フルフォードレポート英語版(1/12)

テーマ:
世界革命が進展するにつれて、ハザール金融システムとマファイアのメンバーは組織的攻撃の下にある

ほとんどの株式市場において本年の記録的暴落はハザールマフィアのバビロニア風負債奴隷制度基づく金融システム解体を目的とした組織的攻撃の始まりであると、複数の政府機関情報源が確認している。アジア開発銀行の高官、国防総省の情報源とソビエトの破産操作に関与したCIA代理人によれば、この作戦が終わるまでにほとんどの株価指数は50-60%低下すると予想されている。

この攻撃は、世界の多くのトラブルの背後にいる巨大ハザール・マフィア銀行を破産させることを目的としている。その結果、石油価格の崩壊、麻薬資金の遮断と株式市場への操作を止められている等、選択肢がなくなってきている。

前FRB犯罪組織のダラス支店の支店長リチャード・フィッシャーは、「私もその一部として連銀がやったことは、資産効果を作り出す出すために、市況回復を図る巨大な前倒し資金であり、、そして「連銀は残された弾薬を持たない強大な兵器である」と付け加えた。

https://www.youtube.com/watch?v=7nuzT3rchPU

間違いなく、彼が「事前投入」言う時は、彼は株式市場の価値を意図的に上げて連銀の金をハザール・マフィアに分配することを意味している。今、これが市場が崩壊している原因を終わらせることになる。さらに、以下に示すようにハザール人に対する金融攻撃もあるが、先ず我々は、このような油断ならない者達に対して取れる法的行動について述べなければならない。

最も興味深いことに、ヒラリークリントンは彼らの支配を終わらせる運動が展開する中、未逮捕のハザール暴力団の最上級になろうとしている。国防総省と他の情報源によれば、FRB長官ジェームス・コメイは、司法省が複数の判明した犯罪についてヒラリー・クリントンを告発しない限り、オバマ政権に反乱して辞任すると脅している。また、メキシコの麻薬王ホアキン・エル・チャポ・ガズマンが先週捕獲されたことは、彼はウォール街の銀行、ISISとブッシュ家を破壊するために喋る為に米国へ輸送されることを意味していると防衛情報局の情報源は言う。

ハザール・マフィアの政治家の逮捕は低レベルではすでに始まっている。特に、NSAは米政府とイランの各協定に反対するようイスラエルによって買収された政治家の証拠を集めた。今までのところ、共和党上院議員トム・コットンはその協定に反対するよう数百万ドルの買収を受けたことが暴露されている。コットンは47人の上院議員にイランとの平和協定に反対する手紙に署名するよう説得した。彼はまもなく牢獄へ行くだろう。

http://www.sott.net/article/309889-TREASON-Bibi-bribed-GOP-senator-1M-to-kill-the-Iran-Deal

議会民主党幹部の議員スティーブ・イスラエルもまた、イランとの平和協定への反対で辞任を余儀なくされたと、国防総省情報源は言う。かれもまた、すぐに刑務所の中を見ることになる。

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2016/01/steve-israel-announces-retirement/422829/

ソ連の崩壊に関与したCIAの金融専門家がこれらの政治家に言わなければならないことは、「これらは私が扱っているねずみである。上院議員は排除され、全てに対して、ねずみとはこのようなもとして分かるように、首都の芝生の上で絞首刑になるべきである。

他のねずみもまた今、捕獲されている。前フランス大統領のニコラス・サルコジはコカインの大量密輸に自分の飛行機を使った罪で調査を受けている。また、サウジの王子は最近2tのアンフェタミンを個人機の中に運び込んで、レバノンで逮捕された。

ハザール悪魔崇拝に対する世界的な広がりを持つ運動として、他の非常に見える兆候が激増している。最近辞任したマレディクト法王の兄は231聖歌隊の男子を性的に虐待し、殴ったと暴露された。

http://www.thejournal.ie/regensburg-domspatzen-ratzinger-benedict-choir-child-abuse-scandal-2538826-Jan2016/?utm_source=facebook_short

イスラエルでも、世界的有名なカバリストであり億万長者の助言者であるラビ・ジョセフ・ピントは贈収賄の罪で刑務所へ送られた。

http://www.thedailybeast.com/articles/2016/01/07/the-world-s-leading-kabbalist-guru-to-billionaires-is-going-to-jail.html

先週、他のハザール暴徒の逮捕が多くあったが、今後もさらに多くの逮捕があるだろうという事に比べれば、ここで取り上げるほどのこともない。

イスラエルと中東の状況もまた、今頭に来る。統合参謀本部議長のジョセフ・ダンフォード将軍は先週トルコへ飛び、そこで、国防総省情報源によればロシア軍参謀長のバレー・ゲラシモフと秘密の会談を持った。その会談で、ロシア情報源によれば、ダンフォードとゲラシモフは国連はイスラエルの情報機関とイスラエル政府に国際テロ組織とこれらのテロ組織による相互関係について関与していたかどうか調査するために裁判所を設立すると言うロシアの要求を議論した。多くのテロは中東全体に渡る大イスラエル帝国の創設すると言うシオニストの計画が崩壊していることに関連している。彼らはすでにこの十分な証拠を国連に提示していると、彼らは言う。

トルコ大統領のレジョップ・エルドガンはこの会談への参加を拒否されてたと、国防総省の情報源は言う。その代わりに、ロシアとアメリカのトップ将軍はトルコの一般職員にエルドガンと、ハザール擬似イスラム教徒を権力から排除する必要があると述べた。ダンフォードはまたトルコ人にシリアとの国境を閉じなければ重大な局面に直面することになると話した。

アメリカの将軍はロシア人に、彼らは、南アメリカとアフガニスタンの麻薬活動を保護するためにハザール暴徒によって使われるドローンを撃ち落す助けとして、ヘルファイ・ミサイルをキューバに最近送ったと話した。

さらに、判事ニナ・アントネビックによって担当されるロシアの裁判所もまた最近、ユダヤ・シオニストはロシア人大量殺害の罪を犯したと判決した。そして歴史的犯罪への正義もまたロシアの議題であると、情報源は述べた。

一方、彼らの崩壊する擬似イスラム・ハザール王国の崩壊を救うべく、サウジアラビアの副皇太子と防衛大臣のモハメッド・ビン・サルマンをパキスタンに送って軍事的保護を求めた。主要なパキスタン当局者に巨大な賄賂を配ったにもかかわらず、彼らが得た全てはリップサービスでした。事実は、ワハブ・ハザール・サウジ犯罪者を保護する擬似イスラムテロリストを守るために戦争を戦わないと言うことである。


より端的に言えば、国連事務総長の潘基文はイエメンの市民に対するサウジアラビアの無差別爆撃は戦争犯罪であると主張している。戦争犯罪者は普通死刑や刑務所の中の生活に直面することになる。

http://www.un.org/sg/statements/

これは、ロシア、国防総省、中国とイラン軍の統合軍がハザール暴徒国とそれらの傀儡軍と戦うためにすでに中東に存在していると言う正式な国連の認識を示しているからである。もちろん国連そのものが、徒党潜入機関の欠陥品であるが、潘基文もおそらくロシア人によってやがて置き換わられるであろう。

http://tass.ru/en/world/848640

2009年に、やがてキアソ事件へと発展する134.55億ドルの債権を現金化する努力の放棄と交換に、100万ドルの賄賂をドラゴンファミリ代表に提供したのは潘基文であった。これは秘密の金融戦争の一部であるが、ある種のクライマックにし到達しようとしている。これらの債権は氷山に一角であり、そのとき以来、ハザール人によって使われた無数の数十兆ドルの無記名債が明らかになった。

http://alcuinbramerton.blogspot.jp/2012/01/white-spiritual-boy-off-ledger-black.html

二重帳簿が存在し、一つは徒党用で無数の数十兆ドルの価値があるものであり、他は永久負債であり大衆の金融不足であることが明らかとなった。

金融戦争もまた中国でエスカレートしており、中国政府はヘッジファンドに株を売り払って中国市場から出て行けと命令した。中国はまた、この一環として月に100億ドル以上のペースでそのドル保有額を清算している。

中国は先週白龍会に代理人を送り、台湾と中国の再統一の交渉の一環として、中国共産党は中国の政治場面に他の政党の参加を許すことを認めたと連絡してきた。おそらくこれが意味するところは、台湾拠点の国民党に中国本土の統治においてある種の役割を与え、将来そこで選挙の可能性を高めること意味していると、情報源は言う。

重要な変化が日本の裏側で起こっている、米国についで世界第二位の経済は依然ハザール暴徒に支配されている。

日本主導のアジア開発銀行に情報は、日本はすでにはザイル人と縁を切り、中国主宰のアジア・インフラ投資銀行に参加すると決定している。日本円は実際後ろ盾はないので、日本はドラゴン・ファミリに金塊を要求して、彼らはAIIBに参加することになると彼は言っている。

円の最近の急騰と、日本株式市場の暴落もまたハザール人への日本銀行の資金が遮断された結果である。これは彼らが株式保有を世界中の彼らの損失をカバーするために売却せざるを得なくなったことを意味している。

最近の英国と軍事関係を強化した日本の発表は、英国もまた日本のハザール人との戦いに英国が援助すると約束したことを意味している。これは重要で、英国と日本の皇室の間の個人的緊密さによるものである。それは、日本において既にジェームス・ボンドのような人間が日本に対する311核津波大量殺人攻撃に関与したハザール代理人を追い詰めていることを意味している。今、明らかに物事が進んでおり、目下の作戦を危険に曝さない為に詳細を報告できない。

アジア開発銀行と国防総省情報源は、共に株式市場は廃止されることで合意している。何故なら、株式市場はごく一部のエリートの手中に、全ての企業の権力と支配を集中させるべく道具を使っているからである。彼らはまた、全てはオープンで自由に利用できるようにすることも話し合っている。

いずれにしても、白龍会とその同盟者は不正に操作された市場とハザールファミリ・マフィアが所有する中央銀行(負債作成専門)を人類の為に働く透明で能力主義の機関に置き換えることを望んでいる。




励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD