北京の片すみで綴る日記

~ 北京のはじっこでゆる~く国際結婚 ~
中国人夫と日中ハーフの息子 + ときどき義両親 で北京の僻地にて生活中。


テーマ:

久しぶりに息子氏、

流行性の病気にかかりました。


中国語で“疱疹性咽峡炎”。


日本語でヘルパンギーナ

だと思います。


百度ってみても、

herpangina”との

英語名があったので、

たぶん間違いないかと。


先週月曜日の夜、

突然38.5℃の熱を出し、

何度も目覚めて辛そうだったので、

夜中3時頃、

解熱剤を飲ませました。


その後はぐっすり寝て、

朝には37℃の微熱に。


幼稚園は行かず家にいて

日中は微熱と平熱を、

行ったり来たり・・・


そして夕方になって、突然

「疲れた・・・」

と言って横になったとたん、

寝落ちた息子。

睡眠。


検温してみると、

えっ?!の再び38℃。


ただ、

解熱剤を飲ませる暇もないほど、

スヤスヤと寝続けるので、

そのままに。


朝になってみると、

自力で熱は下げてました!


けど、まーったく食欲がないうえに、

(普段から食欲ないけど)

ほっぺたの内側、口内を指して、

「这里有东西~~!」

(ここに何かある~!)

を叫び続けるので、

口内を見てみると、

白いツブが見えました。


ぎゃ!!

手足口病だったらどうしよう?!

いや、でも、

手足は全然ツブツブないし・・・

わたしにも移ったら大変、

病気の身で看病できん!

夫はあと4日ほど帰ってこんし。

いや!いてもあてにならんけど!


とか思いながら、

心配だったので、

とりあえず、病院へ。


熱の症状聞いて、

息子の喉を見た医師、

一秒で、

ヘルパンギーナと診断しました。


そりゃあ何も食べられませんよ、と。


ヘルパンギーナに効く薬はないのですが、

炎症止め(抗生物質)と、

漢方の薬を処方されました。


それから熱は出ず、

2日で普段の食事ができるようになりました。


3日後に再診察を受けに行くと、


だいぶ良くなりました、と。


しかし、

ホッとしたのもつかの間。


あと3日漢方の薬飲んで、

飲み終わったら、

登園出来ます、と。


ガーン。


来週もまだ息子、家にいるのか・・・


(↑来週もまだダンナ家にいるのか・・・

みたいになっている・笑)


いやいや、たまにだから、

良いんですけどね。


わたし元気だし。


でもずっと一緒にいるとね、

変にママっこになり、

つまらないことで、

泣くわ泣くわ・・・


そして食事の支度中も、

周りウロチョロ・・・


危ないからリビングで遊んでて、

というと、

すねてしまい、

寝室でふて寝している始末。


そして、恐怖の、

「絵本読んでーー!!」

攻撃が何度も来る!


喉が痛い・・・。

わたしが病みそう。


いやいや、あと少し。

頑張ろう!!


などなど、

そうこうしているうちに、

幼稚園の息子のクラスでは、

ヘルパンギーナ大流行。


発症した子が

7人にもなり、

学級閉鎖・・・


さらにショック。


どっと疲れが出ました。


でもすぐ、

「木曜日から登園でどう?」

との先生からのアクションに、

救われました。



そして、今日、

ついに幼稚園へ。

長い間家にこもっていたからか、

(雨天続きで散歩もできず)

嫌がることもなく、


幼稚園の前で車降りたとたん、


「〇×ー!」

「〇×ー!」


園庭で遊んでいるお友達から、

次々と名前を呼ばれ、

キャッキャッキャッ!

と嬉しそうに入っていきました。



ついに母、解放のときが!

めでたし、めでたし。

わたし、お疲れ!!ぐ



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子の言語障害治療の先生の勧めで、
「蒲蒲兰绘本馆」に行って来ました。

{16D59D93-01AF-4FEF-BD25-319E8713C3AB}

「元は日本の絵本店ですよ」
とのことで、

この蒲蒲兰」
(中国語でプープーランと読む)
がなんぞやと思い、
ネットで調べてみると、
日本のポプラ社のことでした。

ポプラ社が中国に設立した、
絵本出版社で、かつ、

中国初の絵本出版社
と言うのにちょっと驚きです。

初は自国のじゃないんかい?中国


「お店に行って直接絵本を見て、
選んでください」
と言われたので
行ってまいりましたが・・・

大部分の絵本、
ビニールカバーがかけられてて、
中身見れませんが?

{5E2E6769-4C83-424C-8608-7DDFFABD957B}

結果、
中国アマゾンで買えば済む、
というお話しでした。

ネット上でも、
絵本の内容紹介はあるし、
わざわざ大渋滞の都会まで行く必要はなかった。

しかも、
すでにプープーランの本は
我が家に沢山ありますし。


でも、せっかく行ったので、

とりあえず、
絵本好きの息子に、
これだけ買って帰って来ました。
{DDCB56C9-418A-4EDE-8463-9FAEAB6F6F39}

まだ全部見てませんが、
「没关系,没关系」は、
ちょっと涙が出そうになるような、
心が温かくなるような内容でしたハート

中国語訳が上手にされているなぁ
と感じました。

邦題はなんていう題名なのでしょう?



息子は、
相変わらず言葉の遅れはありますが、
いつの間にか絵本の読み聞かせが、
大好きになりました。

いつからだろう?

たぶん、この絵本たちと出会った頃から。

{08324368-56FA-4078-B1A4-993BA768AF01}
リチャード・スキャリーのシリーズ本。
中国語版。


おもしろ可笑しい内容なので、
ゲラゲラ笑って見てます、
息子。

一冊の音読量がけっこう多くて、
よく延々と1時間以上、
読ませられます。

キツイです、わたしの喉ううっ...

息子1人で朝早く起きてブツブツ言って読んでたりもします。

家にいる時はずっと、
こればっかり読んでいる時期があり、

そしたら、
幼稚園でもずっと読んでました…

(園長先生から送られてきた写真に、
その様子がありびっくりしました)

先日、個人面談があって、
外国人教師からも報告書をもらったのですが、

He has true passion for books

とあり、そして、
絵本のおかげで僕たちは親しくなれた、と。

おそらく英語で読んでいるはず・・・


日本語の本は読まないのに、
同じく理解できなくても、
英語の本は読むのか…

やっぱり幼稚園の先生、
プロだなぁと苦笑


話がそれましたが、
日本の絵本は中国でも、
かなり重宝されていますね。

日本語での絵本もそろそろ読みたいなぁ、
と思う今日この頃。

ちなみに、
息子は日本語の絵本は1歳半で
止まっています…。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
忘れないうちに旅行記を仕上げます。

古北水鎮には2泊しました。

日中は日差しがきついし、
息子はまだお昼寝が必要なので、
昼間はあまり動けないか?
と予想しまして。

ホテルは

どちらも五つ星とは言わないけど、
清潔で快適なホテルでしたよ!

2泊目のホテルは、
オーナーさんが多分外国人、
と思われる要素がうひょ(゜∀゜)

入口を入ると、
そこはリノベーションされた四合院。{35A1933F-E831-4624-91B9-732AEF6807F5}
↑この時、大雨汗

{A3D724AF-A501-41EB-B951-C9C86C8D035C}

部屋の中は洋風ですが、
壁には昔の、
自然なままの長城の写真が
掛けられており

{82348204-17BC-4456-8101-37D4021736B1}

この中国の地をとても気に入っておられる外国人オーナーさんなのだろうなぁ、
と思いました。

そして、部屋のベランダからは、
万里の長城のライトアップが望めます。
{690C7D1E-ABC2-4615-B759-8F24F2E093EF}

長城に登ったのは、
もう数えきれないほどですが、
ライトアップは初めてみました。

まぁ、昔は、
そんな時間まで長城にいたら、
帰る車も見つからくなるし、
寝泊まりする宿もありません、
でしたからね・・・。

とりあえず、
1泊目のホテルからも↓
{57E42DB2-102D-4B55-B266-0E299060C344}

2泊目のホテルからも↓
{C29CC492-C7B3-4B79-8654-0EB2CA642B90}

とても豪華な夜景が望めました。

もちろんダンナ・息子ともに、
夜景には興味ありませんで、
わたし一人で盛り上がってました。


それと、
どちらのホテルも、
良い感じのプールが付いていました!

1泊目の↓

{7BC27DC7-3DFF-4E67-83E5-B22CCF3F1D2B}
こじんまりですが、
眺めが素晴らしい。
ボーッと過ごすのにGood♪

2泊目のホテル↓
{CC5AD44A-C22A-479B-8988-83034300CC69}
水着を忘れたので、
どちらも入ってません・笑

でも水はキレイで、
このプールはポイント高い♪

朝ご飯もおいしいブッフェでした。
2泊目のホテルのホテルのほうが豪華だったかな・・・。

牛乳が輸入品を使用されていることに、
ダンナはかなり驚いていました。

それから、
なぜかどちらのホテルも、
水道管から飲料水が出るのに、
まず驚き。
ちょっと飲むの怖かったけど、
大丈夫でした!


そして、古北水鎮の旅游区内に

子供の遊び場があるのですが、

{D1B55D16-14D1-40CB-ABFF-899704D2CD1B}

ここが2階建てで、
ものすご~く広い!!
{FF7BB827-031C-49F3-AE91-655BB87ED67B}

{32BF5B9C-A984-4FF0-874F-54F8C0B5EB12}

子供たち1日遊べると思います!

男の子にはやはり↓
{96CE32F6-C7D9-41F8-9341-E4FD7C9F5FF8}
これが人気で、
息子も1時間以上ここにいました。

{E62C9323-CAD4-4004-89BA-544492B9C80A}

中国の郵便局
{6A4FAE50-F9AC-418C-A9A9-1665BF132203}
衣装もおいてます・笑

たぶん、シミレーションができる飛行機とか。
{120CB13A-FA05-4B91-8CF0-862BD7EB790F}

操縦席。

{E7262D5F-8C44-492E-9C45-08F462E7A8D3}

なぜか息子は怖がって入っていかなかったけど。

この遊び場もとても清潔でした。

そしてトイレまで清潔で、
子供サイズの便器もあり・・・
これが中国の観光地のトイレか?!
と目を見張りました。


というのも古北水鎮エリア内のトイレ、
たいていきれいだったと思います。

町中を流れている川には、
ゴミを拾っている船がいたし、
衛生面には手をかけているんだな、
というイメージでした。

これからもきれいに保護していってほしいです。


という感じで、
日本人にもおススメの観光地です。

北京の首都空港から、
車で高速走って1時間半ほどですし、
興味のある方、
ぜひ行ってみてください~~!!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。