who and Why organized a War in Ukraine The Recognition of the SBU Agent Кто и для чего организовал войну на Украине. Признание сотрудника СБУ. https://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY The SBU agent explained that the criminal gang that commits genocide by harvesting human organs from alive people, including children, and by selling these human organs to Israel and other Western counties, led by Mikheil Saakashvili, and his Dutch wife, Sandra Roelofs. Mikheil Saakashvili is the current Governor of Ukraine’s Odessa Oblast (region), and he was the third President of Georgia for two consecutive terms from 25 January 2004 to 17 November 2013. https://keithrkenney.files.wordpress.com/2011/10/sandra21.jpg Please, watch in this video mass graves of the murdered civilians and soldiers, photos of the organs that were taken from them, the rooms where human bodies of murdered people were dumped, and the photos of the criminals who have participated in genocide of the people of Ukraine and Donbass (Novorossya). Below of the transcript, I placed: 1. Benjamin Fulford – Full Report – May 9, 2016 http://www.stage2omega.com/benjamin-fulford-full-report-may-9-2016/ Major movement on multiple fronts including US regime change and serious political turmoil in China Benjamin explains in his report about “…a joint US/Russian operation against the Satanic Khazarian mafia, Pentagon and other sources say. The realization that hundreds of thousands of children are being butchered by the Khazarians in the US, the Ukraine and elsewhere.” The testimony of the SBU agent that I offer to you to watch on the video and to read is one more evidence of the crimes committed against children by The World’s largest Crime Syndicate, also, known in the USA as · Khazarian Mafia (KM) · Rothschild’s Jewish Mafia · The World’s largest anti-Human Parasite 2. Benjamin Fulford provides in his report a link to the article, Spare Parts, which is an additional evidence that supports a testimony of a SBU agent about the genocide of Ukrainian people. http://82.221.129.208/ifyouareinamericayouprobablycantseethisw9.html “Here is the reason why: BUSTED: 25,000 Ukranian children were used for spare parts in the Israeli organ harvesting program. From MX22 “An international Israeli conspiracy to kidnap children and harvest their organs is gathering momentum as another shocking story divulges Tel Aviv’s plot to import Ukrainian children and harvest their organs. The story brings to light the fact that Israel has brought some 25,000 Ukrainian children into the occupied entity over the past two years in order to harvest their organs. It cites a Ukrainian man’s fruitless search for 15 children who had been adopted in Israel. The children had clearly been taken by Israeli medical centers, where they were used for ’spare parts’.” Dear Friends, please, forgive me for possible grammar mistakes. I am under attack of the Khazarian Mafia, whose mercenaries commit regularly cyber-attacks on my laptops, and I will explain to you later that only three weeks ago the seventh attempt to murder me was committed by Israeli criminals… I still feel weak, but I survived. God saved me again… Some of my friends know that these Khazarian criminals, its mercenaries, and corrupted agents of the Fusion Centers of Northern California committed against me more than 128 criminal offenses since 2010. These criminal offenses were registered in police and the FBI. This is what I faced from Khazarian Mafia because of my assistance and help to low-income tenants of California. With my blessings to each of you, Nina Sidorova, President of the Northern California Tenant Association The Transcript of the testimony of a SBU agent of Ukraine translated into English on the best of my ability. Who and Why organized a War in Ukraine The Recognition of the SBU Agent https://www.youtube.com/watch?v=JFVkLkFi0IY 0:22, The person in this video states that he is a SBU agent of Ukraine (SBU– Security Service of Ukraine). In December 2014, he was sent to Donbass (Novorossya), zona ATO (ЗонаАТО) with a medical group. The medical group called, The Group of Emergency and Intensive Care. He states that they were trained for two weeks in the city of Kramatosrk (Краматорск), after which they were connected to a group of medical doctors. They received new Western medical equipment and new weapons. He explains that Col. Michenko of SBU explained to them that many soldiers want to donate their organs after their death, and the relatives of these soldiers would receive money for the organs that would be taken from the dead soldiers. However, he witnessed later that the organs were taken from alive people, including civilians–children and women. For each person from whom the organs were taken, this SBU agent received $170. The SBU agent states a few times during his testimony that not only internal organs such as kidneys, liver or spleens were taken from alive children, women and soldiers, but also people’s eyes, skin, bones, etc. 2:24, The professional transplantologist, Elisabeth Debruk, a citizen of Holland, required other criminals, working with her, to take organs from alive people without their permissions. Very often, she took organs from civilians, including children. For 5 or 7 minutes, Elisabeth Debruk could take couple of kidneys or other kinds of organs from an easy wounded soldier who was not heavily wounded, or from civilians. Elisabeth Debruk packed these organs in special containers and gave to SBU agents these organs to send these organs to a wife of Mikheil Saakashvili, (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли), Sandra Roelofs. The SBU agent mentioned in his testimony City of Kramatorsk and City of Debalchevo (Donbass). He said that many organs were taken from people from sector С (Сектор Ц) near these cities. The SBU agent explains that only for one day in February 2015 from one place where he worked with Elisabeth Debruk, they took and sent 23 (twenty three) pairs of human kidneys, livers and spleens. 3:13, The agent said that corps of the people from whom organs were taken were put on tracks and brought to the City of Artemovsk where other people of this group already prepared mass graves for murdered people. He said our Generals and we earned a lot of money, working in Debalchevo and harvesting human organs. 4:17, The SBU agent said that he knows English well, and he witnessed how Elisabeth Debruk was talking with a wife of Mikheil Saakashvili– Sandra Roelofs who called her from Europe and who asked her to increase the number of removed organs and the quality of the organs. Sandra Roelofs was a real boss who guided this group and who ordered taking human organs from alive people of Ukraine and Donbass. Sandra Roelofs told to this SBU agent that if he would face any problems with harvesting human organs, he need to contact Col. Vladimir Michenko, and if he would face serious problems, he should contact Vice Director of Ukrainian SBU General Alexander. (SBU– Security Service of Ukraine). 4:41, This agent testifies that everything was changed after Mikheil Saakashvili (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли), visited this place in Ukraine (Donbass) where the criminal group of medical doctors and SBU agents committed crimes of murdering people and taking from them their organs. Col. Michenko required this SBU agent to accompany Saakashvili on April 22, 2015. Elisabeth Debruk attended all of the meetings with Saakashvili in the City of Kramatosrk and City of Lisichansk (Donbass). Mikheil Saakashvili praised the doctors and SBU agents for harvesting human organs, and he told them that their salaries will be increased. Saakashvili called human organs “products”, and he required increasing delivery of the “products”. 5:40, “After Mikheil Saakashvili left, everything went by the devil way”, said a SBU agent. He said that murderings of people have increased dramatically. The victims, from whom organs were taken, were buried in mass graves, and he witnessed that these murdered people were declared in SBU’s documents as missing people. The relatives of these soldiers did not receive any money, and they were told that their sons and husbands were missing. 5:50, When fighting was stopped (during truce), Sandra Roelofs, a wife of Mikheil Saakashvili, started calling almost each day, requiring to increase organs’ deliveries. The SBU agent said that Elisabeth Debruk, Roman and Svetlana took organs from Ukrainian civilians, including children. 6:00, The SBU agent explains what happened near City Opasnoe (Опасное) in Ukraine (Donbass). He provided an example of the murders of civilians, including children. He explains that Elisabeth Debruk murdered a 12 years old girl who just lost her consciousness for a few minutes from the blast occurring near. Criminal Debruck (a citizen of Holland) took kidney and spleen from this 12 years old alive child. (Look at photos at 6:12). Debruk cut organs from a father of this girl, who was NOT wounded. The agent remember a name of a father of this girl (his name was Vladimir Layshevsky). The SBU agent remembered this name because he took his passport and gave to other agents. The mother of the girl was wounded, and she was sent to a hospital for complete removal of all of her organs. When this SBU agent checked medical documents, he saw that these three people, including a 12 years old girl, were declared dead from a blast. As I mention above, this SBU agent said a few times during his testimony that not only kidneys, livers, and spleens were taken from alive Ukrainians and Russians, but also people’s eyes, skin, bones, etc. 6:40, The SBU agent stated that he witnessed wild genocide of civilians that took place in Ukraine and Donbass. He was shocked even he participated in it. He would not be able to participate in this genocide anymore. On June 4, 2015, he wrote a report of a resignation. He reported to his commander that wild genocide of the civilians and soldiers is taking place in Ukraine and Donbass. Col. Michenko asked him again why he signed his resignation. The SBU agent explained again that the wild genocide of civilians and soldiers is going on… He provided supporting evidence. 7:02, He was told that he should show the mass graves of the murdered civilians and soldiers from whom their organs were taken. Please, look at the photos of these graves and watch this part of the video. This SBU agent was told to take a vacation and relax, after which he would be promoted. 7:08, The video shows how the mass graves of civilians and soldiers in the City of Artemovsk were opened. The professional doctors— eksgumators were sent to this place. Only in one particular place, 132 (one hundred thirty two) corps of the murdered people were found. The people were murdered because their organs were taken from them. Four people in each gave. The SBU agent does not know where they brought the corps of the people after eksgumators took them from mass graves. 7:24, The SBU agent states that on June 11, 2015, he met General Alexander Radechky in Kiev. (Nina: Radechky is a Khazarian Jew). General Radechky told him that this agent should take a vacation and relax, after which he would be promoted and become a major. However, when this agent left a general’s office, he was immediately attacked and arrested, after which SBU agents brought him to the basement of the SBU’s building. Those who arrested this SBU agent showed him an order for his arrest for the falsification of the documents, and they requested him to sign an agreement to go to a mental hospital. They told that if he would not agree with a mental hospital, he would be in jail or would be murdered. The SBU agent said, “Okay, I will go to a mental hospital.” He asked just to allow him to go to his house for one night, and he gave those who arrested him $300. It was all of the money he has with him. 7:52, He asked to bring him to his home for one night. The SBU agent promised to pay to those who arrested him $1000 to each of them if they would bring him home for one night before he would go to a mental hospital… When they brought him home, he gave $1000 to each of those who arrested him. He testifies, “I am a professional intelligence officer, and this was not a problem for me to run away even somebody watched my house…” 8:18, The former Ukrainian SBU agent appeal to all of us… He shows videos and photos of mass graves and organs that were taken from alive people who were murdered. He showed video of criminals who have participated in genocide of civilians and soldiers in Ukraine and Donbass. 8:25, You can see on his videos the corps of people from whom their organs were taken. You can see the rooms where human bodies were dumped after the organs were taken from alive people and they were murdered. 8:33,The SBU agent said that he can show other mass graves of the people who were murdered because their organs were taken from them. He explains about mass graves near a village Chassovya (Часовья), in which were buried more than 97 (ninety-seven) people, from whom their organs were taken. He stated that more than 20 (twenty) of these murdered people were civilians, children and women. 8:50, The SBU agent explains about a mass grave near City of Uglegorsk (Углегорск) where more than 30 (thirty) people were buried. He states that these people were murdered because their organs were taken from them. 9:01, He contacted WikiLeaks describing genocide of people of Ukraine and Donbass. The SBU agent states one more time that criminal Mikheil Saakashvili (Гражданин Грузии и Украины М. Сукашвилли) and his Dutch wife, Sandra Roelofs, are those who are leading this genocidal business of murdering civilians, including children and women, and soldiers in order to take their organs, skin, eyes and bones and to sell. 9:00, The SBU agent said that he knows that he is guilty because he participated in this wild genocide. He says that he deserves severe punishment. However, he would not give up, and he will do everything that he can in order to expose this Genocide and harvesting of organs from alive and healthy people of Ukraine and Donbass, including of harvesting of organs from children and women. The SBU agent states that this Genocide did not stopped. The Genocide of people of Donbas (Novorossya) and Ukraine continues… 9:13, The SBU agent said his former coworker, Gennady Getman, was promoted, and he is now a leader of the medical group that murders alive people, including children by taking organs from alive people. He stated that Gennady Getman falsifies documents, declaring alive and healthy people as being dead, after which the criminal doctors take organs from these people, and the murdered people were buried in mass graves. He said that any of the Ukrainians or people from Donbass could become victims of these murderers. 9:35, This repentant SBU agent appeals to all of us, asking to help him to stop this Genocide of People of Ukraine and people of Donbass! Translated to the best of my ability, Nina Sidorova, President of the Northern California Tenant Association Ukrainian kids, new victims of Israeli ‘organ theft’ https://mx22.wordpress.com/2009/12/03/25000-ukrainian-children-organs-havested-in-israel/ https://mx22.files.wordpress.com/2009/12/pirhayati20091203173709140-11.jpg?w=300&h=202 An international Israeli conspiracy to kidnap children and harvest their organs is gathering momentum as another shocking story divulges Tel Aviv’s plot to import Ukrainian children and harvest their organs. The story brings to light the fact that Israel has brought some 25,000 Ukrainian children into the occupied entity over the past two years in order to harvest their organs. It cites a Ukrainian man’s fruitless search for 15 children who had been adopted in Israel. The children had clearly been taken by Israeli medical centers, where they were used for ‘spare parts’. The account was unveiled five days ago by a Ukrainian philosophy professor and author, Vyacheslav Gudin, at a pseudo-academic conference in the Ukrainian capital, Kiev. Gudin told an estimated 300 attendees of the Kiev conference that it was essential that all Ukrainians be made aware of the genocide Israel was perpetrating. The conference also featured two professors who presented a book blaming “the Zionists” for the Ukrainian famine of the 1930s, as well as the country’s current condition. Meanwhile, Ukrainians demonstrated outside the Israeli Embassy in Kiev on Tuesday to protest a letter signed by 26 Knesset members (MKs) condemning what they described as anti-Semitic remarks by presidential candidate Sergey Ratushnyak. Protesters chanted ‘Ukraine isn’t the Gaza Strip,’ suggesting that they consider the effort by the Israeli MKs as an intervention in their country. A story, published in the Arabic-language Algerian daily al-Khabar in September, reported that Interpol, the international police organization, has revealed the existence of ‘a Jewish gang’ that was ‘involved in the abduction of children from Algeria and trafficking of their organs.’ According to the story, bands of Moroccans and Algerians had been roaming the streets of Algerian cities in an attempt to hunt around for young children. They then trafficked the kids across the border into the neighboring Morocco. The children were then sold to Israelis and American Jews in Oujda, the capital of eastern Morocco, for the purpose of organ harvest in Israel and the United States. The story is based on statements made by Mustafa Khayatti, head of the Algerian National Committee for the Development of Health Research. Khayatti maintains that the abduction of children in Algeria is linked to arrests made in New York and New Jersey at the end of July, in which several Jewish men were among the 44 arrested in connection to an investigation into illegal organ trafficking and political corruption. The story comes in line with the article published last month in Aftonbladet, Sweden’s largest circulation daily, suggesting that the Israeli army kidnapped and killed young Palestinians to harvest their organs. It shed light on the case of Bilal Ahmed Ghanem, a 19-year-old Palestinian man, who was shot dead in 1992 by Israeli forces in the West Bank village of Imatin. Bostrom, who witnessed the man’s killing, said Ghanem’s body was abducted following the shooting and was returned at midnight, during an imposed curfew, several days later by the Israeli military with a cut from the stomach to the neck that had been stitched up. Bostrom argued that an autopsy would be required if the cause of death was not apparent, while in this case it was clear that Bilal was shot dead. After that incident, at least 20 Palestinian families told Bostrom that they

      37
      テーマ:
  • 17 May
    • 舛添騒動は橋下都知事の前触れ?

      橋下都知事の前触れ??? 舛添が火達磨で面白い。 内容は会社でもれ聞こえる程度しか知らない、関心がない。 まぁ、イントロとして、よそのHPから概要をコピーしました。 現代ビジネスの高橋洋一さんから抜粋転載です。 これまで、豪華な海外出張、公用車で週末に湯河原の別荘通いが報じられたが、さらに参議院議員時代に家族旅行とおぼしきものの費用まで政治資金収支報告書に計上していたことなどまで明るみになった。 週刊誌などで指摘されたところしか答えていないことだ。もし、さらに不明瞭な話が出てくると、さらに記者会見→釈明となって、ダメージはいっそうひどくなる。 石原氏は11年間で28回の海外出張、総額経費は4億6000万円、1回平均1600万円だったが、舛添氏は2年間で8回の海外出張、総額経費は2億1000万円、1回平均2600万だという。 次に、4月に発覚した公用車での別荘通いだ。舛添都知事は、2015年度の1年間ほどで、神奈川県湯河原町にある別荘兼事務所に公用車で、ほぼ毎週、48回も都庁との間などを往復していたと報じられた。 猪瀬氏は、別荘にいるときの危機管理はどうなっているのかに疑問を持っている。 橋本氏は、舛添氏が温泉に行く理由として、自宅風呂では足が伸ばせないと舛添氏が答えたことに対して、そうであれば自宅風呂を改築すべきと皮肉った。 「東京都知事がそんなに偉いのかね」と痛烈な皮肉。 問題となっているのは、グローバルネットワーク研究会の「会議費用 287755円 平成25年1月3日 竜宮城スパホテル三日月」と「会議費用 133345円 平成26年1月2日 竜宮城スパホテル三日月」である。これは刑事告発されたらOUTだね。市民団体が必ず告訴しますから、今時はご覚悟を! ということで、悪いこと一杯ですが、ただ、ことさら舛添だけが悪いとは思えないが、かばうわけではございませんが、何故に舛添だけが叩かれるのか? なにか裏で起きた?と考えるのは普通です。 彼のバックはあちらの方々で、創価学会、統一教会をはじめ力がなくなったのです。 米のマフィア(統一教会、創価のご主人)の力もなくなり、一時は橋下が総理になれば5,000億円(ずいぶん安いね~)出すと言われていた。 議員でもないのに総理大臣にできないので、とりあえず総務大臣に起用しようと安倍のご主人が考えていたようだ。 しかし、それもできない力不足になって(安倍がロシアに近づいているのは同じこと)、自民は密約がばらされるので、仕方がなく都知事へとなったのだろう。橋下は舛添を非難しているが、同じ穴の狢です。もっとも、これはどうかと聞かれて、いいんじゃないですかとは誰もいえないよね。 舛添もびっくりしているだろうね~、なんで俺だけ!ということで、背景に気付いたでしょうか? 橋下もさせないよ!もう挑戦はいいよ(謎) 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント/講談社 ¥1,944 Amazon.co.jp

      43
      テーマ:
  • 16 May
    • 彼女の悪をやめさせるために公開されたヒラリーの電子メ-ル

      彼女の悪をやめさせるために公開されたヒラリーの電子メ-ル http://www.project.nsearch.com/profiles/blogs/hillary-s-emails-being-released-got-her-for-murder スチェーとトムは全ての愛国者に、ソーシャルネット、電子メールと監視しない正当な代替メディアのウェブサイトを通じてこの重要な更新を共有するよう求めている。大ニュースがここにある! www.stewwebb.comからアメリカとフランスの情報機関から全ての最新の更新を入手しよう。 スチューウェブとトム・ヘネガンはこの情報の更新において、ブッシュ-クリントン犯罪組織に関する偉大なニュースを超えている。良いニュースは多くの国々でヒラリーの失われた電子メールの全てを持っており、コメイが正義を妨害しても、それらの全ては公開されるだろう。それは起こり、そして彼らはコメイとオバマを牢獄に入れることになる。それらはロシアか、フランス情報機関またはそれらを持っている他の国の一つによって公開されるだろう。誰もがヒラリーの電子メールを取得している。実際、これは大きな冗談である。彼らは彼女がスチューウェブ、トム・ヘネガンや他のおしゃべりに暗殺隊を割り当てているので、彼らはそれらの電子メールによってヒラリークリントンと殺人を関連付けている。スチューウェブと多くの他者は殺人を詳述したこれらの電子メールを所有している。これらの善玉はブンシュ-クリントン犯罪組織にうんざりで疲れており、この悪魔女性が大統領になることは許さない。彼らは悪魔を崇拝する魔女を破壊するために、今後数ヶ月にさらに多くのもを公開し続ける。彼女の電子メールのひとつはすでに、悪魔に鶏を犠牲にするつもりだと言って、彼女の道具のひとつについて話している。それはもう、うんざりであり、あなたの父や祖父がどの政党を指示したかは関係なく、あなたの骨に良い骨が残っているならば、あなたはドナルド・トランプに投票すべきであり、そうすればブッシュ・クリントンは犯罪組織の犯罪者達は彼がアメリカに対しいて行ったことに対して罰を与えることができる。あなたは解放された自由な力を見たくはないか?そしてケネディを殺したことに責任のある者立ちに責任を取らせる。だから、トランプに投票し、そうするようにみんなに教えてください。ヒラリーの犯罪をどこにでも暴露しなさい、そして彼女の犯罪を知っても彼女を支持する人はこの国の裏切り者であると言いなさい。 ここに、このインタビューに隠された物のいくつかがある。 CNNはヒラリーとトランプの攻撃に対する損傷制御をしていない。 ヒラリーは幼児強姦者を代表して、彼が刑を逃れたことを笑った。 ミットロムニーはブッシュ・クリントン犯罪組織の資金洗浄担当である。彼らは彼が行っている悪を全て知っている。 トランプはフランス情報機関によると全国で7ポイントヒラリーにリードしている。これは偽ニュースによって隠されている。 ヒラリーはリビアにおける戦争に関して有罪である。 彼らはブッシュ家のJFK暗殺と9/11への関与を知っている。ブッシュ家は暴露され追い詰められて、頭が狂っている。 オバマはCIAの手先以外の何物でもない。 ------------------------------------------ 米国では多くの善人が悪魔を引き摺り下ろすことに一生懸命しているのを聞くと心強くなる。 この悪女は絶対に許してはならない。人類の敵である。 皆で多くの人に広めましょう。 アメリカ人は「良い骨」なんだね、日本では「良い血」か、いや気骨があるとも言うか。 あぁ。とにかく善人が声を高めること、それがあいつらを自由にさせないことになる。 最近、ブッシュは気が狂っているという話は良く聞くね。 ヒラリー婆も内心はおろおろであろう。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 クリントン・キャッシュ/LUFTメディアコミュニケーション ¥1,944 Amazon.co.jp

      22
      テーマ:
  • 12 May
    • 静かなクーデター

      アメリカの今を打倒する静かなクーデターが始まっている-ラリー・ニコスル http://usawatchdog.com/silent-coup-beginning-to-overtake-america-now-larry-nichols/ 元クリントン内部事情通のラリーニコルスはクリントン家と共に働いていたが、今は対抗している。ニコルスは地球上の政治的、金融的なトップといくつかのつながりを持っている。ニコルスは国民が最終的には巨大な権力闘争が起こっていることを気付いてくれることを期待している。「アメリカ合衆国には二大政党制などはない。直接に取得しましょう。二大政党制はなく、一つがある。その一部が赤組であり、一部が青組である。あなたは選択していると思っているかもしれないが、いいかい、彼らが投票用に与えた中で選んでいるだけであるが、今回はトランプが来た。トランプは彼らの金を必要としない・・・彼はシステム炎上させ、彼は共和党のみならず、両党のシステムを炎上させるだろう。だから、トランプよりヒラリーに投票したほうがましだと言う共和党支配層がいる。彼らはなりたい場所に留まる為には、これらの権力エリートの為にシステムの現状を維持しなければならない。 ニコルスは続けて言う「我々はベルベットまたはサイレント・クーデタの初期にいる。それは数年続いている。何年も前から始まっている政府の我々の形のゆっくりした微妙な乗っ取りが行われているが、しかしそれもまもなく終わる。それが今、この権力闘争がある理由です。それは今まで見ていたよりかなり積極的です。我々がヒラリーを止められなければ、それで終わりだ。トランプが我々の全ての問題の答えだろうか?私は分からない。これが、私がドナルド・トランプについて知っていることである。ドナルド・トランプはそのシステムの中にはいない。どうやって私がそれを知ったか?彼らが彼を排除する為に動いている激しさは私にとって非常に良い忠告である。彼は彼らの仲間ではない。彼は良い大統領になるだろう。あなたがヒラリー或いは支配者に言及すれば、そこには可能性はない。我々が得てきたものを得るならば、ただ悪くなるばかりである。そこには可能性はない。 ニコルスは11月の総選挙でよいニュースが来るかもしれないと言っている。ニコスルは、「総選挙におけるアメリカ人有権者の投票数だ。それを忘れるな。システムの遊びは、常に予備選挙でだまして、同じであるが、異なる色である両方の人々をつかまえることでした。総選挙は常に人々が投票する人が用意してあって、2悪のうち、ましなほうを選択することであった。今回は違う、今回は、トランプが留まり実際に指名を獲得すると、アメリカの有権者は違いを生むことができる」と説明している。 ぐらついている金融システムについてニコルスは、「五大銀行は多すぎる720億ドルのプエルトリコ債務を抱えている」と言っている。それは倒産しないかもしれないが、問題を引き起こす。主要銀行の一つがそのような打撃を受けた場合・・・・・連邦預金保険公社は、もし二つの銀行がデフォルトしたらそれは十分な流動性を保てないだろと述べた。もし一つの主要銀行が倒産した場合、あるいは一つの大手銀行が暴落し始めたら、人々は銀行へ走らないでしょうか?多くの人々が一時に銀行から金を引き出したら、彼らは一ドルに付き6セントくらいしか手にできないだろう。あなたは銀行に10万ドル保護されていると思っていませんか? 現在、肺がんの治療を受けているニコルスはまた、「私はオバマ大統領は本当は残りたいと思っていないと思う」と述べている。今、どうやって彼は残れるか?それは唯一危機を起こすだけである。もし国家的危機が宣言されれば、FEMAが始まる。ほとんどの人はFEMA暫定計画について知りません。流星がアメリカのを打撃し、我々が国家的危機に陥いると、FEMAはすでに彼らが暫定政府を立ち上げる場所へ移動する計画を持っている。だから、もし銀行が崩壊を始めたら、オバマはなにをするか考えましょう。 彼は議会に行き、彼らに暫定FEMA政府のの開始を投票させ、煽らせる、それは大統領を王にする・・・・ 元クリントン内通者ラリー・ニコルスとマンツーマンで行くグレッグ・ハンターに参加してください。 -------------------------------------- 特に目新しいことはありませんが、やはり「ヒラリーを止めること」それが全てだと言っている。当然だと思います。これが分からんか、アメリカの民主党おばさん、あなた達が無視すれば八百長もできないんです。日本も同じか。。。。とほほほ オバマは完全な傀儡です。傀儡である限り悪です。それは言い訳のできない悪です。安倍も同じ。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 孤独を貫け/イースト・プレス ¥1,296 Amazon.co.jp

      56
      テーマ:
  • 11 May
    • フルフォードレポート英語版(5/10)

      米の政権交代と中国の深刻な政治混乱など、多方面に大きな動き 世界権力構造の最高レベルにおいて、今起こっている深刻で紛れもない変化がある。すでにニール・キーナンによって述べられているが、米大統領バラク・オバマは4月30日のホワイトハウス特派員夕食会でワシントンの記者団に、「共和国の終わりは決してよいものではない。私の最後の-おそらく最後のホワイトハウス特派員夕食会に出席できて光栄である」と語った。ここは、これらのコメントを含むホワイトハウスの記者発表へのリンクです。 https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2016/05/01/remarks-president-white-house-correspondents-dinner さらにホワイトハウスは「平和的な権力移行」の為に5月6日、詳細な計画を出した。 (大統領命令「大統領移行の促進」) http://www.politico.com/blogs/under-the-radar/2016/05/george-w-bush-white-houses-skull-and-bones-files-due-out-222858 CIAは計画はまだオバマを政権の顔として維持し、ドナルドトランプへの移行へ彼を使うことであるが、オバマはもはやホワイトハウスには居らず、王冠の背後の権力に変わったと情報提供している。 米政権が変わった一つの非常に明確な兆候は、1500人のイエール・スカル&ボーンズの記録が(米国務長官)ケリー、ブッシュ家と他の徒党メンバーを暴露するために公開させるという事実であるつ、国防総省情報源は言う。この開示は、悪魔主義者が米権力構造の最高レベルで失っている明確な兆候である。 http://www.politico.com/blogs/under-the-radar/2016/05/george-w-bush-white-houses-skull-and-bones-files-due-out-222858 米国の状況についてまだあるが、まず最初に我々が議論したい他の重大な進展がある。先週、この著者は日本の横浜で、55百万人の会員がいる慈善アジア秘密結社の上級支部会員の会議に出席した。その会議は日本の支部にとって将来の平和的計画について議論した。今後数年かけて現在のシステムに置き換わると言われる新国際金融システムについて詳細な議論もあった。様々な分野から専門家が出席した。最後に結社は、国際ホワイトドラゴン協会と相互に有益な方法で平和の原則に基づく仕事の意欲を表明した。それが、今のところ我々が公開を許された全てである。 またホワイトドラゴンには先週、中国本土から二人の代表の接触があった。中国共産党政府の安全保障組織を代表する一人は、以前にこのニュースレターで説明した8,000トンの金塊と同じ条件の13&割引で、12,000トンの金塊を今、提供できると語った。金塊は12.5kgのインゴットであり、すぐに香港で引き取ることができる。また。その提供が5月16日までに受け入れられないなら、中国はこの問題について一方的な行動を取ると、彼は言っている。白龍会はドルシステムの現状の支配者がこの金塊を拒否した場合、米ドルに対する動きをすることは推奨している。 ヘンリーキッシンジャーによるドルシステムの詐欺的乗っ取りは終わったので、我々がここで話せる限り、M1の位置、つまり米ドルシステムの支配者に対して現在二人の請求者がいる。一人はニール・キーナンであり、もう一人は今カナダに住んでいる元フィリピン大統領フェルディナンド・マルコスの長兄の生き残りで、デイビット・クレイフォードと言う。もし彼らのどちらかが、それを成し遂げたら、我々は彼らがあっという間にドルを作り、金の配送をするだろうと思う。それは良い取引だ。紙やコンピュータ上の数字と純金との交換。彼らのどちらもそれができなかったら、将軍ジョセフ・ダンフォードが登場して、この取引を取り仕切ると思っている。 歴史的アジア債をドルの価値に対してセントで買ってきた米国内の派閥もあると、中国情報源は言う。債権の受け渡しに受け取った金は凍結されるだろうと、国防総省情報源は言う。 米ドルは金塊や他の実世界の資産に裏打ちされている必要はないとまだ考えている人々は、ドル金ペグ制の終了が米にてとって負債災難の結果に陥っている程度を示すこのリンクのグラフを見る必要がある。 http://www.veteranstodaymoney.com/2016/05/how-unsound-money-fuels-unsound-government-spending/ ハザールマフィアによる米国民と米貿易相手国からの40年以上に渡る略奪の宴の引き金となった金ペグ制の終了を、白龍会メンバーは認めている。中国の金の提供はこの略奪に永遠の終止符を打つだろうと、ある白龍会関係者は言っている。一方、白龍会に接触してきた中国当局者は中国政治局内部の習金平主席に対抗しているある派閥を代表している。情報源は、中国では激しい権力闘争が起こっていると言う。習金平主席への委任は初めの5年は2018年に終了した後には更新されないだろう。そしてその時まで、彼が生き残れるかどうか疑わしいと述べた。情報源は、習は反腐敗運動の一環として3千万人を排除した第二次文化大革命に達する仕事を請け負っていると言っている。結果は誰もが計画の成立への承認を怖がっているので新しい計画が前へ進まなくなったと、情報源は言う。現在、進んでいる唯一の計画は中央政府が承認した大プロジェクトであると、彼は言った。結果は深刻な経済的苦痛であると彼は言う。 習はまた、彼が2014年3月末にブラッセルを訪問した時にベルギー王室から騎士の爵位を受けたのでトラブルになっている。確かに習は騎士になることを理解していないように思われるが、その爵位がどんなに立派かどうかにかかわらずベルギー国王の臣下になったことを認めたことを意味している。さらに、騎士の爵位はコンゴの大量虐殺肉屋のレオポルド王に関連するレオポルドの順位である。 この情報源が持っていた興味深い情報は中国軍司令部が基本的再編を受けたと言うことである。中国軍は南部、北部、東部、西部と中央の5つの司令部に分割される。また中国の首都を乾いた北京から移動させる議論も進行していると、彼は言った。 しかし、先週白龍会に接触してきた他の情報源は、満州王朝の歴史的金財宝の請求者である Seungshick Zangであった。奘は、彼は最近、韓国大統領の朴 槿恵によって送られた代理人による暗殺計画を免れたと言っている。奘は、彼は5月12日に東京入国管理局と難民の聴取をもつが、そこで、朴の派閥は彼の満州金への主張を奪いたいので彼はもし彼が韓国へ戻されたら、朴に殺されると主張するつもりだと言っている。しかし、奘を今冬に招待した中国政府当局者は今、彼は詐欺師であると主張している。 一方日本では、安倍首相と彼の九州徒党が去らねばならない密室での黒幕の合意がある。しかし、彼を置き換える人間について合意はないので、米国のオバマのように、安倍は今のところ彼の脚本家は変わるが、日本の権力の顔として続くだろう。例えば、安倍によって部分的に交渉されてきたTPP貿易協定は新政権下では進まない。 ここで、最近の展開について西側に戻ります。米政権後退の後の最大のエベントは先週のロシア正教総主教キリルによる「聖戦」の宣言であるべきである。キリルがテロを敵として引用しているので、この戦争は本当は悪魔ハザールマフィアに対する米露統合作戦であると国防総省と他の情報源は言う。数十万人の子供が米国、ウクライナ他で虐殺されたことへの認識は大規模軍事行動につながる嫌悪感の高まりを作り出していると、国防総省とNSA情報源は言う。白龍会は子供の殺人者の最後の一人まで追い詰めて殺すことを約束する。 正教会復活祭でニューヨークで1件、オーストラリアで2件そしてロシアで3件の正教会への放火攻撃と中東のハザール人(ISIS)によるキリスト教徒の組織的殺人は、聖戦が誇張を超えていることの確かな兆候である。ハザール人に対する怒りの複合戦争が既に始まっているが、彼らは大きな時間を失っている。例えば、サウジのビンラディングループは破産を申請しており、明確な兆候として、ハザールサウジ王室家族、彼らのブッシュ家の仲間とその仲間は困難に陥っている。 中東の他の場所では、モサドにつながるDebukaがISISが突然イスラエルとの戦争を宣言したと報告している。これは非常に小さいが、イスラエルが自身をISISから分離しようとしている兆候であり、力の均衡はハザール暴徒に対して明確にシフトしている。 先週のトルコの首相の辞任は軍にとってエルドアンを失脚させる青信号かもしれないと、国防総省情報源は言う。 また、サウジ好きのCIA長官ジョン・ブレナンは911報告書の未公開28ページの公開に反対する唯一の非国民として米政権構造の中で孤立していると、国防総省情報源は言う。「彼はサルマンから多額の賄賂を貰っているのは間違いない」とその情報源は言う。 このような状況下で、控えめなCIAボス等であったディック・チェイニーは米政権構造の変化を感じ取って、ブッシュ家に敵対してドナルド・トランプを支持している。これは彼を暗殺から避けるために役立つかもしれないが、911犯罪者連行を免れる物ではないだろうと、国防総省当局者は言う。 フォートマクマレーのカナダオイルサンドに対する放火攻撃としてCIA当局者が述べることに対して米国内のあるグループに重大な結果になるであろう。「もしカナダに干渉するならば、尻を蹴られる覚悟をしろ」とカナダ情報機関CSIS当局者が警告している。 一方、南アメリカでは、ブラジル大統領ディルマ・ルセフを失脚させようとするハザールマフィアの運動は下院議長のエドアルド・クーニャがブラジル最高裁判所によって辞任を命じられたので、ばらばらになった。全買収会議は、彼らがハザールギャングの為にブラジルの資産を盗み続けようとするならば、吊るされる可能性がある。 一方大西洋を渡って、ドイツとフランスは、伝えられるところによるとグリーンスパンによる内容の漏洩のおかげで、ハザール人のでっち上げTTIP貿易協定に今、公然と反対している。IMFは、おそらくギリシャを意図した救済金のほとんど全てが銀行家を堕落させるために渡されたことが明らかになった後は、ギリシャに対してドイツとは足並みを違えた。おそらく、それはドイツ首相アンゲラ・メルケルが彼女の父親のヒットラーに古ぼけた潜水艦のエンジンをチェックして逃げ道を考える時だ。おそらく、彼女はアルゼンチンのバリロチェの旧ナチのたまり場に亡命生活を与えられる。これはブッシュ/クリントン/ロムニー犯罪組織の他のメンバーにとっての選択肢ではありません。彼らと彼らの仲間のハザールマフィア暴力団がこの時間で逃げるところはこの惑星にも、宇宙にもどこにもない。それは正義の為の人類の時間である。 ----------------------------------------------- ホワイトハウスの権力移行の命令書は見落としました。すごい情報です。 ドナルドトランプへの移行までおばまで行くそうです。 日本も次が決まるまで、安倍だそうです。早く変えてください。小沢さんがとりあえず適任だと思いますが。落ち着いたら総選挙で決めればいいじゃないか。 「慈善アジア秘密結社」はなにか?分からない話がぼこぼこ出てくる? 今更、出てくるの?? ジョセフ・ダンフォードなる者は何者なのか? 中国の金塊の話もよく分からない。でどこはどこ? 皆さん乗れないだろうなぁ、こんな話では。 ブラジル大統領ディルマ・ルセフは良かったね。ブラジル国民は健在だなぁと思った。 この期に及んでも、そんな話に載る人間がいるんだと思うと悲しくなるばかりである。 メルケルがやってることは明らかに米追従なので、なるほどと思う限りである。 そんな追い込まれているメルケルに「アンゲラ」とか言っちゃって、馬鹿な経済論を述べても聞いてもらえるはずがない、頓珍漢。 とりあえず、よい方向へ向かっているようです。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 ドイツ帝国の正体――ユーロ圏最悪の格差社会 (ハヤカワ・ノンフィクション)/早川書房 ¥1,836 Amazon.co.jp

      33
      テーマ:
  • 10 May
    • ヒットラーはアルゼンチンにいた

      FBI:ヒットラーは死んではいない。歴史は彼の死について嘘を言った http://beforeitsnews.com/alternative/2016/05/fbi-hitler-did-not-die-history-has-lied-about-his-death-3349460.html FBI政府ウェブサイトは米政府がヒットラーは生きていてアルゼンチンのアンデス山脈の中で第二次世界大戦終了後も長い間生きていたことを知っていたと暴露した。 世界は、1945年4月30日にアドフル・ヒットラーが地下壕で自殺したことをここ70年間繰り返し言われてきた。彼の体は伝えられるところによると、ロシアへ引き取られる前に、ソビエトによって発見され、鑑定された。 ソビエトがこの間嘘を言っており、あなたが学校で教えられた歴史は完全に作られたものであったことは、有り得るのか? これらの公式のFBI文書の公開によって、世界で最も悪名高い指導者がドイツを脱出して、南アメリカのアンデス山脈の麓で平和な生活を送ったことが確認された。 そして、そのニュースが全くの奇妙ではなかったように、高齢95歳のヒットラーが1984年にブラジルの彼のガールフレンドとポーズを取ったと頃をお見せする趣旨の写真が最近、出現している。 上記のFBI文書はヒットラーとエバ・ブラウンの自殺が偽造であったことを示すだけではなく、悪名高いペアが米特殊部隊OSS長官アレン・デュルス自身の助けを持っていたのかもしれない。 ロスアンジェルスからのあるFBI文書の中で、その機関はナチの高官を降ろしたアルゼンチンの海岸までの道を作り不可思議な潜水艦についてよく知っていたことが明らかになっている。さらに驚くべきことは、FBIは彼がアンデス山麓で生きていたと言う事実を知っていた事実である。 不可思議な報道者は誰か? 1945年8月の事務局へのロスアンジェルスの手紙の中で、未確認情報提供者は政治亡命のための情報交換に合意した。彼が係官に話したことは見事である。 情報提供者はヒットラーがアルゼンチンにいることを知っていただけではなく、彼はドイツの潜水艦に会った4人の確認者のうちの一人であった。どうやら、二つの潜水艦がアルゼンチンの海岸に上陸し、そしてヒットラーとエバ・ブラウンは二番目に搭乗していた。 FBI:ヒットラーは生き残っている アルゼンチン政府は元ドイツの独裁者を歓迎しただけではなく、彼が隠れるのを支援した。情報提供者はヒットラーとその一団が通過した村の詳細な方向を教えてくれるのみならず、ヒットラーに関する確かな物的詳細も教えてくれた。 明白な証拠のために、情報提供者は決してFBI文書には記されていないが、彼は他の担当者によって十分信じられる信頼性があった。 FBIはヒトラーの行方を隠そうとした。 詳細な具体的な記述や方向があっても、FBIは依然これらの新しい導きを追跡しなかった。最終的に降伏した直後アルゼンチンの海岸にドイツのU-530が着いて、多くの目の証人がドイツ官僚が降りてくるのを見てた目撃証言にもかかわらず、誰も調査しなかった。 更なる証拠が発見された: アルゼンチンでのヒットラーの行方に関する目撃証言の詳述したFBI文書によると、更なる証拠がアドルフ・ヒットラーとエバ・ブラウンは地下壕で死んでいないことの証明に役に立ってきた。 1945年、ブエノス会いレスの大使館付武官がワシントンに、ヒットラーとエバ・ブラウンがアルゼンチンにちょうど到着した可能性が高いと連絡した。これは潜水艦U-530の目撃情報と一致する。追加の証拠は、アンデス山脈の麓でバイエルン風の邸宅の建設を詳細に書いて新聞記事の形でやってきた。 更なる証拠は初期の裕福なドイツの移民によって賄われたヒットラーの新しい家の設計と建設について書いた建築家アレハンドロ・バスティロによってもたらされた。 ヒットラーが逃亡していることの動かぬ証拠 おそらく、ヒットラーがドイツの敗戦を生きぬいた証拠が最も蓄えられているのはロシアにある。ソ連によるドイツの占領によって、ヒットラーの疑わしい遺体はすぐに隠され、ロシアへ送られ、二度と見せられなかった。それは、コネチカット州の考古学者ニコラス・ベラトーニが復元された頭蓋骨の一部をDNA鑑定することを求められた2009年までである。 彼が発見したことは情報と学会を通じて反応を爆発させた。DNAはヒットラーのものと思われるどの記録された試料と一致しないばかりか、それらはエバ・ブラウンの親類のDNAとも一致しなかった。従って、疑問はソ連が地下壕で発見したものは何だったのか?ヒットラーはどこにいるのか? でも元将軍で大統領にドワイト・D・アイゼンハワーはワシントンに手紙を書いた。 ヒットラーの完全な消滅に関心を持ったのは将軍アイゼンハワーだけではなく、スターリンも彼の関心を表した。1945年、星条旗新聞は当時のアイゼンハワーはヒットラーがアルゼンチンで安全にかつ快適に暮らしている本当の可能性があることを信じていると引用した。 それは可能か? 新しく発見された証拠が表に出てくると、ヒットラーはドイツから脱出しただけではなく、国際諜報機関の助けを得ていた可能性がある。公開されたFBI文書は彼らはヒットラーがアルゼンチンにいる事に気付いていたのみではなく、むしろそれの隠蔽に協力していた。 米特殊部隊OSSがナチ高官当局者を罰と逮捕から逃がす手助けをしたのは初めてではない。1960年代にアルゼンチンにいたアドルフアイヒマンの物語を見てください。 ヒットラーはアルゼンチンへ逃げたのか?答えはイエスです。 --------------------------------------------------- まぁ、この話は半ば事実同然としてネットを大昔から走り回っている。但し出どこは分からなかったが、FBIですか。価値ありますね。 対ナチスに対しては米露は共同戦線を張りました。ナチスの棟梁を金で買収したのでしょうね、アメリカとソ連の謀略だろと思う。その代わり莫大な金と安住に地が用意された。アルゼンチンも金を貰ったのでしょうね。 なぜ、こんな話が今出るのか? 次は「メルケルがヒットラーの娘」であるだろうと思われる。そしてメルケルはThe End 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 この本はメルケルのことではないので、誤解しないで下さい。 ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)/鈴木出版 ¥1,512 Amazon.co.jp

      44
      テーマ:
  • 09 May
    • サミットは失敗におわるっだろう

      安倍が訪ロするぞと言った瞬間、熊本地震が起こりました。 その震源は、九州の核自衛隊基地、深さは10km(以下と言うこと) 地震波形は爆発によるものを表していた。 気象庁は、我々の過去の経験から言ってこんな地震は知らないと説明しません。 そうは言っても、証拠がありません。 それが、面白いブログを発見しました。以下の通りです。 紙幣の不思議2のブログさん

      45
      テーマ:
  • 08 May
    • まだ隠されているヒラリーメール

      ああ、なんてことか、国務省調査で明らかにされた隠されていたヒラリークリントンの更なるメール http://www.judicialwatch.org/press-room/press-releases/judicial-watch-lawsuit-uncovers-more-hillary-clinton-emails-withheld-from-state-department/ 「司法監視」より 「司法監視」は本日、新しい国務省メール(一束は103ページ、二つ目は138ページ)は、再び前国務長官ヒラリークリントンの「彼女の知る限り」政府メールは全て国務省の引き渡され、2009年3月18日まで彼女のclintonemail.comは使用していなかったと言う声明に反するようだ。 「司法監視」は最近、2009年2月からの日付のクリントン国務省メールを公開したが、それは再び彼女のメールに関する彼女の声明に疑問を呼んでいる。 文章は、3月18日の情報公開法要求(司法監視社対米国務省(No.1;15-Cv-00864)に応じなかった後、国務省に対する2015年5月5日の情報公開法の裁判所命令に応じて「司法監視」が入手した。訴訟は求める; 2009年1月1日から2013年2日の間に元副参謀長フーマ・アベディンから受け取ったり送ったりしたstate.govのアドレスを使った公式の国務省業務メール 2009年の3月18日以前の文書はせいぜい1月まで戻っても、クリントンによって彼女の非政府サーバーから国務省へ戻されていない。メールは以下のような特記を網羅している;彼女の予定と旅行計画;リチャード・ギアによるクリントンの批判;アフガニスタン;太平洋諸島に関する米財政援助と安全保障;健康保険制度の見直しの勧告;そして食料安全保障。 クリントンがその日付でメールを返信したとの提案にもかかわらず、他の未発表のメールは2009年の3月18日付であった。これらのメールは、とりわけ彼女の「家族計画での友人」、ビルクリントン前国家安全保障顧問への呼びかけ、国立公文書館から機密文書の違法な削除で有罪判決を受けた個人サンディ・ベルがーを参照している。 2011年10月16日、クリントンは元マルタ大使のダグ・クミエックからの「極秘」の背景説明を、側近のアベディンとチェッリル・ミルズに送った。以来、電子メールはその機密の性質によって編集されている。特に、クミエックはマルタの米大使館の内で働く敏感な人間と組織について説明している-マルタ軍との米海事研修プログラム。 アベディンのクリントン元副参謀長のジェイコブ・サリバンとの交換を含んでおり、そこでアベディンはクリントンはしばしば疲労を訴えると示唆している。 アベディン・フーマからジェイコブ・サリバンへ 2009年4月16日木曜日18:54:22 題; 私は彼女と夕食に行かねばなりません(ドミニカ共和国のサンタ・ドミンゴの国家ディナー) 私はちょうど彼女から疲れたとユージン(おそらくユージン・バエ、クリントンの先発の当局者)はオスカー・デ・ラレンタを黙らせることはできそうもないと聞いた。 国務省当局者のマイケル・ハマーからアベディン他への2011年3月31日の電子メールはまだ、humaMAbedin(編集)の非政府eメールアドレスを示しており、知られているhuma@Clintonmail.ComHAbedin@Hillaryclinton.Comとは異なっている。 これらの電子メールはさらに、偽証罪の下で彼女の政府メールの全ては国務省に返却したことを示唆したヒラリークリントンの声明を弱体化させると、司法監視社長のトム・フリットンは言っている。「さらにどれだけのヒラリークリントンのメールをオバマ国務省は隠しているのか?」 ヒラリークリントンは繰り返し、2014年12月に彼女が国務省に返却した55,000ページの文書には彼女の仕事関連のメールも全て含まれると言っている。司法監視の訴訟で裁判所命令に応じて、彼女は偽証の罪の下、もともとは連邦政府の記録であったり、ある私の保護のもとclintonmail.comにある全ての私の電子メールは国務省に提供するよう指示し、情報と信念で、これが行われた、と宣言した。この新しい電子メールの発見は公式のキャンペーン声明に反するものである。 2014年12月5日、2009年2月1日から送られそして、クリントンによって受け取られた30,490ページに仕事あるいは潜在的に仕事に関連する電子メールのコピーが国務省に提出された。全部で55,000ページになる。国務省に提出された彼女の仕事用あるいは潜在的に仕事に関連するメールの90%以上は、それらの電子メールが「state.com」アカウントによって送られ、あるいは受け取られたので、すでに国務省記録保管システムに存在している。 彼女の任期の始めの頃は、クリントンは彼女の上院勤務時代に使用していた att.blackberry.netアカウントを使用し続けた。彼女が初めから国務省当局者へstate.govアカウントで電子メールを行っていたとすれば、これらの初期の数週間の間の彼女の仕事関連の電子メールは国務省記録保存システムに捕らえられ、保管されているはずである。しかし、彼女はこのアカウントから移行したので、これらのメールへのアクセスはなかった。 AP通信は以前、国務省は、クリントンと将軍デイビット・ベトレイアス間の2009年3月以前の国防総省電子メールから受信した。それらの電子メールは公開されていない。 2015年8月10日、司法監視は国務省は裁判所へクリントンの論争の電子メールシステム上の連邦政府記録についてクリントンからの宣誓申請書を提出したことを発表した。宣誓は言っている; 私ヒラリー・ロッドハム・クリントンはは偽証罪の罰則の下に、以下のことが真実であり、間違いないことを宣誓する。 この訴訟の目的にどの情報が相当するかは私は知らないが、連邦政府の記録であるか或いは潜在的のそうである私は私の保護の下clintonemail.comじょうにあった私の電子メールの全ては、国務省に提出するよう指示をした、そして情報と信頼においてこれは実行された。 私の指示の結果として、約55,000ページのこれらの電子メールは2014年12月5日に国務省に作りました。 チェルリー・ミルズはクリントンメールにアカウントを持っていない。フーマ・アベディンはそのアカウントを持っており、政府の業務のときに使っていた。 文章は「ヒラリー・ロッドハム・クリントン」名で調印された。国務省は米連邦地裁判事エメット・サリバンによって6月31日にクリントンと彼女の側近幹部が偽証罪の罪の下、彼らは所有する全ての政府記録を作り、他の政府記録は直ちに返却せよと命じられた。 -------------ー------------------------------ 米国では連日ヒラリークリントンに関するレポートが出てきます。このメールに関するもの、そのメールの中身に関するもの(特にベンガジ事件は意図的不作為が惨事を招いたと思っている。少なくとも意図的は外しても不作為が原因である)レズ騒動もある。とにかく、このままではいけないと言う意識が多くの米国人にあるということはここと強い。情けないのは米民主党のおばちゃんたちだ。目を覚ませよ、自分の息子の将来を考えよ。日本も同文。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

      31
      テーマ:
  • 07 May
    • クリントンのFBI調査は進んでいるのか

      クリントン調査は危険な段階に入っている http://www.foxnews.com/opinion/2016/03/31/clinton-investigation-enters-dangerous-phase.html?utm_source=zergnet.com&utm_medium=referral&utm_campaign=zergnet_972981 元国務長官にヒラリークリントンのメールの中に含まれる国家秘密を保護することの怠慢に関するFBI調査は最後から二番目の段階に入っており、彼女とその側近にとって危険な段階である。 連邦法執行機関の情報は、連邦検察とFBIが事件の生データの調査を完了したことを知らせようとしている。FBIが生データを取得した後-例えば、クリントンが保護することに失敗したメールの国家秘密の性質と数量、あるいは失敗の定期的な、一貫性のある体系的な性質-検察と政府機関がそれらのデータから合理的な推論を描き出そうと進めている。 それから彼等は、それらの推論の裏づけを始める、それを支持する、あるいは矛盾する情報源を探す。一つの例外を除いて、この仕事の全ては証拠の中立な大元で行われてきた-文書、eメール付属データ、政府記録と技術専門家。 例外は、連邦判事から不起訴の書面による約束か、免責命令を貰って昨秋から連邦検察官と協力を始めたクリントン側近の一人であるブライヤン・パグリアーノである。 ここに、彼がFBI捜査官に話したものがある。 パグリアーノは連邦検察官に、誰が、何を、何時、どのように、何故として彼が政府コンピュータから国務省の公開メールと秘密メールの出力をニューヨークのチャパクアのクリントンの家のサーバーへ移行したと話した。彼は彼らに、クリントンは犯罪行為の可能性のあるこの実行に5,000ドルを支払ったと話した。 彼はまた、この事件に割り当てられた147人のFBI捜査官の何人かに、クリントン自身が、彼女の国務省情報技術専門家と国家安全保障局の同僚から、永続的な既製のブラックベリー(カナダ製のスマートフォン)の使用は、国家機密を受けたり、転送したり、安全保障したりに効果的でもなく許容できないと言われていたと、話した。 我々は、検察官がクリントンが国務長官時代の側近幹部を尋問の為に来るように依頼し始めたので、調査の取得と確認は完了している事を知っている。これは、それらを表現する助言に従事している全ての人間、側近にとって繊細かつ危険な段階である。 ここに危険がある。 司法省は側近や弁護士に、事件について知っていること、犯罪的行為の証拠が何かとかは明かさないだろうし、もしあったとしても、それら各々について取得したものである。従って、彼らがFBIの尋問を受けるとすれば、全く何も知らないで行くことになる。何も知らないで行くと、側近は偽証トラップにかかる危険がある。宣誓していないけれど、彼らは抜け目のない検察官や攻撃的なFBI捜査官によってー嘘をついたり、物的に彼等誤解させることは(偽証罪と同等)犯罪であるので、偽証の罪をかけられる可能性がある。 この理由で、ほとんどの白人刑事事件弁護人は顧客が検察官やFBI捜査官に尋問を受けることを許可しない。マーサ・スチュワートの弁護士は彼女のその助言を与えなかったので、彼女は一人のFBI捜査官との一つの会話で話した一つの嘘によって牢獄へ行った。 尋問を受けることを選択したクリントンの側近への尋問の後、事件の司法省担当者は彼らの調査は最終段階に入り、そこで彼らはクリントン自身へ彼らと話すことを望むかどうか聞く。検察は基本的に彼女の弁護士に、彼らの顧客の犯罪的行為の証拠を持っており、彼らが大陪審へ行く前に盲目的に挑戦することを機会をクリントンに許可を得たいと話すだろう。 これは、彼女は望もうが望むまいが地獄のジレンマに直面するであろうから、彼女から立ち去ってほしいと熱心に思うに違いない瞬間となるであろう。 ここに彼女のジレンマがある。 彼女が連邦検察とFBI捜査官と話したならば、彼女がこの事件について公の場で大きな欺瞞で語ったとして彼女を多くの矛盾の中で逮捕するであろう。例えば彼女は何度も、彼女は私有サーバーを使ったので彼女のメールの全てを一つのモバイル装置を持つことができたと話している。FBIは彼女が4つのモバイルを装置を持っていることを知っている。彼女は誤って公にかつ宣誓して彼女はどんな機密の印のものを送っても受けてもいないと主張している。FBIは分類の印のあるものはないことを知っており、その捜査官は彼女の非保護の秘密サーバーは国家の最も重要な秘密のいくつかを送信していることを知っている。 検察と捜査官は彼女の公の嘘と繰り返される彼らの調査に対する侮辱的な姿勢を好ましく思っているはずがないので、彼女が彼らの尋問を受けるとなると、彼らは彼女に対して敵意を向けるのは理解できる。 彼女が尋問を辞退したら-法的には慎重であるが、政治的には危険な決定-FBI捜査官は彼女が尋問の要請を拒絶したと洩らすであろうし、彼女の最も軽率かつしばしば繰り返されるこの事件に繰り返される声明の一つは、彼女はFBIとの話を待つことができなかったと言うことで、政治的混乱が始まるであろう。それは嘘であることをFBIは知っている。 今はクリントンに対する事件の重量を理解する何人かの民主党員はFBI捜査官は異なる対価ハードルを設定するだろうと言う主張をするようになった-さらに危害が大きい膨大な量の証拠と証明に対する必要条件-クリントンが起訴される前に。彼女は民主党大統領法穂の可能性があるので、彼らはこれを単に示唆した。 市民は決してそれを我慢しない。アメリカは法の支配のしっかりした委任を持っている。法の支配は、誰も方の保護の下にも、その要件の上にもいないことを意味している。司法省は法律を書き換えることに従事していないが、民主党はクリントンを彼らの推定大統領候補とすることに最高をする仕事に従事すべきであり、真夏の第三次にならないようにすべきである。 元ニュージャージー高等裁判所判事のアンドリュー・P・ナポリターノはフォックスニュースチャンネルの上級司法アナリストである。 ------------------------------------------ 今、米国内では民主党に対して「いい加減に目を覚ませ」との声が大変つよいそうです。八百長選挙を勝っているが、それをとめられるのも民主党員である。 夏の党大会でクリントンが選ばれると大惨事になると言っている。起こるのでしょうか。 暴動?軍隊の出動?あってもおかしくないと思う。 共和党の方は順調にトランプで進んでいるようです。 司法省の登場を待つばかりですが、現在の司法長官ロレッタ・リンチはヒラリーの配下ですから心配ですが、FBIはいきり立っているので、ロレッタもろとも始末してください。国民は喝采します。 日本も夜明けがほしい。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 なぜヒラリー・クリントンを大統領にしないのか? (講談社+α新書)/講談社 ¥950 Amazon.co.jp

      38
      テーマ:
  • 06 May
    • ヒラリークリントン-セックス、の本当の話(Videos)

      ヒラリーはリビアに送っただけではなく、シリアにも化学兵器を送り、彼女はルインスキーと寝て、イスラエルで募金活動をして、クリントン財団への寄付金の90%を保持していたが、最良の部分だけではなく-アメリカの大衆は依然彼女を次の大統領に興味を示し選ぼうとしている。 ゼロヘッジ報告;偉大な調査ジャーナリストであるセイモア・ハーシュは、ロンドンレビュー・オブ・ブックの二つの記事において、オバマ政権は、シリアの侵入する口実として使用しようとして、不正にシリアのバシャール・アルアサドをサリン攻撃に対して非難をした。そしてハーシュは、サリンは麻どの備蓄から来た物ではないと言う英国諜報機関のレポートを指摘した。ハーシュはまた、オバマ政権とトルコ、サウジアラビア、カタールの指導者の間で到達した、サリン攻撃を仕掛けてそれをアサドの所為にして、米国が侵入してアサドを打倒するという2012年の秘密の協定について語っている。 協定の条件によって、サウジアラビアとカタールと同様にトルコからも資金が提供された;CIAはMI6の支援を得て、カダフィの兵器から武器をシリアへ取り上げる責任があった。 アメリカ人の心の中にあるものは本当に不思議である。 アメリカ人が運転免許証や銃許可証を申請した場合、精神不安定を理由に申請は却下されるが、今この大衆はこの女性に核兵器の責任を置こうとしている。 アメリカは特異な創造である。 Fastcheckによると、スーパーPACのカーリーはクリントン財団の国税庁フォーム990は2013年には総収入約149百万ドルで、全慈善助成金支出は約9百万ドルでsる。予算の約6%が補助金に行く。そしてそれらの補助金のほかは、「本当に慈善として分類できるものではない」とスーパーPACは述べている。 コモンセンスと元愛人のサリー・ミラーによると、名乗り出た少なくと12人女性の一人で、ビルと浮気をしたことを認めている。 ヒラリークリントンはレスビアンであり、単にビルとは偽りの結婚に入っただけだ。 クリントンは政治的戦術として、顧問に子供がいないと、ほとんどの大衆はヒラリーを相場どおりには見てくれないので、政治権力の最高峰へ登りつめる事は難しい普通の夫婦と見られるように、しぶしぶ一人の子供を持った。 愛情深いサリー・ミラーは一連のインタビューで、タッカー・カールソンによって所有されるデイリーコーラーが実際にビル・クリントンの噂の元愛人のインタビュー記事を投稿したことは全く信じられないと述べた。 ロンドンデイリーとのインタビューでも彼女は「ヒラリーはレスビアンだ」と述べた。 そこの二番目に大きな日刊紙にメールして、またアメリカンミラーともインタビューをして ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ よく分かりませんが、要はある目的のための仮面夫婦であり、ヒラリーはレスビアンであると言うこと、レスビアンであると言うことをとやかく言う気はありませんが、ルインスキーが実はヒラリーのご相手であったとは、恐れ入りました。まぁ、ご苦労様です。 とにかく、こんなのが大統領で良いのかよ~とばかり次々に出てきます。いずれGiveupする。 ベンガジあたりだと踏んでいる。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 困難な選択 (下)/日本経済新聞出版社 ¥2,160 Amazon.co.jp

      38
      テーマ:
  • 04 May
    • フルフォードレポート英語版(5/2)

      法王フランシスはアルゼンチンの汚いセンスに関与を告白し、辞任の時間です グノーシス・イルミナティと米軍は共に白龍会に、法王フランシスは元アルゼンチン独裁者ホルへ・ビデーラとの旧友であったことと、アルゼンチンの汚い戦争への関与していることで、辞任しなければならないと語った。その辞任はこの地球をどう運営するかにおいて、一連の劇的変化の引き金になるだろうと、その情報源は言う。「彼らは今から数千年についても著述している」とグノーシス・イルミナティのアレクサンダー・ロマノフは予測している。 ロマノフはまた、ハザール・マフィアのトップであるヘンリー・キッシンジャーが死んで、ハザール権力構造において彼に置き換われる人がいないと述べている。我々は過去に何度も「キッシンジャーが死んだ」と聞いたが、我々がその情報を発信すると直ちに公衆の面前に現れた。だから、キッシンジャー、あなたが生きているなら、どこか公衆の前に現れて、写真や映像を撮られてください。もし彼が実際死んだならば、この地球の利益の為に意図した資金を60年間も乗っ取っていたハザールマフィアの背後にいた男であるので、巨大な突破口になるだろう。 CIAの熟練者と国務省当局者が今、アジアのドラゴンファミリと金塊の交渉を行っている理由がこれかもしれないと、白龍会情報源は言う。金塊はすでに準備しているので、遅れはドル印刷(発行)設備を支配している人々によるものである。この問題について、特にワシントンで多くの会議が行われており、言い換えればこれらは法王を辞任させ、キッシンジャーを現場から排除させることについて話し合いに繋がっている。この問題の会議は今週も続く。 いずれにしても、あなたが以下のリンクを見れば、現実に世界に関する限り、ハザールマフィアの経済支配は終わったことが明確に分かる。最初はアジア・インフラ投資銀行AIIBに加入している国を赤色で示した地図です。アフリカとブラジルを除くアメリカ州を除くと、ほとんどの世界はボード上にある。 http://thediplomat.com/wp-content/uploads/2015/04/thediplomat_2015-04-16_21-13-09.jpg 次のリンクは購買力平価(実際)GDPの点でこれらの国を示している。再び分かるように、AIIBの参加国は地図上で圧倒的に大きい。米国も大きく見えるが、実体世界を知っている人々は、米国のGDPは金融真綿に包まれて約50%誇張されていることを知っており(銀行コンピュータの数字は実体に接続されていない)、偽の統計なのでその規模は半分と見る必要がある。 http://www.viewsoftheworld.net/wp-content/uploads/2010/11/gdpppp2010.jpg 中国を貿易相手国第一位とする国々対米国を貿易相手国第一位とする国々を示します。再びあなたは、中国が実体世界貿易で米国の二倍以上の影響力を持っていることが分かる。 http://2oqz471sa19h3vbwa53m33yj.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/04/china-top-trade-partner-2x-america.png これが意味するとことはAIIB加盟国が米ドルの受け取りを拒否すれば、米国のハザール徒党にとって試合終了となる。 アジアの秘密結社と白龍会の会合が今週行われる予定であり、そこで、これは議論の重要な点になる。白龍会はドル支配者に将来計画機関と金取引を受け入れるか、金融ハルマゲドンで打撃を受けるかのどちらかの最後通牒を発行する提案をする予定である。もちろん第三次世界大戦を防ぐために、米軍及び政府機関は引き続きそのようなイベントで融資を受け続けることになる。しかし、彼らはワシントンDCとニューヨークに寄生する犯罪汚物を一掃することが求められる。 事実、国防総省情報源は我々に、ホワイトハウスは4月26日と27に閉鎖され、ダンフォードに率いられた特殊部隊がトンネル経由で侵入し辞任を要求した。我々は、フェンスを乗り越えた人によってホワイトハウスはその日閉鎖されたと確認できるが、大統領バラク・オバマはその時以降も公衆に現れているので、辞任が要求されたことは全く起こっていない、これはおそらく上記のキッシンジャーに繋がるものかもしれない、時が教えてくれる。 いずれにしろ、金融ハルマゲドンがやってきている兆候がある。5月2日(今日)、米国の実質支配国プエルトリコは債権支払いにおいて不履行寸前であり、起こるとすると組織的破壊の引き金になるだろう。これに関する問題を先送りする最後のわずかな時間になることは疑いがない。しかし、大西洋都市は次のデフォルトに並んでいる。その後、堤防の穴が防げなくなれば、他のものにもやってくる。 前回のレターで詳述したように、欧米の大銀行は誤魔化した帳簿と銀行のスーパーコンピュータ内にのみ存在するデリバティブと呼ばれる幻影のみで維持されており、すでにゾンビと化している。ゴールドマンサックスが1ドルの最小預金で小口銀行を始めた事実は、彼らは必死に本当の金を得ようとしていることを示していると、国防総省当局者は言う。FRB所有者は依然、預金者の金の窃盗と言う礼儀正しい方法で債権者負担を組み立てようとしている。それが、三人の元FRB議長、ポール・ボルカー、アラン・グリンスパンとベン・バーナンキが現在の議長ジャネット・イエレン、副大統領ジョー・バイデンと大統領オバマとロックフェラーセンターで最近会談したことであると、複数の情報源は言う。 これが行われることは許されない。グノーシス・イルミナティのロマノフは、もしそれを止めるために6,000人を殺さなければならないなら、それが我々が実行することであると言っている。彼らはすでにサウジアラビアから盗める物は何でも盗んでいると思われる。それが、サウジ・ビンラデン建設会社の労働者が6ヶ月以上も賃金が払われていないことの欲求不満に先週、バスに放火した理由です。 http://www.veteranstoday.com/2016/05/01/saudi-binladin-workers-burn-company-buses-in-makkah/ 賃金不足と言う同じ理由でISISで働く外国傭兵の数が90%低下していることも起きている。 サウジアラビアからの略奪の件は少し置いておいて、ハザール人は今、必死にブラジル乗っ取ろうとしており、石油と鉱物のみならず、アマゾンとグラニー帯水層の広大な淡水を支配しようとしていると、国防総省情報源は言う。ブッシュ家とファシスト韓国の統一教会の友人(国連バンギムンも一人)はパラグアイに、この帯水層の上にある大牧場を購入した。これは農地を開発するには世界で最も適した場所である。 米副大統領のバイデンは先週、法王フランシスに悩めるブラジル大統領ディルマ・ルセフを支持するのをやめるよう説得しようとしたが、失敗した。その代わりに、彼女の支持として大規模メーデー抵抗を組織することを支援した。おそらく、それが突然二つの独立した情報源がこの著者に、法王フランシスがアルゼンチンの汚い戦争への関与疑惑を持って接触してきた理由です。 それは、多くのアメリカ人が彼らが米国にした犯罪の目覚める前に、彼の旧南米見物に逃げ込みたいハザールマフィアのナチ派に非常に良く似ている。ブッシュ/クリントン犯罪家族のような首謀者が逃げるには既に遅すぎる。彼らは正義に直面する必要がある。 物事がハザール派にとってうまく行っていない他の兆候としては、ドイツ連邦情報局の外国情報機関長のゲルハルト・シンドラーは、彼はパナマ文書の管理を失った理由で先週解雇されたと、CIA情報源は言う。パナマ文書の中心にいる法律事務所モサック・フォンセカは連邦情報局の資産であったと、その情報源は言う。 これが本当であれば、次のパナマ文書の大公開はブッシュ一族同様に多くのシニア・ドイツ人が暴露される。おそらく、一般大衆さえ終に、ドイツ首相アンゲラ・メルケルはヒットラーの娘だと知らされることになろう。アメリカ人によるこの暴露はドイツがロシアへ東に向いて米国から離れようとしているのが理由の一つであろう。 中国とフィリピンの間の領土問題に関する国連常設仲裁裁判所のまもなく出る裁定は、中国が裁判所の管轄権を認めないので、中国に敵対する裁定が予想されると、複数の情報源は認める。その場合は米軍は、中国を取り込むためにASEANとロシアと共に協力を模索する口実として国際法を使用するだろう。米国の立場にとって唯一の問題は、中国政府が、米国自身もまた裁判所を認めていないと指摘していることである。にもかかわらず、裁判所の裁定はアジアへの軸足を正当化する米軍に面目保ち、立派な口実を与えることになる。 しかし、ロシアの保護を求める他のグループは日本である。それは第二次世界大戦後にここに置かれた政権は完全に米国に依存していたからである。米国が破綻した場合、北朝鮮の傀儡によって運営されるその政権は直ちに日本人によって打倒されるであろうと、三本足烏秘密結社の情報源は言う。彼らは、天皇裕仁は自分の本当の息子をアメリカの手に落としたくなかったので、現在の天皇は天皇裕仁の息子ではない。本当の息子は今、日本の地下反対勢力のトップであると、その情報源は指摘している。 これは現在の日本政府が今月末の三重サミットにG7会合にロシアを参加させようとしている理由です。しかし、ロシアは正確に安倍とその政権はロックフェラーとロスチャイルドの奴隷であるので支持できないと見ていると、ロシア情報源は言う。「三重に集まるG7の人々は恐れている」とイルミナティ総支配人ロマノフは言っている。ロマノフは、イルミナティはまだ一つのクルスク核兵器を持っており、まもなくそれをどう使うか決めると指摘している。 ----------------------------------------------- 1.アルゼンチンの汚い戦争 アルゼンチンでは1970年代から1980年代にかけて、多くの左翼活動家や市民運動家が政府軍によって殺されたり誘拐されたりし、3万人ともいわれる犠牲者が出た。アルゼンチンの「汚い戦争(Dirty War)」(軍事政権による市民弾圧)と呼ばれる。 フランシスコ1世は「汚い戦争」当時、ベルゴリオ枢機卿としてイエズス会のアルゼンチン管区長を務めていた。イエズス会の司祭2人が当時の残忍な右翼軍事政権により拉致され、悪名高い拷問施設へ連行された事件で、2人の身柄拘束に関与したとの疑惑がかけられている。 疑惑ですが、辞めると言う話は前から出ており、ならば事実と言うことを本人が認めたことにあんる。他にもいろいろ悪魔的なことをしていたと言う話も出ている。人は信用できない。 2.キッシンジャーは死亡したではなく、人民裁判で私刑されるべきだと思っている。 3.中国は人口が多いだけで、経済が本当に先進的がどうか疑問。4つに分割したら、どうなる?どうもフルフォード氏は中国かぶれが激しいと思うが。 4.安倍もプーチンさんに好かれたいなら、ブラジル大統領ディルマ・ルセフを支援したらいい。 5.パナマ文書暴露は誰が、何の目的で行ったのだろうか?あちらがわ?こちらがわ???? 6.今上天皇は昭和天皇の子供ではないそうです。と言われてもなんだかわけがわからないし、だからなんなのさ?と言いたくなる。明治天皇も実は皇統ではないとか、色々な話がありますが さて、何が変わるのでしょうかね?その反対勢力が何をしようとしているのか?それは影響力がある勢力なのか?実は前の天皇の本当の息子は・・・・・・なんて話だけなら意味がない。 7.紀伊半島沖津波で伊勢が襲われる?あのあたりもリアス式海岸なので大被害が予想される。 地元の方々逃げてくださいね。 なんか、今一突込みが足らないと思うのは贅沢でしょうか? がせねたもあるんでしょうね。。。ヒラリー逮捕はどうなったの? 南極ナチの件は? 素人にも分かるように話してください。お願いします。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 教皇フランシスコ/新教出版社 ¥1,512 Amazon.co.jp

      42
      テーマ:
  • 03 May
    • ヒラリーの化けの皮

      トランプは次の大統領になるだろう;クリントンは堕落した嘘つきとして歴史に記憶される運命にある http://beforeitsnews.com/alternative/2016/04/trump-will-be-next-president-clinton-destined-to-be-remembered-by-history-as-corrupt-liar-eric-dubin-3344764.html TND社説:エリック・デュービン 共和党内の主流派の力がトランプが共和党の指名を獲得することをうまく阻止しなければ、最終的には共和党は内部分裂して、トランプは米国の次期大統領になる。来年の今頃は、クリントンは刑務所に服役していない間は、彼女の莫大な富の上に座り幸せであろう。 私は、私の推測を信じ難くあなたの頭を振るだろう事は分かっている。しかし、共和党の主流派の主要部分はクリントンを活性化させている。非常に珍しいサタデーナイトライブの寸劇は、「クリントン汚職」と言うドキュメンタリーに対して、大方の理解へ移行した正確な週を記録した。それはカンヌ映画祭にデビューするが、アメリカの歴史精神からは極めて微妙なずれがある。 SNLの寸劇についての私の記事「嘘つきヒラリークリントンはアメリカン歴史精神に滲み出る」はまったく無視された。誰もその評価を信じないし、投票傾向は見て明らかだったので、驚きであった。ヒラリーは確かに病的嘘つきであると言う理解が増加している。 「おそらく、当におそらく、アメリカ国民は売り切れに飽きている」-クリントン現金トレーラー トランプは多くの欠点を持っている。しかし、彼は帝国が真の安全保障の対極にあるやや微妙な理解をもっており、我々の憲政共和国をトイレに流している間、両方の主流党によって前払いされる保険証書によって、「強い防御」の共和党の中心的な価値は実際徐々にむしばまれている。トランプはより経済ナショナリストであり、グローバリストではない。「ネオコンは絶対的にトランプを嫌う。しかし、トランプは支配者階級の羽音をさせながら、同時に内部通報者でもあるので、謎である。 私は共和党を支持はしないが、しかし、トランプは明らかに病的虚言婦人より良い大統領になっている。マリネードを漬けるクリントンの周りに漂う不愉快な悪臭とずるがしこいふしだらな女に巻き返すためには2017年中がかかるかもしれない。しかし、彼女が米国の大統領になることはないし、時間の経過と共に彼女が本当は何者であるかが記憶されるであろう。女性と少数民族の有権者集団から多くの恩恵を受けてきた。しかし、これはトランプを負かすことはない。 励みになります。こちらへもよろしくお願いします。 クリントン・キャッシュ/LUFTメディアコミュニケーション ¥1,944 Amazon.co.jp

      34
      テーマ:
AD

ランキング

総合ランキング
2305 位
総合月間
1977 位
気まぐれブログ
29 位
日々のできごと
62 位

ランキングトップへ

ブックマーク

人気ブログランキングへ
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。