アラカンおじさんの新中国日記 年逾花甲老年人的新中国日记

我自己把日文翻译成中文,但是我中文水平还不高,请帮我修改一下我写博文的错误。


テーマ:
延吉旅行をアップしています。クリックしてください!
11月23日 延吉旅行第2日(3)延吉市博物館
11月23日 延吉旅行第2日(2)朝鮮族民俗園
11月23日 延吉旅行第2日(1)国際飯店の朝食
11月22日 延吉旅行第1日(4)豊茂串城
11月22日 延吉旅行第1日(3)帽児山/民俗村
11月22日 延吉旅行第1日(2)ホテルチェックイン
11月22日 延吉旅行第1日(1)延吉到着
11月21日 延吉旅行出発
-------------------------------------
中国で屋外スキー場で滑るのは今日が初めてだ。場所は吉林市から8kmほと離れた郊外にある朱雀山スキーだ。学生が主催するスキーツアーに申し込んだ。
朝、新キャンパス正門前に8時に集合と訊いていたので、7時半にアパートを出る。家内がスノボーの板を持って送ってくれた。私たちは7時45分頃には正門前に着いていた。スキーツアーに参加のような学生が一人だけ先客でいた。それらしいバスは見当たらない。7時55分を過ぎて連絡を取っていた学生が現れた。その学生に訊くと出発は8時30分だという。それなら何で8時集合なの!?と思ったけど、口には出さなかった。
しばらくして大型バスが到着。集まっていた学生が乗り込む。数えると20人くらい。これで8時20分頃バスが動き出した。バスは旧キャンパス正門前に停まった。それならそう言ってくれたら私たちも旧キャンパスで待つのに・・・・
ここでも20人余りが乗り込んで全部で40名以上の団体となった。車内の座席はほぼ埋まった。8時35分旧キャンパスを出発。
9時10分には朱雀山スキー場に到着。導游(ガイド)から門票(レンタル付)をもらう。私は自分のスノーボードを持ってきているのでレンタルは関係ない。長椅子に座ってスノボーの靴を履き準備をしていると、スキー場の従業員らしい人が何人か私を見ている。荷物は一時預かりに預けた。
9時40分くらいから滑り始めたかな。スキー場は山に向かって右手がスキー/スノボーのエリア、左手がゴム輪滑りのエリアになっている。スキー/スノボーエリアにはTバーリフトが1本だけ。事前に見てきたインターネットの情報によると、斜面の長さ200m、幅50mだそうな。室内スキー場より小さい。上海の室内スキー場(今は営業してないらしい)は全長380mだし、北京の室内スキー場は300mだ。導游(ガイド)からは紙の門票をもらったけどリフトに乗るときに何のチェックもない。私はレンタルも借りないのでこの門票は一度も誰にも見せなかった。(不思議??)
リフトの上に着くと、滑り降りるのに30秒もからない。でも最初滑り降りたとき、下で数人スキー場のおじさんたちが見ていて、なんと言ったと思う?「スピードが遅いね!」と言われたましたよ。なるほど、中国人の滑りを見ていると皆、直滑降で滑り降りている。というよりも曲がれもしないしスピードのコントロールも出来ない。まずはスピードをコントロールできることが重要なんだけどね!!
スノーボードをしているのは私一人。スキー場のみんなから視線を浴びている感じ。中には話しかけてくる人もいる。「板は自分で持って来たの?」「その板、どこで買ったの?」「いくらしたの?」「どれくらい滑っているの?」こんな感じ。私はスノボーをするときはヘルメットをかぶりゴーグルをしているのでとても60過ぎのおじさんには見えない(と自分では思っている)。
帰りの集合時間は2時なので、私は余裕を見て1時半には上がった。また待合の長椅子に座り、帰り支度。向かいの女性二人が「很厉害!(ハンリーハイ=すごい!)」と親指を立てて私に言う。私は「谢谢」と返す。この女性たち、私がヘルメットを取った時さらに驚いた。へぇ、こんな年寄だったんだ!という感じだ。だから私も、61歳の老人ですよと言っておいた。
1時45分頃、駐車場に行くけど、自分が朝のったバスが分からない。どれも新しいバスに見えて、自分の乗ったバスがもう行ってしまったんじゃないかと思ってしまった。朝、聞いていた導游(ガイド)のケータイに電話すると、まだ早いから待合に来て休んでいてということ。あ~よかった。まだ発車してなかった!
2時頃になって皆がレンタル場に帰って来てスキー板とブーツを返す。2時集合と聞いていたんだけど、それは発車時間じゃなくて、レンタルと返す時間なんだね!?皆が揃ったらしく、導游(ガイド)がバスに向かってと言う。外に出るとお馬さんが数頭いる。おじさんたちが馬に乗らないかと客引きしている。2時20分、ようやくバスは出発した。
バスは30分余りで大学へ到着。新キャンパスを経て旧キャンパスへ。私も旧キャンパスで降りる。予め家内にも電話していたので、迎えに来てくれて、今朝と同じくボードを持ってくれた。(ありがとう!)
中国での初めての屋外スキー場体験。ツアー費用は45元(約720円)。スキー場で4時間ほど滑って来た。リフトはよく停まるし(途中でTバーリフトから転ぶ人がいるので)、ゲレンデは小さいし、雪質はいまいちだし、それに、ゲレンデの上をスキーブーツで歩き回ってボコボコだし。(日本のスキー場ではツボアシ禁止が常識だと思うけど) でもシーズン初めてだし、これくらいで足慣らしをするのがいいのかな、と自分に言い聞かせた。


朱雀山スキー行きのバスの車内


朱雀山スキー


手前はゴム輪滑り


スキーレンタル


なぜか外には馬が


このバスで来た



今日の写真←ここをクリック
朱雀山スキー場の地図←ここをクリック

←ときどきクリックしてね!!
VAXPOT(バックスポット) ゴーグル 前面レンズ ダブルレンズ くもり止め加工 UVカット.../VAXPOT(バックスポット)
¥8,925
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

jianshi21さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。