オールジャパン平和と共生

テーマ:
オールジャパン平和と共生 安倍政治を許さない!参院選総決起集会 記者会見

実行委員長 植草一秀さん
具体的テーマ
①原発稼動許さない
②憲法破壊は許さない
③TPP許さない
④辺野古基地は許さない
⑤格差拡大を許さない
であるが、『安倍政治にストップをかける、小異を残して大同につく精神』で進める。
安倍政権対野党市民連合(主権者主導)

元内閣総理大臣鳩山由紀夫
政権交代を果たした2009年と、一年半前の衆議院選挙を比較する投票者数が激減
その減少数は自民党に投票した数に等しい⇒政治に無関心になってしまった
安倍政権に対しては批判的な人が多いいが、それを行動に示す人がなかなかいない
植草先生の『オールジャパン平和と共生』運動は大変ありがたいし、未来を感じている

元農林水産大臣山田正彦
TPPについて一言話させて頂きたい。
米大統領選を戦うトランプも、クリントンも、サンダースもTPP反対である
今年は下院総選挙もあり、議会は反対である
このままでは米は批准できない状況下にある
それなにに、安倍さんは3月に特別委員会を開き、4月に衆議院で批准して衆参同時選挙では済んだ話にしたいらしい
世界中が反対しているのに、安倍政権の暴走を許してはならない

弁護士佐久間敬子さん
格差が進行する中、各地ですばらしい市民運動が展開されている
ただ、それぞれの運動がバラバラでなかなか繋がってこなかったが、
今回の安保運動で太いパイプで繋がってきた
安倍政権の政策が、我々の基本的願いと真っ向から反することが理解できてきた

食政策センターVISION21代表 安田節子
今日本は戦後最大の危機に直面している
憲法改正、原発、辺野古、TPP、格差是正のそれぞれのグループが頑張っておられるが
その底辺にある安倍政権の悪政を変える、国民の想いのプラットフォームにしてゆく

参院選決起集会
日本共産党書記局長 山下芳生
2/19 民主 維新 共産 生活 市民の五党の党首が4点の合意に至った
①安保法制戦争法廃止 集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする
②安倍政権打倒を目指す
③国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む
④国会対対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う
画期的な党首合意だ
それを受けて五野党の書記局長や幹事長が毎週会議をしている
・戦争法案廃止と閣議決定撤回を各党の選挙公約にする

生活の党と山本太郎となかまたち代表 小沢一郎
我々が本当に心を一つにして戦えば、国民の信頼は野党に集まる
ダブル選挙こそ、一気に政権交代できる最大の機会だ

第2部では、鳩山由紀夫、落合恵子、梓澤和幸、山田正彦、孫崎享、平野貞夫、岩上安見、植草一秀の各氏が15人が登壇し、野党共闘の共通理念である、原発、憲法、TPP、辺野古、緊急事態条項、差別&消費税について話した。
ビデオをの続きご覧下さい。


共産党書記局長の山下さんが、本当に明るい。皆さんと仲良くなれました。
毎週、細かな調整の会議をしていると

強行採決の圧政の下、国民の多くが立ち上がったが、決して暗さはない。
鳩山さんの言う「未来を感じる」よい雰囲気である。
小沢さん「本当に心を一つに戦えば、国民の信頼は野党に集まる」
植草さん「小異を捨てて、安部政権打倒の大同につく」
安田さん「国民の想いのプラットフォームにしてゆく」
是非是非、うまくやっていただきたい。

この野党連合が旨くいったら、共産党にはノーベル平和賞を差し上げたい。
(植草さんも今回はうまくやっている・・・失礼)


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。









AD