元ICU・NICU看護師/現「名もなき活動家」東 舞香の「経験すべてネタである」ブログ

http://namonaki.net/
こちらにお引越しして継続中です。
人生経験 全て 学び・ネタ!
やる事なす事「活動」と称す!

そんなわたしの思ひ出作りとしての人生が、
きっと誰か必要な方への情報提供になるであろうブログ。


テーマ:
「人を診る」ということは、こういう事! シリーズ。


  ~東洋医学・五行 陰陽から~ 鍼灸師:石原 貴司 先生


(*‘∀‘)はい、またもやシリーズ化!?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


いつもお世話になっている「石原 貴司」先生。


なんと、先日のわたしのブログ記事をお読みいただき、
それをふまえてメッセージを頂きました。


わたしの写真からの望診と、わたしの発言内容・行動などからの診断と、

さらに、わたしが体験・分析した内容に +α の説明まで加えた内容!

なんともスペシャルな内容ではありませんか!

(つд⊂)ありがとうございます~

・・・・

治療家・医療者のみなさま、

受診しても「とりあえず薬を処方されて終わる」方、

(*‘∀‘)
どうぞご参照くださいませ~。

※※
わたしをリアルでご存知の方も、そうでない方も。
下記記事と合わせてお読みください。

過去記事①:ついに謎が解けた!「もにょもにょ」したわたしの話し方の謎と卒業宣言!




過去記事②: 生き様は、見た目・雰囲気に表れる! わたしの人生での証明。
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12163118710.html


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

(石原先生の文章を転記)



確かに、東さんのお体の特徴はこういうこと。

☆反り腰に起きな原因がありは正解
☆姿勢が丸くなるから伸ばそうとして反るも正解


◆では問題はなぜ丸くなるかということ。

その答えは『みぞおちが伸びないから』です。

④に一番根源にあるのはここです!




姿勢の悪い方のほとんどは、

1)みぞおちが伸びない(収縮している)
2)丹田の力が弱く 脊柱という柱を支えられない。

・東さんは丹田の力はあるため、反らす力がある。

 丹田が弱い人は前傾姿勢になり、反り腰にもならない。

・みぞおちは「心臓=火」の募穴(代表的なツボ) 
 
 また横隔膜は「肝胆=木」が司るところ。

従って みぞおちが伸びない人は 心が弱くて伸ばす力がない。

(この伸ばす働きを 火の「長」という)

若しくは 木の収斂させる力が強すぎるかのいずれかである。


・この時点で 火と木に共通するのは「血液」。

 心臓も肝臓も 血 と深い関係がある。

従って火の弱、木の収斂 強、いずれにしても

 血 の異常が根底にある場合が多く、またそのほとんどは 貧血 である。
(検査には現れない 血虚 を含む)


・東さんのケースは 

木もあり(3割くらい)、
火もあり(7割くらい)、

というところ。

これは望診でその割合を推測できる。

(木の収斂 強い 場合はもっと目がきつくなり、怒気も強くなる。 
でもその行動力は内に木の力を秘めているということでもあり、
約3割は木の性にありと判断できる)


・7割の方は火に関すること。
(みぞおちが伸びない原因)


☆ 心臓は 固 の作用を司る。

→ 固 とは常に一定であること。

つまり心臓は心身が常に一定の状態にいるようにする働きがある。

また、固 は 己を固め、外部からの刺激からガードする働きでもある。


火・心臓が 虚 (やや弱い)であるということは、
意識や興味がころころ変わったり、いろんなものに影響を受けやすいという事。

なので特にあれこれしないようご注意をしました(^ー^)


このガードの弱さは言葉を換えると

「感受性が強い」

ということでもあり、多くを感じるという性質が スピリチュアルリズムに結び付きます。


ですからスピ系で特に感受性が強く、第六感が優れている人は ガードも弱いわけですから、


怪しいことや、人の気をダイレクトに受ける施術やセッションなどは 行うもの受けるのも慎重になるよう アドバイスが必要です。


又、こういう方が患者や身内におられる場合は揺らぎがないよう見守り、安全な方へ誘導して差し上げる必要があります。


※ADHD、アスペルガーなどは一か所に留まれない・集中できないという「固」の低下 がみられます。

先天的・ボタロー管開存などが多いはずです。


☆心臓は「喜」を司る。

→ 喜び とは、精神がのびやかになり、発信力が大らかになること。
 心臓の気が 虚 すると言葉の発信力も弱く、こもり易くなる。
 頬が上がらない → 笑えない。


☆心臓は「長」じる 働きを司る。

→ 喜びは精神を伸びやかにすること。この 長 は肉体に働く力で 大らかに運動できるように働く。

「舌」は心臓が支配するとされ、心気 が 虚す と下の動きが伸びやかにならず、言葉がハキハキしない。

☆心臓は「神」を 蔵す。

→ 精神・神経、いずれも心気と深い関連にあり、心気が 虚す と

気分がうつになり易い、
人と付き合いが辛い、
自律神経失調、
不安感(喜 の低下)
などが 現れやすくなります、


「努めて表情を出さないようにしていた」

→ 固 の低下
→ ガードが弱い
→ 見せたくない・人と接したくない。



☆心気は 目 に表れる。


→ 心気が 虚 の方は 目が一重でまぶたが腫れぼったい傾向があります。


東さんの年少時の写真は特にこれを表しています。


これから判断すると、中核欠損があったとか、心電図でよくひっかかった、ということがあったかもしれません。



☆心臓の 募穴(ぼけつ) には 鳩尾(みぞおち)


→ 最初にも記したが、みぞおちに力が入れにくいため 横隔膜が動きにくい

→ 息の流れが弱い。


☆ 毒を吐く、サバサバ、男っぽい

→ 3割の「木」の働きである 剛 がうちにある為。
 

木=肝 は 

行動力・男性性・外向き・収斂・色・筋肉質、

などの性質があり、

(収斂:緩すぎるのは嫌・オタクはダメ)
(色:モノを表す。スピ系の精神世界だけでなく、理論や行動を求める)


これが 男っぽい に繋がる。



このように、心気の 虚 による 柔 と、

内にある 木 の 剛 が同時に存在する為、本質と外見のギャップを生み、生きづらさに繋がった。


☆解決法は「心気」を安定させる事。


◆ヨガなら 第4チャクラを活性する方法で。  

◆大きな声・発声練習も「長」や「喜」を高める効果あり。

◆心包経 への治療
 →心包経のストレッチ・内関 への治療

◆横隔膜のマッサージ

◆サイマティクスを受けていただくこと(*‘∀‘)

心、喜、固、舌、肝、横隔膜、意欲、愛、行動力、魅力アップ、その他 必要な周波数多数あり。

また、例えば 愛の周波数の高さに合わせるように 発声練習。

 → 言葉に 愛 がのる。 



☆わたしは(石原先生は) 五行 は生まれる前に決めた課題の表れだと感じている。

 ・ネガティブになりやすい所は克服する!
 ・特性は更に活かす!


東さんの場合

◆ 心の虚

→ 感受性を活かす
→ 明るく行動的に
→ 固 を 強めブレない


◆ やや木剛

→ 行動力や論理的思考は活かし、毒は減らす(´ー`)






メモφ(`д´)メモメモ...

この記事を読んで、わたしからの追加説明。


◆ボイトレとの関連


・「舌の動き」が弱い。

まさしくね、ちょうどボイトレでこれ、言われたのです。

今までパキパキと言葉を発する事をしてこなかったので、苦手なんです。
そういえば吹奏楽やっていたのに、シングルタンギングはとっても苦手。
なので、ダブルタンギングでごまかしていました。

今の練習メニューは、
タンギングロールと
「Ta・Ti・Tu・Te・To」
です。
(た・ち・つ・て・と とは違い、英語の発音のように、舌の動きをしっかりとした発音)


・声の高さに関しても、ボイトレで口角を上げる話し方に変えた途端、
自然に音階がぐいっと上がりました。

そういえば、むか~し「サウンドれぞナンス」というセラピーで、わたしの声を診てもらったことがあります。
過去記事(2014年):サウンドレゾナンス
http://maimaimai4376.hatenablog.com/entry/20120309/1331300382

最近、ずっとカラオケに行きたいとうずうずするのですが、
時間的にあまり余裕がなく、結局ずっと後回し中。
家で一人で歌っていますが、不完全燃焼中。

そうか、やっぱり 声出したくなる状況であって、
声を出すことは必要な事でもあるんだ~。
(*´Д`)


◆心臓に関して

・幼少期の検診や、
 35歳で初めて検診で心電図検査の時は、特に何も指摘なし。

 仕事中の時々不整脈で動機があった時も、こっそり心電図取ってみるが、
 特記すべき異常というものは見当たらず。


・2012年 石原先生にはじめて診ていただいた時に、

 「言われてみればそういえば・・・・」という感じで初めて自覚するのでした。

(時々不整脈や、またドキドキして目が覚めるなど)

過去記事(2012年):サイマティクス・セラピー
http://maimaimai4376.hatenablog.com/entry/20120306/1331017015


・また、別のところで「バイオレゾナンス」という波動治療を受けた時も、
心臓を指摘されています。

過去記事(2014年):バイオレゾナンス療法~統合医療クリニック受診~
http://maimaimai4376.hatenablog.com/entry/20141217/1418745832

・バイオレゾナンスを使う歯医者でも、
やはり心臓の弱りを指摘され、その時はトリカブト」が合うと処方された事もあります。

※これに関しては、レポ書いていませんが、その歯医者のご紹介
過去記事:「平澤歯科医院」in住之江
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12107640901.html


・ちなみに。
 数か月前、初めて「あ、これちょっとヤバいかも」という、
なんだか怪しい胸痛発作を体験。

(我慢できる程度ではあるが、その違和感が数日続くタイプ)

◆「感受性」

・あれこれセラピーを学んだり受けたりして、よく言われるようになった事。

「感受性が強い」

なのに、その頃はそれを疑っており、
むしろ自分は鈍いから、もっとわかりたい・見えちゃう人になりたいと必死だった頃。
なのに、人には見せたくない・悟られたくない意識が強かったのです。

なるべく感情の平坦化を狙う・クールを装う、
なのに人の事はわかってあげたい系の方は、
同じニオイがしますわねぇ。
(*‘∀‘)

◆みぞおちを伸ばさない事・第4チャクラとの関連

ヨガやチャクラの関係性、
先日のボイトレからでも、「腰とお腹」(前と後ろ)の関係性は重々に体感しております。


わたしのパターンとして、

この第4チャクラ=胃・みぞおち付近は、

長年 わたしの「さみしさ」と「食」の関連がみてとれます。


さみしいから、食べる。(埋める)

食べてお腹いっぱいだと胃を伸ばすとしんどい、
胃もお腹も冷えて固くなっているから、

なんだかんだ丸まる。

伸ばしたら、胃がパンパンなの自覚する。自覚したくないから、伸ばさない方向に働く。

そんなこんな、色々あるのです。たぶんそのあたり。


・丹田の力はあるから、反らす力もある。
φ(`д´)メモメモ...

そう、だから後傾姿勢になるので、頑張ってしまうと不自然に前傾になるのです。

わたしの姿勢の話は、過去のヨーガをやっていた頃の話もご参照に。

過去記事(2014):集中セラピー受講(ヨーガ)
http://maimaimai4376.hatenablog.com/entry/20120115/1326625824


・・・・・


この診断内容も、まさしくわたしのプロフィールと言えちゃう。


(*‘∀‘) 名もなき活動家になっちゃったのは 火と木 の女だからだYo!


さて、今は 火が 虚 しているわたし。

心気を養うためには!

わたしにとって第4チャクラが活性化する、一番手っ取り早い方法は!


わたしが惚れた男と一緒にご飯を食べたいんだにょ~。
(*‘∀‘)

※先生のアドバイスにはないところ(笑)

東さんとはこういう女! という事をご理解いただきました、わたしが惚れるタイプの方。

わたしの 「ダーリン候補」応募はこちら!→こち・・

パァンチ(○´∀`)=O))))))))))´∀`)イタァィ


・・・・・・

さ。最近はちょっと詰め気味でしたので、また色々と調整に入りましょうかね。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


セラピーオフィス ラ・サルーテ 院長のブログ
(石原 貴司先生)
http://ameblo.jp/la-salute8/

過去記事:わたしと石原先生との出逢いと、医療に対するアツイ想いを書いた記事

http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12115914656.html


※※
東洋医学・五行を全く知らない方も、
様々な「つながり」は、なんとなく伝わるのではと思います。
詳しく知りたい方は、石原先生の記事や、やネットで検索等どうぞ~。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ひがし まいかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。