自由・民進・社民三党合流

テーマ:
アメーバの運営がおかしいので、いつでも移動できるように
ミラーサイト</a>です
こちらFC2</a>にも作りました。
 
 
以下は、情報速報ドットコムより頂きました。
民進党と自由党、社民党の3党が合流を視野に入れて協議を行っていたことが分かりました。報道記事によると、協議は今月6日に行なわれ、自由党の小沢一郎代表と民進党の輿石前参議院副議長、社民党の又市幹事長が参加し、3党の合流を含めて選挙協力の話し合いを行ったとのことです。
民進党の野田幹事長も合流には前向きで、自由党の小沢一郎議員は前々から「安倍政権に対抗するためには野党勢力を結集する必要がある」と呼び掛けていました。
仮にこの3党が合流することが出来れば、選挙での死票が激減することになり、勢力が大きく拡大することになると思われます。
ただ、社民党は合流に後ろ向きで、社民党の説得には時間が必要になりそうです。

自由党の小沢代表と民進党の輿石前参議院副議長、社民党の又市幹事長が6日に会談し、3党の合流も含めた今後の連携のあり方について意見交換していたことがわかった。
 関係者によると、会談で小沢氏ら3人は、7月の都議選後を見すえ、3党の合流も含めた連携のあり方について意見交換したという。
大元はすでに消されています。素早いですね。
 
 
一方、板垣ブログ>は最近、この話を連載しています。
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
世界支配層の信頼度が抜群、小沢一郎代表の下、民進と社民が「自由党」に合流→共産党との連立政権樹立へ急ピッチ
◆〔特別情報1〕
 いよいよ「政変」だ!―大阪地検特捜部は、「大阪市・森友学園」(籠池泰典前理事長)の国有地格安取得事件をめぐり、安倍晋三首相と妻の昭恵夫人の関与を解明するため、財務省理財局と近畿財務局の強制捜査に踏み切る方針を決めたと伝えられている。国有地払い下げを担当した担当官が廃棄したと発言している交渉メモは、パソコン内の個人データ復元が可能なので、安倍晋三首相と妻の昭恵夫人の関与が明らかになれば、安倍晋三首相の「辞任→衆院議員辞職」は、免れない。政権の座に恋々としている安倍晋三首相は、「6月9日衆院解散→6月20日公示・7月2日投開票=東京都議会選挙とのダブル選挙」を断行して、逃げ切りを図る。片や野党は世界支配層の信頼度が抜群の小沢一郎代表の強力な指導力により、自由党、民進党、社民党、共産党の野党4党がゴールデン・ウイーク明けの5月8日、「民進党+社民党」が小沢一郎代表の「自由党に合流」、これを受けて、共産党の選挙協力により、自由・共産連立政権を樹立する。
 
そういえば、森友ゲートも風向きが変わったね。
民進党の長島やら細野の離党の背景でした。 
社民党は嫌なら別にかかまわないのでは。
この閉塞感を吹き飛ばしてほしい。
ベンジャミン・フルフォードが必死に否定しているところを見ると、白龍会にとってはこの話は決定的に都合が悪いらしい。そんな代弁者になっていると、終わっちゃうのではないかと心配している。
真相はどうなのだろうか?そこまでトランプ陣営も馬鹿ではないと思う。 明らかになるのを待つしかない身であります。
励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る