キッシンジャーがまさか

テーマ:
板垣ブログが奇妙なことを二日続きで述べている。
(この人は本当に証拠を示さないので信用ができない。事実ガセも多い)

キッシンジャー博士は、習近平・李克強、プーチンと関係改善できる新政権樹立を日本に強く求めている

◆〔特別情報1〕
米国のキッシンジャー博士(1923年5月27日生まれ、92歳、ニクソン政権・フォード政権期の国家安全保障問題担当大統領補佐官→国務長官)が、「世界恐慌・第3次世界大戦=核戦争」による地球滅亡を危惧して、地球平和のため「新機軸」を築こうと懸命に活動している。ロシアのプーチン大統領とモスクワで緊急会見(2月3日)し、基本方針を合意している。日本については、「G7伊勢志摩サミット」(5月26日、27日)を控えて、憲法解釈変更・安全保障法制関連法制定(2015年9月19日)を行い、さらに日本国憲法第9条改正(国防軍創設)に本気で乗り出すなど米国が望まない右寄り路線をひた走る安倍晋三首相に早期退陣を要求。日本政府を裏で操ってきた「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者)であるリチャード・アーミテージ元国務副長官(ブッシュ政権第1期)、戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長、ハーバード大学のジョセフ・ナイ教授らを「日米関係」から排除(お払い箱)するとともに、米CIAの活動拠点になってきた自民党派閥「清和会」(会長・細田博之元官房長官)の解体を迫っている。また、中国の習近平国家主席・李克強首相、ロシアのプーチン大統領との関係改善を図れる新政権の樹立を強く求めているという。キッシンジャー博士は、世界と日本をどう導こうとしているのか?

①安倍晋三に何時どういう形で対人要求をしたのか?結果はどうなったのか?
②ジャパンハンドラーの件も同じです。
こういう話がないので、信用度が低い。(有料を見ても深まらない)


本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
キッシンジャー博士は、プーチン大統領と「世界の新機軸を築く」お膳立て、大物政治家に期待している

◆〔特別情報1〕
米国が、田中角栄元首相をロッキード事件で失脚させたのは、やりすぎだった」―米国のキッシンジャー博士(1923年5月27日生まれ、92歳、ニクソン政権・フォード政権期の国家安全保障問題担当大統領補佐官→国務長官)が、「反省の弁」を周辺に漏らしていて、田中角栄元首相に精通している専門家を、近く米国に招き、ロッキード事件の顛末、米国・中国との友好関係を築いている大物政治家の政治活動などについて詳しく説明を受けるという。キッシンジャー博士は2月3日、ロシアのプーチン大統領と「世界の新機軸を築く」ことで合意し、そのお膳立てに尽力している最中だ。大物政治家に何を期待しているのか?

①田中角栄に精通している専門家とは誰れ?わざわざ招く必要は?何を意味しているのか?

等々、本当ならうれしい問題なので、是非信用できる証拠を見せて頂きたいものです。


リチャード・アーミテージ以下の日本ハンドラーを追い出さなければならないと思っている。
アーミテージはいまやアフガンの麻薬王であり、アフガンに逃げ隠れているのです。時々日本に来て小遣い稼ぎをやっている。入国禁止にすべし。
ハザールマフィアの一人でも逮捕等のことが起きれば一蓮托生で、一貫の終わりです。ですから逃げている。
その大親分で、この日本をこんな風にした張本人がキッシンジャーです。その男がそんなことをいうはずがないと思っている。

プーチンさんとどんな話をしたというのか?
ヌーランドと同じか?保身??
彼も身の危険を感じて、プーチンになきついたのかもしれない。彼のロシア訪問はそんなことしか考えられないのですが。しかし、今更、彼が『世界の新基軸を築く』?何のために?何の得がある?旧体制を維持したほうが得だよね。
ヌーランドの引き取り交渉?価値ないか、そんなのどうでもいいはずだね~
もっとも、とっくに何もかも喋らされちゃっているはずさ。
アメリカの秘密を教えるから、ヒラリーを当選させろとか、これはありうるなぁ。。
内容は別にしても、公開しているのだからプーチンにとってやましいことではないか。
バックが変わったと考えるのが尤もらしいが。そんな甘くはないか。
なんだろうか?


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD