南極秘密基地

テーマ:
ロシアのTV特集です。UFOとナチスドイツと南極の関係について述べています。
非常に面白かった。長いですが、従って翻訳が的を得ていないもの、誤字もあるでしょうが
お読みください。

ロシアの船がサウジの箱船を載せて、今南極に向かっています。なにか関係があるのでしょう。

TVチャンネルロシアとゴールドメディア放送プレゼント
https://www.youtube.com/embed/MwUpPwyyvLw


これらの未確認飛行物体はある曖昧な自然が成長したボールの形で存在しているだけではない
むしろある技術的な形を持っている
アメリカはいつもドイツの「魔術的技術」伝統に興味を持ってきた
このことは絶対に疑いはない
突然、不可解なことが起こった;六ヶ月間続くと計画されていた探検は急に二ヶ月で南極の海岸を砂漠化して中止された
それは実質は退却であった

本当の真実は、信頼できる証拠とフィルムにおける衝撃的な現象にある


第3帝国;作戦 UFO

パート1:秘密基地
1947年の初め、アメリカの探検家リチャード・バードによるもう一つの探検隊が南極の海岸に到着した。
それは非常に不思議な探検であった。今までの3回とは異なり、今回は完全に米海軍から援助を受けていた。作戦「ハイジャンプ」はその暗号名であった。海軍大将R.バードの指揮の下、強力な小艦隊があった。空母1艦、水上船12艦、潜水艦1艦、20機以上の航空機とヘリコプター、そして約5千人のスタッフによる科学的探検のチームとしては不思議だと思うでしょう。
1946年の12月2日、彼の探検が始まる前、海軍大将バードは記者会見で述べた:私の探検隊は自然の軍隊である。それ以上の詳細は述べなかった。

1947年1月末に、全面的な空中偵察が始まり、クイーン・モード・ランドの南極領域を調査した。
最初の一週間の計画が過ぎ、数万枚の写真が撮られた。突然、不可解なことが起こった。六ヶ月間の探検は、たった二ヶ月で終結された。
南極海海岸から逃げる;それは本当に早い退却であった。彼らの駆逐艦、空母艦載機の約半分、多くの水兵と将校を失った。

議会の委託を受けた調査委員会のメンバーに対して、海軍大将アドミラルは次のように言った。「他の戦争の事件において、アメリカは極と極を信じられない速度で飛ぶ能力を持つ敵に攻撃を受けた可能性があった。何がアメリカを逃亡させたのか?
そのことで、アメリカはいくつかを学んだ。



海軍大将バードの探検が始まる18ヶ月前の1945年に、2艦のドイツ潜水艦がマーデルプラタに入った。
アルゼンチン港に入港市当局に投降した
そこには普通の潜水艦はなく、彼らは所謂指揮者護送船からきた。
最高機密艦隊、成し遂げる使命は、詳細は今も秘密のままである。
潜水艦の乗組員は事情聴取には消極的であった。

UボートU-530の司令官は暗号名バルキリエ2の作戦における彼の関与について話した。
戦争が終わる2週間前、Uボート、U-530は埠頭を離れ、南極海岸に向かった。
潜水艦には負傷した兵隊とナチの残党が乗船していた
他のUボートU-977の司令官ハインズ・シェファは後に、同じ経路を付いていったと証言した。ドイツの潜水艦は繰り返し皆南極ルートを追従したことが分かっている。
しかし、どうしてそこへ行く?
南極、1820年に、それは二人のロシア探検家によって発見された。ゲレンクシュメルゼンとラザレフ その時から、この欧州より大きな神秘的な大陸は磁石のように探検家を引き寄せて続けている。
しかし、10m高さの急な氷の岸が長年、難航不落であった。約1世紀の間、南極は未知のままであった。海岸線だけが地図に描かれた。
突然、遠く使用できない氷の大陸がドイツ人に神秘な興味を引き起こさせた。多額の資金が南極研究に割り当てられた。1930年代末に、二つに研究探検隊が準備された。
これは戦争が始まる直前でした。1939年1月、2台のカタパルト(射出機)が航空機を制御した:パサットとボレスがスウェイビランドのデッキから離陸した。彼らはクィーンマウド大陸を監視し始めた。
卍のしるしのある金属製三角旗を持った空軍のパイロットがドイツの領域を第3帝の為に確保した。それは新シュバーベン行政区と呼ばれた。

1939年4月、熟練の極地探検家・機長アルフレッドリッチャーが「私はゲーリング元帥が私に任せてくれた使命を完結した」「始めたドイツの航空機が南極大陸の上を飛んだ」「25Kmごとに我々は落とした」「三角旗は約60万平方キロをカバーした」「そのうち35万平方キロは写真に撮られた」「ゲーリングの航空勇士たちは彼らの仕事をなした」
それから、この尋常ではない命令が「総統の海の狼」に出された;Uボート 海軍大将カール・ドエニッツによって命令された。
秘密のうちに、ドイツUボートは地球の端の氷の南極海岸へ進路を取った。後に、カール・ドエニッツは不思議な語句を洩らした「私の潜水艦は地上の本当の天国を発見した」
1943年ロシアとの戦争がピークのとき、総大将ドネッツは別の言葉を発した。同じように神秘的な語句「ドイツ潜水艦艦隊は賞賛される」「地球の一方の端で、我々は総統の為に難攻不落の城を築いた」
その時に戻ると、ドイツ海軍艦隊の事を話す総海軍大将アドミラルは非常に小さな内部グループにのみ理解されていた。
今日、我々はアドミラルの言うことを信じるのみである。
最近、強大な地下湖が発見された、氷の下1Kmの深さである。湖の温度は18℃である。水面上に暖かい空気で満たされたドーム上の空間がある。
この暖められた湖から海へ常に暖かい水が流れている可能性がある。数千年もの間、これらの暖かい河が大きな地下氷のトンネルを形成していた可能性がある。


海の端から、どんな潜水艦でも容易にトンネルを通って海岸の氷の下を通過できる。
ここです:完全な基地、嵐や局地の寒さから逃れることができる。
外部者かと敵の偵察から完全に隠されている。
ドイツが秘密の基地を設置する決心をしたならば、それは秘密の領域であり、外部から全く近寄ることができないと思われる。
南極を含む極地領域は、このレベルの安全を見出す全く適切な領域になっただろう。
目撃証言と他の記録によれば、ナチは事実として秘密の南極基地を作り上げた。
その暗号名:基地211
1939年の初めまで、南極とドイツの間を、スワビアと言う名前の特殊装備改造調査船が普通に行き来していた。
鉄道レールを含む鉱山建設機械と他の機械、トラックと巨大トンネル掘削機はクィーン・マウド・ランドへ運ばれた。
同時に、科学者、技術者、高度技能労働者が到着した。
何故、ドイツはそのような遠隔基地の必要があったのか?
多くの仮説がある。
ある人たちはドイツは南極海を支配したいと思っていた。
他の人は、ドイツはスーパー兵器を作るための本質的なウラニウム等の膨大な南極の天然資源に魅力を感じていたと思っている。
多くの人はそれは戦争に負けた時の為だと推測している。
南極は第3帝国のエリート達にとって安全な逃げ場であったのだろう。
1942年までに、新スワビアへの居住者の輸送が始まった:科学者、技術者、ナチ党とドイツ帝国のメンバーと代表者たちが含まれる。
ある種の秘密の工業技術もまたドイツから搬送された。

戦後、アメリカは米国内で働くドイツ人科学者を募集した。
多くの高レベルの第3帝国科学者が消えたり、死亡したとしてリストアップされていないことを見て、衝撃を受けた。
100以上の潜水艦もまた消えていた、そして決して発見できなかった。

アメリカ情報機関がナチの遺産の一部と、技術的潜在性について情報を得たのは明らかだ。
研究者と科学者はドイツから引き上げ、自然に南極領域は彼らの注目の中心になった。

南極当局へ引き渡した潜水艦乗組員の証言もある;それは全くアメリカに対する極端な警告であると思われる。
1946年末、有名な極地開発者であり米海軍大将リチャード・バードは南極のナチ基地を破壊する命令を受け取った。
しかし、事は失敗した。
アメリカの小艦隊による抵抗は、今でも多くの疑問を呈する。

海軍大将バードはジェット戦闘機について信じられない能力をワシントンに報告したのみではなく、彼はまた、不思議な空飛ぶ円盤による遠征隊への攻撃についても議論している。
それらは水中から高速で飛び出して、遠征隊へ重大な損傷を起こした。
1947年2月26日、戦いが行われた、遠征隊のメンバーでジョン・シレソンと言う名の熟練パイロットによって記述されている。

彼らは激怒して水中より垂直に飛び出して、そのようなスピードで舟のマストの間を滑空した。
空気の流れは撹乱され、無線アンテナは破壊された
瞬きする暇もなかった
カサブランカからの2隻の海賊船はある種の不思議な光線で殺された。
空飛ぶ円盤の鼻先から銃撃
そして彼らは船の近くの海へ潜った。
その時、私はカサブランカのデッキの上にいた、そして今貴方が私を見るように、私はそれを見た。
私には理解できなかった、これらの物体が船の間に浮かんでいても静かであった。
致命的な火を噴く悪魔の野獣のように、突然、私は駆逐艦「マードッホ」を見た、それは約120フィート離れていたが、炎が光り、そして沈み始めていた。
危険にもかかわらず、他の船から災害場所へ、救助チームと救命ボートが発進した。
悪夢は約20分続いた。
円盤が再び海中に飛び込んだ時、我々は損害を評価した。

彼らは恐れていた。
これらの飛ぶ円盤はどこに属しているのか?
ナチスドイツかもしれない?


パート2:アーネンエルベ

戦後、ナチ秘密資料保管所では、好奇心をそそる写真と図面が公開された。
それらは、円盤状飛行物体開発に、ドイツの科学者達が実際従事していたことを証明した。
その時は、このような物は存在していなかった。
ナチスの技術者達は、どうやってそのような技術的躍進ができたのだろうか?
アーネンエルベ協会:第3帝国で最も神秘的な組織、今でも、その秘密を追跡する力を指導する秘密のサービス、しかし、何故?
それは簡単である:これは唯一知られた歴史的構造であり、国の発掘と支援を行うために、超自然と神秘の研究に従事している。

廃却時点でそれだけの多量のデータを持っている組織は世界でもないし、アーネンエルベのように超自然技術の開発にそのような影響を与えるところもない。
アーネンエルベの創立者達は第3帝国の高官から引き抜かれた。
アーネンエルベによる超自然知識と超常現象の研究は親衛隊長ライヒ・ヒムラーから祝福を受けた。
彼自身の発案で行動しただけではなく、アドルフ・ヒットラーからの指示でも行動した。

公式には協会は1935年に設立され、ドイツ国の歴史的ルーツを探求する意図であった。
アーネンエルべは翻訳された時、「祖先の伝統」と訳された。
しかし、学会の興味の面ではドイツ古代の歴史研究より拡大していった。
第3帝国の指導者達は、戦勝に勝つには兵隊の和以上に重要なものがあると認識していたので、
従って、彼らは所謂「品質の優位性」の概念を適用した。
従って、高品質力を使うことで、比較的低戦力でも勝てることになる。
品質優位性を提供するために、アーネンエルベは伝統に囚われず、打開を達成するために、彼らの競合者が競合できない領域では超常知識のある超自然の科学者を導入した。

ナチの思想は、過去のおいて宇宙の秘密へのアクセスによって地球の文明開化があった理論に基づいている。
どこにでも、暗号化され、散りばめられて、この高度な知識は保存されている。
特に、彼らはドイツに超人を復活させる仕事を課された。

古代アーリア人の子孫としての彼らの役割としてはアトランティスに非常に興味がり、彼らの科学者はそれを信じていた。アーリア人種の母国である。
従って、ドイツはアトランティスの技術知識の正当な継承者であった。
伝統は言う、そこは巨大な船と空飛ぶ乗り物がが未知の力で引かれてゆく。
隠された知識を探して、文明開化の歴史の知識を探して

文明開化の発祥地
彼らはドイツが起源であると考えており、全世界はドイツを起源に持つ

戦争の開始に先立って、アーネンベルグの研究は始まった。
アーネンベルグのメンバーは、1929年に歴史家によって発見された驚くべき地図を知っていたことは疑いがない

地図は16世紀初めに、有名なトルコの海軍大将ピリ・レイズによって作成された。
衝撃的な事実は地図の詳細は実際の南極海岸を反映しているということである。
これは大陸が発見される300年前である。
彼の地図の注記に、海軍大将は彼は多くの情報源からそれを描いたと書いてある。
あるものは少なくとも3000年の昔のものである。
しかし、最も困惑することは南極大陸の海岸線であり、それは氷による被覆のないものを示している。

地図は今日でも想像を刺激する。
ここに米空軍専門家の判断がある
海岸線は氷に覆われる前に描かれた。
この地域の氷の厚みは約1~1.5kmである。
1513年にこのデータがどのようにして得られたのか、想像がつかない。
国際的専門家はピリ・レイズに地図の精密検査をし、それは20世紀の地図よりさらに正確であると結論した。

地震解析は、最近まで科学者は、いくつかの山はかって一つの中央山塊であったと考え得ることに気付かなかった。古い地図に述べられているように、島が分離したと現実に証明された。
70年前はパリ・レイズの地図の衝撃は、アーリア人種の理論の創設者に基づき、想像できた。
それは、アトランティスの技術魔術的遺産の研究に希望をもたらした。
ある仮定は南極は前のアトランティス大陸であると言っている。

極軸の移動によって氷の下に埋められた。
彼らはこれらの地図が存在することを知って、彼らはまた、秘密の知識が他のどこかにも蓄えられていることに気付いた。
アーネンエルベの秘密の探検は古代の遺物とチベットから南アメリカまでの世界中の文献の探索を始めた。
彼らはテンプル騎士団の資料記録所を見つけ出したのは明らかだ。それは彼らがコロンブス以前にアメリカを訪問していた兆候を含んでいる。
明らかにテンプル騎士団は、ピリ・レイズの地図に似た秘密の記録文書を所有していた。
それは、彼らが南極について重要な何かを知っていたと推察される。
占領した地域で、親衛隊指令本部は資料記録と書籍を取り上げた。

アーネンエルべは理論的能力と各種秘密の科学の蔵書はスペースのある限り没収した。
アーネンエルべは莫大な蔵書を収集した。
ポストンスキー蔵書の一つの図書館司書によると、1945年4月に彼はソ連軍がドイツの国境に近づいてくるのにに気づいた。
アーネンエルべは140万冊を運び、図書を撤退させた。
図書のカタログは非常に興味あるものであっただろう。
アーネンエルベは南極について信じられない何かを学んだ可能性が高い。
彼らは主要なナチの指導者達の目標であったこの大陸の研究をした。
実際、親衛隊は非常に特殊な知識に従っていた。

世界支配の道を開けて、ヒトラーは第一次世界大戦前に、この伝統に気づいた。
運命の槍は安全にウィーン博物館に保管されていた。
ヒトラーはドイツがオーストリアを併合した1928年にその槍を所有した。
世界を支配するためには、彼は伝統の槍を統合するために、聖杯が必要だった。
活動する男性の基本的財産と世界の科学的知識の象徴として
聖杯;活動する女性の基本的財産の象徴としての杯と共にそして賢明の象徴として

これが、第3帝国のエリートを事前に支配した当時の概念であった。

理論的説明の欠如であるのに、数世紀も古い知識によって、
最近の科学的成功を導くために、それは魅力的かつ合理的であった。
もし、それがナチが目指す目的に対してではなくても、選別された人種を奴隷にするために、超自然の知識と技術を使って、世界の最高の制御であった。
科学的研究には、アーネンエルべエリートスタッフを雇った。
主に世界的有名な科学者達、そして50以上の大学の学部から数百名の従業員

アーネンエルべは数学、天文学、遺伝子学、医学そして今までと違う兵器の超自然開発
それに心理学そして多数に影響を与える向精神性方法
彼らは超自然科学、宗教的、神秘的実践を開発した。
人間の超常的能力の開発、アーネンエルベはこの研究に特に力を入れた。
この実際の証拠はアーネンエルべの、1929年に始まった戦争以前のハイマ-を含む管理者による指令である。
研究はアーネンエルべの従業員の超常的能力に関して行われた。
結果は個人ファイルに記録された。
戦争が始まると、これらの個人ファイルも持った係官が超常敵技術を示している人間を一つの部門に統合した。
残念ながら、この部門が何をしていたかの記録がない。
つまり重要なことは、どんな結果が達成されたのかの記録がない。
アーネンエルべの熟練者によって追い求められた主な対象の一つは、彼らが外部者と呼ぶ未知の生命との接触のための超常能力の活用
目的は高度に発展した地球外生物と古代の地球上の文明と、超技術知識を得ることである。
それはすでに起こっていた。

パート3:円盤

1919年、秘密のツーレ社会のメンバー、アーネンエルベの先輩はアルプスの麓のベルヒテスガーテン近くの農家に集まった。
二人の熟達した媒体が選ばれた、今日我々が被接触者と呼んでいる。
彼らの一人はシグランという神秘的な名前の下に隠れた
もう一人はザグレブのマリア・オルシックである
彼女はトランス状態で不思議なことを話す
星座おうし座の文明から、彼女は信じられない技術情報を受け取った。
この知識は誰も驚かさなかった。それは普通ではない飛行物体の製造に関するものであったので、逆にそれは巨大な興味を引き起こした。
それはその周りの時間の流れも変えることができた。
秘密の学会の夢の方向への一歩である
歴史に深く侵入するタイムマシン、古代の高度文明の知識の取得
ここに世界で有名な科学者ヴィクトール・シャウベルガーと開発者のサインを持った飛行体の図面がある。
この受け取った知識は、設計の為に明瞭な技術データに翻訳するために、科学者に回される。
1922年までに、最初のモデルが作られた。
装置は3つの平行な円盤を持っている。
動かすと、上部と下部の円盤が反対方向に回転すし、非常に強い電場と反重力効果を作り出す。
その証拠は信じられるもので、この設計は空中を飛ぶだけではなく、その周りの時空を歪める。
これは、古典的飛行原理によらない、未来の技術魔術的空飛ぶ円盤の試作品であると思われる。
これらのス-パー円盤は、アーネンエルべと連携した親衛隊の特殊技術部隊によって開発された。
この二つの考えがナチ・ドイツの上級マネージメントの指針を支配した。
最初は、超人の創造であった。
二番目は非常に重要な概念で技術魔術的エネルギの不思議であった。
これは習得する可能性を含んでいるもののみならず、
原子力、もちろん、しかし、例えば、円盤形状の飛行装置、基礎的な新タイプの飛行技術を作り出す、概念への探求は全ての方向へ行った。
それはメディアと技術者のみならず歴史研究家も含まれる。

戦争の前でさえ、ドイツからのアーネンエルベの探検は数百の古代梵語を持ち帰った。
中国語、他の東洋言語羊皮紙、それらは非常に注意深く研究された。

ヴェルヘル・フォン・ブラウン、ロケット宇宙旅行の分野の開拓技術者であり調査者である。
後の発言:我々はこれらの書類で我々にとって非常に多くを学んだ。
探検の結果は個人的にヒットラーに報告さてた。
そのいくつかは、第3帝国の指導者達を、不思議な武器とか宇宙戦闘と言った考える程度まで勇気付けた。
戦争の終了まで彼を離れなかった

設計者は彼らのベストを尽くすが、回転原理を知っているが、反重力超円盤の製造は満足行く物ではない。
エンジンは必要だが、彼らは持っていない。
技術は残念ながらこれらの先進概念に遅れを取っている。

1934年6月に、ヒットラーとトゥールとブリルの秘密社会のエリートは開発者のビクトール・シャウベルガーを一緒に働くために招いた。
彼が開発した伝統的な内破エンジンは空気と水だけで、光、熱と機械的動作を作ることが可能である。
彼らは彼から、飛ぶ円盤用のエンジンを作るためには、ひとつのことが必要だった。
契約は結ばれ、五年後の1939年に、シャウベルガーのエンジンを使ったブリル円盤が空に上った。
ここに、貴重な写真があり、冬で偽装された円盤のテスト飛行を示している。
技術魔術的円盤の進捗は、経験と専門家の欠如によって、非常に遅かった。
彼らは、スーパー円盤を開発するために、異常な決定をせざるを得なかった。
スーパー円盤を開発するためには、特設13局を持ち込んだ
親衛隊のこの特別科学研究班は、未確認飛行物体の研究のような非常に神経質な対象に取り組んだ
幹部科学者やテストパイロットでさえ、計画は行き詰まり、決して再び前進する事はない
全ては最高秘密

ヴァレリー・ブルダコフ:宇宙技術の技術開発者博士
私はドイツの教授ハーマン・オベースと話した
彼はブラウンのベルナーの教授であった、わたしは彼に空飛ぶ円盤について聞いた
彼は、私も聞いたことはあると言った
私はそれについて知識がある、しかし親衛隊が監視しているので、我々は、我々の仲間がベルリンで忙しくしていることについて開発できない
1942年の終わりに、軽武装した円盤が空へ飛んだ
名前はブリル1またはジャガーで、11.5mの直径である
戦争終了前に、17のタイプの空と部円盤が作られたと主張しているが、一部の人はそのような主張を疑っている
私は彼らが空飛ぶ円盤の全部のコレクションを持っているとは思わない、おそらく2-3のコピーだろう、それが全てだ。
ドイツはそれらをスパイ道具として使いたかった
側面を見れば、ほとんど見るところがない
クルスクの戦いに参加した将軍達と私が個人的に知っているパイロットと戦車の司令官のふたりのソ連の英雄は私に彼らが見たものを述べた;クルスクの戦いに間、空に浮いている円盤
それは何だったのか?
彼らも知らなかった
ドイツ人もロシア人も分からなかった
円盤は我々(ロシア人)が作ったものではない、保証します
それは真実だ、私はロシアの航空の歴史をよく知っている
これらの円盤の図面と写真の中で、ハウネブと識別される円盤である
説明書によれば、彼らは代替エネルギを使っていた
所謂、化石燃料を必要としない、ハンスコーラーの周波数変換機である
それはハウネブⅢ円盤型を空へ飛ばそうと計画された
信じられない?誰が知っている?
これは戦勝記念品の写真です
不思議なパイロットの上着が戦いが起こることを予定していたことを暗示している
宇宙でなければ、少なくとも成層圏

追跡結果として、他の神秘的な文章が発見された
それはアンドロメダと呼ばれる巨大139mの長い葉巻型船の青写真であった
ハウネブⅡ型とブリル型の空飛ぶ円盤5機が搭載されている
この乗り物の目的は、ある人はそれは長期宇宙飛行の為に設計されたと思っている
他の単純な説明もある、それは水面下搬送用の計画であった、それは製品、装置、技術品を南極の第3帝国の秘密基地へ運ぶためである
アメリカの情報局によれば、終戦までドイツは空飛ぶ円盤を開発し試験する施設を9箇所に持っていた
調査は科学者と重要な装置と共に、これらの工場の8つを明らかにした
ドイツを撤退させ、9工場目は破壊された
空軍中佐ヴェンデル・スティーブンスは思い出す「我々はこれらの研究施設が新スワビアと呼ばれる南極の場所に輸送されたという機密情報を持っていた
少なくとも一つの円盤研究会社はその場所へ移された
もう一つはアマゾンへ、三つ目はノルウェイの北海岸へ移された
それらは秘密の地下基地へ撤退させた
しかし、第3帝国はこの事実無根の計画を実行する十分の時間がなかった
終戦までは、技術魔術的円盤開発は決して工業生産段階までには至らなかった
1947年に南極で遭遇した円盤は同じ円盤ではおそらくなかった
おそらく、それらはドイツの円盤で、古典的原理によって飛んでいた
第3帝国によってすでに開発されていた物
おそらく彼らの技術魔術的計画へ逆戻りした
2-3のそのような試作品はすでに作られていた、いくつかは十分証明できる
それは非常な技術的進歩であった
ドイツの競合者は近くにいなかった
第3帝国の指導者達が思っていたのは空飛ぶ円盤から離れて、ドイツによって作られたこれらの試作品は空を飛ぶだけではなく
究極はおそらく液体または固体の表面上を飛ぶ
我々が今持っているほーバークラフトのような空気のクッションの上を飛ぶ
この理由はそれらは通風式の飛行物体であったから
それらは従来の航空機以上の優位性を持っていた
これらの円盤は尾部きりもみにはならず、操縦が非常に簡単である
しかし、高速用には設計されていないので、非常に品質レベルは低い
ベロンゾと呼ばれる最も進化した試作品の一つは1945年2月14日にプレイグの近くで最初で最後の試験を行った
揚力はビクトール・シャウベルグの静寂無炎エンジンによって作られる
報告書によれば無人円盤は3分で15kmの高さに到達し、水平速度は時速2200kmであった
空飛ぶ円盤は空中に浮くことが証明された
そして前後へ逆転なしで飛べる
成功?絶対に
しかし、戦争は今ドイツ領土にあった
ドイツの国土の占領は時間の問題であった
ナチは撤退できない全ての従来型ではない試作品を破壊した
唯一のベロンゾのサンプルもまた破壊された
その主エンジンの開発者ヴィクトール・シャウバーガーは後に回想して「1945年2月に試験したモデルはマウサウゼン集中キャンプの世界級の燃焼エンジン専門家との共同で建造した
従って、それらはキャンプに戻されて、これで終了した。
円盤の試作品を爆破したのはケイテルであった
だから、南極基地の上を飛ぶ円盤を描いたこれらの美しい絵は、芸術家の幻想である。
他の絵とか写真は想像である
それらはあるパラメータ内の円盤の試作品の部品を試験するために作られたものか、
建設の目的の権威の為の紹介の一部であった
それは偉大な成功を収めたドイツの科学者と技術者に名誉を当てるために重要であった
第3帝国における科学と技術の飛躍は偶然ではなかった
科学的研究と古代知識の解析の統合は、信じられない結果をもたらした
ナチが苦しめられた敗北は偶然ではなかった
グレイルにとって、杯は古代知識の象徴ではなく、数世紀も古い道徳規範であった
この道徳を、ナチは故意に排除した
多くの伝統と噂は第3帝国の円盤と関連している
これらの物語に加えて、1947年に大西洋の海水から飛び出したドイツの円盤の話もある

1940年代に知られた水中から飛び出す円盤と今日、記録されている飛行の光景に関しては、
海、大洋、湖等から飛び出す未確認飛行物体である

1947年にはドイツはそのような技術は持っていなかった、そして世界中でどこの国にもなかったと確信している
しかし、もし1947年にドイツがアメリカの探検隊を攻撃していなかったとしたら、誰がした?

パート4:南極の入り口
海水から飛び出したり、沈んだりする極地とその近くの領域における円盤、球体、葉巻型物体は尋常の事実ではない
北部の国々、中南米、オーストラリア、南アフリカ等いたるところで、未確認飛行物体は観測される
彼らに関する報告書は通常はロシア海軍情報局によって受け取られる
ソ連海軍情報局の司令官として、私はそのような物体を目で確認したと言う通常報告書を受け取った
未確認飛行物体は北部だけで観察されると考える事は正しくない
それらはまた大西洋に渡って、もちろん南極に近い南大西洋でも観察される
私が良く知っている一つの特別な例は、それらは南ジョージア島内部でも観察される
海水の下から飛び出す物体を漁師が見ている
彼らは写真を撮ろうと努力して、それらの写真をここに示す
強風にもかかわらず、物体は長い時間安定していた、明らかにそれは雲でも気球でもなかった
南ジョージア島の上を、非常に不思議な飛行物体が観察された
これは一つの例としての写真です
この円盤はその島の上にかかっており、昼間長い時間見えた
丁度日没前と、日没後の約1.5時間から2時間の間
物体は左右対称の円形であり、二等辺三角形が見えた
夜にはこの三角形は光り輝いているだけではなく、二つの角の元でも観察された
あたかも物体は稼動するエンジンを持っているようであった
しかし、物体はずっと同じ場所に留まっていた
この物体の観察は1979年に起こった
3年前の1976年に、最新の装置を使用する日本の研究者が19機の円形物体を確認した
それは空から南極に飛び込み、そして画面から消えた
彼らは誰で?どこへ行ったのか?
我々は今、そのような疑問に対して回答を持っている
80年代後半に、科学的騒動が、アメリカの宇宙科学者キップ・ソローンと彼の仲間の仕事によって起こされた。
彼らは、時空の旅においてほぼ瞬時の移動の可能性を支持した
彼らはウォームホールとブラックホールの概念を押し進めたが、全ては極度に興味をそそる
我々の惑星の近くでブラックホールができると、これらのワームホールの形になる
そのワームホールが銀河間、星間旅行に使われる
他の科学者は彼らの仕事は顕著な現実的性格を持っていると思っている
特に、タイムマシンを作りは銀河間旅行を可能にする
キップ・ソローンは地球の近くでベガ星につながるワームホールへの入り口があると、
その時には、疑いなく、アメリカは既にUFOの出現と消失が起こる道が我々の惑星の大気中にあることをよくよく知っている
1992年、アラスカで始まったHAARPと呼ばれる強力電波電子複合装置の建設は、公式には電離層の研究とミサイル防衛システムの開発の為と言われるが
内密には、それは新兵器の開発の為である
地球物理学、気象学、向精神性
本質的には、大量ビーム砲、広範囲マイクロオーブンのタイプ
これに加えて、他の何かがある

今日、我々はこの設備の主目的はワームホールの入り口の探索だと自信を持って言える
そのことは、アメリカはこの極地地域にワームホールの入り口があると結論した
施設の電波はワームホールの構造を決定できる
つまり、それを追跡すれば、入り口と出口がある場所を発見できる
1998年に、アラスカにおける複合施設は稼動した
ノルウェイに同一の送信機を建設した
90年代初期に、技術的可能性は一つのサイト、出入り口としてのアラスカ玄関に焦点を合わせることができるようにしている
我々の惑星上のUFOの動きを観察するために

米国領土内または他の領土に追跡基地を設置する必要はなく、当に一つの玄関を制御すれば十分である
しかし、地球は二つの極を持つ
この理論の範疇ではそれぞれの極は何なのか?
例えば、それをアラスカ経由で出入りの両方に使っているとか、入り口の玄関につかい、そして南極から出る、そして逆もまた同様
南極を通って、UFOは我々の惑星の大気中の出てくる、そして北の玄関のアラスカを通って、彼らはこの惑星を離れる
トンネル効果の理論は我々の地球の北極が入り口であり、南極が出口である事を否定すし、それは我々の惑星は他の惑星や星とエネルギ情報のレベルと関連している
我々の極の性質を未確認飛行物体が宇宙の他の部分と通信する為に使うことは可能である
いずれにしろ、重要な研究の主題とすべきである
よく知られた事実に関して、特にアメリカの南極基地にるスタッフの多くはアメリカ安全保障局の個人であることは驚くほどのことはない
アメリカ軍、技術情報、電子情報とCIAの従業員
これらの分野は、アメリカ南極基地の主要な研究個人を代表している
おそらく第3帝国の科学者もまた、北極と南局は地球の軸ではないと推測している
おそらく、それもまたナチドイツの場合と偶然の一致ではないだろう、極は星への門として提供されているという地球中空理論はそんなに広まってはいない。
この奇怪な概念の心臓部において、曖昧な理解に到達した、最近発見されたワームホールに似た何か
時空旅行の可能性によると、これが南極がドイツ人をその海岸に引き寄せた理由かもしれない
六大陸はその秘密を保持し続けている
新しい疑問が持ち上がって、そして年々、このリストは小さくなることはない。
空飛ぶ円盤を建造する為の研究に何が起こったのか?
戦後、それは止まったのか、或いは地球の周辺の秘密の場所で続けられているのか?
現代の秘密の開発が全てのUFOの発見に貢献しているのは正しいか?
UFOはずっと前から観察されている、アレクサンダーマセドンの時代ですでに
どんな種類の物体が水中から飛び出したのか、海軍大将バードの探検隊を攻撃したのか?
偉大な未知の生命、ドイツ人が情熱的に共同しようと努力している相手はだれか?
それは何か?神秘?
あるいは、数千年もの間、存在する実際の生命力が我々の惑星地球上で眼に見えない活動を指揮してきたのか?



励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD