ドイツ政府の緊急準備要請?

テーマ:
ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に促している
http://www.zerohedge.com/news/2016-08-21/german-government-urges-citizens-stockpile-food-water-first-time-cold-war-ended

冷戦終結以来始めて、ドイツ政府は攻撃や災害の場合には食料、水を備蓄するよう市民に話す計画をしていると、フランクフルター・アルゲマイネン・日曜新聞は日曜日に報道した。

ターゲスシャウが言うように、イスラムテロは移民政策の所為がドイツへのイスラム移民の大量流入の関係ではないとアンゲラ・メルケルの宣言に続いて、我々は助けることは出来ないが、少し驚いている、連邦政府は国民に再び食料、水を備蓄するよう奨励したいと考えているので、彼らは一時的に災害や武力攻撃の場合に自分自身を備えることが出来ると新聞は報道している。ロイターによれば、

ドイツは現在、2件のイスラム攻撃と先月の精神不安定な10代による銃乱射事件の後、高度の警戒態勢にある。ベルリンは警察や治安部隊にかなり多くを費やすことと、コンピュータサイバー犯罪とテロに対する特別部隊を創設すると言う措置を今月初めに公表した。

「国民は10日間の食料の個人供給を確保する義務がある」と新聞は政府の「民間防衛の概念」を引用している。それは内務省によって準備されている。

新聞は議会委員会はもともと2012年に民間防衛戦略を託したと述べている。

内務省スポークスマンは計画は水曜日に内閣で議論され、その後に大臣によって発表された。彼は内容の詳細については明らかにしなかった。

国民は5日間耐えられるに十分な飲料水を備蓄する必要があると、計画は述べていると新聞は言っている。

予防措置は国民は我々の存在を脅かしうる、かつ将来除外することが出来ない進展に対して適切に準備することを要求していると、新聞はそう言っている報告書を引用している。

さらなる優先順位として市民による軍隊への更なる支援が必要であると、付け加えられた。

ドイツ防衛大臣は今月初め、国はテロの十字線に横たわっており、潜在的な大規模好戦的攻撃に備える際に、軍隊の計画が警察により密接に訓練を受けるよう迫りました。

10日間の十分な食料と水の備蓄から離れて、軍隊を支援し、我々の存在への脅威から自分自身を守ること、全てはすべらしい、そしてメルケルの移民政策が役に立っているのか?

我々は訊ねる-彼らは何をしているのか?「恐れる国家はより影響を受けやすく、支配されやすい」とは以前から単なるデマだったのでしょうか?

--------------------------------
ドイツ銀行の件らしいが、そのドイツ銀行が何をしてどうなっているのかは私は知らない。
これはもう犯罪だ。財務内容が分からないのに投資家は、株主はどうすればいいのか。アメリカ流の身勝手そのもの。もういんちき経済はさっさと、どっかへ消えて欲しい。どうせ、自分達では始末できないんでしょ。。。



励みになります。こちらへもよろしくお願いします。

2017年 世界の真実 (WAC BUNKO 239)/ワック

¥994
Amazon.co.jp

AD