ホントは僕とか、ミンミンがちゃんと書かなきゃいけない話だったのに。。。


「UCモールにおける購買力の源」

について、『UCモール販促用Blog』 に記事が出てます。


ご一読をお願いします。。。


ってことで、やっぱりオイラは感じたままに書くぜぃ!

AD

CNNIC

UCモール上でCNNIC(中国互聯網絡信息中心)の主催するアンケート調査に協力してました。


っていうか、気づいたら机にこのような盾が贈られてました。


cnnic


立派です!でも、これを見て、やってたんだぁ。。。と気づいちゃいました。

Peter、がんばってます。


でも、教えておいて欲しかった。。。かも。



AD

えっとぉ。。。記事書くの忘れてました・・・<(_ _)>


先週金曜日9月30日(ちょうど僕が、国慶節前の上海の混雑に苦労している頃)東京のアタックスグループ会議室にて、第三回 中国ネットビジネスセミナーを開催しました。

(っても、オイラ居なかった・・・)


今回は、上述のアタックスグループ より非常に立派な会議室をご提供いただきました。


ありがとうございます。


そして、何よりも今回のセミナーの売りは、日本郵政公社の上垣内覚さんが「海外ネット通販におけるEMSの強み」というテーマでお話を頂きました。


この、上垣内覚さんなかなかベンチャー向きの方で初対面で意気投合して今回のセミナーでの講演にたどりついた次第です。


今後も、外部の色々な方をゲストとしてこのセミナーを続けていきたいと思いますので


「俺にしゃべらせろ!」


という方是非、ご連絡下さい♪


で、このセミナーの詳しい模様や裏話は


「UCモール販促Blog」


に掲載されていますので、興味のある方はもちろんのこと、ない方も、ここであったが百年目です!是非覗きに行ってくださいね!

AD

もう我慢ならん!

テーマ:

気がついたら5ヶ月過ぎてました・・・


そうなんです、5ヶ月髪切りに行ってないんです・・・


きっと、yama-p ならありえないことだろうと思いますが、僕の場合ひどいときには年2回しか髪切りに行かなかったこととか数年前にはあったのですが、このままほっとくとビートルズです。


12時くらいまでやってる美容院ってあります?

祭りの後。。。

テーマ:

国慶節の騒ぎも引けた夜中12時過ぎ。


街を歩いていると、↓のように掃除の人たちが祭り騒ぎで散らかったゴミを掃除していました。


掃除


普段から、12時過ぎるとこうして掃除しているのですが、この日は特にゴミの散らかりようもひどく。また、掃除の人も人数がいつもの3倍くらいはいました。


「みんなが、ゴミを道に捨てなくなれば街はいつもきれい!」


というのは日本の常識ですが、


ここ上海では、


「みんなが、ゴミを道に捨てても街はいつもきれい!」


なようです。。。


国慶節その2

南京路 ものすごい人です!

この国慶節期間中に、中国の各地からたくさんの人がなだれ込んできているようです。


いつも会社に向かう途中の南京路も横切れないし、この中にいったん埋もれるともう中々出られません。


おまけに、中国の人たちよそみしながらバシバシぶつかってきます。。。


マトリックスのNEOのように、避けながら歩くのは中々良いトレーニングかもしれません。


ってことで、この休暇期間中は出歩いちゃいかん!


と改めて思いました。


明後日3日から東京戻ります。

国慶節!

今日10月1日から一週間、中国は『国慶節』という建国記念の休暇に入ります。


昨日9月30日は、朝からもう気分は『国慶節』といった感じの人たちが街にぞろぞろと繰り出していて、タクシーは捕まらない、地下鉄も夕方から駅が立ち入り禁止になる。。。といった状況で、仕事をしている人にとっては、大変な一日でした。


で、昼間から少し気にはなっていたのですが。。。


夜になるとなお更、街にはビニールの大きなとんかちや、バットの形をしたおもちゃを持った人たちで賑わっていて、ホント道端でたむろしているのです。

           

国慶節前夜1   国慶節前夜2


で、これは何かあるはず!


と、すぐに東京にいる、ミンミン に電話したのでした・・・


すると、ミンミン 曰く・・・


ここ、何年かで急に流行りだしたようなのですが国慶節のときにこのビニールのとんかちや、バットで人をたたいて騒ぐようになったそうです。


しかし、たたいているうちに、みんなエスカレートして『ホンキ』でケンカが始まることも多いらしく、


『じゃんぼぉは、あまり係わらない方がいいよ。。。』


と言われてしまいました。。。


国慶節は初めてではないんですが、また新しい発見をしてちょっと「ラッキー」な気分でした。


でも、中国の人たちもみんなストレス溜まってるんだなぁ・・・