サウジ崩壊へ突き進む

テーマ:
[リヤド 2日 ロイター] - サウジアラビアは2日、国内で爆弾などによる攻撃

に関与した47人の死刑を執行した。大半は国際武装組織「アルカイダ」の攻撃に

関与したスンニ派の過激派だが、サウジ王室に批判的だったイスラム教シーア派の

有力指導者ニムル師も含まれており、宗派間の対立が国内外に広がる可能性がある



目撃者によると、サウジ東部州カティフではニムル師の処刑を受けて少数派のシー

ア派住民ら数百人が集まり、デモ行進を行った。

今回の集団処刑は1980年以来数十年ぶりの規模。

処刑の対象となったのは、2003─06年に国内でのアルカイダによる攻撃に関

与したとされるスンニ派が中心。このほか、11─13年に反政府抗議運動を行っ

たとされるニムル師らシーア派も含まれる。

シーア派が多数を占めるイランの最高指導者ハメネイ師のウェブサイトは、サウジ

の死刑執行者の隣に過激派組織「イスラム国」の黒い覆面の男、通称「ジハーディ

・ジョン」を並べた写真を掲載し、「違いはあるのか」とするキャプションを添え

た。

また、同国のイスラム革命防衛隊は「テロリストを支持する反イスラム政権は、激

しい報復によって転覆するだろう」とし、今回のサウジの動きを非難した。

欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表はニムル師の処刑について、

中東地域で宗派間の対立を一段と悪化させ、「危険な結果」を招く恐れがあるとの

懸念を示した。



国内は相当荒れているものと思われる。
サウジアラビアがニムル師を処刑した後、イランの首都テヘランでは、サウジアラビア大使館がイラン人によって包囲され、火炎瓶が大量に投げ込まれている。
他方で、サウジアラビアはイエメンとの戦闘を続けており、未だに埒が明かない、混戦状態に陥っている。サウド体制の崩壊につながるのではないか。

エルドアンにしてもサウド家にしてもいまさら降りられない。降りるということは政治生命を失うということである。突っ走るしかないんだろうね。自滅のパターン。ヒラリーも同じよ。

励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD