フルフォードレポート英語版(3/15)

テーマ:
P2フリーメーソンと金塊の話をするためにインドネシア大統領はオランダを訪問

インドネシアのCIA情報源によれば、大規模に世界一掃浄化の資金調達へ資金を開放する密室の交渉が先週、インドネシア大統領が突然オランダに飛び金の議論をする決断により、劇的な展開をした。ジョコウィとして知られる、つまりウィドドは内戦を避けるために旧インドネシアの植民地支配者であるオランダを訪問したと、彼らは言う。内戦とは中国を支持する派と西側に傾く人たちの間で起こり得ると、その情報源は言う。オランダでは、ジョコウィはインドネシアの銀行に保管されている金塊にアクセスを求めるであろうP2フリーメーソンロッジの代表と会談するであろうと、彼らは言っている。この計画された訪問に関するインドネシアの新聞記事は、「2週間以内に重大な驚きがあるだろう」と言うインドネシア政府の公式見解は引用している。

http://www.indonesia-investments.com/news/news-columns/joko-widodo-to-visit-the-netherlands-to-improve-trade-relations/item6577

これに関連して、米国務長官ジョン・ケリーもまたインドネシアの白龍会の代表に接触してきて金塊を求めたと、CIA情報源は言う。スカル&ボーンズ悪魔主義者ケリーは何も取れないだろうと、白龍会情報源は言っている。

ケリーと彼の仲間の徒党は、米実体経済が大きな困難にあるのでパニックに陥っている。この最近の兆候は、卸売り在庫は今、記録的レベルに積み上がっている。

http://www.zerohedge.com/news/2016-03-09/wholesale-inventories-rise-and-sales-tumble-sending-ratio-recession-imminent-cycle-h

支払う金のない米国への売り上げの低下に大きく影響され、2月の中国の輸出もまた前年同期比で年率25%の急落をしている。この米国の景気不安が、将来計画機関を立ち上げる交渉が突然勢いを持ってきた理由です。計画機関は現在この国を運営しているハザールマフィアではなく、米国民を支援する点で幸せなことであると、白龍会情報源は言う。

米軍はその役割として、その地域の海の境界意識を得るためにベヌラ島周辺に艦隊を駐留させる許可をインドネシア海軍から得たいと明らかにした。言い換えれば、彼らはこの地域で中国を侵略者にさせないために南シナ海に近い重要な基地を持つことを確実にしたい。これが、将来計画機関の創生を認める為のアジア白龍会との協定に合意する条件であると、多くの情報源がいう。

一方、自らを「ゴールデン・ドラゴン・ファミリ」と呼ぶバイヤーが初めに20tの金塊を買いたいと浮上してきたと、国防総省とCIA情報源は言う。中国政府筋は、その役割として、最初に50tの取引を、そして3ヶ月以内に1,000tが可能になると言っている。文書は送付され、これが現実の取引となることを確実にするために資産調査を行われていると、両サイドの代表は確認している。金塊は先週述べた通り、3%手数料、10%実力主義将来計画機関の設立の為に、13%割引で売られている。白龍会は、実体の金塊が香港で検査される、おそらく今月末か来月始めに参加する予定である。

この取引が具体化に失敗したり、ハザールマフィアに妨害されたりしたら、その時は三つ叉(武器)を持ち出す時であると、白龍会情報源は言う。

一方、グノーシス・イルミナティ団長アレクサンダー・ロマノフがNSAの要求として、先週白龍会を訪問して来た。NSAは、311核津波攻撃の直前の2011年3月10日に行われた会議の詳細を望んでいる。白龍会は津波核攻撃の2-3時間前の3月11日12:34に送られたGPS信号が東京の近くの小笠原諸島を通過する波と放射能を保つ防護壁を起動させるために送られたと言う事実を開示できた。これは、この残忍な加害者によって意図した大東京から5千万人を非難させる必要はなくなった理由です。これは福島から放射能がほとんど消えた理由でもある。(何者かが東京を守ったと言っているようである)

この同じ不思議な防護機関はまた、3月2日にインドネシアの海岸襲った6.8マグニチュード地震によって引き起こされた津波が防がれたと、白龍会は言う。

http://www.bbc.com/news/world-asia-35704845

アレクサンダーロマノフはまた、日本当局によって最近再び監禁された理由についても説明した。地元の警察が彼に身元証明を求めた時、彼は公園で酔って座っていたことが判明した。彼は何も持っていないので(彼の身元証明は全て没収されている)、その後警察情報部の釈放命令の指示が出るまで彼は交番まで連れて行かれた。彼が家に戻った時き、彼の家の前に許可番号666と表示された車が止まっていた。酔って怒っていたロマノフはその時、この車の運転手の首に瓶と缶のオープナーで刺しました。その後直ちに彼は20人の警察官に連行され、保護拘置された。ロマノフはそのような事件は二度と起こさないと約束させられて開放された。本物のイルミナティ団長の命はそんなものです。

いずれにしろ、ロマノフはまたCIA植民地として知られる北朝鮮からのメッセージを持っていると言っている。金正雲は将来統一される韓国と日本の国の皇帝になりたい。金は最近王座に座っているロスチャイルドの傀儡より正当な皇帝になれると、ロマノフは言う。

北朝鮮はロマノフを経由しないで白龍会と接触する方法を知っているので、この問題をどうするのかは知るのは難しい。しかし、北朝鮮に課されたロシア、中国、米国と日本によって課された制裁は実際多く苦しんでおり、北朝鮮を交渉のテーブルにつかさせている。これが本当の交渉策略かもしれない。

これに関連して、米韓大演習の時に、米軍によって沈められたと報告された北朝鮮潜水艦は、実際は米国へ核ミサイルを発射して北朝鮮の所為にしようとしていたイスラエルの潜水艦であったと、日本の軍事情報源が言っている。これは最近、ドイツによってイスラエルに届けられた潜水艦であると、国防総省情報源は言う。

イスラエルについて言えば、米副大統領ジョーバイデンは3月8日にそこへ行き、悪魔主義首相ベンジャミン・ネタニヤフに、新ロシア/バチカン同盟がイスラエルに国際的反社会行動を止めさせると伝えたと、国防総省情報源は言う。計画された国連決議は二国間解決として、イスラエルは1949年のラインまで撤退し、大量虐殺ガザ包囲を止め、東エルサレムのパレスティナの首都にすることを呼びかけるだろうと、彼らは言う。従わない場合は国連制裁と武器禁輸措置に繋がると、彼らは付け加えた。ロシアが主導する国連軍は武装入植者を立ち退かせガザを防衛することができると、彼らは言う。

このロシアのトップは米国に、ISISがキリスト教徒に対する大量虐殺を犯していると宣言させるよう圧力をかけている。そうすることで、ISIS支援国であるトルコ、サウジアラビアとイスラエルに対する国連制裁が可能となると、情報源は言う。それはまた、イスラエル、トルコ、サウジアラビアの戦争犯罪者の起訴への道を開くと、彼らは強調している。

中東でのトラブルについてイスラエルに法の遵守に加えて、バイデンはネタニヤフにイスラエルロビーを米大統領選から締め出すよう伝えたと、情報源は言う。軍、FBIと一般人は今回の大統領としてヒラリークリントンのようなハザールマフィアの手先は選出させないと決定された。

国防総省情報源は、選挙はドナルド・トランプと副大統領バイデンのどちらかになる可能性が高いと言っている。バイデンは自分の時を期待しており、ヒラリークリントンが起訴された後、踏み出す準備をしていると、国防省とその機関の情報源は言う。その面では、「軍はヒラリーの調査を止めようとした者に対して不正が行われた可能性のある大陪審に関与している」と情報源の一人は言う。

他の調査として、米国、マレーシア、シンガポール、アブダビとスイスに関与する当局もまたハザールマフィアに迫っている。現在、ニュースは調査は堕落したマレーシア政府当局者と、最近まで東南アジアのゴールドマンサックスののトップであったティム・ライスナー周辺に集中している。しかし、東南アジアの白龍会情報源は、調査の本当の目的は不明のマレーシア航空便370とウクライナ上空での撃墜されたその再化身である17便の真相解明にあると言っている。

FBI情報源は、2013年に米国ショッピングモールでケニヤ風虐殺を演じるためにキオスクを利用しようとしたイスラエル・モサド恐怖作戦を逮捕すると明らかにしている。このターゲットになったモールのイスラエル人所有者はこれから多額の保険金をすることを望んでいると、情報源は言う。

一方欧州では、NATO軍トップのフィリップ・ブリードラブ将軍は先週、その異常な愛(核ハルマゲドンの提唱者)とネオコン・ビクトリア・ヌーランドにあまりにも近いために解雇されたと、国防総省情報源は言う。言い換えれば、ブリードラブは2月12日の法王とロシア正教会総主教との歴史的な962年ぶりの会談で接合された新国防総省ロシア同盟と共にする気はなかった。ブリードラブの代わりは、将軍カーティス・スカパロッチであり、ロシアに対して挑戦的な態度は少ないと思われると、彼らは言う。NATOの運営の変化はウクライナと欧州でハザールマフィアのトラブルに大きな影響を与える可能性がある。


------------------------------------
とにかく東南アジアの金塊の話は我々には見えません。フルフォードさんも分かって書いているのだろうか?インドネシア、フィリピンには一体何が隠されているのか?何故、フリーメーソンが関与する?旧宗主国オランダがまだ関係するの?日本の天皇はどうかかわっているのか?
分かりません。「2週間以内の重大な驚き」に期待するしかないらしい。

ロマノフは何故日本にいるのだろうか?不明です。
ここで上記を論述することに、何か深い意味でもあると言うのか?

イスラエル潜水艦が北朝鮮を装って米国を攻撃しようとして、米軍に撃沈された情報は有難うございます。
パレスティなの解放は世界の人間の使命だと思います。実際はプーチンさんにお願いするしかないのだが。ロシアと集団的自衛権発動でイスラエルを叩きに行くのなら賛成します。

バイデンもヒラリーに譲っておいて、結局自分がしゃしゃり出る、なかなかの政治家だと思うが、あなたでは無理でしょうね。同じ穴の狢だと見破られているから。
大手マスコミは日米とも報道しないが、米国内では民主党の不正選挙に非難の声が上がっている。民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は自党の選挙を指示しないと明言していっる。(追ってご紹介します)民主党党員に対する非難の声が高まっているようです。ふざけるな!と言う感じです。
ヒラリーの記者会見では、起訴されても選挙運動を続けるのか?と言う質問が多くなってきている。初めの頃はヒラリーは無視していたが、最近は「そんなことは起こらない」と突っ張っているようだ。降りたら、一挙に逮捕・起訴になるでしょうね。

情報は一杯ですが、肝心の悪党どもの今後を教えていただきたい、よろしくです。




励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD