春節を終えて

テーマ:

上海に帰ってきました!


この春節休暇の間、東京→グアム→東京→大阪→東京とイベントも盛りだくさん♪


非常に楽しく、リフレッシュすることが出来ました!


で。。。。


上海に帰って早速、風邪引いてます・・・


喉がチョー痛いです。


が、んなことも言ってられないので気合!&遊びを控えておとなしく早く寝る生活をしばし・・・ホンノしばし・・・・

心がけます!


それにしても、今年はヘンな気候ですね。。。上海はもう既に18度とかあって昼間は暖かいです。


あまりにヘンすぎて体調崩してる人多いみたいです。


みなさん、お気をつけて!

AD

中国のお正月

いよいよ、2月18日は中国のお正月である、『春節』です。


この『春節』を前に、とあるメッセージが届きました。


「2月18日から3月5日までの中国正月の期間、外国に住む中国人のSkype電話料金が無料になるそうだ。中国内の固定電話に携帯電話、いくらかけても全て無料だという。日本に住む中国人も、もちろんその対象だ。

この嬉しいお年玉。フルに活かして、家族や友人に新年おめでとうと伝えよう!」


というものですが、このメッセージを見ていくつか思ったことがあります。


ここ3年くらい中国の消費者マーケットを重要視する企業が非常に多くなっていること。

もちろんこのSkypeも例外でなく、重要視するが上でのこのキャンペーンであろうこと。

他にも多くの企業が中国の消費者マーケットに対し、無料であること(期間限定での場合が

多い)でプロモーションを行い、まず使ってもらうというマーケティングを行っていること。

いくら単価が安いとは言っても、やはりそこはボリュームが大きいマーケットゆえ、結局資金力が豊富な企業しかこのマーケティングでは成功しえないこと。


が、ここで気になるのはこの「無料キャンペーン」を大々的に実施して消費者を集めて、その会員数などを指標としてファイナンスを実施し、非常に高いバリューで増資を受ける。。。


といったことをやっている企業が非常に多いのですが、実際のビジネスモデルとして収益を生む部分についての実証・検証が出来ていないビジネスが多い!


ここに気をつけないと、本当にバブルで実態経済に訴求するビジネスが残らないように思います。


もちろん、Skypeがそうだと言っているわけではありませんが、どうも誰も彼もが中国で「無料キャンペーン」を行っている状況を鑑みて、少し危機感を感じずにはおれないのです。


もう中国では新しいマーケティング手段に出ないと、消費者は「無料」というだけでは飛びつかなくなってくるのではないでしょうか?


AD

007/カジノ・ロワイヤル

テーマ:


007


やっと、ようやっとに観れました!


『007/カジノ・ロワイヤル』


もう、メジャーなとこではやってなくて、このままDVDの発売を待つしかないのか!?

(あ、ちなみに上海の街角ではとっくに売ってますが・・・)


昨年、10月のソニーエリクソンのニュースリリース を見てむしょうにこの携帯が欲しくなり、昨年11月に香港で無事ゲット!


そして、それから映画の評判もなかなかだったので是非観たい!と思っていたのですが、なかなか機会がなく、そうこうしているうちに周りの人はみんなすでに観てしまい、誰を誘っても。。。


「観た、面白かった!」


という回答で、面白かってんやったらもう一回観たってええやん!?


と心の中でつぶやきつつ、本日たまたま時間が出来たのでがらすきの映画館で1人楽しく、観てきました!


結論、これまでに観た007シリーズの映画の中でも最高に面白かったし、今回のボンド役の人、ショーンコネリー以来のはまり役かも!と思いました。


ストーリーも非常に現実的な展開が多く、身近で等身大の007だったのがとても共感でき、荒っぽさがまたセクシーさに繋がるんだなぁ~と感心させられました。


このボンドには結構はまります!

KOBE COLLECTIONが上海で開催されるということで本日、見に行ってきました。 

が、会場に到着すると入り口前はものすごい行列。。。これは普通に並んでいては入れない・・・


ってことで、デジタルチェックの川西役員からVIPチケットを頂き、無事に中に入ることが出来ました。


kobecollection

入り口で頂いたKOBE COLLECTIONの紙バックとパンフレット。こんかいの協賛スポンサーや出店しているブランドのパンフレット、それからなぜかカゴメの野菜生活が入ってました。明日の朝ごはんに決定!



kobecollection1

中の様子です。ものすごい熱気でした。上海にいる日本人もたくさん招待されて来ていましたので、知っている人も結構たくさん来ていました。



kobecollection3

新たな株主のスタイライフさんがスポンサーだということでミンミンも登場!



kobecollection4

今回の会場、正大広場の1Fでウロウロしていたら偶然あんとにおに遭遇。

しかも、靴を見て僕に気づくという、かなりマニアックなあんとにお・・・


kobecollection2

一番奥のほうに『namco』の看板が・・・なぜかプリクラのゴージャス版が置いてあり稼動してました。


会場の入り口には大きなピンクのついたてがあり、みんなその前でまるでモデルのように記念撮影していました。

さすがは中国、ポーズの取り方も本物のモデル顔負けです。



kobecollection5

こんな感じで、ポーズつけて写真を撮ってる人が多いこと・・・(モデル、ミンミン)

ってなことで、ファッションショーなんてまともに見に行ったことなかったのでなかなか楽しませていただきました。


日本のメディアもたくさん来ていて、中継しているところとかも横で見れて面白かったです。


それから、普段街中ではなかなかお目にかかれない、ちゃんとおしゃれした中国の小姐がたくさん来ていたのでそれも目の保養になりました。


このKOBE COLLECTION今後も継続して上海でやるそうです。


どんどんこうやって上海のファッションシーンに日本のファッションが浸透していけば良いなと、思います。

上海は異常気象?

テーマ:
今週も無事一週間を終えようとしていますが、それにしてもこの一週間、上海は暑かった!

なんせ、最高気温が20度以上の日が続き、ようやく昨日くらいからまた寒くなってきましたがもうすっかり春?と思ってしまう陽気です。

例年この1月末から2月前半が一番寒さが厳しいはずなのに、この暑さですからちょっとここ最近の異常気象ぶりにはかなり真剣に危機感を持つ必要があるかもです。

日本では当たり前ですが、ここ上海では地震とかない!と思っているので、意外や意外、今年あたり上海で大きな地震が起こってもおかしくないかもです。(いや、何の根拠もないですが。。。)

なので、安心せずいろんなことに対策しておこうと思います。

ってことで、あと一週間ちょいで中国は旧正月のお休み、春節になります。

なので、今週は日本を始め各地からの来客が非常に多かった。

この週末から来週にかけて今度は春節前で出て行く人が多くなると思いますが、皆さんくれぐれも時間は余裕を見て空港に行きましょうね!とにかく例年半端ない出国手続きの行列ですから・・・


先週土曜日は上海の卢湾区体育館にて、ネットエイジテクノロジーズ第一回マサキカップ争奪卓球大会が開催されました。


pingpong1

↑大会開始直前段取りを確認するマサキ氏

ネットエイジテクノロジーズの社員の人たちのみならず、普段からいろいろとお世話になっている上海在住の日系IT企業の皆さんにもご家族帯同でご参加いただきました。


pingpong3

これが、伝説(にこれからなる予定?)のマサキカップ!
果たして、このカップはどのチームの手に!

ということで、僕はなんと長野県の某市内において優勝経験のあるというsnowy(タンタンの奥さん)と学生時代バレーボールにいそしみ、タッチフットボールでも大活躍していたというNancy(あんとにおの奥さん)との人妻チームにて出場。

予選にて一敗するも、決勝トーナメント進出決定戦で、snowyの大活躍により決勝トーナメントに進出したのでした!

そして、準決勝をなんとか勝ち上がり、決勝戦に進出はしたものの、伝統あるマサキカップを社外に流出させてなるものかと言うネットエイジテクノロジーズチームに阻まれ、惜しくも準優勝となりました。


pingpong2

マサキカップを受け取る優勝チーム!真ん中の彼はとてつもなく卓球が上手でした!(近々雪辱せねば!)


pingpong5

当日の参加メンバー!みなさん、お疲れ様でした!

大会後日の開催委員長マサキ氏の談話によると、卓球大会中にトランプをして愉しんでいた方もいらっしゃったようで、

「だいぶ、当社も中国ローカル化が進んで来ました。」

と、うれしそうに語っていました。


あらためて、卓球の面白さに気づいた人も多く、これからしばらくは卓球がブームになりそうです。

仕事のやり方

テーマ:
どうも最近、特にITだなんだと発展してきた弊害とでも言うんでしょうか。。。。
コミュニケーションの取り方が下手な人が増えている気がします。

何か重要な会議をするのも全部メールやグループウェア、で一方的に情報を流しておいて、「メールしたのに。。。登録してたのにぃ。。。」と勝手なことをほざく人が多い。

申し訳ないですが、そういう勝手な仕事のやり方をされても僕は受け付けません!

その会議が重要なのであれば、ちゃんとメールが届いてるか?一声かけて確認する!

これって大切だと思います。

だって、インターネットメールって100%ではないんですから・・・

あと、仕事のふり方もまるでベルトコンベアの前に並ばせて、「はい、前から流れてきたボトルのキャップを一個ずつしめていってくださいねぇ~」と作業を指示するようなやり方を部下にではなく、目上の人間にまでする。

で、やってくれない!って当たり前じゃ!

誰がそんなこと言われてやるかぃ!

その仕事の意義、目的、なぜ今それが必要なのか?

作業なり仕事をしてもらう相手の気持ちを考えて配慮できない、「愛」のない仕事のやり方をしてはいけません!

と昨夜つくづく思いました。

「他人のフリ見て、我がフリ直せ!」

気をつけよっと。。。

昨年の夏前から投資検討をはじめ、その後色んな問題をクリアしやっとこ昨年の11月に投資した案件がこの『easyTVC』 という会社です。


昨年夏頃から上海の近郊の都市、太倉市でテストマーケティングを兼ねたプレサービスを実施し、そしてこのたび中国の江蘇省、浙江省、南京市の3地区で、市内限定などで放送する地域局50局と契約しネットでのサービスを開始することとなりました。


日経新聞の朝刊にも出てます。


↓こちら



easyTVC

既に、この記事に対してもたくさんのお問い合わせを頂いています。


このサービスはこれから中国のコンシューママーケットをターゲットにしていく企業にとってはかなり有効なツールになると思いますので、これから中国市場への進出を検討されている方は是非、サイトのほうを見ていただければと思います。