昨日、8月30日は今僕が上海でその現地法人を設立し、今後中国展開を行っていくネットエイジグループの東証マザーズへの上場日でした。

不思議なことに、過去、クレイフィッシュやEストアーで上場を迎えた際には現場仕事が忙しくほとんど上場にまつわるイベントに関係することがなかったのですが、今回まったく何も貢献していないネットエイジグループの上場イベント(東証での)に参加させていただきました。

nagipo1

東証玄関前のモニターにはこのようにネットエイジグループの上場を祝う表示があちこちにありました。

そのあと、セレモニーで東証の役員の方から「End of The Begining!」つまり、今日からが新しいはじまりであるということと「integrity」正々堂々とした完全性で持って今後も事業に臨んで欲しいというお言葉からもあるように、まだまだ新興市場であるマザーズにおいては、上場した瞬間に浮かれ、また上場したがゆえに見かけばかりを気にしてなにかうしろめたい経営を行う企業が中にはあることからも、今後どんどん上場企業を生み出していくであろうネットエイジグループに対して、その模範となるべく態度をアドバイスいただいたような気がします。

さて、これまで8年間にわたり渋谷ビットバレー(もう最近聞きませんが・・・)をはじめとして日本のITの創世記を支えてきた西川さん、小池さんだからこそでしょうか、これまで見てきた中でもかなりたくさんのお祝いの御花が届いていました。

nagipo2

ごらんのように、もう玄関では置ききれないのでオフィス内にだだだぁ~っと並べられた胡蝶蘭・・・

ところが、ここに一風変わったお祝いを贈ってこられた方がいらっしゃいます。

nagipo3

From GMOとありますように、熊谷さんです。
お祝いの社名&ロゴマークつきケーキです。

これはなかなかアイデアものだし、インパクトあります。

ちょうど、昨夜渋谷某所で行われた社内のお祝いの席でみんなに紹介されていました。

と、こんな感じで僕のところにもたくさんの方からの祝辞をいただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。

ただ、このIPOはこれまでのものとは違った意味合いを持つ気がします。それは、これまで若い人たちの成功を応援し、インキュベーションしてきた、西川さん・小池さんお二人自身がひとつのバーをクリアされ、より経験値と自信と社会的な信用力を持ってこれからまだまだ新しく興るであろうネットベンチャーを支援していくというステージにようやく来たということです。

むしろ、遅かったIPOだと僕は思っています。

西川さん、小池さん、改めておめでとうございます。そして、そのどんどん重くなる責任とともに、ますますのご活躍を!

じゃんぼぉ
AD

大阪にて

テーマ:
約3週間の上海滞在から日本に戻ってきたじゃんぼぉです。

今回、大阪にいる姪っ子の誕生日を祝いに大阪に行ってきたのですが、その際いつものようにちゃんとYama-Pは夜予定を調整して夕食に付き合ってくれました。

上海から帰ってきたばかりの僕にYama-Pは

「シュウマイ食いにいこか!!」

と、中華料理を二人で食べに行った。。。

まぁ、良くある話なんですがこの手のお店は中国人スタッフが多く働いているのでいろいろとオーダーや、大嫌いなきゅうりなしにしてほしいとか中国語で依頼するとにこやかに微笑みながら、ちゃんと日本語で返してくる。。。。

こちらも負けずに中国語で話し続けると、それでも日本語で返してくる。。。。

そういったやり取りを楽しみながら、とってもおいしいシュウマイを食したのでした。

そして、Yama-Pのビジネス、僕のビジネス、上海、大阪、東京それぞれのロケーションでのビジネスについて話しどんなことをやりたいのか?やれたら楽しそうなのか?

ってことを話しました。

Yama-Pとのこのひと時はとても快適でわくわくするひと時なのでした。

いつもありがとう!Yama-P!
AD

上海の夜遊び

昨夜は上海の友人(中国人)たちと久々に遊びに行きました。 一人は販促物の制作会社を経営しており、もうそこそこの会社規模になっている。 あともう一人はなんでも販促イベント用にコンパニオンやモデルのコーディネートをしている。 こんな二人と最近の上海の流行を探すべく、夜の街へと繰り出していったのでした。 1軒目は、かなり雰囲気の良い街中の元々は洋館だったものを改造してお店にしている。 外には大きな庭もあり、なかなか雰囲気がいい、店の中ではフィリピン系のバンドが生演奏をしており、やはり上海に駐在している欧米系のおじさん、おばさんに受ける曲目を演奏し、フロアーではちょっとしたダンス大会のようにみんながダンスを披露している。。。 いわゆる大人向けの遊び空間がそこに広がっていました。 2軒目は最近場所を変えて新しくOPENしたという『BabyFace』というクラブ 以前は茂名南路というバーなんかが多くならぶ通りにあったのですが、一度行ったときはもうとにかく狭くって、人が多くって大変でした。。。 今回は上海広場の1Fにかなり広めに作られていて、さらにフロアが仕切られていて、1つのクラブの中に2つの別のカテゴリーのクラブがあるといった風な。。。 なかなか、面白い造りになっていました。 写真も撮ったんですが上海からだと非常にアメーバさん遅いので、アップするの止めてオキマス。。。
AD

スキン変えてみました!

テーマ:

先日、上海在住のベンチャー起業家のアントニオさんから

「じゃんぼぉさんって、ブログ見ましたけどなんかデザイナーの活動支援してるんですね!」

ん?なんやそれ?と思って良く良く話しを聞いてみるとどうやらブログのスキンを見てそう思ったとのこと・・・

ちょっとスキン選びも考えなければ・・・・ということでスキン変えてみました。

HISさんの広告が入ってますが・・・アントニオさんどうでしょうか?

あ、ちなみにアントニオさんと彼の仲間が始めたビジネスについては恐らく来月くらいにこのブログ上で紹介したいなぁと考えています。

ってなことで、上海で体調を崩し、早く良くなるためにはやはり栄養つけなければ!(すんごい食欲だけは旺盛だったので。。。)と意気込んで食べてたらどうやら胃袋がだらしなく広がってしまいぶくぶく太りつつあります。。。

やばいです。。。

しかも、今年の夏は日焼けもしてないし。。。

一度上海にあるという日焼けサロン「SOLE」の上海店に行ってみたいと思ってるのですが。

去年一度電話したら、ちょうどビルが変わってたのか電話がつながらなかった・・・

日焼けしないとストレスたまります・・・いかん、悪い傾向だ・・・

今日はまじめなことなんも書いてませんが、とりあえず日焼けがしたい!いや、する!しにいく!という意思表示をして自分を鼓舞したいと思います。

熱い、熱い、暑い!

テーマ:
さて、8月に入っていよいよ本格的に始動すべくこれまでよりも長期で上海に入ってます。
期間にして約3週間程度になりますが、あらためて一人で出来ることの限界を感じたりしています。

それから、やはり日々変化しているといっても過言ではない、上海の変化をもまた肌で感じています。

それからビジネスだけでなく、本当に熱い、暑い・・・

東京の夏よりもぜんぜん暑い上海の夏に珍しく夏風邪と夏ばてで倒れてしまった
り・・・

本当にこの国はいつも飽きさせない刺激で一杯です。
ここ最近の中国におけるベンチャー投資への過熱は一昨年くらいからようやくスタートしたに過ぎない流れのひとつですが、どうも欧米系をはじめ各ベンチャーキャピタルの投資の傾向はというと、かなり出口が見えたレイター案件に集中してきており、すでにかなりのバリエーションがついて高値となったもので、それが2~3倍の倍率でしかない案件であっても、確実性とボリューム感による『薄利多売的投資傾向』にあるように思います。 しかしながら、おそらくこの2006年第4四半期~2007年前半にかけてこれまでとは違った、よりリスクは高いがまさに生まれたてのベンチャーを育てていこうという機運が出てくるように感じられますし、その機運をより効果的に促進する一助が出来ればと考えています。

世代交代

テーマ:

ようやく梅雨があけかけた7月末の金曜夜のこと

都内某所で会食を終えたまつぴょんと僕らがいたお店に、

つい先日マザーズ最年少で上場を果たしたアドウェイズ岡村さんが偶然入って来たのです…

ホントに偶然っていうか必然というか…

ちょうど二人は面識がないと言うことだったので初顔合わせを兼ねて、最年少記録保持者の交代式!

岡村さんが恐縮しながら挨拶すると、まつぴょんは笑いながら「記録更新してくれてありがとう。」

当時26歳だったまつぴょんも今年33歳になる。

そのあとの僕に対する


「今仕事で絡んでるなら力になってあげような。あんとき自分たちの周りに必要だった事わかってるやろ?」


という言葉に世代交代というかあらためてこれからの自分の役割が変わってきてることを感じたのでした。

釣魚壷

テーマ:
Image183.jpg
なにげに、上海からだとアメーバさん遅いです。。。

画像アップするのも大変・・・

その点、Mixiはさくさくです・・・・素晴らしい!

と愚痴&内輪褒めはこのくらいにして・・・・

先月の初北京シリーズですが、北京にある『釣魚壷国賓館』というまさに
国賓が招待される素晴らしい場所に行ってきました。


ここは、日本の歴代首相もほとんどの人が招待されてもてなされてるという所のよう
です。
(やっぱり小泉さんは招待されてないみたいです・・・)

ちなみに今回僕たちをこんな素晴らしい場所にご招待してくれたのは中国で携帯コン
テンツ事業を展開するJCD(http://www.jcd.co.jp)の徐社長です。

なんでも、徐さんの友達がこの『釣魚壷』の中に住んでるとか・・・・す、すごすぎ
る。。。

いろいろと徐さんとこのときにお話をしていて思ったのですが、今中国の政府の要職
や経済界で活躍している人たちというのは大体、徐さんの同級生とか、同じくらいの
年代の方だそうです。

つまり、40代の人たちが国のインフラを担っているということです。

これは、日本だといまだに60代、70代がのさばり続けていて、時代の変化への対
応を遅らせつづけていることに比べてすごい効果があると思います。

革命時のキューバにおいては30代が中心でしたが、キューバとは国としての広さ・
人口と規模が違います。

まさに、今の中国の急進的な発展は革命と言っても過言ではないかもしれません。

しかも、40代が国のインフラを整え、20代、30代がITという新しい武器(そ
れは実は決して性能も精度も優れた最新鋭のものではない、張りぼてであるにもかか
わらず)を駆使し新しい事業を各地にイノベートしている。

おそらく、中国市場の成長はこれから中期~後期に入ってくると考えられますが、ま
すます面白い市場であるということを北京というその政治の中心地において改めて感
じたのでした。

禁煙について

テーマ:

そういえば、先日の北京訪問の記事で書き忘れたんですが・・・


ちょうど北京訪問中の7月14日にたばこ止めました。


なので、このブログの親愛なるチェ・ゲバラのコメントは変えなきゃですね。。。。


ちょうど、一ヶ月になりますがちょこちょこ吸いたいと思うのってやっぱり習慣として体が覚えてる部分であって


いわゆるニコチン中毒による中毒症状みたいなのってもう出てこなくなったように思います。


あとは、目の前にある麻薬への誘惑にちゃんと打ち勝てるかですね。


麻薬は僕はやらないと思うので、タバコ=麻薬という定義を自分の中でしておけば、まぁもう吸うことはないかな?と思います。


常日頃、周りにいる大切な人たちを喜ばせてあげたいと思ったりしても中々出来なかったりするんですが。。。


タバコ吸わなくなることが、実は一番簡単にそれが実現できることのひとつなんだなぁ~ってことも実感したのでした。