新BRICS銀行が立ち上がるとある種の土壇場の決着が今月にも迫っている。


地球の将来に対する現在進行中の金融戦争が徒党支配のIMFや世銀に対する彼らの選択肢を正式に立ち上げる為に、7月14-16日にBRICS首脳が会合すると言う大きな変局点に向かっている多くの兆候がある。CIAによると、徒党はすでにブラジルの橋を爆破することで不快感を示している。

徒党はまた、彼らの奴隷政府の安倍を使ってBRICSを事前に阻止しようとしている。世銀弁護士カレン・フーデス(明らかに彼女は決して辞めない)は最近東京にいて、そこで彼女は70以上の政府に新金融システムを担保するに必要な資金は日本が提供すると嘘の主張のメッセージを送ったと、彼女の行動を監視しているアジアのCIA情報筋は言う。いずれにしても日本は必要な資金は持っていないと日本銀行は言っている。

安部政府はナチ麻薬密輸屋や殺人者リチャード・アーミテージと屑箱嘘つき野郎マイケル・グリーンによって書かれたシナリオによって動いている。グリーンはアジアの暴力団に、私に対する殺人契約を実行させる企ての為に、この著者は「女性に暴力を振るうスピード狂」だと嘘を言った。グリーンとアーミテージへのメッセージ:牢獄へ行け

安倍の為のこれらの犯罪者によって書かれた計画は日本軍と米軍とが共同で行動する絶好の機会として311核・津波大量殺人事件やテロ事件に言及している。報告書はここで見ることができる。

http://csis.org/files/publication/120810_Armitage_USJapanAlliance_Web.pdf

いずれにしろ、存在しない日本の金塊について安部を使って世界を騙す企みは、IMFラガルド専務理事の不可解なオカルト数秘術の記者会見につながっているかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=QYmViPTndxw

先週も報告したように、7月20日に何か大きなエベントが企画されていることを思わせる。
このニュースレターのしっかりした読者はまた、高レベルの内部通報者が徒党は8月までに新金融システムを設置しようとしている具体的な証拠を提出しているリンクへと導いている。

https://www.youtube.com/watch?v=V8otCSAJ4ok

多くの予測が起こらないままに過ぎ去ってきたので、予測日については話半分でいることをいつものように推奨します。しかし、緊張が最高潮に達している多くの一見無関係な出来事からしても明らかなことだ。

例えば、インドネシアの白龍会の情報によると、7月9日の大統領選挙の後にクーデターを上演する計画がある。世論調査によるとインドネシアのお金持ちが177ヶ国BRICS同盟に指示されている正直な非徒党候補ジョーコー・ウィドドを選出しそうなので、徒党はクーデターを欲している。白龍会は軍隊に兵舎に留まり、国民に彼らの指導者を選ばせるよう警告している。

徒党の状況は、インドネシアの金塊を開発プロジェクトに融資するのを妨害するためにスカルノ大統領を排除し、500,000人のインドネシア人を殺害したケネディ暗殺時代に戻るようなことはない。

今は、徒党はあらゆるレベルで排除されている。先週、FRB所有者の一人リチャード・メロン・スカイフの死を見た。彼はリチャード・ロックフェラーやウォーバーグ家や他の多くのファミリのメンバーに従っている。

JPモルガンにつながるブッシュ家も深刻な攻撃を受けている。先週、ブッシュ家につながる5人以上の銀行家の死が未発表であった。今はJPモルガン会長のジェイミー・ディモンは癌であると公表した。ディモンに近い情報筋によるとそれが現実になる前に彼は死を装おうとしていると言っている。殺人は銀行家を黙らせて、総統ブッシュ・シニアを名指されないように行われている。ブッシュへのメッセージ:彼らは隠れるところがない貴方の後に従って出てくる。

先週の汚職容疑によるフランス元首相のニコラス・サルコジに逮捕もまた、世界的に進む徒党上層部の排除の一環である。

おそらく、徒党に対する最大の攻撃はロンドンで起こる。英国の新聞は数十人の政治化を含む重要な小児性愛スキャンダルであふれかえっている。「これらは、あなたが想像できる最も恐ろしい児童虐待疑惑のいくつかである」だから英国のデイリーメールはそれを掲載したのだ。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2681827/Labour-Lords-sex-attacks-12-children-Horrific-allegations-include-rape-sexual-assaults.html

新聞はまた、児童セックスに関する114のファイルが行くへ不明であることを報告している。

http://www.telegraph.co.uk/news/politics/10949117/Whitehall-child-sex-inquiry-the-114-files-lost.html

英国の新聞がいまだ報道していないことは、小児性愛に関する政治家の恐喝は英国政治を操作するために使われているとM15情報筋は言う。特に、人気のBBCテレビのパーソナリティであるジミー・サビルは英国会の小児性愛の輪に少年を提供しているという事実はまた、彼は元首相のテッド・ヒースに少年を提供し、その何人かは殺されたとM15情報筋は言う。 さらに、ヒースが1970年6月に最初の閣議で政府を立ち上るやいなや、4日以内の次に会合までに共同市場に統合する論文を仕上げるよう命令したと情報筋は続ける。言い換えれば、英首相は少年を強姦し殺したので主権をEUに譲るよう脅迫をされていたことを情報源は暗喩している。

男と少年のセックスの類はかなり広まっているらしい。別の例では1977年に16歳の少年がトップニュースになった保守党全国大会でスピーチをした。レオン・ブリタン(政治家による子供の性虐待に関する114のファイルをなくした男)によって飼われている少年は保守党党首になり、今は外務大臣であるウィリアム・ヘーグである。ヘーグは今の首相デイビット・キャメロンに代わる候補の一人である。

殺されたジャーナリスト・クリストファー・ストーリはまた定期的に、小児性愛者のトニーブレア前首相を非難していた。我々みんなが知っているようにブレアはイラクをレイプし略奪することに盲目的にジョージ・ブッシュに追従した戦争犯罪人である。彼もまた脅迫されていた?

いずれにしろ、英国における新聞がこのことを書き、警察が調査している事実は英国が政治システムを浄化しようとしている証拠である。

子供の虐待と殺人に関する状況はワシントンDCではさらに悪いと言われているが、米国内ではそれに関して今のとこと何もなされていない。

しかし、世界の他の部分はワシントンDCの不正な政権を引き続き孤立させようとしている。最も印象的なのは、国際決済銀行総裁でフランス中央銀行総裁のクリスティン・ノーやーは先週専門雑誌とのインタビューでユーロは米ドルから切り離すべきだと呼びかけたことである。

http://bourse.lesechos.fr/infos-conseils-boursiers/chat-interview-video/interview/la-bce-peut-lancer-un-programme-d-achats-d-actifs-prives-et-publics-984324.php

最近2000億ドルの米国債を購入し、FRBとワシントンDCの子会社を破産させないようにしたのはユーロクリア経由の欧州中央銀行であったので巨額である。

ドイツはまた連銀に対してけんか腰である。今週アンゲラ・メルケルが7度目の中国を訪問した時、ドイツ当局は米国のスパイを逮捕した。この逮捕が尋常ではないことは、ドイツがワシントンDCとの溝を作る口実にしていることである。

ドイツとフランスはロシア同様、ワシントンDCの子会社ランド株式会社のウクライナにおける現在進行中の作戦に怒っている。彼らはワシントンDC企業政府によって送り込まれた傭兵によってロシアとのガスパイプを遮断されたくはない。

中東におけるISISの現在の活動は、主要なパイプラインをまたぎ今はクエートに移動してしている。今は中東の石油埋蔵量の制御者、つまり石油ドル体制の支配者がいるように思えるが、我々はそれを知っているが、新しい手に落ちた。

地球上のほとんどすべての政府が今、国防総省はワシントンDCへ向かい逮捕を始めるべきだと主張している。そうするか、傍観して米国の経済爆縮と混乱を見ているかどちらかだ。

励みになります。こちらへもよろしくお願いします。
AD