崩壊か、混沌と流血か、それとも再生とルネッサンスか選択の重大な局面を迎えている

出来事は、戦後の世界秩序に置き換わるものが激しく襲い掛かる中で、戦後の世界秩序が崩壊を続けるように猛烈なペースで展開し続けている。最大の出来事は法王とロシア正教総主教の962年ぶりの会談でした。この出来事の奇妙なことはバチカンによって発信された会談の写真であり、二人の宗教指導者の間の中央部に頭蓋骨と骨が示されている写真に見られる。

http://en.radiovaticana.va/news/2016/02/12/joint_declaration_of_pope_francis_and_patriarch_kirill/1208117

バチカンに命令を出す人々、P2フリーメーソンロッジの情報源は、頭蓋骨と骨は当に再生の象徴であると言っている。この場合、総主教と法王は共に、メシアが戻ってきたと考えていると、その情報源は言う。しかし、CIA情報源は、法王が総主教と会うことを切望したのはバチカンはその生存を確保するためにロシア軍の保護を望んでいると言っている。一方、ロシアの情報源は二人の男は新しい惑星宗教と新世界秩序の創設に関する「秘密の国際覚書」に調印し、それは2016年5月1日に施行されると言っている。

バチカンは秘密の支配者である負債に基づく金融システムが目に見えるように崩壊しているので、何か新しいものを発表しなければならない切迫感を感じていたかもしれない。一つは国防総省、二つはCIAからの3つの別々の米情報源は米銀行システムの崩壊に直面している米企業政府の報道官バラク・オバマは先週、カルフォルニアでロスチャイルド家代表と中国長老と会い、米ドルの引き下げの許可を求めた。彼は拒否された、何故ならほとんどの米ドルはアメリカ人によって所有されてはおらず、世界の他の国々が彼らが苦労して稼いだ金がその価値を失いことを見たくはないからである。オバマは企業政府の為にどの新融資も引き出すことを拒否された。

この拒否は、アメリカ合衆共和国を復活させたい派と現状を維持したい派の間で米権力構造内の深刻な内紛を作動させた。この闘争の一環として、最高裁判事アントニン・スカリアは心臓発作誘導ダーツによって殺されたと、CIA情報源は言う。公式のニュース報道では検視は行われず、すでに死体は火葬されていることが確認できる。

国防総省情報源は、スカリアはパリ協定「地球温暖化」炭素税に反対したためと、共和国への復帰と米憲法への忠誠を支持していたので殺されたと言っている。スカリアをより柔軟な判事で置き代えることは、最高裁を炭素税と制約されない移民、銃規制等のようなものを支持する5:4の多数で固めることになる。

カソリック民族イタリア人のスカリアが、法王がメキシコでブッシュ・ハザール・ナチ派への麻薬資金の遮断を確実にしようとメキシコにいた時に、ブッシュ一族の本拠地テキサスで死んだ。複数の情報源はまた、カソリックである司法長官ジョン・ロバーツもまた先週、殺人計画をかろうじて生き延びたと主張している。

この報復として、CIA情報源はブッシュ/クリントン暴徒首領ヒラリー・クリントンはすでに密かに起訴されており、ビル・クリントンは脳障害のためあと数ヶ月の命であると言っている

先週、ハザール・マフィアが支配する国家国土安全保障省に対する攻撃があり、従業員10,000人の個人情報に不正侵入があり、国防総省とホワイトハットへ提供された。この不正侵入は米企業政府の破産宣告に続くであろう内戦に対する準備の一環として行われたと、国防総省情報源は言う。

この一環として、ウェルズ・ファーゴ銀行は緊急シナリオに対するスタッフを訓練した、そこでは彼らは支店を閉鎖し、その時には、3人のみが武装警備員の監視の下で中には入ることが許されたと情報源は言う。一方FEMAは銀行システムの崩壊に備えて2月18-19日はシステム確認の銀行の休業日であると、彼らは言う。

ハザールマフィアは、米市民を恐喝する企みでスーパーマーケットの棚を空にし、食料不足による恐怖を引き起こしてきた。

しかし、共和国復元支持者達は、負債を帳消しにし、盗まれた資産を人々に返却し、米ドルというハザール負債奴隷手段の偽印刷物を置き換える新米通貨を発行することを含む代替案を持っている。そのようなシナリオにおいては、米国はそれが取って代わる破産米企業政府が支払い不可能な国際債務負担を支払う義務はないと自ら宣言することになる。

米国のハザール派は自分達の為に、現金は禁止してマイナス金利を導入したがっている。マイナス金利が実態経済を刺激するという信念は、「お金」と呼ばれるコンピュータ上の紙と数字が実態経済に代わるという誤った前提から来るものである。この観点では、マイナス金利はそれが消えることを防ぎ、その結果経済を刺激するために彼らの金を消費することを人々に強制することになる。しかし、現実には人々は銀行にお金を置いておいたらそれは消えるので、彼らは現金、金、銀やその他の現実世界に実在するもので保持するのでコンピュータ詐欺によって消えることはない。

欧州ではマイナス金利が実態経済を刺激することに失敗して、その代わりに銀行システムの死のスパイラルを促進した。さらに消費をし、将来の不安の代わりに人々は、貯蓄をし銀行システムから金を引き出してゆく。今ロンドンでは金を買い求める人々の長蛇の列が見られる。金の価格が上昇しているにもかかわらず、銀行株がどの程度急落しているかはこのリンクのグラフをご覧ください。

http://stockcharts.com/freecharts/perf.php?$GOLD,UBS,C,SCGLY,BCS,CS,DB,SCBFF

人々はまた、マイナス金利が免除されているので現金を蓄えている。たとえハザール銀行家達が彼らの望みどおり、現金を消せても彼らは金、銀、ダイアモンドや他の実物を消すことはできない。

この種のことは今まで何度も起こっている。例えば、東京神田の書籍販売地区では依然は堅実投資と考えられていた日本の第二次世界大戦債を骨董品として買うことができる。世界の他の古本地区では同様に真実です。金の幻影が消えれば紙はただの紙です。

今、マイナス金利で8.3兆ドルで取引されている資産を中央銀行は12.3兆ドルで購入しているにもかかわらず、幻影は急速に消えている、つまり金は消失していることを意味している。

市場の声はドイツ銀行はやがて破産し、2008年のリーマンショックよりはるかに大きな崩壊が始まるだろうと言っている。ドイツ銀行株価は、投資家の逃避、返済不可能なギリシャ負債のようなものによる現実世界において裏打ちされている75兆ドルのデリバティブ帳簿の内部崩壊を恐れて、過去一月で50%近くの低下した。

ドイツ銀行が行くとすれば、欧州が化粧紙の飾りになる前に、時間の問題である。ドイツ銀行が行った時は、一斉に非難されているメルケル、ブッシュ一族と大銀行は引き摺り下ろされるべきであると、国防総省情報源は言う。

英国は明らかにすでに独裁欧州計画を十分持っていた。エクスプレスの読者10万人の世論調査は92%がユーロ圏から離れることを支持している。

http://www.express.co.uk/news/politics/643026/No-EU-Poll-proves-Britain-wants-out-eurozone

一方、中東では出来事がクライマックスに至っている。のけ者国家イスラエルは65%の観光減に苦しんでおり、洗脳され偏執的な市民はほとんど架空のテロリストから家の中で隠れている。

一方、二つのハザールマフィア支配国家であるトルコとサウジアラビアは彼らは核武装した35万人の軍隊をシリアに送る準備があるとはったりを言った。その代わり、シリアに大砲撃を開始した時、シリアは国連に行った。トルコの侵略を喜んで支持し拒否権を行使しないロシア、米国と中国によって裏打ちされた国連ならば取ることサウジアラビアを鎮圧することができる。それがトルコが急速に支持をなくした理由です。

中国とロシアは国防総省と共に、中東の問題に対する長期的解決は経済的繁栄から来ると理解している。彼らはまた、基本的に従兄弟間の敬称紛争として始まったスンニ派、シーア派の分離は終了する必要があることを分かっている。これは戦争ではなく交渉で達成されるだろう。

一方アジアでは、ハザール暴徒が重要な攻撃をしている。最も注目すべき、かつハザール企業メディアが必死に隠そうとしているものは、二年前に行方不明になったマレーシア航空370便のパイロットが最近、現れたという事実である。
http://worldnewsdailyreport.com/taiwan-mh370-pilot-mysteriously-resurfaces-almost-2-years-after-his-flight-vanished-over-china-sea/comment-page-8/#comments

おっと、
一方日本では、ハザール奴隷安倍晋三政権は崩壊しかけている。ダボスで日本銀行総裁黒田春彦に命令されたマイナス金利への動きは災難になっている。円を弱め株式市場を強くする意図に係わらず、全く正反対になった。さらに、ちょうど発表された10月から12月のGDPの数字は年率1.4%のマイナスであった。これは安倍のミックスとして知られる不正行為が暴露されたことを意味している。

日本軍情報機関同様に、日本に拠点を置く米軍は先週、白龍会の代表に接触してきて、ここで記念祭をどのように行うかの詳細を求めてきた。

インドネシア、マレーシアと対の政府もまたWDSと連携を始めていると、複数の情報源は言う。タイはまた今、麻薬とテロとの戦うためにロシアとも協力している。

一方中国は世界購買酒宴です。中国企業は昨年同期比対比今年の初め以来、海外M&Aが10倍に増加している。

http://www.businessinsider.com/china-is-buying-a-lot-of-foreign-companies-2016-2

最後に、日本と東欧のグノーシス・イルミナティの代表が最近、白龍会との契約を更新した。


--------------------------------
ローマ法王とロシア正教総主教と会談の本当の目的はなんでしょうか?
悪の巣窟であったバチカンの一掃にロシアの力を借りたい辺りかなぁと思う。
スカル&ボーンズは気持ち悪いね、変な意味じゃないといいが。スカル&ボーンズ=ブッシュ

いよいよ金に困ったハザールマフィアは米国内戦に発展するのか?一戦交えないと終わらない気がする。ベテラントゥデイの登板。

「ヒラリー・クリントンは既にひそかに起訴されている」出ました、朗報。本当でしょうか?

マイナス金利には現金を持っていればよい。金銀に投資するのもよいが、たんす預金が一番じゃないか。あいつらに吸い上げさせるな!株価が上がらなければ、すぐにやめそうだけど、毒薬だから。

それにしても、誰かが、あいつらの裏を描いている気がする。ありがとうござします。今後もよろしくお願いします。

この大激動の中で日本は無視されている、それどころか救くわれようとしている、情けないことである。早く国体を整えましょう。

マレーシア航空A370のパイロットが台湾に出てきた件は、別途読んで報告します。

励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD