ジャーナリストにとってイラつくが必要なことは出版にゴーサインが出るまで、情報を発刊禁止に保持することである。今はそのイラつく時間である。発刊禁止は計画が妨害されないように、命が危険に曝されないようにするために必要である。

しかし、若干の点をまとめる為に我々にとって公共の領域にも利用可能な十分なヒントがある。明らかなことは、ワシントンDC(IRC、ベンガジ等)とロンドン、英国(小児性愛、金市場)において多くのヒステリーがあると言うことだ。少なくと6ヶ月間シオニストメディアにおける米国務省の公式声明は決って国防総省によって否定されてきたことも明らかだ。金融システムにおける崩壊が進んでいる兆候もある。これらの全ては直ちに、ある種の劇的な黒鳥事件を示している。これについて以下でさらに述べる。

アジアにおいても、北朝鮮とアジアの大国との秘密交渉は世界権力構造の変化に備えた物である。先週、安倍首相の特使である飯島勲が北朝鮮を訪問したのは、そのいい例である。我々に語られたことの4つの異なるバージョンであった。二人の日本人、一人の北朝鮮人、一人の中国人である。盲人と象(象は大きく平らで、ホースのようであり、それは木の幹のようである)のスーフィ教の物語のように、現実になにが起こっているかを把握する為に、異なるバージョンを一つにつなぎ合わせる必要がある。しかし、物語が分かることは訪問が最悪の証拠あさりであったということである。日本の皇室の情報は飯島が北朝鮮へ言わなければならなかった物の中で最も興味あるものであった。

この情報によると、飯島は北朝鮮に、百万人のサバティンが欧米を直ちに離れたがっているが受け入れるかと聞いたが、答えはNOだった。百万人の難民が米国を離れることを望んでいるという物語は繰り返し支持されてきた。多くの異なる情報源によると、彼等が米国民にしてきた真実が公になると百万人の難民が米国を離れるように求められるだろうと言う本物の新年に基づいているように思われる。私の情報源は彼等は離れることは許されず、自らの責任を取ることになる。(彼等が他人の為に準備したFEMAに送られる)

中国政府情報筋はこの訪問の間に行われたことに対して別な視点も持っている。彼によると飯島は北朝鮮は日本の外務省と交渉することを望んでいないと言われた。日朝関係正常化に合意した話を二度にわたって妨害したスタッフがいるからである。これは日本の公安警察が聞いた話と同じである。

北朝鮮情報筋は日本の外務省は信用すべきではないとも言った。北朝鮮は、北朝鮮と日本間の親しい外交関係の再開を妨げている全ての問題について友好的かつ詳細な提案を行った。我々は詳細を知っているが、今のところは秘密保持を求められている。

日本の関係者はまた、ドイツ、フランス、イギリスなどの国々は公表はしていないが北朝鮮との広範な関係を持っていることを指摘した。例えば英国のタバコは、ラベルは英国だが北朝鮮のタバコを販売している、と彼は言った。
南朝でもまた、この種の問題に関係する何かが起こっている。韓国の財閥は必死で韓国ウォンを集めて公式交換レートの半分で円に変えている。彼等はまた古い王室金塊を売ろうとしている。(しかし、彼等はまだその存在を証明できていない)

日本の証券会社幹部によると、これは韓国銀行システムの支配に係わるゴールドマンサックスの重大な攻撃に関係している。これは前報で述べたように、日本の韓国在住人の資産に対して課税をしようとする計画があり、税務当局に取り上げられる前に日本円を韓国に送ろうとしていることと関係している。

アジア人は全て北東アジアの地図が再描画される重大な事件を待っているように思える。

脳死でもなく、買収されているわけでもない人は誰でも、何時ウォール街とワシントンDCの詐欺師達が処分され、それぞれが属する牢獄に入れられるのかと質問する。ある筋の情報では逮捕はすでに始まっている。26将軍の解雇は始まった。今、国税庁が逮捕中であると彼等は言う。

もちろん、真の質問はイスラエルの長老達が何時処分され牢獄に入れられるかである。ユダヤの長老達の議定書(?)は人種差別的な偽物であることを忘れないで下さい。問題の事実は、シオニズムが存在することであり、それはユダヤ教ではなく(しかし、そのふりをする)、それは人道に対する大規模な犯罪を犯している。

ここに、まだ砂の中に頭が残っている(still have heads in the sand)貴方達のためのリンクがあります。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-Iyj6UPCChA

シオニストは、"シオンの長老"というラベルを付けることができるリーダーを持っている必要があります。イタリアのP2ロッジのシニアメンバーは、特に2つの名前が今新しい金融システムの起動をブロックしていると言う:コーエンとレビ。中国のソースはすでに反日暴動を上演する反日中国人デモ隊1200元/日を支払ったとフランスのオッシュグループのジャン·コーエンを同定した。レビ名はもっと神秘的ですが、それらは遅かれ早かれ木造の外に引きずり出されるだろうされます。

この高レベルの犯罪シンジケートが最終的に倒された時、犯罪的に得た資産(ヘッジファンド、オフショア、100倍レバレッジ、インサイダー取引等が考えられる)の再配分が必ず行われる。

裕福なアメリカ人の多くは、彼らの不正に獲得した法定不換ドルを取り、可能な限り迅速に現物資産にそれらを回すためにパニックに陥っている理由それはおそらくです。銀行のコンピュータに金、芸術、不動産、実際に現実に存在している何かだけでなく、ないものまで必死の買いがある理由です。
我々が今目撃しようとしていることは、何世紀にも渡り我々を戦争屋その他の物に騙し続けてきた、嘘や買収や殺人、幻の強大な装置の解明である。ステロイド(?)で崩壊したソ連を思い出してください。



---------------------------------------

文中下線部は、かねてよりうわさの世界の悪党達です。
ここに期待感を込めて、言えないんだよといいながら言っていることが
本当に起こってくれたら、次代に繋がる世界を残せることになる。

日本もしっかりと態度を鮮明にすべき時と思うが、
あまりにも犯されているということでしょうか。
世界の笑いものになってします。
AD