秘密の世界リセット協定

テーマ:
秘密の世界リセット協定
http://www.veteranstoday.com/2016/01/09/the-secret-global-reset-agreement/
プレストン・ジョーンズ博士 2016.1.9

あなた方はこの秘密の国際金融リセット協定について知る事は許されない。VTがそれを隠蔽しているからである。欧米国家がISISを作ったことがもう一つの理由です。

今までのところ、多くのVTの読者には、ISISはアメリカ、イスラエル、サウジアラビア、トルコと他の小国他、実際の行動国家を含む秘密の国家連合によって造られ、訓練され、そして支払いを受けていることが明らかとなってきた。

戦場で傷ついたISISは治療のためイスラエルにつれてゆかれ、あるものはアメリカの軍用ヘリによって救出されている。

上院軍事委員会の現在の委員長、上院議員のジョン・マケインはISISの創立に深く関与し、現在中東のある国にいてISIS司令官として機能しているある退役アメリカ将軍と密接に協力してきた。

上院議員マケインは大統領の任期の終わりが近づいて、軍事指令権をほとんど失っている状態で、現在の政権の力の空白状態に進入してきた。

ほとんどのVT読者は、上院議員マケインがアメリカ・イスラエル公共問題委員会への宣誓によって米議会のほとんど全てのメンバーと実際の働いてきた外交力について知っている。

そして、我々はISISの真の目的が中東を不安定にし、シリアとイランと今の欧州を大量の移民で分断することにあることを知っている。しかし、それはまた新しく発見された大規模ゴラン高原の油田のビジネスメリットと石油とガスを欧州へ送る新計画のパイプラインの保護の目的もあった。


我々はISISを創設するために傭兵を雇い展開する理由は巨大石油利益を保護するためにロシア共和国を孤立化させ弱体化させる点でNATOを支援することであったことを知っている。しかし、それはまた世界の新経済、科学技術と産業大国になる前に再びロシアを破壊する計画の一環であった。

ISISはまたロシアの経済成長を衰退させ経済力、軍事力を増強している西側の経済覇権の維持を助けるために造られ、展開されている。全てのこれらの中東の戦争とテロは常に、大石油とその利益のための価格の維持につながっていることが分かりました。

RKM((ロックフェラー・ハザール・マフィア)はロシアとアメリカを再びトップに返り咲きできる可能性のある大規模核第三次世界大戦を引き起こせる希望に期待している。

それはNATOと米軍をロシア連邦包囲する目的で使われ、それは冷戦終了時の米国と新ロシア連邦の協力協定に違反している。

本条約の主要条件は、米国もロシア連邦も国境を接するどの国にも侵略しないというものである。

これまでのところ、ロシア連邦を弱体化させる西側による戦略は失敗しており、変更することもなかった。

私達は今、新ロシア軍事力と技術的優位性の証拠を見てきた。

2014年3月の米海軍ドナルドダックの事件は実際目を見張る事件であった。プーチンは西側では誰も敢えて行動しないと言うことを明らかに示すことで信念のスタート切った。プーチは非常に知的で抜け目のないリーダーとして知られている。彼は世界最良の電子戦防衛兵器システムを持っており、最良の外国情報収集システムと最良の経済、政治と軍事の顧問を持っている。しかし、彼は秘密に非常に高度に技術革新したグループからも援助を受けている?

船のイージスシステムは2機の特殊装備のSu-24Sが接近通過するだけで一時的に遮断された。

プーチンはロシアの先進的防衛システムを提供することでシリアのISISを完全にチェックメイト状態にした。

しかし、ISISにとってもっと大事な理由がある。西側の米石油ドルの沈没に対して一時的に資金を調達する必要がある。

これは、トルコを経由してイランとシリアで盗まれた原油を大幅割引価格でイスラエルに出荷していることに基づいている。

アフガニスタンの阿片の収益と共にこれらの収益が巨大銀行を維持している。

これは多くの人には理解が困難ですが、実に単純なことである。

GHWブッシュが始めた中東の戦争と、それが今日まで続いてきた主な理由は西側が失敗した経済システムの穴塞ぎ手段として、下支えしている。

戦争と違法な麻薬取引は非常に効果的であり重要なので、これらのドルなしでは、巨大ウォール街の銀行や西側私有中央銀行全体は崩壊してしまうし、巨獣アメリカの軍産体制も同じだ。

そうです、戦争と麻薬はまさに、RKM銀行家システムを下支えし、可能な限り多くの富を獲得しようとしている。

RKMと巨大西側銀行の株主家族は、彼らのシステムが今、運命付けられていることを知っている。彼らは、電子式或いは世界通貨の新バスケット方式化、或いはその両方かはともかくとして、新世界金融システムが表へ出てきた時に可能な限りの富を獲得したいと考えている。

アメリカを実際に運営している人々は、1913年に私的な違法な違憲な連邦準備制度理事会を通じてアメリカを乗取った外国人の血統である。

世界権力のRKMピラミッドの頂点に居座るこれらの少数エリートはサウジに石油価格を下げるよう指示をした。これはロシア連邦の良好な長期同盟者のシリアとイランを支援するプーチンへの制裁と、ロシア連邦をひざま付けさせる目的で計画された。

少数のエリートは米国の上層部にウクライナのクーデターを上演させた時、直ちにロシア連邦は特に経済的に無効化できると思っていた。USG(米国政府?)はウクライナに対する戦争行為の為に5億ドルの米納税者の金を使った。

RKMに代わりにこの支払いとクーデターそのものはUSGに支援され、国務次官補の二重市民裏切り者の反逆者ビクトリア・ヌーランドによって実行された。

大統領のプーチンが彼に優れた存在を示すと彼らをパンチで倒した。

PUTIN11のみならずチェス盤上でこの動きに対するロシア連邦の準備をしており、事前に準備をしていたようである。

VTの金融編集者マイク・ハリスがロシア連邦はサウジ原油価格の値下がりに対応して、西側をゲームで打ち負かすべきであると発表し直後、ロシア連邦は当にそれを実行したことは、実に興味深い。

プーチンは、防衛に最も懸命で戦略的動きをなす武道家マスターとチェスプレーヤになるまでは何事も実行に移らない。

そしてこの最近のプーチンによるチェスの動きの結果はアサドの西側経済軍の傀儡であるISISテロ軍との戦いの支援要求を尊重する予想外の決定と同様に効果が出てきている。

それはほとんど、プーチンは信じられないほどの情報を誰かが何者かが与えているようである。

これに、非常に進化したロシア連邦が今製造している防衛電子兵器システムを加えると、一体誰がロシア連邦を支援しているのだろうかと疑問がわく。この問題は将来記事の中で検討されるだろうし、それはどの読者もウサギの穴へ真っ逆さまに落とすことになるだろう。何故なら、我々がそれについて知っている事実のいくつかは非常に非常に不可思議で実際は尋ねることはかなり困難であるから。

秘密のリセットが交渉されている

2013年の間にG20会合が三回行われており、一度はモスクワで、二度はDC(4月と10月)である。

DCにおける4月の第二回目の会合はIMFと世界銀行による会合の一部であった。これらの特別な会合の間に、私有ロスチャイルド-ハザール中央銀行正当銀行システムが維持不可能であると言う認識に立って明白な秘密の協定がなっされたと強く推定する。我々はその協定は日付は明確ではないが為されたことを知っている。

また、米石油ドル体制は西側に獲得の手段を提供し、他の世界に不公正な取引になっていることも確認された。

明らかに、G20による新理解は低姿勢ながら最後通牒を発する非常に強力なグループに基づいている。この秘密の合意が為された正確な日付は2013年遅くであると思われる。これはこの個人的会合において、本格議論の前に入門的に数回議論されたと思うのは良い推測だ。

ロンドン市2
ロンドン市のグレート・ドラコの銅像はRKMの秘密の神と歴史上最大の寄生虫であると主張した。ドラコは今、他のさらに力強く人間味に溢れた実態或いはグループによって打ち負かされていると言うのか?

この新しいグループは重要な存在としてG20に場に登場して、その見かけの力は少なくともこの300年間世界を捕虜にしてきたロスチャイルド・ハザール・マフィア(RKM)とは異なっている。

この新グループはロシア連邦と未確認の特別なアクセス黒いアクセスの米防衛請負計画内部に深いところにいる派閥と同盟をしているようである。

この秘密の交渉された合意二間して情報を入手することは非常に困難なのは、関係者は彼らが偏見でひどく認定さ列かもしれないことを恐れるからである。

この新グループはG20のメンバーに現在のRKM世界金融システムは維持不可能であり、世界はもはやこれを受け入れないか、それすらも許さない。

これらの会合の間に、石油を米ドルから切り離し、世界準備通貨として米石油ドルに代替として調整された通貨バスケットを作ることが提案され、承認された。

伝えられるところによると、この新世界金融システムを打ち出し、RKMシステムを一つずつ置き換えて行く計画が設定された。

しかし、この秘密のリセット協定は為されたにもかかわらず、今のところRKMとその手下によって抵抗されている。

これらの血統家族の上演者たちはいつも驚くべく二面性を示すことは驚くにあたらない。

この新秘密の協定に対する抵抗は、西側RKM巨大銀行が可能な限り長く自らを下支えするように、ISISや米とイスラエルのウクライナにおけるクーデターの上演に見られる。彼らがこの合意を尊重する限り、彼らは沈没して行く、西側(とくに欧州と米国)は彼らと共に沈没して行くことになる。さぁ、時は今、アメリカ人が団結してRKMの沈没船から自らを救い出す時間である。

疑問は常に湧き上がる。RKMのような力強いものが第一次世界大戦依然に乗取ったアメリカの軍事力を使った主要な戦争なしに世界を権力的金銭的に派遣を放棄することがあるだろうか?

我々はその質問に対する完全な答えを持っていないが、この新グループはロシア連邦から分割されたと思われる実質的な防衛軍事力を持っており、アメリカ軍にNATOとイスラエルを加えた以上に上回るかもしれない。

アメリカ人が目覚めすばやく団結の行動を取らなくても、RKMシステムの崩壊の速度を支配するカードをプーチンとロシア連邦は持っている。

ロシアの新電子兵器防衛システム技術の広範な知識によって、あるものは彼らは不可思議ではあるが、西側によるどの核攻撃に対する完全な防御を低起用できると信じている。

結論

この秘密のリセットが初めて公表されれば、輸入品は最初の月に(おそらく20%)の増加し、他の物はその後20%増加するだろう。空は制限されるかもしれない。アメリカの標準的生活(自由エネルギが公表されない場合)は一年か二年でメキシコ並みのレベルに落ちる可能性が高いか、それより早いかもしれない。

アメリカの生活水準の低下に従って、メキシコの悪夢は、違法移民や合法メキシカンにとって金と彼らの家族をつなぐ足りようのアメリカの仕事を失った後では、CIAによって提供される麻薬循環ドル無では耐え難いことになるかもしれない。

ある人は、欧州とアメリカン都市部で社会的に極端な不安を予想されており、おそらく世界中同様かもしれない。今、アジェンダ21と自由貿易協定に関連した反テロ、反過激の計画「Strong Citeies]に基づき、世界主要都市を厳重封鎖する明らかなRKMの努力がある。あなたはこの秘密のStrog Cityについて調べることになっていないので、従って必然的にVTによって遮蔽される。

RKMがアメリカの警察を軍隊化して、RMKが一生懸命、全ての法執行機関と情報を警察国家組織、国家保安省(DHS)の長官の下に統合しようとする理由が分かったはずだ。そして、USGが数百万の弾丸、AR-19Sの9mmピストル、グレネード・ランチャー、装甲車、ボディアーマー、そして全ての事前には装甲していない、訓練もしていない教育省やEPA、米郵政公社等の装甲障壁を購入しようとしている理由が分かるはずだ。

RKMに代わってアメリカにおいて物事を管理している手先はRKMが解体した後も権力に必死にしがみ付くことが予想される。そして彼らはリセットの間或いはその後に権力を握ることができるかも知れないと思っているので、自由にアメリカの支配に依然として残っているかも知れない。この結論はほとんどのアメリカ人はRKMとその手先にリセットが起こったならば、多大な回収をしたいと思っているので送簡単には行かないだろう。

アメリカ、そして今欧州で非常に多くの違法(と合法)の移民が認められている理由はこの新秘密のリセット協定に伴う付帯条項であるからである。新しい縮小された国境と移民政策の緩和は新自由貿易協定に秘密条項として掛かれることは合意されており、それが起こったことだ。NAFTAは最初であり、USGは世界テロについて騒がしく言っているにもかかわらず。米国の南国境は閉鎖されずにいる理由です。事実、我々はそれは全てRKM、英国とイスラエルが深く関与していることを知っている。

確かに
我々はRKMが世界最大の人類の寄生虫であると結論できる。それは非常に欺瞞的であり、世代を超えた犯罪暴力団であり、世界最大の麻薬、戦争、死、貧困と悲惨の商人である。それに顕著に二面性をを持ち、全ての面で大嘘をついてきた。可能な限りに策略を尽くしてきたので、受け入れられることはあり得ない。協定への遵守を強制することはあり得ない。

RKMが調印した秘密のリセット協定への彼らの抵抗は、RKMが権力から外されるので、ここアメリカに居る我々すべてにとってハードランディングである。1913年のお金作詞と配布システムを能登って以来少なくとも100年、アメリカに深く侵入しのとってきたので、これそのものは記念碑的仕事である。

そのような力強い新グループがISISの創設を許すのは疑問である。現時点での明らかな最良の答えは、既存の秩序を壊し、RKMを排除すると言う彼らの全体計画によって適合しているので、彼らは位置から新世界経済システムを再興出来る。

そして、このグループが使っている修正用のモデルの主張を知っているあるインサイダーは、人から人によって得られた基づいており、行動を取るグループや国家に影響を与え、従って彼ら自身は直接的行動を避けている。

我々は、ロシア連邦と通じて強く主張している新権力集団と平和目的で先進技術を共有することで人類を支援すると主張している未知のアメリカの防衛請負計画の中の深く黒い要素に期待するのみである。

そして、供給することができる最良の即時支援は、ゼロ点、ヘリウム3、或いは他の新型の超効率安価な自由エネルギー技術を直ちに公開することである。

これは、世界の原油と内燃機関エンジン原子力への依存を直ちに終わらせることができる。それは重大な技術的進歩と多くの仕事を伴った全く新しい産業をつくりだすことになる。


---------------------------------------------------------------
正直、俄かに信じがたい。
ロスチャイルド・ハザール・マフィアよりの人が書いた物じゃないのか。
VTも承認しているのかな、であれば本物か?
ん~ん、個人的には完全には信じないようにしている。

むしろ、なにか情報あれば教えてください。



励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD