先日上海から東京に出張で帰って来てた友人に教えてもらったのですが、
中国では現在チャイナユニコム(中国聯通)から正式にiPhoneが発売されてはいるものの
中国全土で使われているiPhoneのほとんどは脱獄版iPhoneであり、主にチャイナモバイル(中国移動)のSIMカードで利用されているというのは以前から知っていたのですが、

その脱獄済みiPhone向けに様々なアプリをインストールできるソフト「91助手」ってのがあるようです。

http://soft.sj.91.com/91helper/

ここにある、LibFetionってアプリを使うと中国の携帯にSMSベースでチャットできたりします。
(中国移動の飛信(Fetion)のAPI使ってるアプリですが、中国移動自体のFetion使うとcmwapという中国移動のGPRSのAPNを使わないとチャットできないので、かなり不便!)


で、どんなアプリがあるのか見てると・・・・



な、なんと、、、


つい先日発売になったばかりの、日本の某有名ゲームアプリ「*ァイナルPァンタジー」が
・・・

しかも、IもIIも両方既にあるじゃないですか。。。

俺有料で買ったのでかなりショック。。。。

中国恐るべし。。。
AD
昨年6月から久々にサービスとして手がけているiPhoneアプリやmixiアプリのクチコミ・レビュー評価サイト「あっぷりぃ」ですが、最近やっと検索機能も充実し、サイトとしてまともになってきたところではありますが、

システムってやつは、一度出来てしまうと柔軟性に欠けてしまうやっかいなもんで、まだまだいろんなコンテンツや記事などをサイトに掲載するという自由性がないことから、このたびこのアメーバ上でブログ解説してみました。

その名も、


「あっぷりぃの歩き方 - ステキなiPhoneアプリ・mixiアプリに会えるかも -」


ってことで、ここではアプリの最新レビュー情報や、アプリの開発者さんのインタビュー記事など
いろんな思いつきの企画コンテンツも掲載していく予定です!

早速「カリスマレビュアー」であるYoshitoが「眼鏡男子」アプリの開発者主催イベントに潜入し、インタビューしたりと、なかなか頑張ってくれてます!

是非お暇なときにご一読あれ♪
AD

ちょっと告知です!

テーマ:
昨年末から年明けに掛けてお世話になった、

バンコクのムエタイジム「イングラムムエタイジム」ですが、

ブログサイトを引っ越したようです!

新しいブログはこちら

どうやら、ドリコムさんのブログが使えなくなってしまったみたいですね。

先日、「上海 ムエタイ」というキーワードでググったら、1ページ目に僕のブログが出てて

爆笑してしまいましたが、なんらかお役にたてればと思い、ここで紹介しておきますね!

鈴木さん、次回の合宿費安くしてくださいねぇ~♪

AD

Google Buzz

昨日話題になっていた「Google Buzz」が今朝から使えるようになっていました。

既にiPhoneからだと buzz.google.comにアクセスすると使えていたのでそちらからも使ってみましたが。

これってgoogle自身もfacebookやtwitterのようにソーシャルメディアになろうとしてるってこと???

アメリカあたりではもうすでにtwitterに飽きた人が出てきているとか聞いたりしますが、なんかまだGoogle Buzzというサービスの持つ意味がよく理解できてません。


またiPadの時のように、後から気づくんでしょうかね?
今インターネットの業界で起こっている変化はソーシャルアプリ(多くはソーシャルゲーム)の普及や、iPhoneやandroidといったスマートフォンと各々のプラットフォーム上に展開されるアプリのマーケットが大きくなることによって、ゲーム業界をも巻き込んだ新しい構造改革を生み出していると思います。

そんな中でTwitterのTLからふと目にしたブログで面白い記事がありました。

以下、【切込隊長】ゲーム業界,使えない人サバイバル(前編)より引用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで注目すべきは,かつて興隆を誇ったゲームを開発した!という名前が轟いている人が独立して,大御所化したころには,ゲーム業界のトレンドが変わってしまい,その大御所がやりたいような予算を獲得して開発したゲームが大コケするという現実にあります。これは,洋の東西を問いません。イケると思ったタイトルが轟音を立てて爆沈するさまは,正直,見ていて辛いものがあります。

 というか,例えば,あるシミュレーションゲームを世界的に売ったクリエイターは,同じように全世界から支持を受けるコンテンツを作る「確率が高い」だろうと,ゲーム会社の経営企画室は考えます。
 まあ,別にそれは間違っていません。ところが,実際にはあるヒットタイトルが出ると,そのコンセプトというのは亜流も含めて良い意味でパクられ,類似のコンテンツが大量に出て,ひとつのカテゴリーを形成します。そのクリエイターが持っているヘゲモニーというのは,あくまでそのカテゴリーを創始した,盛り上げた,という意味合いのみであって,近年流行っている別のジャンル,例えばオンラインゲームに進出したからといって,彼の作り上げる世界観なりシステムが世界中のプレイヤーにウケるかどうかというのはまた別の問題になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで書いてあるような、ゲーム業界におけるクリエイターについて言えることはインターネット業界においても言えるのかもしれません。

つまり、これまでインターネットビジネスにおいて成功したビジネスなりサービスを出して来た人、企業というものが「高い確立」で今のインターネットにおいて成功するサービスを創れるかどうか?は今の世界的なインターネットにおける潮流とマッチするかどうか?ユーザーにウケるかどうか?はわからない状況にあると言えるでしょう。

そういう意味では、常に時代の流れに向き合い、チャレンジしていく精神と過去を忘れて、スタートアップで起業する姿勢が本当に必要な時代になったように思います。
前回ブログに書いたiPhone用便利ギアで、とりあえず海外に行った際にそのままソフトバンクのデータローミング使うと完璧パケ死するので、現地で安いパケットプランのSim(プリペイド)買ってダブルで使えるようにしようとワクワクしてました。


が、、、、



あっさり、壊れました。。。


Simカードのアダプターのグニャグニャな部分が



「パキッ!」


と、折れてしまいました。


思わず、僕の心も折れてしまいそうでしたが、冷静に考えたら簡単に折れる。

そう、ちょっとこのギアの仕組みに無理がある!

というのも、完全にセットした状態で、充電が出来ないので毎回丈夫カバーやバッテリーを外して
USBコードを取り出すか、本体外して充電しなきゃいけないのです!


あんなペラペラなアダプターを曲げてカバーの中に入れるんだから、そりゃ折れるさ!


ってことで、また新たなギアを探します。(懲りてませんが?なにか?)