陸上自衛隊の戦闘ヘリ「アパッチ」発注が中止され、受注していた富士重工業が15日、防衛省に対し、未回収のライセンス料など初期費用約350億円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。国と少数の企業が蜜月関係を保つ防衛業界で企業側が訴訟に踏み切るのは極めて異例。

 同省は01年「AH64D(アパッチ)」導入を決め、所要機数を62機とした。富士重と関連部品メーカーは米ボーイング社からライセンスを取得、ライセンス料など四百数十億円を支払ったが、同省は10機を発注後に調達を打ち切ったため、残る52機分の約350億円が回収できなかったという。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
F15部品脱落:疲労亀裂が原因 防衛省が調査結果
富士重工:ヘリ発注中止で防衛省を提訴へ 数百億円求め
会計検査院:2元局長の懲戒要求 防衛省で支出違反
戦闘機:生産技術基盤で中間とりまとめ 防衛省
潜水艦:初の受注競争へ…三菱重工と川崎造船 防衛省発注

福、願いまして~今宮戎神社(産経新聞)
「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
<屋久島元社長不明>栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認(毎日新聞)
新聞配布にフリーダイヤル廃止 JALのケチケチ「コスト削減」(J-CASTニュース)
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁(時事通信)
AD