{F2BD6D9F-5023-42FE-BF9B-D509BD890E69}

セルフイメージって、バケツのようなものです。

バケツの底に穴が空いていたら、お水を入れても垂れ流してしまいます。

バケツの底に穴が空いているのに、何回も水汲みに行って必死で手でふさいでいたら疲れますよね。

それが頑張っているということ。

だから、そこにいくら素晴らしいノウハウを入れても垂れ流してしまうんです。



これ、頑張って頑張って潰瘍性大腸炎になったときのわたし!(笑)

自己否定しながら前に進もうとしていたから、摩擦で炎症が起きたんですね。

今思えば…

エネルギーの無駄遣いでしたな…



世の中の起業家や経営者で失敗してしまったりうまくいかないのはこれが大きな原因だと思います。

バケツの底に穴が空いている状態がどんな状態かというと、

・わたしなんてだめだ
・わたしなんて価値がない
・どうせやっても失敗する
・認められたい
・見返してやりたい

こんな状態です。




こんな状態で、例え有名な人のコンサルを受けても結局垂れ流してしまうので、結果は出ません。




ではどうやってセルフイメージを上げるのか?

それは簡単、「わたしは素晴らしい」と思って「怖いとこと」に飛び込む。

そうすると、「あれ、大丈夫じゃん…?」と思う。

そうして大丈夫の範囲が広がっていくとセルフイメージが上がるんです。




かといってセルフイメージが高いだけでも、何にもノウハウがないと何にも動きません。

要は、高いセルフイメージのもとにノウハウが少し乗っかるのがベスト。




ノウハウだけあっても、人柄がイマイチ、自己否定しているような人とお付き合いしても、良いことありません(笑)

また、セルフイメージが低いと、何をやってもうまくいきません。

これからは女性性優位の時代で、心の時代。

より一層、心の在り方やセルフイメージが大事になる時代です。




それから、わたしなんて…という人は、はっきり言って公害です。

その状態が、どれだけ低い波動を撒き散らしているか理解して、まずは自分を整えましょう。

焦っていろいろやらなくても、そこが整えばうまくいきます。

だからまず自分。

セルフイメージ、上げていきましょー!

声出していこー!!

おー!











AD

リブログ(1)

  • ”セルフイメージが低いと成功しにくい。”

    リブログばかりですw今日は、私的に徹底的にセルフイメージについて考えて見ました。セルフイメージが、低いと受け取れない。だから、上げる。しかし、上がりにくい。というか、気分良くと表裏一体なきもしないでもない。同時進行なのではないか?なら、下げないようにする。エイブラハムさん達が言ってるじゃないですか?…

    yuki

    2017-03-24 20:26:22

リブログ一覧を見る

コメント(8)