いよいよ核心。

今回は長いですよ~。
ついてきてくださいね~。

---

今現在、向き合うときなのかぁという案件がいくつかあります。
そのうちのひとつがいけばなです。

この秋には、昨年とりやめた正教授の試験が控えているのですが、
受験後のことを考えると、正直、受けることに迷いがあります。

また、受験するにしてもしないにしても、
これから先、どのようなスタンスでいけばなに取り組んでいきたいのか、
そんな意思表示をするときが近づいているように思うのです。

これはまた、わたしがこの先どういうことをしていきたいのか、
人生の目的という部分に関わることでもあります。
重要なお話ですね~。

で、こういうとき、わたしはどうありたいのか?を
問いかけるのに有効なのが、4番の呼吸法です。
4番は魂の縮図があるとされる場所。ここに問い合わせをするのです。

しかしながら、自分のことは分かりそうで分からない部分もあるもの。
その部分を、師匠に相談してみることにしたわけです。

ちなみに、師匠は他人の設計図を見ることが可能とのことですが、
わたしは自分で探りたいので、まだすべてを聞いているわけではありません。
あきらめたら聞きますが。

師匠は見ようと思えば勝手に見ることもできるけれども、
あえて人の心を探るようなことはしないそうです。
なぜなら、疲れるから。

まあ、そうですよね。
ひとりひとり、これまで過ごしてきた人生があり、これから先の人生もある。
それだけの情報がつまっているのかと思うと、
かなりヘビーな内容もあったりする可能性もあるわけで。
「いちいちそんなことしてられない」とのこと。

うむー、ごもっともー。
映画を 1 本観るだけでも、シリアスなものは心身に負担がかかりますからねぇ。
あー、なんかグッタリ、みたいな。
それが人生ともなれば...いわずもがなですね。

そして、すべてを知ってしまうことは
キツイことでもあるし、面白みもないし、ということで
ご自身のことも大きな道筋と数か月分は把握しているものの、
細かい情報は見ていないとのことです。

そうそう、氣塾では、きちんとご本人の心身に許可を得てから、
施術をしたり、様子を探ったりしているそうです。

で、いけばなですね。

師匠に、「いけばなの先生ってそんなにすごいの?何がすごいの?」って
聞かれたんですね。

そこで、わたしが日頃思っている先生のすごいところを、
実際に生けている場面を思い浮かべながら伝えたんです。

イメージしたのは、こんな作品。の、茎と葉っぱの部分。
ジブログ。-かきつばた

先生は、わたしがこうしたい!とイメージしつつも実現できない、
こまかーい部分をちょいちょいっと手直しすることで
まさに思い描いていた美しさ、いやそれ以上を出すことができるのです。
一時期流行った?微差力?っていうのですかね?

...なんて話していたら、それがすごくよく伝わったみたいで、
話のついでに、「先生はまみさんにけっこうな期待をかけてるね?」と
説明していない部分まで読まれました!
なんと、それ、正解!
わたし、ひとこともそんなこと言ってませんけど?みたいな。

実際のところ、それもあって、
いけばなについて考えているんですよねぇ。
師匠、すごい。

イメージが伝わることで、その人との会話で心の距離を縮めることで、
本人と、その周りの人の様子まで読むことができるのだそうです。
だから、付き合いの浅い人だと、得られる情報も少なめなのだとか。

思うに、「読む」というより「感じ取る」という表現のほうが
よりしっくりくる気がします。

誰でもそうだと思うのですが、
他人の様子を見て、「あの人、体調悪そうだな」とか、
「機嫌が悪そうだな」とか「優しそうな人だな」とか、
何かしら気づき、感じることが無意識のうちにできていると思います。

また、電話でも、「今日は元気なさそう」とか、「なんか楽しそうだな」とか、
声だけでもなんとなく分かるのも、よくある話だと思います。

師匠は、この感じ取るセンサーの精度がずばぬけて高いと思うんですよね。
だから、はっきりしたイメージも伝わるし、付加情報も得られる。

普段は視覚や聴覚といった分かりやすい感覚に頼っていることが多いから、
見てもいないのに、ましてや離れた距離でそういうことができる、
というのがにわかには信じられず、まるで魔法使いだ!と思う人もいる。
(わたしです。)

でも、ほんとの話。
ほかにも似たような感じでお世話になっている方々がいるので、
わたしの場合、その辺はすんなりと理解することができました。

もし気になることがあれば、
だまされたと思って、体験してみるのが一番早いかもですね。
ただし、一度足をつっこむとなかなか出られませんが。

わたしもこの前、
「大変なとこ(氣塾)に片足つっこんでるかも...」とぼそっとつぶやいたところ、
「でも人生楽しくなるよー♪」と師匠。
この真面目に、だけどちょっと軽い部分もあるところはお気に入りです。
「道」とつく習いごとは重たい部分が多いので。

んー、以上が、遠隔レッスンの様子ですね。
あ、そうそう、Skype 使ってレッスンしてます。既出でしたかね?

...で、いけばなに関する結論はまだ出てないのですが、
慌てて答えを出すものでもないので、
しっかりじっくり挑戦しようと思います。

とりあえず、「興味のあることをしてみたら~?」と師匠から
楽しいアドバイスを頂いているので、それを実行します♪

そんなかんじで。
ではではまた◎

AD

コメント(2)