ロシアはサウジアラビアの神秘な「カブリエルの箱舟」の輸送を始める

西側読者に報道したSorcha Faalによる
http://www.whatdoesitmean.com/index1955.htm

国防省によって準備され本日クレムリン内を回覧している度肝を抜く報告書は、二つの衛星の航空宇宙軍による昨日突然の発射は連邦海軍調査船アドミラル・バルディミスキーの保護の為であると述べている-その船は「カブリエルの箱舟」と述べられている神秘な物体を船に載せた後、サウジアラビアのジェッダ港を出発した。カブリエルの箱舟は非常に重要だと見なされているので、プーチン大統領は海軍戦艦ミサイル巡洋艦ベイヤグ、ソヴレメンヌイ級駆逐艦バイストリー、ボリス-チリキン級給油艦ブトマ、そしてインドでの最近の任務を終了した強力サルベージ曳船アラタウに、アドミラル・ブラディミスキーが南極へ航行する時にその保護のために南極海に集合するよう命令を出した。

この報告書によると、アドミラル・ブラディミスキー調査船によって為されている前例のない使命は、30年ぶりに連邦の南極探検としてロンスタッドから出港した11月6日に始まった-重要な軍事宗教的意義を持つので、その貨物は選ばれた寄港地で軍の栄光とロシア水兵の埋葬地の領域に配置されるであろう場所の土と共にカプセルが含まれると国防省は述べている。

この驚くべき使命にに拍車をかけたものは、この報告書が説明しているが、2014年に始まった建設計画が非常なる論争になっている間に、マスジット・アル・ハラム聖堂(大聖堂)の下から発見された神秘的な古代の装置/兵器に関して、サウジアラビアのメッカの二つのモスクの管理人の代表がモスクワの法王総主教キリルに9月25日に接触したことである。

イスラム教で最も神聖な場所、メッカの大聖堂で行われている建設の写真

大聖堂の使者の懸念を重大に引き上げていることは、この報告書は続けるが、この神秘的な装置/兵器が9月12日に15人のトンネル堀りチームによって発見された時-それを取り除こうとした人間は即座に、地面に倒れた建設クレーンから発光した大規模プラズマによって殺され、他に少なくとも107人が殺された。

壊滅的に悪いことは、その報告書は続けるが、この神秘的な装置/兵器の除去の最初の試みが為された9月12日の二週間後の9月24日に二回目の試みが為されたが、それが二回目の大規模プラズマ発光によって4,000人以上が殺され、数万人がパニックに陥れられた-しかし、サウジ当局者はその後、将棋倒しの所為であると発表した。

9月12日の大聖堂上のプラズマ発光


9月24日の大聖堂上のプラズマ発光直後の状態
この神秘的な装置/兵器を除去するサウジの二回目の試みに巻き込まれた壊滅的死者数の後で、この報告書は続けるが、法皇総主教キリルはその後、1204年にローマカトリック十字軍が、コンスタンチノーブル(今日のトルコ、イスタンブール)にある知恵の教会(今はアヤソフィアとして知られる)から助けられたロシア正教会が所有する「モハメッドへのガブリエルの教え」という題名のイスラムの写本の一つに関連して、大聖堂の使者によって接触を受けた。

西側では実際は未知なことであるので注意することが必要なことは、ローマカトリック十字軍はイスラムの信仰に対抗しているだけではなく、ロシア正教の信仰を持っている人々にも対抗しているということであると、この報告書は説明する。そして、この十字軍の期間に、ロシア正教は彼ら自身の宗教的蔵書を破壊から守っただけではなく、イスラム教に属する物も守った理由である。

モハメッドへのガブリエルの教えと言う古代イスラム教の写本の内容については、この報告書が簡単に指摘しているが、それはメッカの近くのジャバル・アン・ヌアと名の山の上のヒラと呼ばれる洞窟の中で天使ガブリエルによって与えられた教えを軸に展開している。その中で、天子は神に属するが使うことを許された巨大な力の箱/箱舟をモハメッドの管理に委託した。そして、その代わりに、人間を創造する前に、将来の審判の日を意味するヤワン・アル・キヤマハやキヤマハの日に、開示されるまで、天使の崇拝所であった神殿に埋めさせられた。

この神秘的な兵器/装置に関する法皇総主教キリルと大聖堂の使者との間の会話について、この国防総省の報告書は事実上何も言及していないので、9月27日にこの重大な状態についてプーチンが最初知らされた時、彼は直ちにアドミラル・バルドミスキー調査船に南極への任務を命じただけではなく、彼はまた、三日後の9月30日に、航空宇宙軍にシリアのイスラム国テロリストとターゲットへの爆撃を始めるよう命令したことは、素晴らしいと認められている。

この神秘的な兵器/装置が実際は何であるかについては、我々は、最近は許されているがクレムリンの壁の中で起こっていることを垣間見た事さえ報道するにあたって守らなければならない狭窄が起因することについて報道することは許されていない。

これはまた、サウジアラビアがそれを南極に移動させることをロシアが支援しているのは何故かと関連している-しかし、これらの国々は共にやがて西側のファシスト政府との戦争になるので、以下のあるロシアの軍将校の幹部が、彼らが南極について知っていること、その過去を説明しているビデオを、我々が生きているこの時間がどんなに重要であるかをを理解するために、見る必要がある。




非常になぞめいた話で、何のことか全く分かりません。サイゴンビデオにヒントがありそうです。暇のときに見て、またご報告します。南極に何があるというのか・・・・・


励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD