アラカンおじさんの新中国日記 年逾花甲老年人的新中国日记

我自己把日文翻译成中文,但是我中文水平还不高,请帮我修改一下我写博文的错误。


テーマ:
图们・珲春旅行のブログをアップしました。クリックして見てください。
4月4日 一眼望三国
4月3日 吉林→图们
--------------------------
以前から行きたいと思っていた龍潭山鹿場。前回は去年の12月7日にトライしてやめていた。早目にお昼を食べて12:15頃家内と出かける。今回は吉林駅前の43路のバス停をしっかり確かめてから乗った。13:20頃、龍潭山鹿場バス停に到着。埃っぽい田舎道を歩いて行くとそれらしい門が見えた。”龍潭山鹿業有限責任公司”と”鹿王製薬股份有限公司”の看板が掛かっている。門をくぐるとおじさんが椅子に座っていたので、鹿場を見学できますか?と聞くといいよというようにうなずく。門の右手に鹿製品の売店がある。さらにまっすぐ進むと鹿の飼育場らしい建物が見えるのでどんどん進んで行く。塀の中が飼育場になっていて、何頭かずつの鹿が寝そべったり、餌を食べたりしている。私たちは放牧された鹿を見たくて来たんだけど、一番奥の広場みたいなところには鹿はいない。公園みたいな一角があったけど、そこの門は閉じられていた。
一旦戻って、門から入って左側の方へ歩いてみる。工場らしい建物が立っている。そこから出てきた女性に、ここには鹿はいないよ(入って来てはダメという感じで)と怒られた。
門のところのおじさんに、放し飼いの鹿はいないの?と聞くといないという答え。この付近にもないの?と聞いたけどないと言う。残念だけどしょうがない。鹿製品の売り場を一回りして帰った。


龍潭山鹿業有限責任公司


鹿の飼育場


飼育場の鹿


鹿製品の売り場


15:10頃、鹿場を出た。この後は東団山へ行くつもりだ。以前、西団山へ登ったことがある。そのとき東団山があるのも知って、鹿場へ行くときついでに行ってみようと思っていた。地図で見当を付けてそれらしい方角へ進んで行く。こんもりした山が見えてくる。登り口では遺跡の表示を見つけられなかったけど、ここが東団山だと決めて登っていく。海抜250m余りの小さな山だ。ふもとからは高低差50mほどの登りだ。15:45頃頂上到着。春の風が気持ちいい。そして頂上からの眺めが素晴らしい。しばらく頂上のあずまやで休憩して下山。山道では遺跡らしいものは見当たらなかったけど、遺跡の看板くらいあるはずだと付近を見渡すと、畑の端の方にそれらしい石碑が見える。行ってみると果たして”帽児山墓地東団山平地城址”の石碑だった。これで今日の目的は二つとも達成だ。山の木々はまだ芽吹いていないようだけど、足元を見ると紫色の小さな花が咲いていたり、蝶々が跳んでいたり、吉林ももう春だね。16:25ころ元来た道に戻り43路バスで帰った。


東団山遠景


東団山頂上(海抜252m)


頂上からの眺め


山のふもとに石碑


今日の写真←ここをクリック
龍潭山鹿場の地図←ここをクリック
東団山の地図←ここをクリック

←ときどきクリックしてね!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

jianshi21さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。